今注目のニュース
地球上で一番生命の少ない場所は?生物が住める限界を調査(エチオピア・ダナキル砂漠)
有村藍里が全力で顔を潰した写真公開 「心を潰さないように」と心配の声
夜になると風が弱まるのはなぜ? 気象予報士の解説は...

ゴーシュ(遊戯王ZEXAL)単語

ゴーシュ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(63)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゴーシュとは、遊戯王ZEXALの登場人物である。

概要ってのはノリが大事だぜ

ゴーシュ

遊戯王ZEXALに登場するキャラクター
CV四宮豪。幼少時は山中真尋
未来都市ハートランドの統治者Mr.ハートランドの側近で、大柄でリアリストっぽい引き締まった体格と、チームラグナロクドラガンを彷彿させる髪型モミアゲが特徴の男。「ノリ」が口癖で、口癖のみならず彼の性格や生き様を現す言葉にもなっており、物事も本来の的以上にノリを重視する。
トドのつまりがノリのいい熱血という事で、口調こそ粗暴であるが上述の口癖も含めてなかなかに面い人。
ちなみに同じくMr.ハートランドの側近として行動を共にする仲間にはカイトドロワがいる。

第2部にあたる「WDC編」からの登場で、WDCの大会実行委員を務める。「WDCと言うイベントを開催することで世界中からナンバーズ所有者を集め、ナンバーズカードを集める」という的の下、表向きの役たるWDC実行委員の業務と並行してナンバーズカード所有者の調及び管理を行っている。
そのため当初は実行委員としてWDCに参加するデュエリスト達を見っていたが、遊馬と矢最豊作とのデュエルに立ち会ったときは「実行委員権限」として特別ルールバトル時に野菜を食べる)を適用するなど、やはり彼の行動はその場のノリが第一であるようだ。
テレポートで即座に姿を消す事には、既にこの時点でも突っ込まなくなったらしい。

その後徳之助がニセモノのハートピースを集めてWDC決勝大会へ行こうとするさまを看破すると、彼を処罰しようとするがそこへ割って入ってきた遊馬デュエルとなり、ここで遊馬ナンバーズ使いである事を初めて認識する。
そして遊馬に敗れた彼は「1人のデュエリストとして、カイトを出し抜いて自分が遊馬を倒す」事を誓うとWDC実行委員を辞め、何とWDCデュエリストとして参加する。ドロワと共に3日からの参戦にも関わらず、ハートピースを集めて決勝大会まで勝ち進んだ。
付け加えると、遊馬とのデュエル以降もハルト誘拐(この時遊馬に○間を蹴られる不運に見舞われたが)やらWDC決勝におけるデュエル・コースターの一件やら、遊馬とは度々顔を合わせたり意気投合する機会が多かった。特に後者は「を最初に倒すのはだ、お前らやらせはしない」というライバルキャラテンプレのような熱い展開でアンナ共々遊馬に加勢すると、フォール・ガイズの3人組を遊馬と共に撃破、遊馬危機を脱する一助となってみせた。

デュエルというものをな行為として捉えており、それを不正行為で汚す者を見ると相手が子供であろうと容赦なく処罰する。ちなみに徳之助に対して彼が下した判決は『デッキ没収・大会参加権の永久剥奪・ハートランドからの追放フルボッコにする』というもので、明らかにやりすぎではないかと思えないでもないが、それだけ彼が重度のデュエル脳であるデュエルに対して並々ならぬ思い入れがある、という事だろう。
しかし決勝戦でアンナが同じような違反行為を行った際は上記のケースと違って、特に彼女に言及する事もかった。やはりノリが重視なのか、それとも徳之助の一件は運営委員の仕事と割り切っているのか。
またデュエリストとしても、遊馬敗北したときは潔く負けを認め「次は必ず勝つ!」と強く宣言したり、その後WDC実行委員を辞めて自らWDCに参加した際には奥平風也とのデュエルを経て彼の戦いぶりに敬意を表するなど、その心意気はデュエリストである。
もっとも上であるMr.ハートランドに報告すべき事を報告しないとは、社会人としてはいかがなものか。
デュエルでは「バウンサー」と名の付くモンスター群を使用するが、これはMr.ハートランドから与えられたカードで、WDC実行委員を辞めた後は彼の本来の使用カードである「ヒロイック」と名の付く戦士モンスターで構成されたデッキを使用する。いずれにしてもパワーデッキであり、彼らしいノリカードといえる。

Mr.ハートランドの側近としてドロワカイトとは行動を共にするが、彼にもやはりカイトと似たような過去や経緯があったのだろうか。またストーリーが進行するにつれカイトドロワと同様にゴーシュ過去も少しずつられており、どうやらドロワとは幼少時から行動を共にしていたらしいが、兄妹姉弟?)なのか家族なのか、両者の間柄についても現在は不明のままである。
だが後述の遊馬とのデュエル時に「遊馬デュエルした事で本来のノリを取り戻せた」という旨の発言をしているため、回想内の描写と合わせて考えると自ら望んでMr.ハートランドに仕えているわけではないと推測される。

WDC決勝戦へ勝ち進んでもなお、前述の通り遊馬と意気投合する場面が多く、フォール・ガイズの一件以外にも互いに協し合う場面がちらほら見られ、やがては第59話にて視聴者達の予想通り遊馬デュエルを果たす。
満足タウンっぽい雰囲気に定評のあるキャニオンフィールドにて小細工も心理戦も一切しの正々堂々たるデュエルを望むゴーシュは、開幕と同時にの息同然の遊馬ライフを「カードがドローしたかっただけ」とづきながらも回復してくれるファンサービス大盤振る舞いを披露。鉄壁ライフ法則を崩したかったわけじゃないよ。多分。
しかし先のライバル達の闘や、その彼らを取り巻く運命などを見てきた遊馬は恐怖心から本来のノリデュエルする事ができず、ゴーシュ遊馬が本当の自分のノリデュエルしない事に苛立っていき、デュエルと並行しながら「はそんなデュエルがしたかったんじゃねえ!」と遊馬を怒鳴りつける。
ゴーシュの叱励もあってようやく本調子ノリに戻った遊馬だったが、それと同時にコースターは彼らを乗せたまま転落する。放送されたのは6月で、年末じゃないよ。そして舞台は「夕日決闘場」という新たなフィールドへと移り、互いのエースモンスターH-C エクスカリバー VS No.39 希望皇ホープ」の一騎打ちとなった末、敗れる。
決着後は「自分のデュエルを存分に楽しんだ」と、フィールドフィールドだけに満足しきった表情で自身のエースモンスターH-C エクスカリバー」を遊馬へ託し、互いに健闘を称えあったのち握手を交わすのだった。
(もっともアニメH-C エクスカリバーの場合はライフ500以下にならないと攻撃できないデメリットを背負っている為、CNo.39 希望皇ホープレイを差し置いて遊馬が見せ場を用意してくれるノリかどうかは少々怪しいのだが。
・・・と思われたが、WDCラストカイトとのラストデュエル遊馬に召喚され、戦として活躍。よかったね。)

その後WDC完結ストーリーバリアン七皇に関わるようになると長らく姿を現さなくなったが、続く103話にてドロワと共に久々の登場。覆面のプロデュエリストとして活躍、デュエルを通して子供達に夢を届けるために奮闘していた。「貧しい環境の中で、かつて希望を与えられたのがデュエルだった」との発言から、彼がデュエル視するのも幼少時の環境によるものだったらしい。そのため、今度は自分がデュエルを、そして希望子供達にも届けるためにプロデュエリストとなる事を決めたようだ。(ちなみに相棒ドロワは、タッグデュエリストではなく彼のマネージャーを務めている。)
しかし、復活を果たし遺跡のナンバーズを手にしたアリトによって例によってRUM-バリアンズ・フォース」のカード洗脳されてしまい、ナンバーズNo.54 反骨の闘士ライオンハート」を与えられるとアリトタッグを組んで遊馬ドロワコンビデュエルを行う事になる。
デュエルではアリトから与えられたカードや遺跡に封印されていた「No.54 反骨の闘士ライオンハート」を使用、アリトの策略によって何度倒されても復活する過労死使い捨ての駒同然のデュエルを展開して遊馬ドロワを苦戦させたが、ドロワの戦術によって少し洗脳から解けた事で熱いハートを取り戻したゴーシュ遊馬と再度のっ向勝負を仕掛ける。これを見たアリトデュエルの邪魔に入るも、最後にゴーシュ遊馬文字通りのダブルパンチ叩き込み、アリトを倒す。
決着後、洗脳が解けたゴーシュ遊馬と同行を申し出たが、「子供達のヒーローであってほしい」という願いを聞き入れたゴーシュナンバーズ探索のを断る事を決め、プロデュエリストとしての生活を続ける事となった。

その後、バリアン七皇全員集結した事で遊馬たちの世界へ侵攻を開始した124話でドロワと共に再登場、同じ熱血同士ノリや波長が合うという事なのか遊馬達を追跡するアリトに対して野球ボールノック同然にかっ飛ばすと、アリトの足止めのためにデュエルを開始する。
(ちなみに相棒ドロワは別行動で、こちらはドルベデュエルしている。) 

 

名前の由来は、「左」を意味するフランス語gauche(ゴーシュ」であるか。ちなみに彼の相棒である ドロワの名前は「右」を意味するフランス語droitドロワット)」が由来と思われ、両者は対の関係になっている。

ニコニコ動画のノリでは?

上述の通り「見たリアリスト、しかし中身は気のいい兄貴分」というキャラクターに加え、遊馬とは小細工ナシの直球勝負なノリで意気投合する場面が見られるなど、「遊馬ライバルキャラ」とされているシャークカイト以上にライバル的な要素が多いため、彼らとは別に視聴者達からは高い人気を獲得している。そのため、「遊馬の一番のライバルは?」という話題になると恐らくはゴーシュの名前を挙げる人も少なくないのではないだろうか。
しかし、第53話にてなんと彼がドロワ共々19歳であるという驚愕事実が判明、多くの視聴者が衝撃を受けた。まあこちらについては、ジャック・アトラスという前例がいるし・・・
また、続く59話で遊馬と2度デュエルを行った時はフィールドフィールドだけに満足タウンをどうしても彷彿させられるばかりか、最終局面に至っては同編ラストの「鬼柳VSロットン」なノリを思い出させられる描写も見え(そりゃあもう、夕日決闘場という舞台に加え遊馬が「ガガガガンマン」を召喚しているし)、視聴者達が大いに盛り上がった。
また、コースターが転落する際に一だけギャグ調なタッチに変わったり、ハルトの一件では上述の通り遊馬股間を蹴られるなどシリアス展開とギャグ展開を両方担当できるキャラクターでもあり、本作では結構しい立ち位置の人物となっている。

と、ここまで書くとカッコよくてノリのいい快な人物、という評価でまとまるのだが、そのやけに筋肉質(ガチムチ)な容姿から一部ではホモネタの対にされてしまってもいる。上記の内容と違い、これらの類のネタは嫌悪感を催す人も少なくないので掲示板動画コメントなどでは空気を読むように務めたい。
空気を読めない野郎はゴーシュフルボッコにされるぞ。
あの時「何ならがその口に突っ込んでやろうか!」とか言わなければ、きっとこんな事には・・・

動画なんてなァ!ノリで見るモンなんだよ!

ニコニコ市場はノリが大事だぜ


コミュニティなんてノリで入会すりゃあいいんだよ!

ノリのいい関連項目じゃねぇか?

一般項目

使用するカード

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/17(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/17(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP