走れメロス単語

ハシレメロス
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

走れメロス」とは、太宰治小説作品である。

概要

太宰の代表作の一つであり、小説はもとより、演劇朗読など様々な形式によって出版や頒布、放映等がされている。

尺の長さ、テーマ性などから国語の教科書では定番中の定番であり、太宰の作品の中でも最も知名度が高い。そのためパロディ元ネタにされることもままある。

あまり知られてないが、パチスロ化もされていて、一部には人気がある。なぜ作った

ストーリー

飼いメロスは、の婚儀の為に買い物をしようとシラクスのを訪れた。だがはひどく暗く落ち込んでいるように見え、メロスは町の人に理由を尋ねる。
それによるとシラクスの王ディオニスは人間不信から、多くの人々を処刑しているのだと聞かされた。メロスには政治の事など何一つ解らなかったが、王の非な行動に憤慨し、王を殺せんとに入り込む。しかし元より計画などあるはずもなく、あっさり捕まってしまった。

人間など私利私欲の塊で信用する事など出来ぬとる王に対し、メロスはっ向から反論。だが王殺しを企んだとして処刑される事となってしまった。
メロスは今更命など惜しくなかったが、一つ、残されるが気がかりだった。彼女の婚儀を見届けてから死にたいと訴え、その為に三日の猶予を願い出る。そしてシラクスの石工にして親友であるセリヌンティウスが身代わりとなり、もしもメロスが戻らぬ場合は彼が処刑される事となった。セリヌンティウスは事情の一切を聞くや言で友を抱き締め、毅然として縛を受ける。
王は人間に対する不信を明してやろうと、この馬鹿げた申し出を受け入れるのだった。

メロスは急ぎ村に戻ると、にも自分が処刑される事を告げぬまま、の婚儀を見送ってから出発する。既に三日メロスはシラクスをして走り出した。
だがその前に、思わぬ障が待ち受けていた。は氾濫してが流され、山賊が行く手を遮る。遂に疲労困憊となり倒れ伏すメロス。朦朧とする意識の中でその心は折れそうになったが、岩の隙間から沸きだす清水で気を回復、再び走り出す。それはただ自分が死ぬため、親友を救うため、そして人を信じない王を見返すためだった。

日没の直前、ついにシラクスのが見えてくる。セリヌンティウスの子が並走し、最間に合わぬと告げるが、それでもメロスは刑場をして走り続けた。そして磔にされ、今にも処刑されようとしていたセリヌンティウスの許に到着し、遂にメロスは約束を果たす。
セリヌンティウスは告げる。「この三日間、自分はただ一度だけメロスが帰還する事を疑った。どうか自分を殴って欲しい」と。メロスもまた、ただ一度だけセリヌンティウスを裏切ろうかと考えた事を告白し、二人は互いに一発殴り合った。それから「ありがとう、友よ」と呼びかけ、抱き合って泣き出す。
その様子を見届けた王は、長らく捕らわれていた人間不信から解放されて心する。恥ずかしげに「どうか自分も仲間に入れて欲しい」と告げてメロスを許し、人々は王様万歳と感性を上げるのであった。

トリビア

トリビアの泉」にて「走れメロスは作者太宰治が借を返すために走り回ったことから生まれた」と紹介された(66へぇ)。
作品の最後に「伝説とシルレルのから」とあり、古代ギリシャの伝承(ピタゴラス伝)およびドイツ詩人ラーバラード「人質」を元にしており、正確には借々のエピソード創作のきっかけ程度でしかない。

要約すると、太宰は熱遊し、様子を見に来た親友の檀一雄の宿代等までも使ってしまった。
積もり積もった諸々の支払いを待ってもらうために身代わりとして檀を熱に置き去りにし、東京にいる井伏鱒二に借を頼みに行った。
セリヌンティウス以上に待たされた檀はしびれを切らし井伏の元を訪ねると、太宰は井伏と将棋をさしていた。

檀は激怒した。

パロディ

ながいけんの漫画走れセリヌンティウス」は、同作品をセリヌンティウス視点から描いた短編である。
単行本「チャッピーとゆかいな下ども」所収。

作中ではメロスは口がうまい極悪非の男で、罪が重なって逮捕されていよいよ処刑という段になり、セリヌンティウスを身代わりに立てて「わずかにでも自分が遅れた時は、心ゆくまで思いのままに彼の処刑をお楽しみ下さい」と告げる。
メロスの人となりを知るセリヌンティウスは「メロスは……メロスは帰ってきません!」と絶叫するも、人の良い王はメロスに言いくるめられてしまった。かくして処刑を待つ身となったセリヌンティウスは意を決して脱獄。村に帰って爆睡しているメロスを棺桶に詰めて担ぐと、町へ戻ろうと走り出す……

いい話と台詞逆になっており、原作読みべると爆笑必至の内容となっている。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B5%B0%E3%82%8C%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

走れメロス

86 ななしのよっしん
2017/10/11(水) 19:04:11 ID: N2NE2ON2QJ
>>85
名作の条件の1つは「ツカミが良いこと」と聞くが、一行一文メロスは激怒した。」からの導入は最高の出来だと思うね。
読者は、メロスって誰だ?なぜ怒ってるんだ?とすぐ話に入っていけるし、作者はそれを想定して簡潔にキャラ紹介と舞台設定をく続ける。
この理のない展開の速さが「ライブ感」なんだろう。
87 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 18:01:32 ID: wogYxFW+Gm
>>84
そもそもあのアニメじゃ「メロスは激怒」してないしなぁ
88 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 18:15:15 ID: iIdvv51ijP
そもそもメロス走ってないのソースって、小学生の調べた
“高低差を考慮してない直線上の距離”から時速を割り出したものであって
メロスが泳いだうえ山越えた(ついでに山賊に遭遇した)となると
距離けっこうあったと思うんだよなあ…
89 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 18:53:24 ID: +GLZIYWB5X
メロスは激怒した
>必ず、かの 邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。
メロスには政治がわからぬ。

政治がわからぬ」
ダメじゃん。
暴れるだけ暴れて結局なにも生み出せない、世の革命たちの多くもこんな感じなんだろうけど。
90 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 18:58:34 ID: x5t2UmyZWd
まず原文読んでこいや、青空文庫で読めんだし
91 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 16:59:54 ID: BXQNMkAVg7
政治は分からなくても善悪は分かるのだ。
むしろ政治と言う小賢しいものが分からない考慮しないからこそ悪に誤魔化されぬ。
92 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 02:46:51 ID: K8COsT4OUI
メロスは激怒した」の一文は本当にキャッチーな名文だよなと思う
これだけでどんな内容なのか読んでみたくなるもの
93 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 18:42:28 ID: ehW7XGgcEh
最近音MADで使われてる音知らない?
94 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 21:44:19 ID: Hq/Nhhq4ah
暴君 暴君 悪徳暴君
暴君 ディオニス 敗北者
95 ななしのよっしん
2019/10/01(火) 15:06:39 ID: XUSFWZYqtT
                激怒
                問答
                人質
                疾走
                休息
                山賊
                逡巡
                決心
                殴打
                友情
                
                羞恥
                少女

急上昇ワード

2019/12/06(金)15時更新