Tatsh単語

タッシュ

Tatsh(タッシュ)とは、日本作曲。本名は「清水達也」とのこと。

概要

前田尚紀(NAOKI)に才を見出され、『beatmaniaIIDX 10th style』への楽曲提供をきっかけにコナミ株式会社へ入社する。『beatmaniaIIDX』のサウンドディレクターとして『beatmaniaIIDX 12 HAPPYSKY』『beatmaniaIIDX 13 DistorteD』の制作に携わった。ちなみに13 DistorteDでEURO-ROMANCE提供したK-MASERATatsh師匠である。

かつてbeatnation Recordsメンバーの一員であったが、Ryu☆kors kbeatnation Records参加と入れ替わる形で脱退。同時期にコナミ株式会社からも退社し、BEMANIシリーズへの楽曲制作はほとんどなくなった。BEMANIシリーズから離れた理由については明らかにされていないが、提供された曲が大幅に削除されたりはしていないので、KONAMIとの関係が悪くなった訳ではなく、フリーになっただけのようである。
現在は「beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem」をきっかけに、BEMANIシリーズへの楽曲提供を再開している。

他名義は『platoniX』、『dj killer』、『白虎』、『DJ MURASAME(DJムラサメ)』、『世阿弥』などがある。
ブログにて白虎=Tatsh表し、サントラ等のコメントからDJ MURASAMETatshが確定。
 その後Twitter上でも認めている。世阿弥に関しては楽曲の特徴等から以前から長らく「Tatshの別名義なのではないか?」とユーザーの間で噂されていたが、太鼓の達人公式放送にて、ついにTatshの別名義であることが明らかになった。)

退社後後は、VOCALOID曲の作曲をしていたり、東方曲のアレンジをしていたり、
TBS系アニメひだまりスケッチ×365」のOP「?でわっしょい」でまさかのアニソンデビューを飾ったりと、現在は様々なところで作曲をしているようだ。

2011年10月27日beatnation recordsより、1stアルバムMATERIALexit」を発売。

楽曲

テクノヴォーカル曲を得意としており、「beatmaniaIIDXシリーズにおいても専属アーティストとのコラボ曲が多い。また、ビジュアル担当のMAYAとの共同で製作した楽曲は総じて人気が高く、後述する「Xepher」などは音ゲーをやらない人からも支持がある。

一方、譜面に関しては糞譜面と揶揄されることの多い「GENOCIDE」「Sphere(DPA)」、X字に配置されたノーツミスを誘う「Xepher」、ニコニコでもネタにされまくっている全押し曲「The Dirty of Loudness」、あまりの密度故「世阿弥ビーム」と称されるBPM208の24分13連打「燎原ノ舞」、X字スライドに加えて「肘打ち」という概念を生み出してしまった「ミュージック・リボルバー」等特徴的な構成が多い。

代表曲(音楽ゲーム)

Xepher

beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」にて初収録された楽曲。出アニメストーリー仕立てとなっており、後に発売されたムービー担当MAYAの画集では要人物の詳細設定、コミックが収録されている。
難易度HYPER以上だとヴォーカルが入る直前に現れる「X」をかたどった譜面が特徴的。

さらに詳細は当該項目を参照。

 

The Dirty of Loudness

beatmaniaIIDX 13 DistorteD」に初収録。シリーズ初の全押しによって多くのプレイヤーの度肝を抜いた楽曲。その強インパクトもあって、この楽曲や全押しが絡んだネタ動画の数は多い。「Xepher」同様MAYAとの共同製作で、ムービーにはXepherにも登場したキャラクターが出演している。

RED ZONE

beatmaniaIIDX 11 IIDX RED」にて初収録され、その後DanceDanceRevolutionにも移植されたNAOKIとの合作
通称「赤ぞぬ」。NAOKIの楽曲であるBRILLIANT2UB4Uの流れをんだ疾走感のあるSPEED RAVEで、本作以降も高い人気を誇っている。
ニコニコ動画では○○テクニック系列に代表される音MADが有名。本人もいくつか視聴済みだとか。

beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」初出の曲で、同作のONE MORE EXTRA

dj TAKAとの合作で、互いの別名義「Amuro vs Killer」で制作されたドラムンベース
冠する曲ジャンルHUMAN SEQUENCER」(和訳すると“人間演奏機”)に相応しい難易度を誇るIIDXの永遠のラスボス曲。

詳細とその超絶なる難易度、そしてそのカリスマについては個別記事の方を参照のこと。

Scripted Connection⇒

beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」初出の楽曲で、「DJ MURASAME」名義の楽曲。
・元々一つの曲を三つに分割し、難易度NORMALHYPERANOTHERの順番で繋いでいる
という非常に変わった構成の楽曲。
後にCS版(ACではIIDX 14 GOLDから)でそれぞれのパートが「N mix」「H mix」「A mix」として独立
またそれぞれに三つの難易度が付くことになった。またCS版「HAPPY SKY」の段位認定裏七級で三パートを繋いで一つの曲とした「long mix」が登場。
曲自体が長いために当たり前ではあるが、1曲あたりのノーツとしてはIIDX最多を誇る。

Twelfth Style

beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」に初収録。

Tatshを筆頭に、プログラマー勢のJONY.C、WASYA、TOCHI、そしてムービー担当のMAYAで構成された「Tatsh & DAYBREAKERS NEXT」が繰り広げる、公式が病気と言いたくなるほどネタ満載のふざけまくったムービーは必見。
このムービーを元に多くのMADが作成されているが、比較動画では「どのMADよりも一番MADっぽい本家として異様な存在感を放つ。

Zenius -I- vanisher

beatmania IIDX 13 DistorteD」に初収録。

Tatsh曲では定番の譜面難易度によって楽曲の展開が多少異なる」というギミックが仕込まれた楽曲。
特にANOTHERの変化っぷりは著しく、その分譜面の難度もより高い、手応えのあるものとなっている。

Xepher」等と同様に、ムービー担当のMAYAと共同で制作されたストーリー仕立ての出アニメが特徴。
ただし、登場人物は全員この曲のみのオリジナルキャラクターで、今のところ他のTatsh×MAYA曲との関連性はない模様。
ムービーの最後に“This story continues. -II- mother”という言葉が添えられており、続編の制作が示唆されていたが、DistorteDを最後にTatshコナミを退社したため、その続編の登場は絶望的とされていた。
しかし、フリーとなったTasthは、後述する「reunion」と共にBEMANIシリーズに楽曲提供するコンポーザーとして戻ってきたため、同じくフリーになったMAYAと「Zenius -II- mother」を制作する可性は十分にあるだろう。

reunion

beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem」に初収録。

13 DistorteDを最後に、曲の提供が途絶えていたTatshIIDX復活曲。XepherSphereにも通じる、サイバーRPGな感じの曲調。ジャンル表記はサイバーワルツなのだが、実は曲中で三拍子になるのは一部だけである。

Another譜面では、曲が始まっていきなりX譜面、中盤でX譜面えるXX譜面、全体的に押しにくさ抜群の中、定期的に押し寄せる局所難、そして曲の全押しと、あまりにもTatshすぎる譜面で復活を強アピールした。

その他の音楽ゲーム楽曲

BEMANIシリーズ
太鼓の達人 (世阿弥名義)
太鼓の達人(Tatsh名義)
ミュージックガンガン! (世阿弥名義)
GROOVE COASTER 
CROSS×BEATS (Tatsh名義)
Cytus(Persona名義)
DEEMO~ラスト・リサイタル~(Tatsh名義)

その他の楽曲提供作品

ゲーム(音楽ゲーム以外)

アニメ

関連動画

Tatshの楽曲を用いた伝説MADも少なくない。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/tatsh

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Tatsh

664 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 15:04:45 ID: 6nqKTI2yw+
一度戻って来たと思ったらNAOKIと一緒にまた他所へ逃げといてそんなことされたらそらオファーしませんわ
665 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 22:03:25 ID: L06wEEAUGW
譜面解説の一行おかしいやろ
GENOCIDESphere(DPA)にもX字配置はいしreunionはX字配置以上の難所があるし
者の鼓動譜面Tatsh制作ではないだろうから記事に乗せるのは不適切では
666 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 09:57:28 ID: samiigjFlA
またTearsシリーズ薔薇覚醒とかのtatsh×彩音ハードロック聞きてえなあ...。
667 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 14:48:52 ID: L0qe+T4LnE
CHUNITHMからの移植ではあるけどBEMANITatsh曲きたね(Xevel)
668 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 19:21:02 ID: wN6k7u2H3Z
あんまり言いたくなかったんだがDJ YOSHITAKAと仲悪いよねこの人。
DJ YOSHITAKA制作やってるときは曲提供できてない。

HAPPYSKYDistorteDの頃はTatshiidx制作に関わっていたから物凄いいてたけどYOSHITAKA制作に関わりだしたGOLD、TROOPERSEMPRESSSIRIUSTatshの曲提供が【1つもない】。

Tatsh提供できず日は流れついにRESORTANTHEMYOSHITAKAからL.E.D.制作バトンタッチ、なんと途端に2曲提供されたのである。
これはもう意図的というかやはりそういう事なんでしょうね、と。

お互いNAOKIに才を見出されてのbeatmaniaデビューだったからXepherで一気に開したTatshにはYOSHITAKA嫉妬心もあっただろうにせよ流石に露すぎるというか、まあ結果Evansみたいな曲を乱発するようになったわけだが。
669 ななしのよっしん
2019/03/09(土) 17:23:39 ID: L06wEEAUGW
GOLDTatsh応援歌であるWith your Smileを収録してるし
ディレクターやってた初代リフレク透明なエモーション収録してるしで
交流してる様子がいから仲良くはいんやろが特別悪いって事もいやろ
670 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 15:53:55 ID: Q2Wd7l8VhZ
グルコスとか太鼓で新曲が出て、それをBEMANIプレイヤーが聞いた時に
「良い曲だね」と思う人は一定数居ても「なんでこれがBEMANIで遊べないんだ悔しい!」という反応にまではあんまり発展しない感じが
もう従来のファン以外からの需要が大していのを明している……

96ちゃん第六天魔王とか天下統一録とかギタドラ民が聞いたら血涙流して欲しがるレベルだけど
それとべるとXevelがボルテに入った時に「弐寺にも移植してくれよ!」とまではならなかったり
後はXevelもそうだけどBEMANI復帰待望論が出る時に「○○移植してくれ」じゃなくて「新曲くれ」って意見がほとんどなのは
裏を返せば「今まで他社に出した曲は要らんけど新曲ならワンチャン神曲になる可性が」っていう幻想に囚われた結果の意見にも見える
671 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 05:47:29 ID: 7u0lD7AFZI
>「なんでこれがBEMANIで遊べないんだ悔しい!」という反応にまではあんまり発展しない感じが
いやグルコスTECHNO COMPLEX寺にめちゃくちゃ欲しいけど
そう思ってるのはだけかもしれんけど
672 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 14:41:50 ID: /T8KtC89Cn
https://twitter.com/nidhogetter/status/180601630624989184exit
こんなことがあったってマジ
すげえおぞましい話なんだが・・・
673 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 23:04:09 ID: L06wEEAUGW
マジやぞ
弐寺SDが死ぬほどかれる時代だったってのもある