BC自由学園単語

ビーシージユウガクエン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

BC自由学園(BC Freedom High School)とは、岡山県所在する高等学校である。

概要

岡山県に位置していたBC高校自由学園の両校を統合して誕生した高校で、陸上では岡山県津山市を拠点とする。学園艦の形状は航空母艦ベアルンに似たもの。

校章は六角形を成しており、半ばを縦に走るジグザグ帯を界にい左半分とい右半分に分かれる。い左側にはい「B」の文字が、い右側にはい「C」の文字とロレーヌ十字がそれぞれ描かれている。[1]

歴史

前述の通り、BC自由学園は自由学園とBC高校の両校の統合によって形成された学校であるが、そもそも両校はルーツを同じくしており、ともにマジノ女学院(山梨県)がワイン生産のためのブドウ栽培を的として岡山県内に分校したものであった。

こうして作られた岡山市自由学園はブドウ栽培の成功から農業科、工業科、政科などを中心として発展した中高一貫のお嬢様学校となり、いっぽうで津山市のBC高校ブドウ栽培がふるわず普通科や商業科に注する庶民学校となっていった。やがて学園艦が老朽化すると、学園艦の新造にあわせてまったく異なる得意分野を持つ両校の統合が論まれ、現在のBC自由学園が誕生することとなるのである。

かしこの統合は、もはや得意分野以上に校にも違いを生じさせていた旧両校生徒が、閥を成して対立する結果を招くこととなった。新学園艦は左舷側の旧自由学園と右舷側の旧BC学園に二分される形となって露に対立を深め、こうした学内の閥争いの構造は、時間の経過とともに形を変えつつも現在まで根強く残っているようである。

校風

中高一貫のお嬢様学校として知名度が高いBC自由学園だが、外部の中学を経て高校から入学する生徒も少なくないため、内部進学したお嬢様たち、いわゆる“エスカレーター組”と、高校受験によって入学した庶民的な“外部生組(受験入学組)”の間には深刻な対立構造が生じているといわれる。かつて学園艦両舷に分かれた閥構造は、現在では左舷側の”エスカレーター組”と右舷側の”外部生組”という形になっている。

ともにルーツフランス流のマジノ女学院に置くこともあって、校そのものはマジノに近い、マナーと礼儀正しさを尊重するスタイル。しかし、立場的・経済的な優位から学園艦運営導する”エスカレーター組”の高級志向を前に、”外部生組”の反発が日々強まっているのも確かである。

施設

全体的にフランス

戦車道について

高校戦車道におけるBC自由学園チームは、以前こそ全大会では例年ベスト4入りする、大陸グランダルメ)の後裔ともいうべき機動戦の強として知られていたものの、他校戦車道チームの著しい成長のあおりを受け、昨今では序盤で敗退するばかりでふるわない状況が続いている。第63戦車道高校生大会では一回戦で聖グロリアーナ女学院の前に敗北を喫した。

使用戦車フランス系統が基本であるが、二次大戦中のフランス戦車開発が本の占領のため著しい停滞を余儀なくされた都合上、対戦車戦闘はほとんど不可能といっていい旧式ルノーFT、優秀な騎兵戦車ながらあくまで1930年代準に留まるソミュアS35といった、強校の重戦車とのっ向勝負には不利を甘受せざるをえない戦車が多い。例外は開発時期が規程スレスレARL44で、機動性に難があるものの強大な火力と装甲を持つ。

こうした戦車の調達にはエスカレーター庭からの援助が強くしてきたため、選手のなかでも”エスカレーター組”と”外部生組”の対立が生じており、試合にまでしてしまうことが少なくない。それでも個人レベルの技倆は高く、大学選抜チームで副官を務める一人であるアズミもBC自由学園戦車道チームの出身者のひとりである。

現在の戦車道チーム

41無限軌道杯開催時の現在において、戦車道チーム隊長は”エスカレーター組”のマリーが務め、“外部生組”出身の安藤と“エスカレーター組”出身の押田がそれぞれ副隊長的な立場でサポートする。

安藤選手
安藤選手

エスカレーター組”ながら閥争いに興味を持たず然としたマリー隊長のもと、両閥からともに副隊長を出すことでバランスをとった人事ではあるが、それだけにチーム内を二分する両閥の代表者として行動しがちな両副隊長隊長がいかに制御するかが課題となっている。

面では、安藤選手がS-35部隊を揮して機動面を担ういっぽう、押田選手がARL44を率いて火力と装甲を補う良バランスマリー隊長ケーキ片手に小回りのきくルノーFTを駆り、後方にあって両者を適確に揮する。

41無限軌道杯第一回戦では、強校の裏を突く勝利定評のある大洗女子学園との対戦を前に、大洗情報収集を予期して事前に学内の閥対立を強調する大規模な情報戦を採用。試合時にも底してチーム内の不和を見せつけながらもで両閥を連携させ、BC自由学園チーム内にまで閥対立が蔓延しているものと信じた大洗チームを巧妙に誘引・包囲することに成功している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *メタ注:ジグザグの帯は『劇場版』まで色で六角形を分断していたが、『最終章』ではジグザグ部が白色に変更されたことでひとつの六角形となった。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/bc%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%AD%A6%E5%9C%92

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BC自由学園

42 37
2020/03/08(日) 21:07:43 ID: tjy3SVqhkD
>>39
なるほど、「ライバルチーム研究」が出典だったのですね。
ありがとうございます

>>41
確かにそうですよね、私も書き込んでからそう思いまして
再度「タイヤキ・ウォー!」本編を確認したところ、最初にスラムが映し出される前に
エスカレーター組と思われる生徒たちが綺麗なカフェお茶をしているカットがありました…。
それとスラム区画のすぐ隣に宮殿の建造物が存在していますね。私のとちりでした…すみません。
43 ななしのよっしん
2020/03/08(日) 21:07:59 ID: OYMnWUEnW+
>>40
それは承知の上です。
その上でなお、閥で前後に分かれているのだ、と明確にされないかぎりあくまで憶測でしかない、というのが大きな理由のひとつ(それこそ「前が外部生で後ろがエスカレーター組」みたいな台詞が出てきたら、流石にそちらを優先して記述を変えるべきでしょうね)。
もう一つは、確かに『戦車道』などの記述はそれより後に描かれた作品(『戦車道』→『アンツィオ戦』以降)で変更されていることが多々ありますが、今回は『最終章』に合わせて刊行されたもので、”『最終章』におけるBC自由学園の設定”であるという一定の根拠がある点です。
こういう理由から、たとえ映像と異なるように”見えた”としても、あくまで憶測より公式設定とされている方を優先した、という経緯になります(記事作成時にかなり悩んだところではあります)。

あとこれはついでですが、『戦車道』は雑誌ではなく、雑誌体裁をとるファンブックというべきでしょうね。普通の雑誌に掲載された記述とべ、おのずから信頼性は代わってくるんじゃないかと思います。
44 ななしのよっしん
2020/03/15(日) 03:55:44 ID: keNdCQ6KPP
マリー嬢はチョコたい焼きの他にもう一品、あんこを使った何かしらを用意するべきだったと思う。
45 ななしのよっしん
2020/04/05(日) 21:23:07 ID: QGY+cSpZEW
そろそろどなたか、マリー様・押田・安藤の3人の大百科記事作成のリクエストお願いします。
46 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 23:51:59 ID: 28LgDtjQJC
ARL44無限軌道杯までにマリー様が頑ってえたみたい
47 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 20:39:22 ID: 98dHA2z1zR
山が地元なんだけど、なぜ本拠地をあんなとこに設定したのか水島とかあるじゃんね。
か?なのか?
48 ななしのよっしん
2020/04/26(日) 03:21:18 ID: RPpgzQyBFR
同士討ちに気付いた時点でほぼ勝ち筋は消えてしまった事はマリー様安藤、押田の3人は察してたけど
それでも最後まで諦めず鼓舞して立ち向かうのは格好良かった。
大洗連合チームに参加した学校は他校より1枚も2枚も上手になった感じだけどBC自由学園だけは普通ベスト8進出校にべても劣らなそう、というかアンツィオ辺りには普通に勝ちそうで成長した知波単とも良い勝負しそう
49 ななしのよっしん
2020/04/28(火) 15:53:56 ID: Nli5h9eZXC
>>47
普通に考えて瀬戸内海学園艦とか入らないんで
鳥取県にでも港あるんじゃないかなぁ
50 ななしのよっしん
2020/09/06(日) 12:18:54 ID: 4UwgCMYNi5
戦車道作戦だとサメさんチームと同様に後発キャラが追いつけるよう
った(ハマれば強い)スキル持ちになってたり、良いデザインも多い。
腕試しステージ報酬のチャイナ服でも安藤と押田のおさげがよく似合ってた
51 ななしのよっしん
2020/09/07(月) 01:54:13 ID: FojCkVPROS
タイヤキウォー、優里さん度的にパンツを撮してないかね、これ…

急上昇ワード改