今注目のニュース
「女の子を産みたかった」と苦しむ母親の投稿が話題に 「娘に過大な期待しないでね」という冷静な声も
ピエール瀧の出演映画が「助成金不交付」に ネット「作品にも罪はない」、署名活動も始まる
【訃報】「失踪日記」の作者、吾妻ひでおさんが死去

水母棲姫単語

スイボセイキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(89)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イイノヨォ・・・コッチニキタラァ・・・・・・?

水母棲姫とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん」に登場する深海棲艦である。

イイノヨォ・・・概要ヲヨンダラァ・・・・・・・?

2015年8月10日より始まった、イベント反撃!第二次SN作戦」のE-3域に出現するボス

艦娘たちの作戦を妨するため、ソロモン派遣された機動部隊の旗艦を務める。水上機母艦でありながら空母ヲ級空母棲鬼を従えて機動部隊を率いているところを見ると、相応の重鎮なのかもしれない。

水母」には「くらげ」という意味・読みもあり、初登場当時「くらげって……なんで突然元ネタ生物になったの?」というボケをかました提督も居たようだが断じてクラゲ霊とかではない。この場合の「水母」は「水上機母艦」の略であり「すいぼ」と読む。

水上機母艦特性を持っており、開幕の航空攻撃や撃、撃、そして最後の撃と全てのフェーズで攻撃してくるという戦艦レ級のような万っぷりを見せ付けてくる。ただ形の関係から、撃の威はそこまで怖くない。
水母と侮るなかれ、火力が相当高くなっており夜戦要員を大破させられる事が多々ある。そして高い耐久も相まって、夜戦まで仕掛けても倒せない場合も多い。

装甲値が最大で195という、もはや水母どころか正規空母をも駕した要塞である。このため、しぶとさは水母ではない。難易度175150にまで低下する。
装備は5inch連装両用莢×2、水上爆撃機、特殊潜航艇の4つ。これらの装備をフル活用し、全てのフェーズで攻撃する。中でも特に提督泣かせなのが、ツ級も装備している5inch連装両用莢の存在。これにより艦載機が熟練度ごと消し飛ぶ事が多々ある。さらに難易度甲の最終形態になると形を「輪形」へと変化させる上、水母棲姫もパワーアップしてツ級エリート越する対火を手にする。中において最低でも一回はツ級との戦闘を強いられるため、航空隊を消耗している。そこへ容赦なく水母棲姫が熾な対火をするものだから、多くの村田隊長江草隊長が犠牲となったとか。

水母らしからぬ高い性を持つが、以下の難易度では甲とべて少し性が落ちる。甲で挑んだ場合、水母棲姫のは最高になる上、随伴に空母棲鬼2体というを覆いたくなるような編成となる。しかも最終形態だけでなく、削り中もこの編成なのでずっと空母棲鬼が現れる悪夢E-3甲の突破を難しくする要因のひとつである。
難易度でも最終形態になると甲同様に水母棲姫の性が最高になり、随伴に空母棲鬼2体が現れる。さすがにでは最終形態でも空母棲鬼は現れず、水母棲姫の性最低のままである。

水母棲姫マスでのみドロップする水上機母艦瑞穂」は水母棲姫そっくりの姿をしており、両者に関係性が疑われる。
一方で、運営瑞穂を同じ水上機母艦日進」と間違えて実装した説の存在と、水母棲姫の出現する域が日進の沈没地点である事からモチーフ日進ではないかとも言われている。さらにサボ島沖海戦で、青葉部が接近中の艦隊を「日進らしき艦影」と認識しており、「イイノヨォ・・・コッチニキタラァ・・・」の台詞はその故事を反映したものと取れる。

お姉さんのような、ねっとりとした喋り方が特徴的。自己紹介台詞や被弾時の台詞が誘っているように聞こえる。
黒髪ロングで、モミアゲも相当長い。長くカールしたアホ毛を持っており、同じようなアホ毛瑞穂も持っている。両く発し、頭と胸には大きなリボンを着けている。背中の方から鉤のようなクレーンが生え、より下は深海棲艦特有のユニットに接続され両足がい。そのユニットからは巨大な手が1本生えており、な姿である。両手はクリーチャーのようなクローとなっており、化け物の雰囲気をより一層強めている。よく見ると、立たないが瑞穂と同様のカタパルトを1本保有している。

ゲージを破壊し、トドメを刺すと「ドウイウコト・・・?ソウ・・・ソウナノネ・・・あり・・・がとう」と意味深な言葉をいて倒れる。例によって、ありがとうの部分はの加工がくなっている。

水母棲姫は機動部隊の要だったようで、全に撃沈(ゲージ破壊)すると艦隊は戦を喪失して撤退した。

余談だが、2015年モデルグラフィック12月号の表瑞穂とともに飾る。

両者の関係性がますます深くなったと言えるだろう。瑞穂と一緒に寝転んでいる(?)ようだが、足がいせいか部より下は描かれておらず、しかも雑誌のタイトルに覆い隠されて顔しかまともに見えない。どういうことなの・・・
それでも表を飾るという、深海棲艦の中では破格の待遇を受けた水母棲姫であった。

モットヨ・・・モット・・・エヲカイテ・・・ホラ・・・ホォォラァ!

ワカッテナイノネェ・・・。

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 16:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP