明治神宮野球大会単語

メイジジングウヤキュウタイカイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

明治神宮野球大会とは、明治神宮野球場にて毎年に行われる硬式野球の大会である。催は明治神宮日本学生野球協会。宮大会とも。

概要

例年11月に開催されるトーナメント形式の大会。明治神宮は1920年11月1日に鎮座祭が行われており、鎮座50年記念として1970年に第1回大会が開催され、その後も引き続き開催されているというのがこの大会である。当初は大学野球のみであったが、第4回から大学野球高校野球の2つの部になった。

大学の部

大学野球2期の開催が基本であり、季の全大会として季に開催される全日大学野球選手権大会とともに2大大会とされている。なお、全日大学野球選手権大会のほうが1952年からと歴史が古く、また出場も27校(宮大会は11校)と多いことから第一の大会とされており、こちらの宮大会はそれに次ぐという扱いになっている。

2016年現在の出場は以下の通り。

北海道:1 東北:1 東京六大学:1 東都大学:1 関東:2 北陸東海:1 関西:2 四国中国:1 九州:1

神宮球場東京六大学野球と東都大学野球が開催されている球場でもあり、明治神宮が招待したことが大会の始まりであったことから、この両連盟は単独の出場が確保されている(それ以外の連盟は各地区ごとの代表)。ちなみに各地区ごとの連盟の数は北海道が2連盟、関東関西が5連盟、それ以外が3連盟。

2015年大会までで優勝回数が最多なのは駒澤大学明治大学亜細亜大学の5回。連盟別では東都大学野球連盟の15回が最多。

高校の部

高校野球阪神甲子園球場で開催される全国高等学校野球選手権大会夏の甲子園)と選抜高等学校野球大会春の甲子園)が2大大会として定着しており、また1982年の第13回大会から1998年の第29回大会までは北海道東北中国四国がそれぞれ隔年で交替で出場と年度によって出場できない地区があったなど、宮大会は重視されておらず、季地区大会の優勝校が出場しないこともあるほどであった。しかし、2002年の第33回大会以降、優勝した高校の所属する地区は選抜高等学校野球大会の出場が1つ増加するようになったため、結果としてそれ以前よりも重視されるようになっている。

2016年現在の出場は各地区1校で、原則として地区大会優勝校が出場する。

2015年大会までで優勝回数が最多なのは東北高校の4回。地区別では東京地区の10回が最多。ちなみに東北地区は7回と第2位であり、甲子園ではいまだに白河越えができていない一方でこの宮大会では強かったりする。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A4%A7%E4%BC%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

明治神宮野球大会

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 明治神宮野球大会についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!