坂口安吾単語

サカグチアンゴ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

坂口安吾(さかぐち あんご、1906~1955)は、日本小説家評論家、随筆である。

概要

本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。

新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多な活動を行う。

終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、・新戯作と呼ばれる作家の一人として地歩を築く。

1955年2月15日桐生の自宅へ戻り、17に、「舌がもつれる」と言いながら突然痙攣を起こし倒れ、7時55分に脳出血により死去。48歳没。

2011年には『明治開化 安捕物』などを原案としたアニメUN-GO」が放送された。

主な作品

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%AE%89%E5%90%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

坂口安吾

1 ななしのよっしん
2016/09/08(木) 16:02:49 ID: ryMHyQHqdv
「不連続殺人事件」は「津山事件」・「エラリー=クィーンの某作」と共に「八つ墓村」の元ネタのひとつとされている(厳密に言うと「アガサ=クリスティの某作」→「不連続殺人事件」→「八つ墓村」という流れで元ネタになっている)
2 ななしのよっしん
2016/10/10(月) 20:19:16 ID: 4SiU2Kr82T
覚せい剤メタンフェタミンを使用した記録を残しているのは、個人的に衝撃だった(『反スタイルの記』)
念のため書いておくと、当時は覚せい剤取締法がなく、違法ではなかった。
3 ななしのよっしん
2017/09/27(水) 15:43:00 ID: +KQawpWJH4
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42840_24908.htmlexit
4 ななしのよっしん
2017/11/03(金) 02:04:51 ID: BkwX+aBcY7
>>2
太平洋戦争後のある時期まで(そういう名前はなかったけど)覚醒剤が合法だったのは有名な話だな。代表的な「ヒロポン」とか  芸界とか文壇とかに物汚染が酷かったらしいな。


元をたどれば、日本軍パイロットとか特別攻撃隊搭乗員とかに投与してたのがあれらしいが
5 ななしのよっしん
2020/09/18(金) 07:11:06 ID: 7qzvf8MaNr
若い頃はクソ学と文学哲学修めてて、文学者としては例外的なくらい頭がキレるタイプなんだぞ
頭がキレすぎてクソ生きるのが馬鹿馬鹿しくなってグレてマジキチに行った人。天才
6 ななしのよっしん
2020/12/30(水) 08:57:34 ID: 3tvhJrqxPD
今でいう炎上芸人みたいなもんだし、今いたらネトウヨかれてるし、フェミニストにもかれてるし、実際に右翼に刺されてるけど、税金も踏み倒して支払い拒否するし(取立てにきた税務署員を蹴り倒したり、役所に殴りこんだり)、ファッションじゃないアナーキストガチ勢の反体制反権威の自由義者だったからね
7 ななしのよっしん
2021/02/08(月) 19:43:50 ID: 56vYz5tkYb
坂口安吾の随筆読んでたら「友達がメチルで死んでから体に気を遣って飲むようになった、仕事中はヒロポンで5日くらい徹夜するから泥酔せんと眠れないので書き終えたらウイスキー2本飲んで気絶してる」とか書いててマジ文壇のパワーを見せつけられた、ストゼロ退廃気取ってるネット人類とは格が違う
8 ななしのよっしん
2021/03/07(日) 01:03:31 ID: Wn+YBTLvAL
この人の文章はほんと面い、タブーに堂々と踏み込んで化して背景を恐れもせずに考察して煽っていくその度胸に憧れる