今注目のニュース
開票前の「当選確実」は信用できるのか?―選挙速報の不思議
盲導犬のトイレ事情、考えたことあった? JR東日本が「専用トイレ」を初設置した理由
寺の自由すぎるネコ おみくじ箱に入り込む姿に「なで放題おみくじとか最高!」「ちゅーるで引きだせますか?」

JCB単語

ジェイシービー

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

世界にひとつ。あなたにひとつ。
(Uniquely Yours)

JCBとは、日本クレジットカード会社、およびその会社が提供するクレジットカードブランドの名称である。

概要

JCBは、日本ダイナースクラブに次いで日本で二番に設立された、クレジットカード会社である。三和銀行と東洋信託銀行日本信販の出資で1961年に創業しており、50年以上の歴史を有している。

また、まだブランドVISA / MasterCardも形作られていなかった1965年には、くもAmerican Expressと提携して海外旅行者向けの期間限定カードを会員に発行するなど、際展開にい段階から着していた会社といえる。

そののち設立されたクレジットカード会社、住友クレジット(住友銀行系)やダイヤモンドクレジット三菱銀行系)などは際展開にあたり、アメリカ発祥のVISA / MasterCardのいずれかのネットワークに加わることを選択した。一方でJCBは1981年日本発の独自のブランドとして際展開を図ることを決定した。

同年香港に現地法人を設立したのを皮切りに、87年にはアメリカ合衆国88年に英国89年にはイタリアドイツオーストラリアグアムへと順次現地法人を置いていき、2014年の段階では20ヶ所以上の海外拠点、1902900万件(うち日本は約700万)の加盟店と、約9000万人(うち日本国以外の会員は869万)の会員を有するに至っている。

中華人民共和国から銀聯Unionpay)が登場するまで、カードブランドアメリカ合衆国以外を発祥とするものはJCBのみであったことから、JCBはサムライカードという異名で呼ばれることがある。

またJCBは東京ディズニーリゾートオフシャルスポンサーとしても知られる。1990年代まで園内ではVISA / MasterCardなどが利用できず、JCBブランドカードのみが利用可であった。現在も園内店舗では「JCB」の文字が店内で大きく表示されている。

電子マネーとしてはQUICPayを開発し、自社発行カードの一部に標準搭載している。

2013年10月に、すでにVISAMasterCardなどが先行していたデビットカード事業に正式参入することを発表。2014年以降、千葉銀行など地方銀行楽天銀行で発行を開始し、海外でもデビットカードの発行を始めている。

また2015年6月からはプリペイドカードにも参入。コメリローソン、そしてLINEなどと提携しカード提供を始めている。

JCBカードの分類

自らブランドとなることを選んだJCBであるが、同じブランドでもVISA / MasterCardはそのブランド提供会社がカードの発行を行なっていないのに対し、JCBはAmerican Expressと同様、そのブランド提供会社もカードの発行を行う形態をとっている。

それゆえひとえに「JCBカード」といっても、以下の3種の発行形態をとっているカードが存在する。JCBというカード会社が提供するサービスを得られるか否かの違いがあるため、狭義では1.ないし1.と2.のみを「JCBカード」と呼ぶこともある。また「JCBグループ」と呼ぶ場合は、1.と2.のカード発行会社をさす。

カードタイプ 内容
本体発行カード

JCBが直接発行を行うカード。JCBがカード会社として提供するサービスを受けることができる。

フランチャイズ発行カード

JCBとフランチャイズFC契約を結んだ会社の発行するカード。本体発行のJCBカードに準じたサービスが受けられるほか、そのフランチャイズ会社が独自に提供するサービスを受けることも出来る。

JCBグループのほとんどは銀行本体やその関係会社であるが、JCB本体に次ぐ2位の会員数を誇ったさくらカードが同じSMFGのセディナと合併して消滅したため、セディナは信販系でありながらグループの一員として名を連ねている。

ただし、セディナがさくらカードから引き継いだ三井住友銀行キャッシュカード一体クレジットカードSMBC JCB CARD)は、FC契約からJCBブランド開放に変更されている。

また、三菱UFJニコスの発行するMUFGカード JCBは加盟店開放によるJCBブランドカードなのだが、現在は新規発行を停止しているUFJ JCBカードはこのFC契約カードであった。

加盟店開放カード

カード会社がJCBと加盟店開放契約を結び、「VISA」や「MasterCard」と同じようにブランドとして「JCB」を付帯させ、発行するカード。この場合の「JCB」は、JCBの加盟店で利用できることのみを示し、そのサービスカード発行会社のものとなる。

レディセゾン、オリエントコーポレーションなどがこの形態でJCBブランドカード発行を行なっている。

ただし加盟店開放カードでも、VISAMasterCardと同じように、JCBがブランド提供会社として行うサービスを受けることは出来る。海外におけるJCBプラザの利用、JCB海外お買い物保険の適用などが該当する。

またこのような事情から、JCBのCMはその自社発行カードを宣伝するものと、JCBのブランドを宣伝しているものの二種が存在する。更には、JCBのFC会社が自社の発行するJCBカードを宣伝するものも存在する。

最近の事例だと、二宮和也を起用して「買い物は世界を救う」というキャッチコピーを掲げたCMは、「JCBブランド」を宣伝しているものである。よってJCB以外にも、JCBブランドカードを発行する会社がこのCMに関するグッズを配布する入会キャンペーンを実施していたりする。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP