今注目のニュース
学生が作ったとは思えない2Dアニメーションが楽しめるアクションゲーム『Symphonia』無料配信中。パリでゲーム作りを学ぶ生徒たちによる「音楽」をテーマにした一品
自然派の知人にウンザリする人々「食べ物すべてに"身体に悪そう"と文句」「抗がん剤治療中に"免疫で治せるのに"」
「コンビニチェーンで得する方法」缶ビールやおにぎりがタダで手に入る…

異世界転生単語

イセカイテンセイ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(934)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

異世界転生とは、創作作品のジャンルの一つである。

概要

ある世界の住人が死後に別の世界異世界)で生まれ変わり、新しく人生をやり直すというもの。転生後は赤ん坊から物語が始まる場合があればある程度成長している段階で物語が始まる場合もある。また、転生後は異なる種族として生まれ変わったり、元の体から姿が大きく変わったり性転換する場合もある。異世界転生の中で神様が転生させた場合は神様転生と呼ばれている(詳しくは神様転生の記事を参照)。

古くから存在するジャンルで、日本アニメでも80年代後半で既に近い特徴を持った『New Story of Aura Battler DUNBINE[1]が登場しているが、近年では現実世界から異世界に行く作品が異常に多く、転生後の世界作者オリジナル世界であったり、二次創作であれば既存の作品(漫画アニメゲームなど)の世界であったりする。

出版科学研究所の調によると、タイトルに「異世界」や「転生」という言葉を含む新刊書籍の点数は2014年128点であったが、2017年には490点と約4倍にまで増えている(『日本経済新聞2018.11.13 夕刊)。この数字はシリーズものを別々の書籍として扱ってしまってはいるが、タイトルに「異世界」や「転生」という言葉を含まない作品が多数あることを考慮すると、実態として「異世界転生もの」の点数はさらに多いと推測される。このような数値から見ても、「異世界転生」という言葉の浸透や「異世界転生もの」の市場規模拡大が急速であったということが見て取れる。

似たようなジャンルとして異世界転移憑依があるが、異世界転移はある世界の住人が異世界に移動する事、憑依異世界の人物に乗り移る事である。かなり大雑把に言うと死んで異世界に生まれ変わると異世界転生、死なずに異世界に行くと異世界転移異世界かに乗り移ったら憑依である。ただし憑依については、異世界に居た他のかの体を使う事になる作品であっても作者が「異世界転生」と分類しているケースも多く、また「死を切っ掛けにして異世界に行くが、体の状態は死亡前のまま」といったケース[2]では作者により転生か転移のどちらに分類するか異なるなど、厳密に使い分けられているわけではない。

転生なので異世界に行くには一度死ぬ必要があるが死因は様々で、トラックに轢かれて死ぬ、事件に巻き込まれて死ぬなど様々である。特にトラックに轢かれて転生する場合は「トラック転生」と呼ばれている。

小説投稿サイトで有名な「小説家になろう」では、異世界転移の作品と共にランキングを占めてしまったため、ジャンルの再編成が行われた。

主な作品

などがある。

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *異世界転移作品『聖戦士ダンバイン』の主人公が作中の経緯で地上で死亡後、異世界バイストン・ウェル」で転生した後の作品。ダンバイン自体も日本アニメにおける異世界転移の先駆者である
  2. *下記の作品群では『この素晴らしい世界に祝福を!』が該当する
この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/06(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/06(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP