今注目のニュース
大阪エリアの「終電」事情 2月21日には注目の「実験」も
加藤紗里、逆バレンタインが豪華すぎる フィフィも「クレオパトラみたい」と反応
外出中、スマホに届いた『SOS』のメッセージ!なのに、なぜか笑ってしまう理由とは?

サンジェルマン伯爵単語

サンジェルマン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サンジェルマン伯爵とは、歴史上存在したと伝えられている人物である。

概要

18世紀のヨーロッパ実在したという多き人物。
突如現れて頻繁に宮廷へ出入り、フランス国王ルイ15世に取り入り、ボンパドゥール夫人の絶大な信頼を得て、魔術師としての地位を確固たるものとした。

伯爵がいつどこで生まれたかは判明していない。 諸説あり、ハンガリア出身でスペイン皇妃マリーアンヌ・ド・ヌブールとユダヤ系の貴族メルガル伯爵の私生児等とも。しかしいずれも噂の域を出ていない。彼に関する多くの情報に正確な記述は存在せず、今なおベールに包まれている。

伯爵化学に長けており、ピアノや絵画などの芸術方面にも通じ、あらゆる言マスターしていた。確認出来るだけでもギリシャ語ラテン語サンスクリット語アラビア語中国語ドイツ語イタリア語英語ポルトガル語スペイン語などが挙がる。
しかも絵画の腕たるやプロも舌を巻くほどの腕前であった。ヨーロッパ歴史にも詳しい博識ぶり。どこか人を惹きつけるカリスマも備わっていたという。まさに完璧超人と言う他ない。

サンジェルマン伯爵にわる伝承はというと、名状し難いものばかりであった。

不老不死

伯爵の逸話の中でも代表的なものが錬金術不老不死である。 彼はその身一つで悠久の時を生き、死を越した存在と自称している。 しかしこれはただの法螺話としか思われていなかった。実際、陰ではイカサマ師などと陰口をたたかれていたようだ。

だが、この突飛な不老不死説は、彼の死後に微かな真実味を帯びた話にも変わる。なにせ歴史に名を残す複数の著名人言もあり、更に「フランス革命」の影にも少なかれ関係してくるのだ。

伯爵を知る者達の“不老”の言を一部抜すると、 作曲ジャン=フィリップ・ラモーが「数十年経っても容姿が初めて会った1710年と変わらなかった」という。 同じ年に会ったフランスジェル伯爵夫人も、約40年後に容姿の変わっていないサンジェルマンと会ったらしい。
不死の伝説は、彼が没した記録が残っている時期からが本領と言えるかもしれない。

タイムトラベラー?

神話の時代、今の時代じゃりえない話をまるで見たようにるものだから、現代に残るサンジェルマン伝説にはタイムトララー説まで付随している様子。

証言

不老不死を裏付ける伯爵の従者の言も突飛したものであった。
集会の席に出るたび決まって 「自分は四千年生きている」 と、あまりにもぶっ飛んだ事を言うものだから、 「おまえの人は嘘つきだ」 と、ある男が執事に言い放った。

しかし、その執事言も中々にぶっ飛んでおり、

「その点につきましてはわたしの方が存じております。伯爵にでも自分は四千年生きていると仰います。」

わたし伯爵に仕えるようになって未だ100年しか経っていません。わたしがこのに参りました時、伯爵は自分は3000年生きている、と仰ったはずです。」

伯爵は勘違いして900年余計に数えていらっしゃるのか、それともをついていらっしゃるのか、その辺のところ私には分かりかねます」

と、突っ込みどころ満載の発言で返したらしい。

また、このようなエピソードも残っている。
伯爵ローマシーザーの話をまるでそので見たように話すものだから、ニコラシャンフォール氏は気になって お前人は本当に2000歳なのか」伯爵の召使いに尋ねる。すると召使いはこう答えた。

「お許しくださいませ、みなさま。私は伯爵に仕えるようになって未だ300年にしかならないのです。」

外側の者からしてみれば、伯爵はさぞ奇人変人の集まりに映った事だろう。

錬金術

錬金術師であったとわれる。不老不死であり、ダイヤの瑕を治す術も会得していた。
中でもルイ15世のダイヤの瑕を取り除いた話は有名である。

伯爵クリスチャンローゼンクロイツを開祖とする有名な秘密結社「薔薇十字団(ローゼンクロイツ)」の一員と見られている。
薔薇十字団は中世ヨーロッパより存在しており、死や病からの救済を教義とし、その術として「錬金術」に精通し、中世ヨーロッパの思想統一を掲げて世界連邦した革新的な団体である。

余談ではあるがカリオストロ伯爵は、アルトタスなる人物に錬金術を師事していた。このアルトタスと、有名な錬金術師であるサンジェルマン伯爵とが結び付けられる事もあるようだ。

密使

伯爵はルイ15世にシャンボールに住む事を許可され、研究室を与えられただけでなく、私室に自由に出入りする事まで許されていたとう。
これは破格の待遇であり、様々な憶測を呼んだが、中でも伯爵ヨーロッパより遣わされた薔薇十字団の密使だからというのが有力説である。

外人でありながら、外交(和交渉)で外へ赴く事の方が多かった。 これを快く思わない者もおり、外務大臣のエティンヌフランソワ・ド・シュワズール公爵などは彼を失脚させようと企てた程だった。
しかし陰謀は一度失敗に終わっている。実際のところサンジェルマンは王の密使という説が強く、少なくともルイ15世とシュワズール公爵の思惑にすれ違いがあったのは確かである。

1760後年には遂にスパイ嫌疑(保守の陰謀である)をかけられフランスを追放された。その後ロシアに渡って「ヴェルダン伯爵」と名乗り、エカチェリー2世を擁するクーデーターに手を貸したとも。

1777年にドイツのヘッセン・カッセル邸で死去。 しかしドイツのエッケルフェアデ教会の記録には、「1784年2月27日死去、3月2日埋葬」という記録が残されている。
だがその死後も、伯爵の存在を確認した者が絶えなかった。フランス革命期より少し前、マリー・アントワネットにあてた手紙があった事などが有名。

関連する架空のキャラクター

上記のようにめいた人物であったため、多数の創作作品の登場キャラクターモデルとなっている。

関連項目

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2017/08/09(水) 11:10:09 ID: 4Z1NE8qwKL

    シンフォギアのも追加で

  • 10ななしのよっしん

    2017/08/13(日) 20:10:39 ID: HZ8xYWc+7R

    Dグレの千年伯爵

  • 11ななしのよっしん

    2018/11/13(火) 02:05:51 ID: r1KPQQwRbH

    たしか絶望先生作者がこの人物を役にした漫画書いてたな

急上昇ワード

最終更新:2020/02/18(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/18(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP