今注目のニュース
片寄涼太、自分の人生が「ただごとじゃないことに」と実感した瞬間
異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」

破邪大星ダンガイオー単語

ハジャタイセイダンガイオー

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「ダンガイオー、見参!」

『破邪大星ダンガイオー』とは、1987年から1989年にかけて発表されたAIC制作ロボットアニメである。OVA全3巻。

概要

1980年代後期、いわゆる"リアルロボット"が流になっていた次期に作られた"スーパーロボット"アニメ。当時21歳だった大張正己氏を始め、当時まだ若手だったスタッフが中核となり制作されている。

当時流行の美少女超能力要素が取り入れられているが、メインは往年のスーパーロボットアニメ要素である。外連味溢れるメカニック描写はもちろんのこと、神谷明氏の演じるパイロット渡辺宙明作曲BGM水木一郎堀江美都子両氏が歌う題歌などもオマージュの一部であると言える。

最終回である第3話は「第1部完結編」と銘打たれているが、第2部以降は未だ発表されておらず実質未完。しかし続編として2001年に『破邪巨Gダンガイオー』が制作されている。そしてこちらも未完

あらすじ

天才科学者であるターサン博士は、自身が開発したスーパーロボット・ダンガイオーと、そのパイロットである少年少女4人を宇宙海賊バンカーに売り渡そうとしていた。

しかしターサンの作った人造人間であるとされていたミア、ロール、ランバ、パイの4人は、宇宙の各地から集められ記憶を操作された超能力者であった。

真実を知った4人はバンカーを脱走し、ダンガイオーと共に彼女たちを狙う追っ手に立ち向かうことになる。

主な登場人物

ダンガイオーチーム

ミアアリス (荘真由美
主人公である地球人の少女超能力は念動に飛行、バリアなど幅広いが全に制御できておらず、いわゆる「イヤボーン」的な感じで発動される。
ロール・クラン (神谷明
ダンガイオーチーム一の男性である、おとなしく気弱な少年超能力は走ることで衝撃波をい突進することだが、ほぼ一直線にしか進めない。普段は気弱だがダンガイオー搭乗時は普段と打って変わって(往年のスーパーロボットアニメ主人公のような)強気な性格になるが、この二面性の最終話で明かされている。
ランバ・ノム (岡本麻弥
チームで最年少の少女超能力先からビームを放つこと。彼女の出生については第2話のメイン要素であり、同話は彼女役回になっている。
パイサンダー (松井菜桜子
褐色の肌が特徴の少女超能力怪力。その正体はガリモス船長のバリアスであったが、からの命を拒否したことでバンカーを離脱する。
ターサン博士 (青野武
ダンガイオーを作り、ミア達を超能力兵士に仕立て上げた科学者。ミア達がバンカーを逃げ出したことから自身も追われる身となり、ミア達と共に逃げることになる

宇宙海賊バンカー

ガリモス船長 (緒方賢一
強大なにより宇宙ブラックマーケットをバンカーの首領。
バンカー四天王
闘将メスティラ(塩屋浩三)、猛将ゴウティラ(大竹宏)、賢将サンティラ(郷里大輔)、妖将ダァティラ(阪脩)の4人で構成される四天王
ギルバーグ (千葉繁
ターサンによって改造されたサイボーグ。ターサンが作った最強兵器の座から自分を蹴落としたダンガイオーチーム、特にミアに恨みを持つ。

ダンガイオー

ターサン博士バンカーのために作った宇宙最強スーパーロボット漢字表記は「彈劾凰」。

普段は4機の戦闘機ダンメカニック)に分離しており、4人の精と心が正確に一つになったとき、ミアの「クロスファイト!ダンガイオー!!」のコール合体する。合体後はロール機のコックピットでのみ操縦が可

ダンガイオーのにはパイロット4人の超能力が関係しており、普通戦闘を行うだけでも体しく消耗する。

主な装備・必殺技

ダンガイビーム
額から発射する青色線。
ブーストナックル
前腕部(ランバ機部分)を射出する、いわゆるロケットパンチ。応用技に、組んだ両手を回転させて放つスパイラルナックがある。 ダンメカニックのコックピット合体後も位置が変わらないため、使用するとランバが腕ごと飛んでいく
ショルダーカッター
両肩から発射するカッター
サイキックウェイブ
右のから放つ増幅された念動波。相手を拘束する技だが、出を上げればそのまま敵を押しつぶしたり、ビームのような衝撃波を放つことも可
破邪の
「彈劾」、「ダンガイソード」とも呼ばれる。両拳を合わせることで出現する。
サイキック
サイキックウェイブ拘束した相手を破邪ので一両断する必殺技氏の作画なのでった間は描かれない。
使用時に流れるBGMサイキック、そして」は特撮作品『宇宙刑事ギャバン』で使用された「マクーの攻撃」、通称「レーザーブレードテーマ」に酷似している。これは制作側が作曲者の渡辺宙明氏に「レーザーブレードみたいな曲」という注文を出したため。

主題歌

オープニング

CROSS FIGHT!」(~2話)
作詞大津あきら / 作曲編曲渡辺宙明 / 歌:堀江美都子水木一郎

「Cheap Thrills」(3話)
作詞榊原武 / 作曲大原之 / 歌:中井秀美

エンディング

「心のオネスティー」(~2話)
作詞大津あきら / 作曲編曲渡辺宙明 / 歌:堀江美都子

Who's Gonna Win?」(3話)
作詞榊原武 / 作曲大原之 / 歌:中井秀美

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP