KALEX単語

カレックス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

KALEX(カレックス)exitとは、MotoGPに参戦するドイツバイエルン州のシャーシ製造企業である。

moto2クラス2010年から参戦し続け、2013年からシャーシ製造者部門で5連覇を達成した。

創始者

2008年にKALEXを設立した技術者。KALEXの「K」Klausの「K」が由来。

アレックスべて裏方での作業を好み、顧客の要請に応じてピットに足を運ぶ頻度が多い。

2008年にKALEXを設立した技術者。KALEXの「ALEX」はこの人の名前が由来。

アレックスの方がメディア対応に熱心で、インタビュー記事も多い。記事1exit記事2exit

インタビュー動画もある。動画1exit

KALEXの会社沿革

四輪技術者が二輪に転向、KALEXを設立する

ドイツ南部バイエルン州という経済的な実が大きい州がある。
州都
ミュンヘンexitにはBMWの本社があり、インゴルシュタットexitにはアウディの本社がある。
この影バイエルン州には自動車産業関連企業が多い。

このバイエルン州の一アウグスブルグexitnther HolzerとRonald Holzer兄弟がいて、
彼らはガソリンスタンドを経営しつつマシン改造に明け暮れており、ラリーレースにも参加していた。

その趣味が高じて1986年
Holzer Motorsport(ホルツァー・モータースポーツ)exitという企業を設立、
1995年からはSTW(Super-Tourenwagen-Cup スーパーツーリングカーカップに参戦した。
2000年からはSTWの後を引き継いだDTMドイツツーリングカー選手権大百科記事あり)に参戦。
2005年シーズンをもってDTMから撤退したが、現在も他のレースに参加している。

このHolzer Motorsportに務めていたのが
クラウス・ハーセコーンアレックスバウムガーテルだった。

彼らは職場で四輪レース車両の整備を行いつつ、趣味で二輪の改造を行っていた。

この趣味が高じてクラウスとアレックスアウグスブルグexit近郊のボービンゲンexitにてKALEXを創業し、
MotoGPmoto2クラスに参戦していった。

KALEXとHolzer Motorsportの関係は良好で、KALEXがHolzerの工場を借りたこともあったし、
KALEXがHolzerに部品を作ってもらったこともある。

moto2に初年度から参戦、ライバルと熾烈な戦いを演じる

2010年moto2元年で、KALEXはこの年から参戦している。
KALEX使用者の最高ランキングセルヒオ・ガデアのランキング17位。exit
台獲得もイタリアGPの1回だけだった。
話題になるのはトニ・エリアスを擁したモリワキ、アンドレア・イアンノーネを擁したSPEED-UP、
最大勢Suterばかりで、KALEXは泡メーカーという印だった。

ちなみに初年度からKALEXを使用し続けているのが名門チームポンス・レーシングexitである。

ところが2011年シーズンにKALEXは大躍進を遂げる。
ステファン・ブラドルが4勝・2位5回でチャンピオンを獲得した。exit
ステファンはドイツバイエルン州アウグスブルグ出身で、2010年までスイスSuter使用者だったが、
同郷のKALEXへの変更をチームに熱望してチームも了承した。これが見事に大当たりとなった。
彼以外のKALEX使用者ではアレイシ・エスパルガロが3位を1回獲ったっきりであったが、
翌年のKALEX使用者が増することになった。

2012年シーズンにはポル・エスパルガロがランキング2位、スコット・レディングがランキング5位、exit
ミカ・カリオがランキング6位、ティト・ラバトがランキング7位となった。exit
KALEXを使用するポンス・レーシングexitMarcVDSライダー合計4人がって上位に食い込み、
でも速く走れるKALEX」をアピールすることになった。

2013年からmoto2で5連覇達成

2013年KALEX使用者がランキング1~4位を独占。exit
2014年KALEX使用者がランキング1~3位を独占。exit

2015年からのmoto2クラスはKALEXのワンメイクに思えるような状況になった。

2015年上位14人中13人がKALEX使用者。exit
2016年上位16人中15人がKALEX使用者。exit
2017年上位7人中6人がKALEX使用者。exit


KALEXのバイクが売れに売れ、KALEXの技術者は大忙しになった。
チームが一休みするシーズンオフは開発や製造でさらに忙しくなり、週7日・14時間労働が続く。

シーズンオフテストが行われるのはスペインの温暖なバレンシアサーキットexitヘレスサーキットexit
アルメリアサーキットexitである。KALEXの本社のあるバイエルン州ボービンゲンexitからは非常に遠い。
ヘレスサーキットとボービンゲンは直線距離で1900km離れているのである。
これは北海道・札幌市exit九州・奄美大島exit距離と同じ。
これだけの長距離トラックで往復移動するので、ヘトヘトになる。
しかし、KALEXの技術者達は大幅に良くなった給料のため、喜び勇んで仕事に励むのであった。

KALEXのマシンの特徴

いろんなライディングスタイルに合わせられる万人受けするシャーシ

でも速く走れるという傾向を持ち、万人受けするシャーシになっている。

このことは2012年シーズンの頃からハッキリしていた。
MarcVDSミカ・カリオポンス・レーシングティト・ラバトはライディングが正反対だったが、
ほとんど同じような成績を残している。


KALEXの創始者アレックス・バウムガーテルexitは、インタビューでこのように答えている。
「KALEXのバイクセッティングの幅が広く、様々なライディンスタイルに合わせることができる」

一方で、KALEXのライバルであるSuterのエスキル・スッターexitはこんなコメントを残している。
「KALEXのセッティングの幅はそれほど広くない。しかし、1つのセッティングがどこでも通用する。
2015年トーマス・ルティドミニク・エガータは同じようなセッティングで走り続けて好成績だった」

2人のコメントが食い違っているのだが、「KALEXはいろんなライダーサーキットに合う」
という点では見解が一致している。

突出した長所はないが、どんな場所でもしっかり速い

「ここが凄い」という突出した長所は見当たらないが、その反面、どういう走行シーンでも速い。
ブレーキング、コーナリング、立ち上がりの加速、最高速付近の伸び、全てにおいて実がある。
ライバルSPEED-UPは立ち上がりが素晴らしいライバルKTMはコーナリングが素晴らしい
そういった突出した長所があるが、KALEXは全体の完成度で勝負するスタイルと言える。

えこひいきをしない

2011年シーズンSuterを使うマルク・マルケスが快進撃を続けていた。
マルクに対してSuterは最新のパーツを優先的に投入し、他のSuter使用者を憤怒させた。
MarcVDSSuterと「最新パーツを受け取る」という契約を結んでいたにもかかわらず、
マルク・マルケスチームのみに最新パーツが届けられたことを知り、2012年からKALEXに乗り換えた。

Suterはやや技術面に偏重してしまい、いろんな種類の新規パーツを少量ずつ作ってしまった。
これにより、「あのチームには新規パーツが届いて、ウチのチームには新規パーツが来ない」
という、えこひいきに近いことをしてしまう羽になった。

KALEXはこの手のえこひいきをしない。
新規パーツの種類をできるだけ絞り、できるだけ多く製造して、できるだけ多くの使用者に同時供給する。
そういう方針が多くのチームに賞賛された。

カウルが丸みを帯びている

カウルが丸みを帯びているという外見上の特色がある。新幹線0系exitのような感じ。

一方でライバルSPEED-UPexitったシャープカウルであり、新幹線700系exitという感じ。

カウルのサイズもやや大きめで、大柄なライダーにも使用できる万人受けするカウルである。

アルミ・ツインスパーフレーム

アルミニウムのツインスパーフレームである。

アルミは鋼の35の軽さであり、鋼に匹敵する硬さを持つ。軽くて強い素材である。
そして何より切削加工しやすく、特急フレームを作ることができる。

KALEXのシャーシを作る動画開されているので紹介したい。
バイク量産メーカーは機密保持に厳しくシャーシ製造現場など決して開しないのだが、
KALEXは小さな会社なので機密保持に関してもわりとルーズというか柔軟な姿勢である。

この動画exitはKALEXが開した。
途中でGROBの工作機械exitが映っている。GROBexitドイツバイエルン州ミンデルハイムexitメーカー
途中でREIDENの工作機械exitが映っている。REIDENexitスイスルツェルン州ライデンexitメーカー
こうした工作機械アルミをせっせと削っている。

KALEXの組み立て動画・整備動画

KALEXのマシンを組み立てたり整備したりする動画がいくつか開されているので紹介したい。

MarcVDSのフランコ・モルビデリの車体組み立てexit

MarcVDSのアレックス・マルケスの車体組み立てexit

いずれも手間暇掛けた大仕事であることが分かる。


サーキットでの車体整備その1exit 

※なぜかその2はアップロードされていない

サーキットでの車体整備その3 エンジンを外す瞬間exit

サーキットでの車体整備その4 アルミニウムのツインスパーフレームをゴシゴシ洗っているexit

KALEXとKTMの関係

KALEXとKTMは近所同士の企業なので協し合っている。

KALEXはドイツバイエルン州ボービンゲン。exit
KTMオーストリアオーバーエスターライヒ州マッティヒホーフェン。exit
同じドイツ語圏であり、直線距離170kmしか離れておらず、もう全に隣近所といったところ。

2012年から2014年まではmoto3クラスにて提携した。
KALEXのアルミ・ツインスパーフレームKTMエンジンを搭載し、「KALEX-KTM」として出場した。

2012年シーズンはルイス・サロムがKALEX-KTMでランキング2位。ヨナス・フォルガーも大活躍した。exit

2013年シーズンもヨナス・フォルガーがKALEX-KTMで表彰台4回、ランキング5位。exit

2014年シーズンにホンダとKTMの開発競争が激化し、KALEX-KTMは不振に陥り、exit
この年をもってKALEXはmoto3から撤退した。

2012~2014年のKALEXとKTMの提携は密接で、KALEXがマッティヒホーフェンのKTMの工場で
試験を行ったこともある。



2017年からはKALEXとKTMmoto2クラスで競争することになった。
KALEXは下町の町工場のような小規模企業であるがKTMドゥカティをも上回る規模の大企業であり、
シャーシ製造の経験は圧倒的で、いずれはKTMmoto2クラス導的な立場になると言われている。

はたしてKTMは全を出してmoto2クラスKTMワンメイクにするのだろうか。
それとも近所の同胞企業KALEXに温情を感じ、多少は手加減するのであろうか。
2018年以降のmoto2クラスが注される。

本拠地のバイエルン州

ドイツ南部バイエルン州ボービンゲンexitにKALEXの本社がある。

バイエルン州ドイツの中でも最も豊かな州であるが、土の南の端に位置している。
ゆえにドイツの中心になることは少し難しい。州都ミュンヘンドイツ首都になるのも難しい。
「一番豊かなのに歴史的・地政学理由から首都になる可性がない」という点で、
アメリカ合衆国テキサス州exitスペインカタルーニャ州exitと似ている。
中央からの独立志向も旺盛で、アンケートを採ると独立支持が結構多いことが分かる。

バイエルン州お隣オーストリアとは言的にも非常に近く、アルプス山脈が近くて
ウィンタースポーツが盛んであることも共通していて、お互いに親近感を感じている。

1516年にバイエルン公爵ビール純粋令を発布し、ビール製造方法を規定した。
これが世界最初の食品関連法とされる。現在でもこれを儀に守って製造する業者が多い。
「このビールはビール純粋令に従って醸造されています」というラベルexitを貼って販売するのである。

州都ミュンヘンでは毎年9月10月オクトーバーフェストというビール祭りが2週間かけて行われる。
東京ドーム9個分の敷地を借り切ってテントや移動式遊園地を設置し、飲んで食っての大宴会となる。
民族衣装ディアンドルを着たウェイトレスが1リットルのジョッキを何本も持ってくるのが定番の風景

世界的名門サッカークラブであるバイエルン・ミュンヘンがあり、サッカー熱が高い。
このクラブが優勝するとピッチの上でビールかけが行われる。exit


一方で2輪モータースポーツは今ひとつ不人気で、バイエルン州アウグスブルグ出身の
ステファン・ブラドルが「の地元はバイクレース人気がないんです」と言っていた。

バイエルン州の州都ミュンヘンには2輪と4輪の両方を製造するBMWの本社があるが、
BMWはあまりMotoGPに乗り気でない。

ドイツ人は総じてコストに厳しく、勝算がないのに高コストレースに出場するのを避ける傾向がある。
ゆえにBMWも低コストスーパーバイクにだけ出場して、MotoGPには出場しない方針がある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/kalex

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

KALEX

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • KALEXについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード