プリークネスステークス単語

プリークネスステークス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

"The People's Race - The People's Party"

"Run for the Black-Eyed Susans"

P R E A K N E S S  S T A K E S


プリークネスステークス(Preakness Stakes)とは、アメリカ合衆国メリーランドボルテモアピムリコ競馬場で行われる競馬の競走名。

アメリカにおける三冠競走の2戦として、ダート9.5ハロン(約1911m)で行われる。フルゲート14頭。

概要

1872年のに3歳の競走であるディナーパーティーステークスが行われ、その優勝であるプリークネス(Preakness)を記念して翌1873年に創設された。創設当初はダート12ハロンの競走だったが、何度かの変更を経て1925年に現在ダート9.5ハロンに設定される。

ケンタッキーダービーが一度も中止や分割開催されなかったのに対し、プリークネスステークスは3年ほど開催が休止された時期があり、また1894~1900年にかけてニューヨーク州に移設して開催された。

レースの特徴として、ケンタッキーダービーから中1週しかいていないため、ケンタッキーダービーに出走してきたにとっては結構キツいスケジュールとなる。その為二冠をさない限りケンタッキーダービーを敗戦したはプリークネスステークスをスキップする、あるいはマイル欧州芝路線へと路線変更するという面も見られ、ケンタッキーダービーべ出走頭数は少なくなる。

一方でケンタッキーダービーを回避して本競走とベルモントステークスを狙う営や、マイル路線からの転戦及び転戦前の腕試しとして挑戦する営も多い。

優勝には数本のブラックアイドスーザン(オオハンゴンゾウ属の)から出来た優勝レイが与えられる。

因みに、アメリカ三冠競走は騸も出走可で、2003年ファニーサイドというケンタッキーダービーとの二冠を達成した。

歴代優勝馬

日本語読みの前の「*」は競走・繁殖を問わず日本に輸入されたことのある(=JRAないしJAIRSの公式日本語表記が存在する)太字大百科に個別記事のある。回数にリンクが付いている回はニコニコに個別動画あり。

回数
(開催年)
優勝
(日本語読み)

日本調教 着順
(参戦したときのみ)
性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師(調教)
※表記がない場合調教
第1回
(1873年)
Survivor
(サヴァイヴァー)
3 2:43 0/4 G.バービー A.プライアー
第2回
(1874年)
Culpepper
(カルペッパー)
3 2:56 1/2 B.ドノヒュー H.ガフニー
第3回
(1875年)
Tom Ochiltree
(トムオチルツリー)
3 2:43 1/4 L.ヒューズ R.ウォルデン
第4回
(1876年)
Shirley
(シャーリー)
騸3 2:44 3/4 G.バービー W.ブラウン
第5回
(1877年)
Cloverbrook
(クローバーブルック)
3 2:45 1/2 C.ハロウェイ J.ウォルデン
第6回
(1878年)
Duke of Magenta
(デュークオブマゼンタ)
3 2:40 1/2 C.ハロウェイ R.ウォルデン
第7回
(1879年)
Harold
(ハロルド)
3 2:40 1/2 L.ヒューズ R.ウォルデン
第8回
(1880年)
Grenada
(グレナダ)
3 2:40 1/2 L.ヒューズ R.ウォルデン
第9回
(1881年)
Saunterer
(ソーンタラー)
3 2:40 1/2 T.コステロ R.ウォルデン
第10回
(1882年)
Vanguard
(ヴァンガード)
3 2:44 1/2 T.コステロ R.ウォルデン
第11回
(1883年)
Jacobus
(ジェイブス)
3 2:42 1/2 G.バービー R.ドワイヤー
第12回
(1884年)
Knight of Ellerslie
(ナイトオブエラズリー)
3 2:39 1/2 S.フィッシャー T.ドズウェル
第13回
(1885年)
Tecumseh
(ティカムセ)
3 2:49 0/4 J.マクラフリン C.リトルフィールド
第14回
(1886年)
The Bard
(ザバード)
3 2:45 0/4 S.フィッシャー J.ハギン
第15回
(1887年)
Dunboyne
(ダンボイン)
3 2:39 1/2 B.ドノヒュー W.ジェニングス
第16回
(1888年)
Refund
(リファンド)
騸3 2:49 0/4 F.リトルフィールド R.ウォルデン
17
(1889年)
Buddhist
(ブッディスト)
3 2:17 1/2 W.アンダーソン J.ロジャー
第18回
(1890年)
Montague
(モンタギュー)
5[1] 2:36 3/4 W.マーティン E.フィークス
1891年~
1893年
開催休止
第19回
(1894年)
Assignee
(アサイニー)
3 1:47 1/4 F.タラ W.レイクランド
第20回
(1895年)
Belmar
(ベルマー)
3 1:50 1/2 F.タラ E.フィークス
21
(1896年)
Margrave
(マーグレイヴ)
3 1:51 0/4 H.リフィン B.マクレランド
第22回
(1897年)
Paul Kauvar
(ポールコーヴァル)
3 1:51 1/4 T.ソープ T.ヘイズ
第23回
(1898年)
Sly Fox
(スライフォックス)
3 1:49 3/4 W.シムス H.キャンベル
第24回
(1899年)
Half Time
(ハーフタイム)
3 1:47 0/4 R.クローソン F.マッケイブ
25
(1900年)
Hindus
(ヒンドゥス)
3 1:48 2/5 H.スペンサー J.モリ
第26回
(1901年)
The Parader
(ザパレーダー)
3 1:47 1/5 F.ランドリー T.ヒーリー
第27回
(1902年)
Old England
(オールイングランド)
3 1:45 4/5 L.ジャクソン G.モリ
28
(1903年)
Flocarline
(フロカライン)
3 1:44 4/5 W.ギャノン H.リドル
第29回
(1904年)
Bryn Mawr
(ブリンマー)
3 1:44 1/5 E.ヒルデブランド W.プレスグレイ
30
(1905年)
Cairngorm
(ケアンゴーム)
3 1:45 4/5 W.デーヴィス A.ジョイナー
31
(1906年)
Whimsical
(ウィムシカル)
3 1:45 0/5 W.ミラー T.ゲイナー
32
(1907年)
Don Enrique
(ドンエンリケ)
3 1:45 2/5 G.マウンテン J.ホエーレン
第33回
(1908年)
Royal Tourist
(ロイヤルツーリスト)
3 1:46 2/5 E.デュガン A.ジョイナー
34
(1909年)
Effendi
(エフェンディ)
3 1:39 4/5 W.ドイル F.フリスビー
35
(1910年)
Layminster
(レイミンスター)
3 1:40 3/5 R.エステップ J.ヒーリー
第36回
(1911年)
Watervale
(ウォーターヴェール)
3 1:51 0/5 E.デュガン J.ホエーレン
37
(1912年)
Colonel Holloway
(カーネルホロウェイ)
3 1:56 3/5 C.ターナー D.ウッドフォード
第38回
(1913年)
Buskin
(バスキン)
騸3 1:53 2/5 J.バットウェル J.ホエーレン
39
(1914年)
Holiday
(ホリデイ)
騸3 1:53 4/5 A.シューティンガー J.ヒーリー
40
(1915年)
Rhine Maiden
(ラインメイデン)
3 1:58 0/5 D.ホフマン F.ディヴァー
41
(1916年)
Damrosch
(ダムロッシュ)
3 1:54 4/5 L.マカティ A.ウェスト
第42回
(1917年)
Kalitan
(カリタン)
3 1:54 2/5 E.ヘイン B.ハーリー
第43回
(1918年)
War Cloud
(ウォークラウド)
Jack Hare Jr.
(ジャックアージュニア)
[2]
3
3
1:53 3/5
1:53 2/5
J.ロフタス
C.ピーク
W.ジェニングス
F.ウィアー
44
(1919年)
Sir Barton
(サーバートン)
3 1:53 0/5 J.ロフタス H.ベッドウェル
45
(1920年)
Man o' War
(マンノウォー)
3 1:51 3/5 C.クマー L.フォイステル
46
(1921年)
Broomspun
(ブルースパン)
3 1:54 1/5 F.コルティレッティ J.ロウ
第47回
(1922年)
Pillory
(ピロリー)
3 1:51 3/5 L.モリ T.ヒーリー
48
(1923年)
Vigil
(ヴィジル)
3 1:53 3/5 B.マリネッリ T.ヒーリー
49
(1924年)
Nellie Morse
(ネリーモース)
3 1:57 1/5 J.メリミー A.ゴードン
50
(1925年)
Coventry
(コヴェントリー)
3 1:59 0/5 C.クマー W.デューク
51
(1926年)
Display
(ディスプレイ)
3 1:59 4/5 J.メイベン T.ヒーリー
52
(1927年)
Bostonian
(ボスニアン)
3 2:01 3/5 W.アベル F.ホプキン
53
(1928年)
Victorian
(ヴィクトリアン)
3 2:00 1/5 R.ワークマン J.ロウJr.
54
(1929年)
Dr. Freeland
(ドクターフリーランド)
3 2:01 3/5 L.シェーファ T.ヒーリー
55
(1930年)
Gallant Fox
(ギャラントフォックス)
3 2:00 3/5 E.サンデ J.フィッツシモン
第56回
(1931年)
Mate
(メイト)
3 1:59 0/5 G.エリス J.ヒーリー
57
(1932年)
Burgoo King
(バーグーキング)
3 1:59 4/5 E.ジェームス H.J.トンプソン
58
(1933年)
Head Play
(ヘッドプレイ)
3 2:02 0/5 C.カートシンガー T.ヘイズ
59
(1934年)
High Quest
(ハイクエスト)
3 1:58 1/5 R.ジョーンズ R.スミス
60
(1935年)
Omaha
(オマハ)
3 1:58 2/5 W.サンダース J.フィッツシモン
61
(1936年)
Bold Venture
(ボールドヴェンチャー)
3 1:59 0/5 G.ウルフ M.ハーシュ
62
(1937年)
War Admiral
(ウォーアドミラル)
3 1:58 2/5 C.カートシンガー G.コンウェイ
63
(1938年)
Dauber
(ドーバー)
3 1:59 4/5 M.ピーター R.ハンドレン
64
(1939年)
Challedon
(シャルドン)
3 1:59 4/5 G.シー L.シェーファ
65
(1940年)
Bimelech
(バイムレック)
3 1:58 3/5 F.スミス W.ハーレー
第66回exit_nicovideo
(1941年)
Whirlaway
(ワーラウェイ)
3 1:58 4/5 E.アーキャロ B.ジョーンズ
67
(1942年)
Alsab
(アルサブ)
3 1:57 0/5 B.ジェームス S.スウェンク
68
(1943年)
Count Fleet
(カウントフリート)
3 1:57 2/5 J.ロングデン D.キャメロン
第69回
(1944年)
Pensive
(ペンシヴ)
3 1:59 1/5 C.マクリアリー B.ジョーンズ
70
(1945年)
Polynesian
(ポリネシアン)
3 1:58 4/5 W.ライト M.ディクソ
71
(1946年)
Assault
(アソールト)
3 2:01 2/5 W.マーテンズ M.ハーシュ
72
(1947年)
Faultless
(フォートレス)
3 1:59 0/5 D.ドドソン H.ジョーンズ
73
(1948年)
Citation
(サイテーション)
3 2:02 2/5 E.アーキャロ H.ジョーンズ
第74回
(1949年)
Capot
(キャポット)
3 1:56 0/5 T.アトキンソン J.ゲイヴァー
75
(1950年)
Hill Prince
(ヒルプリンス)
3 1:59 1/5 E.アーキャロ C.ヘイズ
第76回
(1951年)
Bold
(ボールド)
3 1:56 2/5 E.アーキャロ P.バー
77
(1952年)
Blue Man
(ブルーマン)
3 1:57 2/5 C.マクリアリー W.スティーブンス
第78回exit_nicovideo
(1953年)
Native Dancer
(ネイティヴダンサー)
3 1:57 4/5 E.ゲリン B.ウィンフリー
79
(1954年)
Hasty Road
(ヘイスティロード)
3 1:57 2/5 J.アダム H.トロツェク
80
(1955年)
Nashua
(ナシュア)
3 1:54 3/5 E.アーキャロ J.フィッツシモン
第81回
(1956年)
Fabius
(フェイビアス)
3 1:58 2/5 W.ハータック H.ジョーンズ
第82回exit_nicovideo
(1957年)
Bold Ruler
(ボールドルーラー)
3 1:56 1/5 E.アーキャロ J.フィッツシモン
83
(1958年)
Tim Tam
(ティムタム)
3 1:57 1/5 I.ヴァレンズエラ H.ジョーンズ
第84回
(1959年)
Royal Orbit
(ロイヤルオービット)
3 1:57 0/5 W.ハーマッツ R.コーネル
85
(1960年)
Bally Ache
(バリーエイク)
3 1:57 3/5 B.アザリー J.ピット
86
(1961年)
Carry Back
(キャリーバック)
3 1:57 3/5 J.セラーズ J.プライス
87
(1962年)
Greek Money
(グリークマネー)
3 1:56 1/5 J.ロッツ V.レイン
88
(1963年)
Candy Spots
(キャンディスポッツ)
3 1:56 1/5 W.シューメーカー M.テニー
第89回exit_nicovideo
(1964年)
Northern Dancer
(ノーザンダンサー)
3 1:56 4/5 W.ハータック H.ルロ
第90回exit_nicovideo
(1965年)
Tom Rolfe
(トムロルフ)
3 1:56 1/5 R.ターコット F.ホワイトリー
91
(1966年)
Kauai King
(*カウアイキング)
3 1:55 2/5 D.ブラフィールド H.フォレス
92
(1967年)
Damascus
(ダマスカス)
3 1:55 1/5 W.シューメーカー F.ホワイトリー
93
(1968年)
Forward Pass
(*フォワードパス)
3 1:56 4/5 I.ヴァレンズエラ H.フォレス
94
(1969年)
Majestic Prince
(マジェスティックプリンス)
3 1:55 3/5 W.ハータック J.ロングデン
95
(1970年)
Personality
(*パーソナリティ)
3 1:56 1/5 E.ベルモンテ J.ジェイブス
96
(1971年)
Canonero
(キャノネロ)
3 1:54 0/5 G.アヴィラ J.アリアス(ベネズエラ)
97
(1972年)
Bee Bee Bee
(ビービービー)
3 1:55 0/5 E.ネルソン D.キャロル
第98回exit_nicovideo
(1973年)
Secretariat
(セクレタリアト)
3 1:53 0/5
(R)
[3]
R.ターコット L.ローリン
第99回
(1974年)
Little Current
(リトルカレント)
3 1:54 3/5 M.リヴェラ L.ロンディネロ
100
(1975年)
Master Derby
(マスターダービー)
3 1:56 2/5 D.マクハーグ W.アダム
101
(1976年)
Elocutionist
(エロキューショニスト)
3 1:55 0/5 J.ライヴリー P.アドウェル
102
(1977年)
Seattle Slew
(シアトルスルー)
3 1:54 2/5 J.クリュゲ W.ターナー
103
(1978年)
Affirmed
(アファームド)
3 1:54 2/5 S.コーゼン L.バレラ
第104回exit_nicovideo
(1979年)
Spectacular Bid
(スペクタキュラービッド)
3 1:54 1/5 R.フランクリン B.デルプ
105
(1980年)
Codex
(コーデックス)
3 1.54 1/5 A.コルデロJr. D.W.ルーカス
106
(1981年)
Pleasant Colony
(プレザントコロニー)
3 1:54 3/5 J.ヴェラスケス J.カン
107
(1982年)
Aloma's Ruler
(アロマルーラー)
3 1:55 2/5 J.ケーネル J.レンツィーニJr.
108
(1983年)
Deputed Testamony
(デピューティッドテスタモニー)
3 1:55 2/5 D.ミラーJr. J.W.ボニフェス
109
(1984年)
Gate Dancer
(ゲートダンサー)
3 1:53 3/5 A.コルデロJr. J.ヴァンバー
110
(1985年)
Tank's Prospect
(タンクスプロスペクト)
3 1:53 2/5 P.デイ D.W.ルーカス
第111回
(1986年)
Snow Chief
(スノーチーフ)
3 1:54 4/5 A.ソリス M.ステュー
112
(1987年)
Alysheba
(アリシーバ)
3 1:55 4/5 C.マッキャロン J.ヴァンバー
113
(1988年)
Risen Star
(リズンスター)
3 1:56 1/5 E.デラフーセイ L.ルーセル3世
第114回exit_nicovideo
(1989年)
Sunday Silence
(*サンデーサイレンス)
3 1:53 4/5 P.ヴァレンズエラ C.ウィッティガム
115
(1990年)
Summer Squall
(サマースコール)
3 1:53 3/5 P.デイ N.ハワード
116
(1991年)
Hansel
(*ハンセル)
3 1:54 0/5 J.ベイリー F.ブラザーズ
第117
(1992年)
Pine Bluff
(パインブラフ)
3 1:55 3/5 C.マッキャロン T.ボハナ
第118回
(1993年)
Prairie Bayou
(プレーリーバイユー)
騸3 1:56 3/5 M.スミス T.ボハナ
119
(1994年)
Tabasco Cat
(*タバスコキャット)
3 1:56 2/5 P.デイ D.W.ルーカス
120
(1995年)
Timber Country
(*ティンバーカントリー)
3 1:54 2/5 P.デイ D.W.ルーカス
第121
(1996年)
Louis Quatorze
(ルイカトルズ)
3 1:53.43 P.デイ N.ジトー
第122回exit_nicovideo
(1997年)
Silver Charm
(*シルバーチャーム)
3 1:54 4/5 G.スティーヴンス B.バファート
第123回exit_nicovideo
(1998年)
Real Quiet
(リアルクワイエット)
3 1:54.75 K.デザーモ B.バファート
124
(1999年)
Charismatic
(*カリズマティック)
3 1:55.32 C.アントレー D.W.ルーカス
125
(2000年)
Red Bullet
(レッドバレット)
3 1:56.04 J.ベイリー J.オルセノ
第126回exit_nicovideo
(2001年)
Point Given
(ポイントギヴン)
3 1:55.51 G.スティーヴンス B.バファート
第127回exit_nicovideo
(2002年)
War Emblem
(*ウォーエンブレム)
3 1:56.36 V.エスピノーザ B.バファート
128
(2003年)
Funny Cide
(ファニーサイド)
騸3 1:55.61 J.サントス B.タッグ
129
(2004年)
Smarty Jones
(スマーティジョーンズ)
3 1:55:59 S.エリオット J.サーヴィス
第130回exit_nicovideo
(2005年)
Afleet Alex
(アフリートアレックス)
3 1:55.04 J.ローズ T.リッチー
第131回exit_nicovideo
(2006年)
Bernardini
(バーナーディニ)
3 1:54.65 J.カステリャーノ T.アルバートラニ
第132回exit_nicovideo
(2007年)
Curlin
(カーリン)
3 1:53.46 R.アルバラード S.アスムッセン
第133回exit_nicovideo
(2008年)
Big Brown
(ビッグブラウン)
3 1:54.80 K.デザーモ R.ダトロJr.
第134回exit_nicovideo
(2009年)
Rachel Alexandra
(レイチェルアレクサンドラ)
3 1:55.08 C.ボレ S.アスムッセン
第135回exit_nicovideo
(2010年)
Lookin at Lucky
(ルッキンアトラキー)
3 1:55.47 M.ガルシア B.バファート
第136回exit_nicovideo
(2011年)
Shackleford
(シャックルフォード)
3 1:56.47 J.カスタノン D.ロマンス
137
(2012年)
I'll Have Another
(*アイルハヴアナザー)
3 1:55.94 M.グティレス D.オニール
第138回exit_nicovideo
(2013年)
Oxbow
(オクスボウ)
3 1:57.54 G.スティーヴンス D.W.ルーカス
第139回exit_nicovideo
(2014年)
California Chrome
(*カリフォルニアクローム)
3 1:54.84 V.エスピノーザ A.シャーマン
第140回exit_nicovideo
(2015年)
American Pharoah
(アメリカンファラオ)
3 1:58.46 V.エスピノーザ B.バファート
第141回exit_nicovideo
(2016年)
Exaggerator
(エグザジェレイター)

ラニ 5着
3 1:58.31 K.デザーモ J.K.デザーモ
142
(2017年)
Cloud Computing
(クラウドコンピューティング)
3 1:55.98 J.カステリャーノ C.ブラウン
143
(2018年)
Justify
(ジャスティファイ)
3 1:55.93 M.スミス B.バファート
144
(2019年)
War of Will
(ウォーオブウィル)
3 1:54.34 T.ガファリオーネ M.キャシー
145
(2020年)
[4]
Swiss Skydiver
(スイススカイダイヴァー)
3 1.53.28 R.アルバラード K.マクピーク
第146回exit_nicovideo
(2021年)
Rombauer
(ロンバウアー)

フランスゴデイナ 7着
3 1:53.62 F.プラ M.マッカーシー

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *この年のみ古混合の「プリークネスハンデキャップ」として開催
  2. *登録が多数だったため分割競走として施行された
  3. *最初は1:55.0と発表されたが後に1:54.4に訂正、さらに2012年映像検証した結果1:53.0に訂正
  4. *新型コロナウイルスの影10月に延期して開催

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリークネスステークス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • プリークネスステークスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


過去のオススメ記事