今注目のニュース
雪玉じゃないよ、雪見大福でもないよ。雪と同化するホッキョクウサギのまんまるな姿
WELQ問題余波で注目の「ヘルスケア大学」が閉鎖 「社内リソースを別領域に集中」
チキンラーメンの「カルボナーラ」!?

HK416単語

エイチケーヨンイチロク

掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

HK416とは、ドイツ銃器メーカーであるヘッケラー&コッホ社(H&K社)によって開発されたアサルトライフルである。

アメリカ軍の次世代ライフル補の一つとしても知られる(ほかFN SCARH&K XM8など)。

概要

1994年の制式採用以来、アメリカ軍の制式ライフルとして知られ、M16と並んで名といわれたM4カービン

しかし年が経つうちに、諸々の事情(戦争形態の変化・国家戦略の変更など)にからんでであるM4が現状に合わなくなってきたため、アメリカ軍M4に代わって次期となる小銃を選定することになった。そこで、イギリスL85改造した実績のあるH&K社に対してM4改造良を頼むことにした。

そして返ってきたのがこのHK416である。

M4べ扱いや動作性などが優れていることから、FN社の「FN SCAR」と同じく、M4を置き換える新たな小銃の一つとして検討されている(正式な切り替えにするかつなぎ程度に考えるかはまだ検討中)。

特徴・スペック

HK416 (14.5インチ) M4カービン
全長 804~900mmmm
ストック伸縮可)
850.9mm
ストック伸縮可)
身長 368.3mm 368.3mm
重量 3.0~3.7kg 2.6~3.4kg
発射機構 ガスピストン方式
ショートストローク)
リュングマン方式
弾薬 30
5.56mm x 45 NATO
30
5.56mm x 45 NATO
有効射程 450m 500m

トータルサイズM4カービンとほとんど変わらない。ストックM4から引き続き伸縮式になっているためサイズを自分で調整でき、使用者の体格に合わせた運用を可にしている。

アメリカ軍で制式化されているマウントレールシステムピカティニーレール」を標準搭載としており、M4M16シリーズで使っていたオプションパーツをそのまま流用できる。また、カスタマイズなしのM4では機関部までしかなかったレールが身の方まで標準で伸ばされているため、作戦内容に応じたパーツ変更をM4以上に柔軟に行えるようになった。

なお大きな転換点の一つとして、発射機構をリュングマン方式からガスピストン方式に換えたことが挙げられる。

M4M16に採用されてきたリュングマン方式は、命中精度が高いといわれていたが、その代わり身を痛めやすく加熱もしやすく、適切な炸の使用やクリーニングを行わないと汚れで動作不良を起こす、といったデリケートな部分があった。 [1]

HK416ではこれをガスピストン方式に変えたことで、汚れや加熱に対する耐久性、動作の確実性を高めている。

バリエーション

身長 全長 重量 その他
HK416C 9インチ228mm) 560~690mm 3.09kg 一番短い・一番軽い
D10RS 10インチ264mm) 686796mm 3.27kg
D14.5RS 14.5インチ(368mm) 804~900mm 3.74kg
D16.5RS 16.5インチ419mm 855~951mm 3.81kg
D20RS 20インチ505mm) 941~1037mm 4.10kg 番長い・一番重い
MR556A1 16.5インチ419mm 861957mm 3.90kg 民間モデルセミオートのみ

モデルごとにバレルの長さと重量が違うほかは「使用弾薬:5.56mm×45 NATO弾 / 装弾数:(STANAGで)30発 / 動作機構:ガスピストン方式」とすべて共通の仕様となっている。

また、民間モデルは「MR556A1」となっており、バレルの長さが16.5インチとなっている。

成功の秘訣

単純に性、信頼性、耐久性を大きく向上したアサルトライフルであれば、MASADAFN-SCARXM8など多数のライバルが存在している。ではHK416が現状で、M4カービン更新・代替装備としてトップを走っているのはなぜか。

それは上の記述にあるように、米軍M4でも使用されているレイシステムアクセサリをほぼそのまま流用できること。原M4カービンであり、装備更新に際して教育しやすいこと、潜在顧客層であるM4カービンユーザーが非常に多いことなどがあげられる。

単純な性善だけではなく「今ある使用感を余り変えずに、装備を更新できる」というのが、HK416の大きな強みの一つである…本当はXM8もいい線をいっていた所を、米国政治事情で潰れたのも大きいのだが。

近年は状況次第で、殺傷や射程に優れる7.62mmNATO弾められることも多いため、HK416にも7.62mm弾に対応したHK417という、バトルライフルに近い生形も存在する。こちらは軍、警察特殊部隊が用いる他、マークスマンライフルとして使われることも多い模様である。

関連動画

ゲーム

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *M16M4とHK416の較によるものであり、HK416がどれだけ汚れても使えるということではない。また、リュングマン方式がデリケートとはいっても、一人の兵士が所持する分をえた弾数をメンテなしでも撃てるため、軍用としては問題ないレベルである。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/24(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/24(火) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP