今注目のニュース
「ラッキー♪ブタなのに勝っちゃった」アニメ『賭ケグルイ××』よりARTFX J 早乙女芽亜里が2019年11月に発売!
自称大富豪が9.7億円で殺人を依頼 18歳女子が親友を殺害
ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...

saw単語

ソウ

掲示板をみる(174)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

老朽化したバスルー

足首には鎖

線上にもう一人の男

中央には自殺死体

 

 

 

Hello, Adam, Dr. Gordon.
I want to play a GAME.

 

 

 

 

 

 

概要

SAW」とは、様々な意味を持つ英単である。

一般的な意味は「糸のこぎり」、または「see(見る)の過去形=見た」。

ここでは、2004年開されたソリッドシチュエーションスリラー映画SAW(ソウ)」を解説する。

ネタバレ注意 ※※注意※※
これ以降の記事には、本作のネタバレが含まれています。

 

 

 

 

most people are so ungrateful to be alive
多くの人間は"生きていること"に感謝しないで生きている。

those who don't appreciate life do not deserve life
生存感謝しない者は、生存に値しない。

live or die,make your choice.
生か死か、己の意思で選択せよ。

jigsaw.

謎の男ジグソウ」が、心に傷や隠部を持つ者を「被験者」として監禁、「生きる意味を見出させる」というテーマに沿った「ルール」と「ゲーム」を仕掛けるスリラー映画

ルール」に従えば「後の世に加われること」すなわち生還という報酬を受け取れる。しかし被験者は大抵疑心暗鬼に陥ったり、「ゲーム」において要されるもの(多くの場合は体的な苦痛、恒久的な障を伴う)にしたり、生死の瀬戸際で勇気を振り絞れずに中途半端に脱出しようとしてしまい、「ルール」違反を犯して自滅してしまうことが多い。

1作監督ジェームズワン、脚本はリー・ワネル
制作120万ドルという、非常に低予算で製作され、しかも総撮影日数は18日ときわめて短いものだった。参考までに、同年制作の『LotR』第一部の総製作費はは9400万ドルである。
しかし視聴者の意表をつく巧みな撮影手法や、ジグソウの哲学的思想に基づく「殺人ゲーム」の描写などが人気を呼び、全世界約1億ドル行収入を計上した。

二度に渡りゲーム化されており、ニコニコ動画では実況動画投稿されている。

続編 

続編としてSAW2、3、4、5、6、そして7作に当たる「SAW 3D(邦題:SAW ザ・ファイナル 3D)」が制作された。

2の途中から監督が変わったために少しずつ映画の雰囲気が変化したとされ、特に3以降は過ゴア描写を増やしたため、単なるスプラッタ映画に堕し、SAW全体の持ち味が失われてしまったと批判されることも多い。
しかしストーリーの構成上仕方ないと意をむこともでき、開される度にきちんと設定と伏線るため、開ごとに怖いもの見たさと好奇心旺盛なファンを呼び込んでいる。 

7作に当たるSAW ザ・ファイナルをもってSAWサーガ全に終了。「本作が完結編となり、続編・外伝さらにビギニングも製作はしない」とプロデューサーマークバーグは宣言した。

……はずだったんだけど。

2017年リニューアルの最新作「JIGSAW(邦題:ジグソウ:ソウ・レガシー)」が発表。
ジグソウが死亡して十年後の世界舞台。しかし不可解な殺され方をした死体が相次いで発見され、捜線上に再びジグソウの名が上がってくる。しかし犠牲者の傷口に埋め込まれていたUSBの音ファイルは、紛れもなく死んだはずのジグソウの
ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」
ジグソウは生きていたのか。それともジグソウを崇拝する何者かの仕業なのか……?

登場人物

ネタバレ反転

ジグソウ
連続殺人鬼拉致した犠牲者を「被験者」として「ゲーム」と称した儀式を行い、計算され尽くした複雑なトラップを幾つも周到に準備している。犠牲者は数十人とも言われ、巷を騒がしている。
「ジグソウ」とは、死体がジグソーパズルの形に皮膚を切り取られている事からメディアに命名された名前。ジグソーパズルは「人間として必要な要素(ピース)」を意味し、それが欠けているという徴になっている。ただし本人は一度も自分から名乗ったことはない。また、被験者の前に姿を現す時は、ビリー人形という不気味腹話術人形を代理に立てている。

連続殺人鬼とは言うが、ジグソウの的は自分の生命や生活を大事にしない者の「更生」であり、死を望んでいる訳ではないまたシリーズを通じて彼自身が「直接」被験者を殺した事は一度もない。その為「ルール」に従い「ゲーム」をクリアした者は、たとえどのような犠牲を払ったにせよ生還できるようになっている。生還者の中には彼を恨む者、トラウマによって自暴自棄になる者もいれば、一周して彼に感謝する者さえいる。
また彼の教えに感化されて「子」または「協者」となる者も存在する。
本名、ジョン・クレイマー。
実業で、機械工学建築学に精通、住宅地の開発にも携わる名士だった。物事を論理的に見る性格で、彼の行動はすべて精密な計算に基づいている。
物中者の更生クリニックを経営する妻、ジルと共に順満帆な日々を送っていたが、強盗に入った男により、妊娠中のジル暴力を振るわれて流産。排日まで計算された上で産まれるだったが子を失った悲しみに暮れる間もなく、不能腫瘍が見つかり、余命いくばくもない事実を突き付けられて絶望自殺しようとしたが奇跡的に生き延び、人の生死について大悟する。更に、自分が生き延びたのは「自分をみない人間に生きる意味を見出させるため」と結論づけた。ジルを巻き込まないように離婚後、妻を襲った男を最初の被験者として最初の「ゲーム」を行う。
3作以降の「ゲーム」の舞台はかつて自分が設計を手掛けた食工場で、通称「ギデオン・ビル」。生まれる事のなかったが子につける予定だった名前を冠している。
3作にして死亡するが、死後も子がその後を継いで「ゲーム」を始める。しかし……
アマンダ・ヤング
「1」においてジグソウに誘拐された被験者。
かつて実の身でありながら、でっち上げに近い形で物使用の容疑で逮捕・収監。以後は心を病み、本当に物中になってしまった。堕落した生き方をしていた為にジグソウに誘拐され、ヘッドギアトラップによる「ゲーム」を仕掛けられるが、奇跡的に生還する。
生還後は自暴自棄になっていたが、ジグソウが直接接触してきた事ですべてが変わった。どうしようもなかった自分を「再生」してくれた事に感謝し、教えに感化されてジグソウの子となる。以後、病状の進行によって車椅子生活のを余儀なくされたジグソウの代わりに密室を用意したり、被験者を誘拐する役を負う。
しかし「被験者に生きる意味を見出させる」為に行われる「ゲーム」を「殺人嗜好」と曲解。数々の「命を顧みない」トラップを仕掛け、被験者を殺すようになる。そのためジグソウにひそかに「テスト」を仕掛けられ、看破できずに失敗、死亡した。
実はジグソウの妻が流産した事件の犯人とは共犯で、強盗計画の首謀者だった。後になってそれを知り、後述するホフマン脅迫された結果、「ゲーム」に失敗して己の死に繋がった。
マークホフマン
「3」から登場。ジグソウ事件の担当刑事。かつてが殺された事もあり、犯罪に対しては厳しい態度で臨んでいる。
実はを殺した犯人復讐する為、当時世間を騒がせていたジグソウの手口を真似犯人を殺。これをジグソウは劣悪な模倣と見なし、「殺人」と「更生」の違いを探するかどうかの選択を迫る。これによってジグソウの子となり、刑事の立場を生かした情報提供や被験者の誘拐などを行った。
ジョンアマンダの死後、彼らの後継者として「ゲーム」を行うようになる。一見ジョンの意思を継いだように見えて、ゲームの成功率を極めて低いものに設定し、ゲームそのものに喜びを感じるようになるなど、快楽殺人者としての本性を見せるようになる。更に自分の正体に迫る同僚も容赦なく手にかけ、ゲームを続けようとする。
しかしジョンは彼の行動を見越しており、妻に対していざという時はホフマンゲームにかけるよう遺言していた。遺言に従った彼女の手でヘッドギアトラップをかぶせられるが、ギリギリの所で生還。逆に彼女を返り討ちにして満足するが……
アダムフォークナー
「1」に登場する被験者。職業カメラマン。なお演じているのは脚本のリー・ワネル本人である。
ある人物に依頼された仕事を果たし、帰宅後に写真現像していたところを何者かによって倒させられる。覚めた時にはゴードンと共にバスルームに監禁されていた。
当初はパニックに陥るが、ゴードンと会話を交わし、お互いの状況を確認。巷を騒がせる連続殺人鬼・ジグソウの手に落ちた事を理解する。
実はある人物から依頼を受け、秘密裏にゴードンを付け回して盗撮していた。最初は自分の立場を隠していたが、「ゲーム」からの生還をす中で素性がバレてしまう。時間切れとなり、自分達を殺す為に現れた犯人の意表をついて反撃するが、その犯人さえもジグソウの駒だったことを知り愕然とする。
直後に正体を現したジグソウによって「ゲームオーバー」を宣告され、外界へと通じるを閉じられて絶叫。「3」では衰弱して死にかけていた所を、アマンダによって窒息死させられた。「ファイナル」では干からびミイラとなってバスルームに転がっているのが確認できる。
ローレンスゴードン
「1」に登場する被験者。外科医師で、ジョン腫瘍を発見して告知した人物。
な性格で、診療行為はただの仕事と割り切っていた。家族に対しても以外は蔑ろにしていた為、命や家族の大切さを知る為として「ゲーム」にかけられる。
「1」終了時点では生死不明。だったが、その後ジグソウからの生還者として「ファイナル」でテレビ番組に登場。他の生還者達と共に、その体験をっている。
「1」では当初冷静を保っていたものの、家族の悲鳴をテープで聞かされる内に錯乱し、鎖で繋がれた足を自らノコギリで切断。救助をめて脱出するが、出血多量で倒。しかし倒れている所をジョンに救われて治療を受け、自分を「再生」してくれた恩人と認識して協者となる。
劇中での描写こそなかったが、「2」の時点からジョンでは不可能な「被験者への手術」を担当。アマンダやホフマンを差し置いて、ジョンからは最も信頼されていた。一方のアマンダ達はゴードンを「単なる生還者」と認識しており、最後まで自分が監視されている事に気づかなかった。
ファイナル」終盤、拠隠滅をはかり逃亡しようとしたホフマンを2人の協者達と共に捕らえる。倒したホフマンを「1」で自らが捕らわれていたバスルームに監禁。かつて自分が脱出に使ったノコギリすら与えず、「ゲームオーバー」を告げて立ち去った。
その後はジグソウの後継者になるかと予想されるが、小説版においてゴードンジョンの敷いたを歩める者はジョン以外にいないのかも知れない」「ジョン亡き今、も彼を真似する事は出来ない」と独しており、自分がジグソウになる事に対しては否定的。また「1」で同じ部屋に監禁されていた被験者・アダムの亡骸を前に「一緒に過ごしたのは数時間だが、ジョンを除けばこれほど深い結びつきを覚えた人間はいない」と、助ける事のわなかった「友人」に対する複雑な感情を吐露している。

関連動画

関連商品





関連コミュニティ

 

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP