Nintendo Labo単語

ニンテンドーラボ

Nintendo Laboとは、任天堂より2018年4月20日発売のNintendo Switch専用ゲーム及び周辺機器のシリーズである。

概要

2018年1月18日情報開。Toy-Conと呼ばれる段ボール素材としたコントローラーを自分自身で組み立て、それにスイッチ本体とJoy-Conセットして新しいあそびが体験できる。初報映像では段ボールピアノを組み立てて演奏したり、釣り竿バイクハンドルを組み立てたり、背中に背負って自分の動きと連動してゲーム画面のロボットを動かすといったあそびが開された。段ボールなので自由に色を塗ったりシールを貼ったりなどデコレーションも可

公式サイトによると自分でコントローラーを組み立てるのでどういうに動いているかの仕組みがわかり、さらに自分自身で新しいあそびを発明できる、と謳っている。
いずれのキットも段ボールシートと紐などのパーツ、そしてゲームソフトが同梱されており、うごく説明書によってToy-Conを組み立てるところからあそびが始まる。組み立てにはノリやハサミは不要。ゲームにあらかじめ用意されたあそびの他、入・出を自ら設定して新しいあそびを発明できる。

2018年4月20日には第一弾として「バラエティキット」「ロボットキット」の二つが発売。同日にマスキングテープシールなどの「デコセット」も発売された。

Toy-Con

Nintendo Laboの周辺機器にして、ある意味本体である段ボールコントローラー
段ボールの他にヒモ・輪ゴム・反射テープなどから構成される。

当然、Toy-Con自体には何の動センサーもない。
どこかにJoy-Conをはめ込む場所があり、それらの各種センサーや振動機を利用している。

対応すれば他のソフトでも使用可。『マリオカート8 デラックス』がバイクToy-Conに対応した。

段ボールなので壊してしまうこともあるし、いくつも作りたいという場合もあるだろう。
また、「マリオカートがやりたいからバイクToy-Conだけ欲しい」という場合も考えられる。
その場合は、オンライン販売を利用しよう。

段ボールキットは、My Nintendo Storeで購入可
こちらは「バラエティキット」「ロボットキット」まるごとの販売である。

バラエティキットの単品ごと(付属品別売)、または段ボールシート1枚ごと(同左)、やヒモなどの付属品(キット1つまとめての販売)は任天堂パーツ販売で購入可である。

開発秘話

プレイヤー自身が段ボールコントローラーを組み立てるという前代未聞のあそびを提案したNintendo Laboだが、そもそもどのようにして作られたのか。

本作の開発担当だった任天堂阪口氏によると、初めはNintendo Switchでしかできないものをつくる」というコンセプトが念頭にあり、やがてそれはJoy-Con二つにそれぞれジャイロセンサーがあること」「モーションIRカメラがあること」という結論に至ったという。下記のバラエティキットのゲームの一つである「つり」を例にとると、Joy-Con(R)のIRカメラでリールの巻き取りの動きを読み取り、Joy-Con(L)のジャイロセンサー釣り竿そのものの動きを読み取る、という具合に二つのコントローラー読み取る動きの差分により、新たなあそびを作れるのではないか、と考えたそうだ。

そういった差分を利用するあそびを考える中で「アタッチメントが必要だ」という流れになり、そのアタッチメントをどのように作るかで企画は難航したという。プラスチックなど様々な素材が検討された中、試作として作られたコントローラーの一つに段ボールで作られたものがあったそうで、つまり当初は作りやすい素材としてたまたま段ボールで作られた試作品があっただけだそうだ。

開発チームで様々なあそびが試作される中、「自分でコントローラーをつくる所までがあそびである」という現在Nintendo Laboコンセプトに近いものになったきっかけがロボットキットの試作品である。背中に背負って手足を動かすコントローラーチーム内でも大ウケだったが、実際商品として売るにはかなり大がかりなものになってしまう点があった。
そしてもう一つの試作品が「オルゴール」という試作である。グルグル回る模様をJoy-Con(R)のIRカメラ読み取り音を流すというものだが、開発チーム内では「仕組みは面いけど…」という感想が多く「あまりおもしろくなかった」そうである。それぞれ「自分で作ったから面い」「仕組みが分かっているから面い」という部分が少なからず含まれる試作品であり、ここで「自分でつくる点も含めて商品にする」という方針がめて固まることになる。

シリーズ一覧

Toy-Con01 VARIETY KIT(バラエティキット)

2018年4月20日発売。

このキットでは以下の5つのToy-Conを作ることができる。

Toy-Con02 ROBOT KIT(ロボットキット)

2018年4月20日発売。

背中に背負った巨大なコントローラーベースに紐で繋がった両腕両脚を動かし、画面内のロボットを操作して中を破壊するゲーム。画面のロボは紐の動きをIRカメラ読み取ることでプレイヤーの動きをそのままトレースすることができる。また背負ったコントローラーを動かして音を鳴らすあそびもある。

ちなみにこの背中に背負うタイプToy-Conは試作段階では「ショイコン」と呼ばれていたそうだ。

Toy-Con03 DRIVE KIT(ドライブキット)

2018年9月14日発売。

クルマ」「ヒコウキ」「センスイカン」の3つのToy-Conアクセルダルを使うことで、陸を縦横尽に走り回ることができる。クルマでは爆弾を投げたり、ノコギリで木を切ったりでき、ヒコウキでは射撃も可。その他にもカスタマイズや対戦、レースなど様々なモードが搭載されているようだ。

関連商品

関連動画

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/nintendo%20labo

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Nintendo Labo

781 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 18:08:28 ID: OlbykkGF/6
まあ工作する楽しみを提供するのがコンセプトっていうのはわかるけどvrに関してはダンボールに固執しなくても良かった気はするな
782 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 18:30:04 ID: iFSOSZWd7x
質は確かなのに売れない。
任天堂のやったことがウケない世の中。
783 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 20:39:20 ID: aOkzKGNxI4
近場の店じゃどこも品切れだった…
784 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 22:27:42 ID: /VIW5bFLbB
ダンボールと良くネタにされるけど子供に安心して工作させられる素材としてはうってつけなんだよな
軽量で加工が簡単で新たに調達が容易、踏んだり体をぶつけても怪の心配がないという点でまさに
もしこれが鉄板プラスチックだったらまず一般庭に加工出来る機材がいし、怪が発生したらマスゴミ達が騒ぎ立てる未来が見える見える
785 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 00:52:04 ID: d7sPGWMO+Q
VR部分だけならゴーグくても裸眼立体視が出来れば見れる事に気づいてしまった
まぁの前一面に風景が広がるのはまた迫が違うだろうから一応ゼルダ来たら買うけどね
786 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 01:15:37 ID: +rgVH+soXT
Switch本体にジャイロがあるからゴーグルを加工すれば頭に固定したままJoyCon両手持ちでもマリオデゼルダプレイできるのかな
取り回し考えるとPV通り普通携帯モードの方が良さそうではあるけど
VR広場の54をやるとなんか黒い任天堂って感じがするよ!
787 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 09:13:00 ID: y7W2Jbs+40
わかるでスライドするとトイコンの中身が見えるけどあれトイコンのカエルとかトイコンでないやつでも中が透けるのだろうか?
788 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 16:19:56 ID: BjFbuMgg26
とりあえずVRゴーグルの記事がある
789 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 16:57:14 ID: BjFbuMgg26
ゼルダの方でも書いたけど、3人視点でのVRは首じゃなくて体ごと動いた方が酔いにくいかもね。
790 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 21:18:19 ID: bjIlj4ph/N
バズーカじゃなくてカメラちょびっと版が出たら起こして