今注目のニュース
「ゲーム部」運営会社、メンバーの声優変更を認める
京アニ放火事件で日本アニメーション協会が「慎重かつ冷静な報道」求める Twitterではハッシュタグ「prayforkyoani」が誕生
悪を執行する『ワンパンマン』ガロウがねんどろいどで登場

SA-X単語

エスエーエックス

掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

SA-Xとは、メトロイドフュージョンにおける敵キャラクターである。

サムス、敵の概要が分かった。そいつは…君に擬態したXだ。

 「メトロイドフュージョン」に登場するキャラクター(敵キャラ)。
 惑星SR388を調中に、同惑星に棲息する寄生生物「X」に侵食されたサムスパワードスーツを緊急切除した結果誕生した生物である。

 寄生生物「X」はゲル状の体を持つ生物であり、以下の様な・特性を有している。

 サムスパワードスーツは、彼女の遺伝情報を元にしたバイオ素材で出来ている(このため、サムス以外は着用すらできない)。…この点がとなり、サムス自身はパワードスーツの切除とメトロイドワクチン(何故か冷凍保存されていたベビーメトロイド細胞から作り出された)の投与によって奇跡的に助かっているものの、切除されたパワードスーツに巣食っていたXはパワードスーツからサムスの遺伝情報読み取りサムスの能力をスーツごとコピー。ベストコンディションのサムスをコピーした最悪のXが誕生してしまったのである。
 そして保管用のカプセルパワーボムで爆破し、「メトロイドフュージョン」の舞台であるB.S.Lの中で暴れ始めた。
ちなみにサムスの元に入った「B.S.Lでの爆発」の情報は、このパワーボムの起爆によるものとされている。

 スーツの切除とメトロイドワクチンの投与により一命を取り留めたサムスであったが、彼女はメトロイドワクチンの副作用により「低温に弱い体質」となってしまった。
 つまりアイスビームは装備しようとしても体質面で拒否されるし、おまけに外部から冷凍攻撃を受ければあっさり凍ってしまう体になってしまったのである。
 一方のSA-Xはベストコンディション状態(フルパワー状態)のサムスコピーしたため、当然のようにアイスビームを装備している。

ゲーム中でのSA-Xだ。出会っても決して戦おうとするな。

 「メトロイドフュージョン」でのSA-Xは、ゲームを進めていくと「イベント」として登場する。
 基本的にはSA-Xから身を隠すためのスペースがどこかしらに用意されているが、一部例外もある。

SA-Xの怖さを説明する。

 「メトロイドフュージョン」は良く言えばストーリー重視・悪く言えば一本道で構成されている。

 言い方を変えればどんなトラウマシーンでも回避する術はない(攻略の順番が自由なら、ドッキリイベントは回避するということができる場合もある)。
 しかも概要を見れば分かる通り、こいつは要するに「捕まったら100%確実にパーフェクトに殺られる最最悪の敵」なのである。うっかり見つかったらなんとかして振り切るしかい。
 ただし、相手は「STGの自機を敵から見た場合」で言われるような、ぼくのかんがえたさいきょうのそうびをしている敵である。そう簡単には逃げられるものではない。それどころか、サムスプレイヤー)を凍らせて足止めする武器まで持っている。

SA-X、そしてXについての私なりの考察であるが…

  • SA-Xの行動には任せのものが多いように思えるが…
    →SA-X(つまりX)の行動は、初登場時にいきなりスーパーミサイルを破壊して現れるのに始まり、サムスの退路を潰すためにハッチをやはりスーパーミサイル任せに破壊する、さらに(以下ネタバレ注意)メトロイド(のクローン)を凍らせずにいきなりミサイルを当てたりとよく言えば任せ・悪く言えば頭の悪さが際立つ行動が立つ。
     これは飽くまで推測にすぎないが、サムスに擬態する際の「コピー元」がサムス自身ではなく、飽くまでサムスの「パワードスーツ」が原因だったためと思われる。
     Xがコピーしたのは飽くまで「サムスの(パワードスーツに組み込まれていた)遺伝子情報」であり、サムス本人の記憶までは持っていくことができなかった。このため例えば「ある生物」に対しては倒し方そのものを知らないので、いきなりミサイルを当てるなどの任せの多少頭の悪い行動が立ったのだろう。

     それ以外の理由としては、そもそもX自体に「理性よりも本が優先される」という側面が強いためと見ることもできる。
     例えばゲーム中のイベントの一つである「研究員を記憶ごとコピーし機器を暴走させた」理由は、機器を暴走させることによりB.S.Lの自爆装置を誤動作させることが的である。
     人間、いや知のある生物であれば明らか自殺行為であるが、これはXの敵である『第二のメトロイド』であるサムスを倒すためと考えれば、理性よりも敵であるメトロイドメトロイドワクチンを投与されたサムス)を排除するという本が優先された結果と見ることができる。(Xの仲間SR388に幾らでも居るため、B.S.Lという宇宙ステーションにいる一部の個体が消えても問題はない)ロイドを優先して攻撃する(結果的に"敵"であるはずのサムスに加担する)という行動が見られるが、これも「メトロイドのような存在」であるサムスよりも、「メトロイドそのもの」を倒すことを優先したためと見ることができる。
     以上のことを考えると、単に「宿であった上に敵・メトロイドの特性までも受け継いだサムスを倒す。以上」という本に従って行動しているだけであり、しかも単に「(相手に決定打を与えるためのノウハウまではコピーできなかったため)よくわからないとりあえず攻撃の高い攻撃を当てればなんとかなるだろう」程度の行動をしていることから、効率の良さよりも単純な破壊を優先しているだけであるためこのようなな行動をすると思われる。(その割には低温に弱くなったサムスに対して有効な攻撃といえるアイスビームを放ってくる理由は、(弾速が速いため)単純に素く逃げるサムスに当てやすい、そして「相手を凍らせて足止めできる攻撃」として選択したと見ることもできる)

関連動画をカメラが捉えていた。モニターに映す。

初登場シーンでのどアップトラウマもいいところである。

サムス、関連商品だ。
決して 購入はしないことだ。わかったな…。

セキュリティを解除し、データルームで関連項目をダウンロードせよ。

掲示板

  • 57ななしのよっしん

    2018/08/16(木) 17:36:12 ID: yLj6u463CR

    一応学習最低限持っていると思う。現にいXはサムスがバリアスーツを得るまでは容赦なく襲っていたがバリアスーツ習得後は一度襲うが彼女に冷気が通用しないと知ると今度は一散に逃げていく様子が見られるし。
    もしフュージョンリメイクが出てかつ劇中でられてた正規ルート含めた10体のSA-Xと戦える様になったとしたら倒す度に強くなっていくと願う

  • 58ななしのよっしん

    2018/09/17(月) 22:13:53 ID: PLtNww5ciC

    >>50
    雑魚キャラのナード
    自分もついこの間知ったが

  • 59ななしのよっしん

    2018/09/17(月) 22:54:17 ID: 2Iyk/4DrzQ

    上のほうにもあるけど、サムス自身に寄生してたXはワクチンで除去(=これでサムスは助かった)されてたし
    やっぱりSA-Xの擬態元は「パワードスーツに組み込まれていたサムスDNAデータ」と考えるほうが自然なんかね。スーツは付着したXごと切り取られたみたいだし
    アイスビームミサイルコンボも、メトロイドを種全体の敵と認識しているなら「冷気に弱い」と本で知っててもおかしくない
    あるいは2でメトロイド相手に戦っているサムスの様子を観察していたXが居て、そいつが広めたか

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP