今注目のニュース
「管理職に誰でもできる業務をさせる」のはパワハラ? 厚労省の指針案まとまる
2倍入ったルピシア「お茶の福袋」が超お得! 選べる限定品もついてくるよ。
パペットマペットの蕎麦打ちがシュールだと話題に

夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル単語

ユメタイケツトンネルズノスポーツオウハオレダスペシャル

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル」とは、テレビ朝日系列で特別番組として放送されるスポーツバラエティ番組である。

通称は「スポーツ王」、「とんねるずのスポーツ王」「スポーツ王は俺だ!」など。

概要

2000年の放送開始以降、年1,2回放送されているスポーツバラエティ番組。

正月番組として放送され毎年15ほどの視聴率を安定して記録している。放送も初期は2時間半だったが現在では5時間~6時間となっている。2012年以降は正月特番)の年2回放送。

とんねるずトップアスリートスポーツ対決するというもので、かつて日本テレビで放送されていた『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の各種スポーツ真剣対決のコーナーを受け継いだもの。
スポーツともにショーアップされた上でゲーム性を強めた独自のルールで対決する。

当然そのまま戦えば実差が出てしまうので、とんねるず側には毎回そのスポーツの得意な芸人や元プロのOB・OGが助っ人として参加、有利になる具やルールの使用(金属バットの使用やスコアハンデ)などハンデが与えられる他、「イカサマ(ズル・インチキ)」のような行為でアスリート側や視聴者を驚かせる(笑わせる・呆れさせる)のも一つの玉となっている。

対決する競技は基本的に、野球サッカーゴルフテニス卓球の5種バドミントンフェンシングなどが種になった年もある。

対決スポーツ

野球(リアル野球BAN)

東京ドーム西武ドームなど実際の野球場野球盤に見立ててゲームを行う。担当は石橋

石橋が「チーム帝京」または「石橋JAPAN」のリーダーとなって、その年日本一になったチーム侍ジャパンの面々と対決する。2009年以降は帝京高校後輩が助っ人として参加するようになり、チームを鼓舞する合言葉として『帝京魂』が浸透した。また、メジャーリーグで活躍したフランク・トーマスマニー・ラミレスが助っ人として参加したこともある。
トーマスは「増」マニーは「膝」、ともに帝京高校出身という強引な設定で)

負けたチーム土下座をしてハンデを付けた上で延長戦を行うのが通例となっている。

詳細は「リアル野球BAN」の記事を参照。

主な出演者(石橋側のみ)

詳細は「リアル野球BAN」の記事を参照。ここでは簡単な説明を記述する。

サッカー

サッカー選手相手に様々なルールで対決する。

対戦相手はサッカー日本代表の他に、世界トッププレイヤーや、なでしこジャパンなどとも戦う。

シンプルな「PK戦」以外に、サッカーボウリングをする「サッカーボウリング」やドリブルからシュートを決める「シュートアウト」、2分間に倒したボウリングのピンの数で競う「インベーダーボウリング」など様々なルールで行われる。

ただし実験的な競技も多く「タワーボレー対決」や「スカイPK」など一度きりで終わってしまった企画も多い。

主な出演者(木梨側のみ)

テニス

とんねるず松岡修造錦織圭らと共にテニスで対決する

とんねるずが不利になるにつれてOB・OGや「石橋チャレンジ修造チャレンジの門下生)」、修造錦織が対戦したことのある世界トッププレイヤーなどを次々と投入していくのが恒例となっている

石橋ミスをすることが多く修造から叱責・挑発されることが多かったが、コレが悔しかったのか猛練習を重ね、ある程度戦えるまでに成長した。

また、木特大のデカラケットで妨を試みるものの、味方のショットを妨するケース立ち、加えてデカラケットは単純に重く、試合が長引くと体が持たないということで要所で飛び出すスタイルプレイしている。

主な出演者

卓球

とんねるず卓球選手と対決する。

テニス同様、とんねるず側が不利になるとネットを動かしたり、コートを狭くしたり凸凹にしたり、ラケットフライパン羽子板に変更させるのがお約束となっている。

最近は木が「アレを使ってみよう!」と発言してからサーブする際に、大量のピンポン玉が降ってきたり、が飛び出したり、炭酸ガスが吹き出してくるなどのびっくりサーブも名物になりつつある。

主な出演者

ゴルフ

とんねるずプロゴルファーとの真剣対決。

ドラコン・バンカーショットストローク・ニアピン(ホールインワン)など純ゴルフの技術が問われる物から、風船的あてやタイムアタックなどユニークな内容。

また企画としてキャッチング対決というものがあり、コース内の池に浮かべられた浮島に立っている若手芸人やアスリートたち掛けてアプローチショットを打ち、それを浮島にいる者たちがキャッチすると言うもの。芸人たちが池に飛び込みながらキャッチを狙う姿が見どころと言える。

主な出演者

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP