今注目のニュース
山里亮太、“蒼井優との写真”身内が売ったと断言
時速193キロ! チーターを超える陸上界最速の「アリ」が発見される
今から対策!ボケないために積極的に摂取すべき食材とは?

ブルーノ・フォン・クナップシュタイン単語

ユウシャオウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

勇者王ブルーノ・フォン・クナップシュタインBruno von Knappstein der Bravekönig)とは、「銀河英雄伝説」に登場するCV.檜山修之である。 しかし、とりあえず勇者王についてはこの記事ではに退けておくことにする。

概要

ヘルムート・レンネンカンプの分艦隊指揮官から転じてラインハルト・フォン・ローエングラム直属の部隊を率いることになった若き大将級の提督の一人。艦隊旗艦は<ウールルーン>。OVAではみがかったに生な(悪く言えば神経質そうな)外見の青年

同じレンネンカンプ麾下の出であるアルフレット・グリルパルツァーとともに「次代の双璧」として期待をかけられていたが、不運にもロイエンタール叛乱事件に巻き込まれ、戦場に命を落とすこととなった。

経歴

原作での初登場はグリルパルツァーと同じく第二次ラグナロック作戦より。旧レンネンカンプ艦隊を二分した片方の指揮官大将として登場した。OVAでは、レンネンカンプの葬儀直後にグリルパルツァーってミッターマイヤーに復戦を願いでたシーンからの登場となっており、ラグナロック陽動作戦での台詞での言及を除けば、同作戦レンネンカンプの参謀長として既に登場していたグリルパルツァーべて遅くなっている。

マル・アデッタ域会戦では前衛にあり、敵後方への繞回運動を開始したファーレンハイト艦隊の行動を隠す陽動として後退するグリルパルツァー艦隊に代わって回廊内に突入した。しかし狭い間の中、精確な射撃で帝国艦を屠る同盟軍に前進を阻まれることになる。ファーレンハイトが繞回を果たし、同盟軍が回廊回して帝国軍後方に向かった際これを追えば同盟軍本隊の後背を衝けたはずだが、同盟軍本隊が退いた回廊内には機群が広がっており、これに時差をつけて爆発させる戦法への対処に追われたためについに彼は回廊突破を果たし得なかった。

その後OVAでは回廊決戦にも顔を見せているが、こちらでは立つ活躍は挙げていない。その後、新領土総督府の成立に伴いグリルパルツァーとともにロイエンタール元帥の麾下に入る。

ロイエンタール叛乱事件においてははじめロイエンタールに従うことを拒否し官舎で軟禁状態に置かれていたが、ウルヴァシー事件の調の後戻ってきたグリルパルツァーに誘いこまれ、結局戦闘中の裏切りで戦功を挙げることを前提にロイエンタールの麾下で戦うという過ちを犯してしまう。しかし、この過ちが表に出ることはついになかった。

第二次ランテマリオ会戦の中盤、11月29日6時9分。ミッターマイヤーの猛攻の前に戦線を維持し得なくなった彼の部隊はく間に崩壊。彼の旗艦<ウールルーン>も敵弾の直撃を受け、撃沈されたのである。

「ばかな……こんな、こんなばかな話があるか!!」[1]

彼は、「この内戦において、もっとも採算(わり)に合わない死に方」をすることとなった。彼は裏切りを決意しつつも、ついに実行することも出来ず、不本意にも宇宙に散ることとなったのである。

しかし、皮にも彼の名誉はその死によって救われることとなる。
後に裏切りを実行したグリルパルツァーは二重の背信を咎められ後世にその汚名を残すことになったが、戦死したクナップシュタインは階級の剥奪すら行われずにすんだのである。そしてグリルパルツァーの裏切りの際、もっともに反撃したのがクナップシュタインの死を悼む部下たちであったことも、また皮かもしれなかった。

部下

名有りの部下としては、参謀長ヴィーゼンヒュッター少将と副官レーゼ大尉の二名が存在する。
いずれもOVAオリジナルで、ヴィーゼンヒュッターは灰色をした壮年の、レーゼルは黒髪の若い軍人である。 

経歴の項でも書いたように、官の決断を知らなかった部下たちは彼の死後のグリルパルツァーの裏切りに反感を抱き、突然の背信命混乱するグリルパルツァー艦隊に強かな打撃を与えた。このことは、クナップシュタインが部下の士心を得ていた拠といえる。

能力と人格

彼はヘルムート・レンネンカンプの部下として出世してラインハルト麾下に転じた新進気鋭の提督であり、レンネンカンプの教えに忠実な正統派の用兵であると評される。

明確な参加戦闘が少ないゆえ、その実の程について具体的に原作で触れられることも少ないのだが、例えばマル・アデッタ域会戦でファーレンハイトの行動を隠す陽動として動き、呼応して戦う役を任せられたことは用兵としての重な経験になるだろう、とされており、彼への評価のほどがえる。また、回廊突入時に敵の集中射撃を受けて混乱したものの艦隊の秩序を失わずに持ちこたえることができていた点も、「むしろ非」と評価されている。

OVAでは彼の揮する描写が増量されており、死の間際にミッターマイヤーの猛攻にさらされた際、戦速度の圧倒的な差によって戦線を維持できず混乱している中でも「各部隊ごとに100単位の小集団にわかれて密集隊形を取り、連携しつつ敵の分断を図れ」と具体的なを発している姿が見られる。もっとも、艦隊を再編しようとするその努も虚しく、偉大すぎる名将の前に彼は命を落としたのであるが。

僚友グリルパルツァーとは「次代の双璧」として期待される仲だが、互いをライバル同士として見ていた節があり、OVAでもグリルパルツァーとの競争心を思わせる台詞を放っている。しかし、同じ立場の人間として共に行動していることも多く、裏切りを使嗾された時など、「なにしろ、卿とちがって、おれは学者。あまり複雑な理論は、理解しかねる」などと皮を言う場面も見受けられた。ところで一応「フォン」がついてる人が民相手に自称学者ってどうなの、って思ったけど、食い扶持稼ぐために軍人やってるって言してる貴族出身の上級大将がいたから何の問題もなかったよ

人格的にはいささか清教徒的なきまじめな性格」と評される。
その生さゆえにグリルパルツァーの誘いで裏切りを決断した後もその行動に釈然としない思いが残り、を発揮しきれずに戦死することになってしまったのである。そもそも誘いを受けた時点でも「ほかに選択の余地もないように思えた」ために同調することになってしまったという経緯があり、グリルパルツァーへの同調という形であったために戦闘中いつグリルパルツァーが裏切るのかと気に掛け続ける羽になってしまうなど、彼には決断しきれない優柔不断さがあったとも言えるだろう。

越者と人間と、その双方にむけてクナップシュタインは絶叫した。時不幸性にみちている。積極的な叛逆者でもなく、それにたいする積極的な背信者でもない彼が、なぜこんな意味な戦いで、よりもさきに死ななくてはならないのか」という彼の叫びは、彼という人間自体を徴するものであったかもしれない。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *OVA96話「に生き……」より

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP