家畜人ヤプー単語

カチクジンヤプー
1.4千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

家畜人ヤプーとは、故・沼正三のSF小説である。その世界設定は、今なお多くの人々に衝撃を与えている。

概要

SM雑誌「奇譚クラブ」に1956年より連載された小説三島由紀夫がこの作品を掘り出し、多くの知人に広めたことにより名を知られることとなる。澁澤龍彦や寺山修など多くの文学人より支持を得た。

連載は諸事情により打ち切りとなったため、単行本化されるにあたって多くの加筆・修正が行われている。多くの出版社から単行本が出ているが、出版社が変わるたびに加筆・修正が行われているため、各出版社によって内容に差異が見られる。

単行本は一番最初に都市出版社から出版された。その際、右翼が内容に対して「天皇陛下を貶めている」「白人天照大神などふざけている」として出版社に押し入り出版妨をし逮捕者を出している。

小説

  1. 都市出版社版・1970年発行 全28章(都市出版社では蔵版・再版版・復刻版・決定版と出ている。全同一内容)
  2. 角川文庫版・1972年発行 全28章(都市出版社版に加筆・修正)
  3. 角川限定蔵版・1984年発行 全31章(「続家畜人ヤプー」として加筆
  4. ミリオン出版版・1991年発行 第29章~第49章(完結編として発行)
  5. 太田出版社版・1992年発行 全49章(最終版)
  6. 幻冬舎アウトロー文庫版・1999年発行(上記太田出版社版と同一。全5巻だが、各巻に今までの出版社の解説が載っている)

漫画

  1. 石ノ森章太郎1971年 (1983年1988年2010年に復刻版が出ている)
  2. 江川達也2003年2007年 (途中で打ち切りとなっている(EHS到達直後))

あらすじ(ネタバレ含)

日本人青年学生瀬部一郎とドイツ女性クララ・フォン・コトヴィッツカップルは、ドイツ山中未来帝国EHSからきたUFO墜落事故に遭遇。一郎とクララは中に乗っていたポーリーンを救出した。それがきっかけでクララ一郎は、未来世界「EHS(イース)」へと招かれる。

1978年第3次世界大戦により地球は滅びかけたが、地球外に避難したイギリス人によって外宇宙国家が作られた。それが底した人種差別による発展を遂げた国家「EHS(=The Empire of Hundred Suns)」だった。

白人を「(=人間)」とし、黒人を「半人間」とし隷属扱い、日本人黄色人種畜「ヤプー」として白人崇拝として洗脳し、「知性ある生きている具」として使われていた。ヤプー便器バイブ、食用畜などとして生活のあらゆる場所に入り込んでいた。また底した女性国家であり、男性はすべて女性に隷属していた。

未来世界到達後、クララ一郎はEHSにて別々にされてしまう。一郎は日本人であったがために、大幅なヤプーとしての体処置をされてしまう。クララ記憶喪失貴族として扱われ、ウィリアムという未来世界白人男性心を抱く。世界で生活していく中でクララが少しずつEHSとしての感覚を身に付けていき、その一方で一郎も、ヤプーとして生まれ変わっていく。

関連動画

現状、表題に当て嵌まる内容の動画ニコニコ動画上には存在せず。

関連商品

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%B6%E7%95%9C%E4%BA%BA%E3%83%A4%E3%83%97%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

家畜人ヤプー

120 ななしのよっしん
2019/08/01(木) 03:21:58 ID: FSgC5udAnb
>>119
それだとこの記事で
日本人黄色人種畜「ヤプー」として白人崇拝として洗脳

これも間違いだし
あと結局、白人最上位ってしてるのも
今の現実世界ではそうではなくなってきてるし

やっぱり家畜人ヤプーは古い本だよ所詮は
121 ななしのよっしん
2019/08/01(木) 22:19:06 ID: pLTsz/hBwb
アパルトヘイトが存在していた時代の作品だよ、これ。
今の時代に合わせようとしたけれど、作者が「昔のイギリス的な感覚」を残したいってことで、1960年代のままにしたから仕方ない。

>>120
作品を読んでないのに批判ちょっと……
122 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 16:40:01 ID: W+FjLmKJif
そうではなくなってきてるって、今現在を含む過去ではそうだったって認めてるんだよね。
その上で昔の本の設定に現代感覚で異常なまでに噛み付くのって何なんだ。もっと歴史と文化勉強して
123 削除しました
削除しました ID: pr1c8d6ln5
削除しました
124 ななしのよっしん
2020/11/02(月) 10:53:41 ID: jeT4IRjbxe
もっとこう白人女性崇拝を期待したら
人体改造奇形の話ばかりで萎えたな
125 ななしのよっしん
2021/05/01(土) 19:12:26 ID: ctU5xWZvLR
が知ったのは田高の「あなたの知らないガリバー旅行記」で紹介されてたからかなー。
126 ななしのよっしん
2021/08/07(土) 09:23:47 ID: qLpPIR8oTy
大学図書館に置いてあったからあとがきだけ読んだら終戦時の天皇の人間宣言勃起したとか書いてあって、びっくりしたというかなんといか説明し難い感情に襲われた
127 ななしのよっしん
2021/10/23(土) 05:38:55 ID: jM0goK0C8S
ツイフェミに読ませたら大喜びしそう(すっとぼけ)
128 ななしのよっしん
2021/11/10(水) 13:10:09 ID: pC7UD5nbiS
畜人ヤジュー 身体改造(BB)
129 ななしのよっしん
2021/12/03(金) 16:19:28 ID: mP0F5a+98N
今は白色人種が弱くなりつつあるから古い小説だ、と言うコメントがあったけど、連載初期から植民地独立の進展やイギリスの没落などが起こっていて、さらには評価された70年前後アメリカ白人国家としての性格は弱くなっていたし、アメリカ自体が敗戦国に追いつかれようとしていた時期でもある。
しかも、どちらかと言えばこの小説現実関係の風刺というよりは、日本人側の白人崇拝の話なんだよね。
沼正三は、天皇崇拝者だったそうで、天皇崇拝者だからこそ、尊いものが汚される感覚に奮したのだろう。
この小説の面さは理性によって大切にすべきと考えている建前もマゾの性的欲望の上では反転してしまうというところにあると思う。詳しく書評を読んだわけじゃないけど、澤とかが評価したのはこの点じゃないかと思う
いくら建前の上では白人と対等だと思っていても、白人的な容姿が綺麗だと思ってしまうのは今でも多くの日本人にある感情のような気がする
中国でも洗剤か何かのCMで問題になったしね。鼻がはっきりした色白が好きっていう時点で性癖の上では白人上位なんだよね。それがマゾ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉