UN-GO単語

アンゴ

title

UN-GOとは、ボンズ制作オリジナルTVアニメーションである。

あらすじ

メディア王、六が君臨する未来東京勝は膨大な情報量と明晰な頭で数々の難事件を解決していた。

しかし、勝の名推理には必ず裏がある。その裏にある「本当の真実」をあぶり出すのが「最後の名探偵結城新十郎と相棒の因果である。

世間からは「敗戦探偵」と嘲笑われようとも新十郎は「本当の真実」をめて事件に立ち向かっていく。

概要

坂口安吾の『明治開化 安捕物』を大胆に翻案し、未来東京舞台にしたオリジナル探偵ミステリーにしたアニメである。監督水島精二、脚本の會川昇制作ボンズなどアニメ鋼の錬金術師(1期)』のスタッフが集まっている。2011年10月より『ノイタミナほかで放送中。

また、2011年9月10日に新創刊の『ニュータイプエース』から本編漫画が、同日発売の『ニュータイプ10月号より新十郎と因果の出会いやふたりの初めての事件を描いた漫画UN-GO ~因果論』が連載されている。

他にも劇場版である『UN-GO episode:0 因果論』が、2011年11月19日よりTOHOシネマズにて2週間限定レイトショーで上映された。内容的には漫画UN-GO ~因果論』と同じく新十郎と因果の出会いと初めての事件の話である。上映時間は約45分。この『UN-GO episode:0 因果論』は全12館のみの上映ながら好評となり、2011年12月17日より1週間限定でアンコール上映され、2012年4月にはBlu-ray/DVD化されることが決定した。

登場人物(メインキャラ・準レギュラー)

因果日記結城新十郎(ゆうき しんじゅうろう) - CV勝地涼
探偵名乗り、様々な事件を解決している青年。世間とは少し距離をとった生活をしている。ずば抜けた推理を持つだけでなく、運動も高い。一般的には六に推理で負けてばかりであると認識されており、敗戦探偵と言われている。
原案でも探偵をしているが、本作と異なり紳士探偵と呼ばれ世間での評価はとても高い。
因果(いんが) - CV豊崎愛生
新十郎と共に行動する謎の美少年子供っぽいが新十郎の前では生意気な面も見せる。大人女性の姿に変身してどんな人間にでも1回だけ質問に答えさせるを持つ。
原案では廼屋(はなのや)因果という劇作家である。
江(かいしょう りえ) - CV山本希望
六のであるお嬢様。良く言えばおおらか、悪く言えばずぼらな性格。好奇心旺盛でのところに持ち込まれた事件に新十郎を巻き込む。3歳の時に母親を亡くしている。
原案では第1話に登場する加納信実に相当する加納兵衛であり、お江と呼ばれている。
虎山(こやま いずみ) - CV本田貴子
検察庁連合調整部の検事。自由度の高い捜権限を持っており、新十郎が関わった事件にもよく絡んでくる。難事件が発生すると情報分析顧問である六に意見を聞きに行くことが多い。
原案では剣術使いの山虎之介であり、警視庁剣術を教えている。
はやみん速水玄(はやみ せいげん) - CV入野自由
警察庁警備局課長。新十郎の関わる事件の捜を担当することが多い。頭はあまり良くないもよう。
原案では警視総監である。
六(かいしょう りんろく) - CV三木眞一郎
日本の通信インフラと技術を独占しているジャパンジャスティスネットワークシステムホールディングス、通称JJシステム社の会長。政財界に幅広い人脈を持つだけでなく、検察庁や警察庁情報分析顧問の座についている。明晰な頭で知られ、持ち込まれた難事件をすぐに解決してしまう。
原案では勝舟。言わずと知れた幕末から明治にかけての偉人である。
守(かざもり) - CV松本まりか
各話リスト第3話佐々風守の項目を参照。
メイド長 - CV折笠富美子
江の世話などをしている。
王(べってんのう)
人の言葉を現実であるかのように見せると言われている。

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ「How to go」
歌:School Food Punishment
作詞内村友美江口 / 作曲School Food Punishment江口/ 編曲江口
エンディングテーマFantasy
作詞作曲・歌:LAMA

放送時間

放送局 放送開始日 放送時間
フジテレビ 2011年10月13日 木曜日 24:4525:15
関西テレビ 2011年10月18日 火曜日 25:58~26:28
福島テレビ 2011年10月19日 水曜日 25:05~25:35
新潟総合テレビ 2011年10月19日 水曜日 25:30~26:00
東海テレビ 2011年10月20日 木曜日 26:05~26:35
サガテレビ 2011年10月21日 金曜日 25:05~25:35
さくらんぼテレビ 2011年10月22日 土曜日 25:05~25:35
秋田テレビ 2011年10月22日 土曜日 25:35~26:05
鹿児島テレビ 2011年10月22日 土曜日 25:35~26:05
テレビ熊本 2011年10月22日 土曜日 26:05~26:35
テレビ新広島 2011年10月24日 月曜日 25:50~26:20
仙台放送 2011年10月25日 火曜日 25:45~26:15
テレビ愛媛 2011年10月26日 水曜日 24:35~25:05
岩手めんこいテレビ 2011年10月26日 水曜日 25:50~26:20
テレビ静岡 2011年10月27日 木曜日 25:10~25:40
BSフジ 2011年10月29日 土曜日 25:30~26:00
北海道文化放送 2012年1月15日 日曜日 25:45~26:15

各話リスト

目次

第1話 舞踏会の殺人

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
舞踏会殺人事件 2011年10月13日 會川昇 水島精二 浅井義之 優子

登場人物(メイン以外)

加納信実(かのう のぶさね) - CV有本欽隆
総合商社加納グループ社長。検察から復利権に関する汚職を巡る疑惑をかけられている。自宅で自らの嫌疑をらすためのパーティーを開いていたところ、演説直前に殺された。
加納敦子(かのう あつこ) - CV桑島法子
信実の妻。加納グループ企業社長を努めている。夫にかけられた検察からの嫌疑が晴れることを強く望んでいる。パーティーではアルコールで気分が悪くなった江の介抱のために一時退席していた。
小野(おの いっとう) - CV河野智之
自由国民党衆議院議員。信実とともに復利権に関する汚職の疑惑をかけられている。パーティーにはナポレオン装で出席していた。
神田(かんだ まさひこ) - CV小形満
際通貨銀行日本支部代表。信実とともに復利権に関する汚職の疑惑をかけられている。パーティーにはナポレオン装で出席していた。
寺田子 - CV尾崎麗奈
警視庁のSP。パーティーに出席した江の警護を担当していた。パーティー会場の外にあるエレベーターで死んでいた。

第2話 無常のうた

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
ああ 2011年10月20日 會川昇 水島精二 末田宜史 堀川耕一

登場人物(メイン以外)

長田久子(おさだ ひさこ) - CV松澤千晶
戦時中に3+1が所属していた芸事務所を経営していた投資。久子が住むお敷に届けられたスーツケースの中で死んでいるのが発見された。その少し前にトランクを屋敷の執事に届けた男とトランクを取りに行くようにタクの運転手に頼んだ女が撃されている。
長田安(おさだ あん) - CV安野希世乃
長田久子の。新十郎に対して、母親が以前から脅迫されており、品川ホテルお金を届けていたことを告げ、母親を殺した真犯人を探して欲しいと頼む。歌手になる夢を持っている。
梅澤夢乃(うめざわ ゆめの) - CV牧野由依
戦争中に絶大な人気を誇っていたが、戦後放送禁止となったアイドルグループ3+1(スリープラスワン)の元メンバーの一人。に一度、品川ホテル長田久子と会っていた。
常実美(つねみ くみ) - CV加藤英美里
元・3+1の一人。に一度、品川ホテル長田久子と会っていた。ボーイッシュな外見をしている。
澄香(なかはし すみか) - CV安済知佳
元・3+1の一人。解散後もソロデビューをしようとしたが長田久子に反対されていた。
小山田新(おやまだ あらた) - CV樋口智透
ソフト販売業者。ドルプリというバーチャルアイドルソフトデータを販売している。
荒巻(あらまき としじ)
長田久子が夫の死後、交際していた飲食店の経営者。47歳。女装趣味がある。六により長田久子殺しの犯人とされ、警察に追われることとなったが、後に自殺しているのが見つかった。
安西エリ(あんざい えり)
3+1の幻のメンバーデビュー直前に東京で最初に起こったテロ、通称1223テロに巻き込まれて死亡したとされている。

第3話 覆面屋敷

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
万引一家、覆面作家 2011年10月27日 會川昇 木村隆一 木村隆一 小平佳幸

登場人物(メイン以外)

なお、佐々駒守と佐々守のCVは第4話のものであり、第3話では喋っていない。また、駒守のCVや一部人物の説明はネタバレ防止のため字で記述してある。

佐々駒守(ささ こまもり) - CV最上嗣生
人前ではいつも覆面をかぶっていた佐々前頭首。人工知能の研究者で人間と同じ思考プログラムを持つとされる人工知能「R.A.I.」を開発したが、戦時中に出来た法律「新情報拡散防止法」に違反しているとされ、強制捜の対となった。その捜の最中に爆殺された。
佐々守(ささ かざもり) - CV松本まりか
佐々の現当。駒守が突然連れてきて、養子にした。佐々の跡取りとして最初から覆面をつけて暮らしており、駒守の死後はその大な資産と関連企業を継承している。しかし、ずっと覆面を付けており重要な案件を除けば、人前にはほとんど姿を見せず、生活の大半を離れで過ごしていた。駒守が殺されてからちょうど7年後に焼死した。
と思われていたが、実は守は駒守の作成した人工知能「R.A.I.」であり、人ロボットの中に入って人間のふりをしていた。人工知能データの大部分をネットワーク上に分散させており、本体に入っているのは統合制御するメインプログラムのみである。そのため、データ量が少なく色々な機械の中に入ることができる。また、ネットワーク上の数の情報により人工知能として成長し続けている。
佐々を巡る事件の解決後は新十郎と共に行動している。
佐々光子(ささ みつこ) - CV椎名へきる
駒守の家族守の死を駒守の呪いであるという反対し、六に死が呪いによるものではないことの明を依頼した。
佐々糸路(ささ いとじ) - CV松岡洋子
駒守の妻。駒守の死後、木々と共にグループ企業の経営に関わっていた。守が死亡したことにより、息子の文を佐々の跡取りとしようとしている。
佐々文(ささ ふみひこ) - CV渡辺久美子
駒守の息子守の死によって、遺産を引き継ぐ予定である。
佐々木(ささ きぎひこ) - CV星野貴紀
駒守の機械工学に詳しく駒守の仕事の手伝いをしていた時期もあった。現在グループ企業の実質的な経営に携わっている。
多久英信(たく ひでのぶ) - CV最上嗣生
佐々に住み込みの医師病気がちな守のことを診ていた。と思われていたが、実は守のメンテナンスを行うためのロボットで、駒守が操っていた。

第4話 素顔の家

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
万引一家、覆面作家 2011年11月3日 會川昇 なみみ 京極尚彦 只野和子

登場人物(メイン以外)

第3話と共通のため、第3話登場人物を参照

第5話 幻の像

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
幻の 2011年11月10日 會川昇 木村隆一 木村隆一 武本大介・菅野

登場人物(メイン以外)

島田朗(しまだ はくろう) - CV田中正彦
日輪の会のリーダー。元衆議院議員。身を挺してテロリストから朗らを守った3人の学生を讃えるブロンズ像を作成させ、その除幕式に新十郎を招待した。
島田爾朗(しまだ じろう) - CV古谷徹
朗の息子俳優をしている。父親の強引なやり方には密かに反発していた。
葉子(ひらと ようこ) - CV寺崎裕香
爾朗の友人で彫刻。爾朗を通じて朗に依頼され、学生を讃えるブロンズ像を作成した。
山本定信(やまもと さだのぶ) - CV三宅健太
日輪の会と対立している政治結社のリーダー。以前は日輪の会に所属し、朗のボディーガードをしていた。除幕式の会場の外で島田朗の不正蓄財疑惑に対する抗議活動をしていた。
大坪矢(おおつぼ てつや) - CV野島裕史
日輪の会に所属している朗のボディーガード。
五味ごみ
山本定信の部下。日輪の会の元メンバー山本定信の命により、朗の隠している塊を見つけようとしていた。その一貫として島田朗記念会館へ侵入するためにブロンズ像の中に隠れていたが、死体となって発見された。
三久(みつひさ)
山本定信の部下。日輪の会の元メンバー五味とともにブロンズ像に隠れていたが、死体となって発見された。

第6話 あまりにも簡単な暗号

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
アンゴウ 2011年11月17日 會川昇 五十嵐卓也 中村里美 出雲誉明・小森高博

登場人物(メイン以外)

矢島(やじま) - CV藤原啓治
評論家六の学生時代の友人。新情報拡散防止法の罪で最近まで東関東社会復帰促進センターに収監されていた。六の蔵書と思われる本に暗号が挟まれているのを発見し、そのの解明を新十郎に依頼する。
矢島タカ子(やじま たかこ) - CV恒松あゆみ
矢島の妻。行方不明になった子供を探している時に視を失った。六の後輩であり、夫が収監されている間に六とたびたび会っていた。また、矢島の蔵書を古本屋に処分していた。
矢島夫(やじま あきお) - CV羽月
矢島夫妻の息子矢島の収監中に行方不明になっている。
矢島和子(やじま かずこ) - CV佐藤恵
矢島夫妻の矢島の収監中に行方不明になっている。
小説家 - CV梶裕貴
小説家を自称する男。東関東就活復帰促進センターに収監されている。矢島六の蔵書と思われる本を渡した。

第7話 ハクチュウム

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
愚妖・「白痴 2011年11月24日 會川昇 増井壮一 清水久敏 小平佳幸・長谷部

登場人物(メイン以外)

小説家については第6話を参照。なお、一部の説明はネタバレ防止のため字で記述してある。

三高吉太郎(みたか きちたろう) - CV:ふくまつ進紗
映画白痴たち」の監督。基本的にやる気がない。しかし、新十郎が女優たちと話すことについては厳しく禁じている。映画のロケの最中に何者かによって殺された。
というのは、別王のによる幻影であり、実際には東関東社会復帰センターの警備員である。ある女囚人と接触するために、シャッターを開けて女子区に出入りしており、その時にシャッターの回線を切っていた。三高はこの安全装置の切れたシャッターにより殺された。
沢紗代(いざわ さよ) - CV寿美菜子
映画白痴たち」の女優の一人。人々は戦争が終わり日常が戻ることを願うはずであるという考えを持っている。
というのは、別王のによる幻影である。実際は、爆弾テロを準備した罪で東関東社会復帰センターに収監されている囚人である。
谷村素子(たにむら もとこ) - CV高垣彩陽
映画白痴たち」の女優の一人。日常は退屈であり、戦争のようなギリギリの生活の中でこそ大切な事を知ることができるという考えを持っている。
というのは、別王のによる幻影であり、実際は虚偽のリーク情報を流布した罪で東関東社会復帰センターに収監されている囚人である。
矢田寿美恵(やだ すみえ) - CV豊崎愛生
映画白痴たち」の女優の一人。戦争によって良い人も悪い人もみんな裁かれるという考えを持っている。
というのは、別王のによる幻影であり、実際は売の罪で東関東社会復帰センターに収監されている囚人である。

第8話 楽園の王

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
愚妖・「選挙殺人事件」 2011年12月1日 會川昇 黒川智之 黒川智之 日下部子・伊藤秀樹根岸

登場人物(メイン以外)

小説家、三高吉太郎沢紗代、谷村素子、矢田寿美恵については第6話及び第7話の登場人物を参照。

岡本寒吉 - CV松本保典
関東社会復帰センター警備責任者。

第9話 海勝麟六の犯罪

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
冷笑 2011年12月8日 會川昇 和田純一 京極尚彦 仁美中山初絵・冨澤佳也
稲吉朝子糸島雅彦

登場人物(メイン以外)

小山田新、矢島小説家については第2話及び第6話の登場人物を参照。

倉満美音(くらみつ みね) - CV國府田マリ子
新人国会議員六に国会の予算委員会の参考人招致への出席を要請した。水野左近は大学先輩で親しい仲だった。
元山南(もとやま みなみ) - CV大川透
テレビ局プロデューサーエネルギー事業有化立法に関する討論番組を担当していたが、その番組の最中に爆破事件が発生した。
不破重次郎(ふわ じゅうじろう) - CVてらそままさき
太陽光発電推進太陽電という会社の社長六と対立していた。テレビ局爆破事件で重傷を負った。
水野左近(みずの さこん) - CV堀川仁
共保安隊部隊長六のプライベート警備を担当しており、討論番組当日もテレビ局まで送迎していた。
三原太郎(みはら やすたろう) - CV木村良平
共保安隊の隊員で水野の部下。
フルサークル
機密事項のリークを的とするクラッカー集団。最近は六をターゲットにしており、JJシステムの経理情報六のプレイベートなどを暴露してきた。また、爆破事件の直前に六が対立する人間を殺すると予告していた。
AD - CV村上裕哉
元山の部下。

第10話 海勝麟六の葬送

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
冷笑 2011年12月15日 會川昇 木村隆一 高橋 斉藤英子・村井・武本大介

登場人物(メイン以外)

岡本寒吉については第8話を、その他の登場人物は第9話と共通のため第9話の登場人物を参照。

最終話 私はただ探している

基礎データ

原案タイトル 放送日
フジテレビ
スタッフ
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
冷笑
「余はベンメイす」
2011年12月22日 會川昇 水島精二長崎健司 清水久敏 出雲誉明・長谷部
青野小田嶋

登場人物(メイン以外)

登場人物は第9話と共通のため第9話の登場人物を参照。

関連動画

関連生放送

関連商品

アニメ関連

書籍関連

関連項目

外部リンク

フジテレビノイタミナ」 上段
2011年7月9月 2011年10月12月 2012年1月
うさぎドロップ UN-GO テルマエ・ロマエ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/un-go

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

UN-GO

261 ななしのよっしん
2015/10/07(水) 22:53:22 ID: Q0I/wWzdJM
本編と因果論あわせたBOX出ないかな
出たら買うのに
262 ななしのよっしん
2015/11/16(月) 17:31:00 ID: ET5g9pohQ/
因果論見たあとだと新十郎の行動のいちいちに理由があることが分かって良かった、良くできたアニメだったよ
263 ななしのよっしん
2015/12/03(木) 23:18:39 ID: 0ekK0VyaM5
アニマックス初見です
とてもおもしろいよ
264 ななしのよっしん
2015/12/23(水) 18:39:04 ID: 7iztY00ZeY
記念カキコ
265 ななしのよっしん
2016/02/08(月) 16:04:14 ID: 9oBmGckOb/
隙あらばホモくなる演出挟みこむ傾向以外は
この人の手がけた作品ホント好き
266 ななしのよっしん
2016/03/28(月) 00:53:58 ID: u0Lf2XlmlX
前々から気になってて四話まで視聴したんだが面いなこれ
でも前日譚映画元ネタ小説を先に読んどいたほうが良かっただろうか
267 ななしのよっしん
2016/04/14(木) 23:56:29 ID: D4BPf5bBNf
因果論面かった…
例のシーンでは少年期歌詞キャラの心情もがっちりハマってて圧倒された
268 ななしのよっしん
2016/07/21(木) 04:24:57 ID: pNPFOFcoBI
個人的には
 予備知識しで本編→因果論→もう一回本編
の順番で観るのがベスト。因果論を観る前後で、本編での新十郎の見え方がやや変わるので、
本編を2度楽しめる……と、思う。本編と因果論を合わせて見ると、昔の新十郎があった上で、
今の新十郎があるんだなあ って、当然の事なんだけども、しみじみする。ほんと好きなアニメです。
269 ななしのよっしん
2017/01/13(金) 21:16:00 ID: 0xN0hW/7uI
最近性に見たくなって見返してた
最初の方は本放送時は割と不評だったけど
一通り見た後見返してみると2話とかかなり秀逸な回だよなぁ
270 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 15:18:12 ID: QC4pjiW6Ri
つい最近見たけど、予想以上に面かった。
次回予告が毎回楽しみだったな。
原作、というか原案?も読んでみるわ。

急上昇ワード