ソングバード単語

ソングバード
3.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ソングバード(Songbird)は、2013年生まれのアメリカの元競走馬で、現在繁殖牝馬である。名は「鳴禽類」もしくは「歌姫」という意味であり、アメリカ女性歌手エヴァ・キャシディの同名のアルバムに由来する。

概要

Medaglia d'OroIvanavinalot、West Acreという血統。
メダグリアドーロ金メダルという名前の割にやたら2着が多かったがGI3勝を挙げ、種牡馬としてプリークネスSを筆頭にGI5勝を挙げた女傑レイチェルアレクサンドラなどを出していた。イヴァナヴィナロットGII勝ちを含む9勝を挙げた活躍で、イヴァナヴィナロットの高祖母フラワーベッドグロースタークヒズマジェスティとなったフラワーウルの全である。ウェストエーカーも不出走だが近に*ヨハネスブルグやプルピットがおり、十分良血の部類に入る血統であろう。

2014年10月の1歳セリにおいて40万ドルで落札され、ジェリー・ホーレンドルファー調教師に預けられた。上は全レースマイクスミス騎手が務めた。

2歳時

2歳7月に6ハロン未勝利戦デビュー。ここは結果的に生涯一となる2番人気だったが、スタートから逃げて6身半差で圧勝するという衝撃的な勝ち方で初陣を飾る。続くデルマデビュータントS(GI・7ハロン)では逃げたところを内から絡まれる展開となったが、直線半ばで先頭を奪い返すと5身1/4差を付けて勝した。更にシャンリアS(GI・8.5ハロン)でも、スタートから逃げて4身半差で勝利した。

3戦敗で挑んだブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(GI・8.5ハロン)では、レイチェルアレクサンドラにして自身も2戦敗でスピナウェイS(GI)を制する活躍を挙げていたレイチェルズヴァレンティナなどが出走してきたが、単勝1.6倍という圧倒的人気に推された。レースでは大外から軽快にハナを切っていくと、2番手に付けていたレイチェルズヴァレンティナを直線で突き放し、5身3/4差で圧勝。上のスミス騎手は自身の持つブリーダーズカップ最多勝記録を「22」に更新し、レース後には「ゲートを飛び出したら、あとは自分が乗っているかどうかの問題だった。中はあくびをしているような気分だった。自慢じゃなくて、彼女はそれほどの信頼感を与えてくれるんだ」とソングバードをベタ褒めした。

4戦敗・付けた着差は合計22という圧倒的な内容により、当年のエクリプス賞最優秀2歳を261票中260票の得票で受賞。エクスペリメンタルフリーハンデ(2歳レーティング)で与えられた125ポンドのレーティングBCジュヴェナイルを勝った全体トップナイキストの1ポンド下、2位タイのキャッチアグリンプス(BCジュヴェナイルフィリーズターフ)およびレイチェルズヴァレンティナの5ポンド上というハイレベル数字で、21世紀のとしては最高であった。

3歳時

3歳時は、ラスヴァーネスS(GII)を単勝1.05倍の支持に応えて6身差で勝。ケンタッキーダービー参戦すら取り沙汰されたが、相手のプレップレースを挟まないと出走選定ポイントが足りなくなる可性があることなどを理由にい段階で否定された。その後、サンタイサベルS(GIII)を単勝1.1倍の支持に応えて3身3/4差で勝利し、サンタアニタオークス(GI・8.5ハロン)も不良馬場を楽に駆け抜け3身3/4差で勝利した。しかしその後熱発し、ケンタッキーオークスは回避を余儀なくされた。

になり、サマータイムオークス(GII)で復帰すると、これを6身半差で圧勝。続くCCAオークス(GI・9ハロン)とアラバマS(GI・10ハロン)ではどちらも途中まで競りかけられたものの、最終的に前者は5身1/4差、後者は7身差で勝。コテリオンS(GI・8.5ハロン)も5身3/4差で勝利デビュー11連勝を挙げ、遂に初の古対戦となるブリーダーズカップ・ディスタフへ挑んだ。

ブリーダーズカップ・ディスタフでは、ソングバードは単勝2.1倍に支持されたが、前年の最優秀3歳ステラウインドが3.5倍で2番人気、ここまでGI10勝を挙げエクリプス賞を3回受賞している6歳ビホルダーが4.3倍で3番人気と、流石に楽なメンバー構成ではなかった。レースでは果敢にハナを奪ったが、4ビホルダーの射程に入れられると、直線では長い叩き合いの態勢のまま並んでゴール写真判定の結果、惜しくもハナ差で敗れ、デビューとなった。それでも相手の実績を考えれば十分に濃い内容で、エクリプス賞では満票で最優秀3歳を受賞した。

4歳時

4歳時は3月に始動する予定だったが、の壁を蹴った際に脚に腫れ物が出来てしまい、6月のオグデン・フィップスS(GI・8.5ハロン)から始動した。それでも1番人気に応えて勝利したが、本調子ではなかったのか着差は1身と大人しめだった。続くデラウェアハンデキャップ(GI・10ハロン)も、他116ポンド(約52.6kg)以下のハンデで収まる中で1頭だけ124ポンド(約56.2kg)という斤量を背負ったのがしたのか1身差の勝利であった。

続くパーソナルエンスンS(GI・9ハロン)は4頭立てとなったが、前年のBCディスタフで3着に一蹴していたフォーエヴァアンブライドルドに差し切られてクビ差の2着に敗退。このレースの後、後脚の故障が判明して引退が決定した。

通算成績は15戦13勝2着2回、うちGI9勝。勝ったレースの着差は4歳時の2戦を除いて全て3身以上、合計で62身半(均4.8身)に達し、負けた2戦はハナ・クビ差というほぼ完璧な成績を残した。スミス騎手く気性も大人しく、*アゼリゼニヤッタなど多くの名の手綱を執った彼をして「競走馬められる全てのものを持ち合わせていた」と言わしめたのも頷ける、素晴らしいであった。

引退後

引退後は11月繁殖牝馬セールで950万ドルという高額で落札され、落札者のウィスパーヒルファームで繁殖入りした。1年2018年アロゲート2019・20年はタピットが交配され、現在のところ2年連続で出産している。

血統表

Medaglia d'Oro
1999 黒鹿毛
El Prado
1989 芦毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Lady Capulet Sir Ivor
Cap and Bells
Cappucino Bay
1989 鹿毛
Bailjumper Damascus
Court Circuit
Dubbed In Silent Screen
Society Singer
Ivanavinalot
2000 黒鹿毛
FNo.4-d
West Acre
1995 鹿毛
*フォーティナイナー
Forty Niner
Mr. Prospector
File
Narrate Honest Pleasure
State
Beaty Sark
1986 鹿毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Torsion Belle Torsion
Patriotic Petunia

クロス:Northern Dancer 4×5(9.375%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソングバード

1 ななしのよっしん
2023/01/13(金) 15:10:57 ID: cuDP2znba6
あのアロゲートと同い年に生まれG1級競走9勝生涯戦績15戦13勝・獲得賞4,692,000ドル2015年 エクリプス賞2歳チャンピオンおよび2016年 エクリプス賞3歳チャンピオンの実績を持つ現代アメリカ最強クラス
生涯先着を許したたった二頭のビホルダーフォーエヴァアンブライドルドはそれぞれG1競走11勝と4勝かつ両方がBCディスタフ優勝しており、間違いなくトップクラスの実の持ちには違いない。
アロゲートが恐るべきレースを見せたBCクラシックの同日のBCディスタフでの当時6歳ラストランビホルダーと当時3歳の敗の新ソングバードとの壮絶なデッドヒートはとみに有名。
このとき三着がフォーエヴァアンブライドルドで四着が最終的にG1競走6勝のステラウィンドというメンバーだった。
👍
高評価
1
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス