L.E.D.単語

エルイーディー

5.3千文字の記事
掲示板をみる(209)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

L.E.D.とは、日本ゲームミュージック作曲である。本名は「角田利之(かくた としゆき)」。称は「カクちゃん」もしくは「不沈艦」。割と昔からIIDX萌えキャラ担当。

概要

コナミデジタルエンタテインメント、及びその社内レーベルbeatnation Records”所属。コナミへの入社当初から「beatmania」及び「beatmania IIDXシリーズに楽曲の提供を続けている、BEMANIシリーズ古参コンポーザーの一である。

手がける楽曲はトランステクノの系統。特にゴアサイケトランス系とハードコア系の楽曲を得意とし、しい雰囲気の曲が多い。ただし最近ではStarving Trancerとの共作で「XANADU OF TWO」、「ANAGRAMS I to Y」といったユーロビートな歌モノ、時には電波中二病的な曲を手掛けるなど色々はっちゃけている。これは、L.E.D.自身の「今ハマっているジャンルの曲を作りまくる。」という癖のようなものから来ていて、恐らくLincleSDVXのせいだと考えられている。「10年後もハードコアを作っていたい。」と言った結果がこれだよ!!また、元々はIIDX庭用を手がけていたためか、移植版だとやたらり切る。

略歴

1999年コナミコンピュータエンターテイメントジャパンに入社。
2004年庭用IIDX開発元の移管に伴い、コナミコンピュータエンタインメントスタジオへ移籍。
2006年グループの再編により、現在の所属であるコナミデジタルエンタテインメントへ移籍。
2007年IIDX 14 GOLDより正式にアーケード版の要コンポーザーとして活動を開始。
2008年ファーストアルバム「電人K」をリリース
2010年IIDX 18 Resort Anthemサウンドディレクターに就任。以後はIIDXを中心に楽曲製作を担当している。

人物

アーティスト名「L.E.D.」の由来は「機材についている発光ダイオードサイバーな感じで格好いいから」らしい(BEMANIトップランカー決定戦2008北海道地域予選の質問コーナーにて暴露。後述のSP段位もここで言している)。

厳つい外見とは裏にいたって温和な人物で、ハードな楽曲のイメージからは想像し難いくらいシャイな性格。ポップンスタッフshioく「最強萌えキャラ」。くねくね定評がある
で、アメリカンショートヘアの「ボーマン」というネコを飼っている。TOMOSUKEwacとはネコ好き仲間で、飼育に関する助言をもらっているらしい。

コナミ入社前には高田雅史と同じゲーム会社に所属していた時期があり、彼とは当時より交があった。そのこともありIIDXには時折高田の楽曲が収録される。

プライベートではゲームもたしなみ、特にシューティングの腕前には自信があるよう。IIDXの腕前はSP六段で、最近ではDPも始めたという。だが現在は同じIIDX担当に両皆伝ごりらのHuΣeRがいる。時折アドバイスとかもらってるんだろうか。

また、かなりの天下一品フリークとしても知られている(く、週4で行くほど好きらしい。過去には三食天一なんて事も)。ただ、その後天一ブームが収まりだした2009年3月以降は、kors kに勧めてもらったのが拍をかけたのか、カレーがアツいとのこと。→ソースexit

なお2012年前半から半ばにかけてヤセしており、ファンから心配するが上がっている。どうやら日頃の不摂生が祟って病院のお世話になったらしく、食生活の善と運動を行って健康的に痩せたそうだ。(BEMANI Backstage第28回より)
その後も順調に(やや過剰に?)減量を行い、9月27日USTで行われたKAC特別番組に登場した際、以前の面いとも言えるほどに細くなっており、ソーシャルストリームが驚きので埋まった。本人によれば-31kgの減量となり、サイズが変わったとのこと。り過ぎである。

音楽ユニットGUHROOVY(+MC担当NO+CHIN)や、DJ TECHNORCHとの交流の機会が多い。特にDJ TECHNORCHに関しては、L.E.D.代表曲の一つ「HELL SCAPER」に感銘を受けたことが音楽を作り始めたきっかけであると言している。
現在日本ハードコアシーンの中心にいるDJ TECHNORCHをして、対談において「(TECHNORCHが)もう少し有名になったら、『TECHNORCHが育てた』と言おうかな」とっている。

好きな芸能人釈由美子。→ソースexit_nicovideo

名義

楽曲

GENOM SCREAMS

庭用beatmania GOTTAMIXに収録、アーケード4thMIXIIDXDDR2ndmix Club ver.にも移植された(アーケード4thMIXのほうが先にリリースされたが、初出はGOTTAMIX扱い。DDRではEXTREMEAC再収録、最新作のXでもプレイ)。L.E.D.のBEMANIシリーズへのデビューを飾った曲。
それまでのBEMANIシリーズにはなかった曲調と、super highwayえる階段譜面から来る難易度話題となり、今もなお多くのユーザーされ続けている。
ちなみに収録バージョンによって微妙に違い、Gottamix収録verは若干長く、また5鍵盤系のDPでは最後の階段部分が1オクターブズレのユニゾンパートになっていて聴き応えのある(と同時に左右で同じ動きになる叩きごたえのある)ミックスがされている。

HELL SCAPER

GENOM SCREAMSと同様に庭用beatmania GOTTAMIXに初収録、後にアーケード5thMIX移植。200bpmというハイスピード話題となった。ジャンル表記は「GABBAH」となっているが、これは本来誤植であり正しくは「GABBA」もしくは「GABBER」である。
電人KでHELL SCAPERリミックスを行ったDJ TECHNORCHは「この曲で人生が変わった」と評している。リミックスは後に庭用IIDX DJ TROOPERSに収録されたが、ジャンル名が原曲と同じ「GABBAH」となっているのはTECHNORCHなりのリスペクトの表れであろう。
リミックス登場後に「GABBAH」を仕様と書いたL.E.D.は照れているのだろう。

Miracle Moon ~L.E.D.LIGHT STYLE MIX~

Togo Project作曲の「Miracle Moon」をエピックハウスリミックスハードダークイメージの強かったL.E.D.が、新たな一面を覗かせた一曲である。ポップンミュージックDDRにも移植された、伝統ある人気曲。

電人イェーガーのテーマ

後に「電人シリーズ」として続いていく一連の楽曲群の、記念すべき一曲。初出は庭用IIDX 5thstyle、後にアーケード版にも移植された。この曲と「合体せよ!ストロンイェーガー!!」は6thstyle以前の庭用が初出のL.E.D.曲にしてはしく、アーケードで一度も削除されていない。
この曲をはじめとする電人シリーズの楽曲の多くには、ムービー担当のYasiによりロボットのようなキャラクターが登場するムービーがつけられているが、妙にコミカル字幕や、どう見てもセックスにしか見えない 合体シーンなどネタ満載の内容である。

PHOTONGENIC

庭用IIDX 9thstyleで初収録、アーケードにはIIDX GOLD移植された。麻衣子をボーカリストとして迎え、L.E.D.ならではのハードさを残しつつも美しい曲となっている。

eRAseRmOToRpHAntOM

GUHROOVYとの合作原曲庭用初代drummaniaに収録されたERASER ENGINEで、その後GF3rd&dm2ndサントラロングミックスされたERASER ENGINE(eraser motor mix)→CSIIDX 4thstyleにてショートバージョンとして収録したErAseRmoTor maXimUMCSIIDX REDで隠しANOTHER譜面として初収録という変遷。そのギミックの作りこみと譜面難易度の高さは多くのプレイヤーの度肝を抜いた。なお庭用IIDX DistorteDでNORMALHYPER譜面が追加されたほか、後にIIDX SIRIUSアーケード版への移植も実現した。

THE DEEP STRIKER

初収録時のIIDX副題DJ TROOPERS」を強に意識して作られたニュースタイルガバDJ TROOPERS徴する楽曲のひとつである。ムービーに出てくるキャラクターは「闇サトシ」などと呼ばれる。

THE LAST STRIKER

IIDX DJ TROOPERSエンディングテーマ。電人Kにフルバージョンが収録されている。また庭用IIDX DJ TROOPERSでは隠し曲としてゲームデータが用意され、実際に譜面プレイできるようになった。後にIIDX SIRIUSアーケード版への移植もされている。
歴代の汎用ムービー総出の演出や公式サイト意味深な曲コメントから、当時「庭用次回作の開発が停止になるのでは」との憶測も飛び交った。その後、ユーザーの要望により庭用次回作の開発自体は実現したのだが…(事の末についてはCSDJTCSEMPの項も参照)

DOMINION / GALGALIM / EXUSIA

いずれもIIDX SIRIUSに収録された楽曲。3曲ともジャンルとしてはハードコアに関連するものだが、DOMINIONはひたすらダークGALGALIMはアゲアゲ、EXUSIAは壮大系とまったく雰囲気の異なる楽曲となっている。L.E.D.のハードコアへのと造詣の深さをい知ることができる。

恋する☆宇宙戦争っ!

IIDX Lincle収録。L.E.D.氏の中でもひときわ異色であり、いろんな意味で注を集めた電波曲
Lincle稼働当初~中期までは間違いなくひときわ立っていたのだが、とある楽曲敗北宣言することになる。

詳しくは本記事を参考にしてほしい。

その他、ニコニコ大百科内に記事のある楽曲

関連動画

主なネタ系MAD

主なカッコイイ系MAD

まさかのボーカルとしての参加

本人出演系

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 207ななしのよっしん

    2021/04/13(火) 21:31:27 ID: CQZH5MRD+p

    Kors kも忘れてはいけない
    あの人もヘルスケ人生が変わったとか言ってたし

  • 208ななしのよっしん

    2021/04/27(火) 14:08:16 ID: 4U0iYFGgti

    またInfinite Prayerみたいな民族系とかGhost Revivalみたいなゴアも作って欲しい

  • 209ななしのよっしん

    2021/07/11(日) 02:55:39 ID: TL8xSbmuk2

    最近猫又が離れた代わりにちゃんが当たり曲継続して書いてくれてるからトントンとして許してる所ある

    っていうか弐寺に関してはちゃんとの二人が昔までの弐寺を引き継いで、外注で新しい空気取り込んでるようなイメージだわ、それが成功してるのは1プレイヤーとして嬉しいけど、負担にならない程度に適度に休んで欲しい気持ちも。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/25(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/25(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP