今注目のニュース
『スッキリ』須田亜香里、狩野英孝のアレルギー事情が「あまりに過酷」
最終電車「乗り過ごし常習犯」の25歳…つい寝てしまう理由と対処法は?
子猫をあやし、子どもと遊ぶワンちゃんが愛にあふれている

2006年度新人選手選択会議単語

シンジンセンシュセンタクカイギ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

2006年度新人選手選択会議とは、2006年に新高輪プリンスホテル高輪で行われた第42回プロ野球ドラフト会議である。

概要

2005年から始まった分離ドラフトの2年高校生ドラフト9月25日大学生社会人ドラフトと育成ドラフト11月21日に行われた。

2007年、不正スカウト問題で希望入団が撤されたため、1993年度の逆名制度導入から自由獲得希望入団と名前を変えて継続されていた大学生社会人選手の希望球団宣言制度が行われた最後の年である。

2005年に発足した四国アイランドリーグの選手が初めて育成ではなく大学生社会人ドラフト名された(深沢和帆、角中勝也の2名)。また、ソフトバンクに1巡名された福田秀平平成まれのプロ野球選手1号となった(他に平成生まれでは土井健大、延江大輔山田喜の3名が名された)。

1巡目指名・希望入団枠

高校生ドラフト1巡目

ハンカチ旋を引き起こした斎藤佑樹早稲田実業)、田中将大駒大苫小牧)の動向が注されていたが、斎藤早稲田大学進学を表明。ほか、前田健太PL学園)、堂上直倫愛工大名電)、増渕竜義鷲宮)、大嶺祐太八重山商工)らが注された。

1巡では広島を除く11球団が重複広島のみが前田健太の単独名に成功したが、このような形はドラフト制度史上初のことであった。

名順 選手名 ポジション 名球団
1巡 田中将大 投手 楽天横浜日本ハムオリックス
1巡 堂上直倫 内野手 中日巨人阪神
1巡 増渕竜義 投手 ヤクルト西武
1巡 大嶺祐太 投手 ロッテソフトバンク

赤字が交渉権獲得球団。

大学生・社会人ドラフト希望入団枠・1巡目

ロッテを除く11球団が希望入団の権利を行使。

最大の玉として一時は広島以外の11球団が獲得に名乗りを上げた大隣憲司近大)は、争奪戦の末ソフトバンクに入団。岸孝之東北学院大)は西武楽天巨人が争奪戦を繰り広げたが、最終的に西武に入団した。広島永川勝浩以来4年ぶりにこの制度を行使し、宮崎充登(ホンダ鈴鹿)を獲得。

楽天の獲得を断念したあと、木村雄太東京ガス)や森福允彦(シダックス)の獲得をしたがいずれも断られ、結局前年に続いて希望を行使しながら選手と契約を締結できず、その場合に可な1巡名で永井怜東洋大)を名した。

指名選手一覧

太字は記事のある選手。

セントラル・リーグ

中日ドラゴンズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 堂上直倫 内野手 愛知工業大学名電高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 福田永将 捕手 横浜高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 田中大輔 捕手 東洋大学
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 浅尾拓也 投手 日本福祉大学
4巡 菊地正法 投手 東邦ガス
5巡 岩崎達郎 内野手 新日本石油ENEOS
6巡 清水昭信 投手 名城大学
7巡 西川 内野手 法政大学

阪神タイガース

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 野原将志 内野手 長崎日本大学高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 橋本 捕手 智辯学園和歌山高等学校
4巡 横山之介 投手 日本文理高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 小嶋達也 投手 大阪ガス
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 上園啓史 投手 武蔵大学
4巡 清水誉 捕手 関西学院大学
5巡 大城 内野手 TKD千曲川

東京ヤクルトスワローズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 増渕竜義 投手 鷲宮高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 上田剛史 外野手 関西高等学校
4巡 山田 投手 東工業高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 投手 青山学院大学
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 西崎聡 投手 JR北海道
4巡 篤史 捕手 住友金属鹿島
育成ドラフト
1巡 伊藤秀範 投手 四国IL:香川オリーブガイナーズ

読売ジャイアンツ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 坂本勇人 内野手 光星学院高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 田中大二郎 内野手 東海大学付属相模高等学校
4巡 伊集院 捕手 鹿児島実業高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 金刃憲人 投手 立命館大学
1巡
2巡 (選択権なし)
3巡 上野 投手 NTT日本
4巡 円谷英俊 内野手 青山学院大学
5巡 深沢和帆 投手 四国IL:香川オリーブガイナーズ
6巡 寺内崇幸 内野手 JR東日本
7巡 深町 投手 中京大学
育成ドラフト
1巡 鈴木 投手 JR東日本
2巡 下山 外野手 青森大学
3巡 松本哲也 外野手 専修大学
4巡 隠善智也 外野手 広島際学院大学
5巡 沢明 内野手 元シダックス
6巡 作田啓一 外野手 苫小牧駒沢大学
7巡 大枝 投手 高等学校

広島東洋カープ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 前田健太 投手 PL学園高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 會澤翼 捕手 水戸短期大学附属高等学校
大学社会人ドラフト
希望 宮崎充登 投手 ホンダ鈴鹿
1巡
2巡 (選択権なし)
3巡 上野弘文 投手 トヨタ自動車
4巡 青木高広 投手 日産自動車
5巡 中東直己 外野手 ホンダ鈴鹿
育成ドラフト
1巡 山中達也 投手 西高等学校

横浜ベイスターズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 北篤 投手 小松工業高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 梶谷隆幸 内野手 高等学校
4巡 勇気 捕手 高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 高崎健太郎  投手 日産自動車
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 木村雄太 投手 東京ガス※入団拒否[1]
4巡 下園辰哉 外野手 九州学院大学
5巡 陽介 外野手 日本通運
6巡 吉原 投手 ホンダ

パシフィック・リーグ

北海道日本ハムファイターズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 吉川光夫 投手 広陵高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 植村祐介 投手 北照高等学校
4巡 ダースローマシュ 投手 関西高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 宮本 投手 早稲田大学
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 糸数敬作 投手 亜細亜大学
4巡 長野久義 外野手 日本大学※入団拒否[2]
5巡 山本一徳 投手 早稲田大学
6巡 金子 外野手 ホンダ
7巡 今浪隆博 内野手 明治大学
8巡 内山雄介 投手 旭川大学

西武ライオンズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 木村文紀 投手 埼玉高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 朱大衛 投手 中部大学第一高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 岸孝之 投手 東北学院大学
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 山本淳 投手 TDK千曲川
4巡 原拓也 内野手 関東学院大学
5巡 岩崎哲也 投手 三菱重工横浜硬式野球クラブ
6巡 大崎雄太朗 外野手 青山学院大学

福岡ソフトバンクホークス

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 福田秀平 内野手 多摩大学付属ヶ丘高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 内野手 近江高等学校
4巡 李秉諺[3] 内野手 共生高等学校
大学社会人ドラフト
希望 大隣憲司 投手 近畿大学
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 高谷裕亮 捕手 大学
4巡 森福允彦 投手 ダックス
5巡 長谷川勇也 外野手 専修大学
6巡 頭秀人 投手 福岡大学
育成ドラフト
1巡 山田大樹 投手 つくば秀英高等学校

千葉ロッテマリーンズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 大嶺祐太 投手 八重山商工高等学校
2巡 佐藤賢治 外野手 横浜高等学校
3巡 将人 投手 札幌日本大学高等学校
大学生社会人ドラフト
1巡 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 神戸拓光 外野手 流通経済大学
4巡 荻野忠寛 投手 日立製作所
5巡 江口 投手 愛知学院大学
6巡 中郷大樹 投手 JR四国
7巡 角中勝也 外野手 四国IL:高知ファイティングドッグス
8巡 松本幸大 投手 デュプロ

オリックス・バファローズ

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 延江大輔 投手 瀬戸内高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 梅村学人 投手 三重高等学校
4巡 投手 島田商業高等学校
5巡 土井健太 捕手 履正社高等学校
大学生社会人ドラフト
希望 小松聖 投手 JR九州
1順 (選択権なし)
2巡 (選択権なし)
3巡 大引啓次 内野手 法政大学

東北楽天ゴールデンイーグルス

順位 選手名 ポジション 所属
高校生ドラフト
1巡 田中将大 投手 駒澤大学付属苫小牧高等学校
2巡 (選択権なし)
3巡 山本大明 捕手 尾山台高等学校
大学社会人ドラフト
1巡 永井怜 投手 東洋大学
2巡 (選択権なし)
3巡 嶋基宏 捕手 國學院大學
4巡 横川史学 外野手 青山学院大学
5巡 渡辺直人 内野手 三菱ふそう川崎
育成ドラフト
1巡 金森 投手 西多摩楽部
2巡 中村真人 外野手 ダックス

関連項目

野球ボール プロ野球ドラフト会議前後表
2000年代 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年代 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
2020年代 2020年

脚注

  1. *2008年1位ロッテに入団
  2. *2008年ロッテ2位名を拒否し、2009年1位巨人に入団
  3. *入団時に「李杜軒」に名。

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/20(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/20(木) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP