今注目のニュース
不具合続きの『ポケマス』再び謝罪 解決策示すもプレイヤーから厳しい声
アライグマの“永久機関”が爆誕! 終わらないアライグマたちの走りに「ループでずっと見てたい」の声
押入れ開けたらドラえもんがスヤスヤ、夢の布団収納ケース登場 四次元ポケットや赤いしっぽも再現

マナレジ単語

レジマナ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マナレジとは、アニメドキドキ!プリキュア』の登場人物、相田マナキュアハート)とレジーナカップリングの通称である。

概要

12話のラストから登場したレジーナは、キングジコチューだけあってか、欲しい物は何でも手に入れたがる自己中でわがままな少女だった。

そんな彼女の前に現れた、キュアハートこと相田マナ。他のプリキュア3人がレジーナを敵と見なして警する中、純笑顔を見せたり、アイちゃんレジーナに懐くのを見たマナは、レジーナが根っからの悪い子じゃないと思うようになる。

レジーナの方もマナのことを気に入り始め、マナを独り占めしようとしてたびたび騒動を起こすが、いつしかマナと本当の友達になりたいと思うようになる。しかし、ロイヤルクリスタルを手にした途端く変化するなど、レジーナは良い子になったり悪い子になってしまったりと、一進一退が続いて2人の距離はなかなか縮まらない。

 

ある日、山でプリキュアジコチューが戦った時のこと、琴の攻撃でクレバスが発生し、レジーナはその裂けに転落(なぜ飛ばなかったのかというツッコミしで)。助けようとしたマナも一緒に落ちてしまう。2人は何とか助かり、の色が元に戻ったレジーナは、かつて勝負に負けてクリスタルを渡す約束を破ってしたことをマナに謝り、思いが通じたことを喜ぶマナ彼女を抱きしめる。駆けつけた他のプリキュアにも謝罪して仲直りしたレジーナだったが、その矢先、ジコチュートリオに氷漬けのアン王女ごと連れ去られてしまう。

キングジコチューの元へ引き出されたレジーナは、これ以上プリキュアと戦うことをやめるように懇願するが、キングジコチューはこれを拒否しただけでなく、レジーナを奪わた挙げ句拘束される。レジーナアン王女を救うためにトランプへやって来たプリキュアジコチュートリオたちとしいバトルを繰り広げ、マナレジーナを救おうと単身向かってレジーナと再会する。しかしそれは、レジーナを囮にしてマナを倒そうとするベールだった。2人は溶岩のに落とされそうになるが、助かる手段は頼りなげなたった1本の蜘蛛の糸、それも1人分の体重しか支えられない。マナとの出会いでを知ったレジーナは、マナを助けるためマグマへ身を躍らせた。「マナ・・・大好き」の言葉を残して・・・。

しかし、マナはそんなバッドエンドで終わらせるような子ではなかった。なんと足を挟みにしてレジーナをキャッチ、これぞまさに(キュア)ハートキャッチプリキュア!(違う違う)とにかく、蜘蛛の糸が切れたら別の手段を使って2人一緒に助かる方法を見つけるというポジティブ思考で、この問題を突破。同時にレジーナも戻り、怒り狂うキングジコチューに、マナレジーナは名画「卒業」のようなの逃避行で、トランプから脱出したのであった。

 

元の世界に戻ったマナ達一行。身寄りのレジーナを、マナは自分の家族として受け入れ、マナの両親・祖レジーナを快く歓迎する。家族の温かさに触れ、は一緒のお布団。まさにラブせつの再来ともが思った・・・が、親の情を知らないレジーナは疎外感が生まれ、かえって寂しさを感じてしまう。皮にも、マナの親切が裏に出てしまったのである。

そんなレジーナにつけ込むかのように、幻影とは言えキングジコチューが自ら乗りだし、泣き落としにかかってレジーナの心を揺るがした隙に、大量のジャネジーをレジーナに植え付ける。洗脳されたレジーナは再び悪に戻ってしまうが、マナはどうしてもレジーナを攻撃できない。している間にレジーナの攻撃を受けたマナ変身が解けてしまい、駆けつけたキュアエースレジーナを撃退する。しかし、レジーナ憎しみで「絶対に許さない!」と言い残し、キングジコチューに奪還されてしまう。後には、泣き崩れるマナの姿が残された

それまでどんな困難にもへこたれなかったマナだったが、この一件で遂に心が折れてしまい、二日間も部屋に籠もったまま食事も取らず、レジーナの幻覚を見てしまうほど心身ともに衰弱してしまった。キュアエースが活を入れてくれたおかげで事立ち直ったものの、肝心のレジーナキングジコチューによって深い眠りに就かされ、物語から一旦退場となる。

 

マナレジーナの心は通じ合うと思えば、何度もすれ違うなどなかなかうまくいかず、多くのファンをヤキモキさせた。山の和解~マナレジーナキャッチとドキプリ2021話は非常に熱い展開が続き、先述の通り、フレッシュプリキュア!桃園ラブ東せつなイース)のように敵から味方となって、レジーナが5番プリキュアが予想した人も少なくなかったと思われる。

しかし、プリキュアオールスターズであるお方が「世の中そんなに単純じゃないよ!」と言ったように、そう簡単に事は運ばなかった。レジーナとの再対決は当分引き延ばしになってしまったが、プリキュアにならずとも、せめて満薫のように仲間になってほしい、そして今度こそマナと本当の友達になってほしいと、もが願っていることだろう。

16話のサブタイトルで、レジーナマナはアタシのもの!」と発言しているが、彼女の場合はヤンデレというよりは、子供特有の独占欲や幼さが強調されている(実際、マナ回想シーンで、レジーナランドセルを背負ってはしゃいでいるシーンがある)。また、山での遭難などでは百合好きな大友によるキマシタワーが相次いだという。いずれにせよ、2クールはまさにマナレジ尽くしだったことに間違いはいだろう。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 12:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP