単語記事: ソードスキル

編集  

ソードスキルとは、川原礫原作小説ソードアート・オンライン』に登場する一部のVRMMOゲームにおいて使用される技である。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいるかもしれません。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

SAOにおけるソードスキル

最初は小説タイトルになっている同名のVRMMOゲームソードアート・オンライン》(原作文庫1・2巻および『プログレッシブ』各巻ほか)のギミックとして登場する。

 武器スキルを習得したプレイヤーが所定の準備動作を行うことによって発動し、発動したあとは体が勝手に動いて攻撃動作を行う。その速度および威は、ふつうに武器を振るったときのものを上回る。さらに、手なライトエフェクトサウンドエフェクトも発生し、使用者の中二心を大いに満足させてくれる。
 発動すればあとはシステムが体を操縦してくれるため、自分では何もしなくても一連の動作を終わりまで行うことができるが、それに合わせて自らも体を動かすことによって速度や威をさらに上乗せすることもできる。

 ソードスキルごとに武器の種別が決まっており、規定の種類の武器以外ではソードスキルを発動させることはできない。たとえば、両手片手剣用のソードスキルを使うことはできない。
 さらに格闘ゲーム必殺技のように発動終了後に硬直が発生し、動けない時間ができる。また一度発動したソードスキルを途中で止めた場合も硬直時間が発生する。ただし技後硬直の時間は、使用者の技量いかんで短縮される(原作文庫プログレッシブ1巻13ページ)。

 ソードスキルには技ごとにクールタイム(一度使用したあと次に使用できるようになるまでの時間)が設定されており、同じ技を連発することはできない(原作文庫プログレッシブ1巻226ページ)。
 武器スキルの熟練度を上昇させると新しいソードスキルが使えるようになる。また、発動速度や射程も上昇する(原作文庫8巻395ページ)。

他のVRMMOにおけるソードスキル

 VRMMOソードアート・オンライン》がクリアされた後も、他のゲームに舞台を移して物語は続くが、それらのゲーム内でもソードスキルは引き続き使用されている。ただし、その扱いにはさまざまな違いがある。

 VRMMOアルヴヘイム・オンライン》においては、当初はソードスキル実装されていない(原作文庫3・4巻)。VRMMO《ガンゲイル・オンライン》でも同様で(原作文庫5・6巻)、これらのゲーム内では《ソードアート・オンライン》出身のプレイヤーが自ソードスキルの動作を再現している場面はあるが、ゲーム上「すごく洗練された技」という以上の意味はない。
 しかし、《アルヴヘイム・オンライン》には後に《ソードアート・オンライン》のソードスキル移植された(原作文庫7巻および8巻「キャリバー」)。この際に、各ソードスキルに炎や氷などの属性ダメージをあてはめたり、自分で新しいソードスキルを考案・登録できる「オリジナルソードスキルOSS」のシステムを導入したりといった変が行われた。

 原作文庫9巻以降の舞台である仮想世界アンダーワールド》においても、技の名前は変わっているものの、ソードスキル実装されている。この世界では、連撃数の多いソードスキルを発動するには優先度の高い(つまり質の良い)武器が必要である点が《ソードアート・オンライン》とは異なっている。また、ソードスキルの性が《心意》の影で大きく違ってくるという《アンダーワールド》特有の現も起こる。

二刀流について

 特殊な事例として、両手に片手剣を一振りずつ装備した状態でソードスキルが使用できるかどうかという問題がある。特殊ではあるのだが、主人公キリト二刀流使いであるため、作中でたびたび描写がある。
 VRMMOソードアート・オンライン》では、原則としてこの状態ではソードスキルを使用することができない(原作文庫2巻151ページ)。ただ、二刀流スキル保持者はその限りではなく、二装備状態で片手剣ソードスキルを使用した実例がある(原作文庫1巻191ページ)。
 ソードスキル実装後の《アルヴヘイム・オンライン》では二刀流スキル削除されているが、二装備状態で片手剣ソードスキルを使用することは可で、そのうえ難易度は高いものの両手ので交互にソードスキルを放つことによって技後硬直をキャンセルする「スキルコネクト」という裏技が見られる。《アンダーワールド》でも二装備状態で片手剣ソードスキルを使うことは可であり、スキルコネクトも使用できる。

 なお、小説ソードアート・オンライン』の作者川原礫の別の小説アクセル・ワールド』でもブラック・ロータスグラファイトエッジソードスキルと同じ名前の技を何種類か使用しているが、双方の作品世界の関連は不明。

ソードスキルの一覧

 ここでは原作文庫版において名称が判明している物のみ掲載する。
 ソードスキルの名称の表記にはやや揺れがあり、たとえば同じソードスキルであっても、英単2の名称では間のナカグロがあったりなかったりする(ヴォーパル・ストライクヴォーパルストライクなど)。また、一部のソードスキルの名称は漢字で表記されたりカタカナで表記されたりする。(/ツジカゼなど)。
 登場巻は原作文庫版に準拠する。『プログレッシブ』は巻数の前に「P」を付けて示す。
 片手武器のソードスキルの動作については、右手で使用した場合のものを記載する。
 同一のソードスキルであっても場面によって描写が違っているものがあるが、この場合は両者を併記する。

種別 技名 概要 登場巻
片手剣 スラン 単発斜めり。右上からり下ろす描写が多いが、左上からり下ろしているケースもある(12巻171ページ)。また、右上からのり下ろしと左下からの斬り上げの二つのバリエーションがあり、なおかつ左下からの場合は抜き打ちもできると説明されている箇所もある(11巻33ページ)。
アンダーワールドでの名称は、ザッカライト流《ソウフウザン)》。
8,9,10,11,12,14
P1,P3,P4
ホリゾンタル 単発り。右からっている描写が多いが、左手から抜き打ちで発動している箇所もある(11巻131ページ)。 8,9,11
P1,P3
ホリゾンタルアーク 2連撃。左からる→右からる。 P2,P4
ホリゾンタル・スクエ 4連撃。右からる→左からる→一回転して左からる→右から左上ると説明されているが、発動時にを左に構えるという描写もある(P4342ページ)。 1,13
P3,P4
バーチカル 単発の垂直り。を振りかぶり、振り下ろす。
アンダーワールドでの名称は、ノルキア流《(ライセンザン》。
8,11,14
P1,P3
バーチカル・アーク 2連撃。上からり下ろし→垂直に斬り上げる。軌跡はV字に似る。 10,12
P1,P4
バーチカル・スクエ 垂直4連撃。り下ろし→り下ろし→斬り上げり下ろしと描写されている箇所と(7巻144ページ)、り下ろし→斬り上げり下ろし→り下ろしと描写されている箇所がある(10巻279ページほか)。 1,5,7,8,10,14
レイジスパイク 下段突進技。を左に構え、低い体勢から10メートル突進して突く。威はあまり高くない。 1,10
P1,P4
ソニックリープ 上段突進技。約10メートル突進してる。上方向へ突進することも可。上段の技とされているが、左下から斜め斬り上げていると見られる使用例もある[1] 1,9,10,12,13,14,19,20
P1,P2,P3,P4
ヴォーパルストライク 単発重攻撃。左手を前にかざし右手を肩の上に大きく引く構えから、単発の突きをはなつ。身の倍以上の射程と両手に匹敵する威を有する優秀な技。発動時に、ジェットエンジンにたとえられる独特の効果音が発生する。 1,2,5,6,8,14,18
スネークバイト 2連撃。を左に抱えるような構えから右へり、即座に左に切り返す。 10
シャープイル 3連撃。右下から斬り上げ→左から薙ぎ払い→右上からり下ろしと描写されている箇所と(9巻340ページ)、左上から垂直り→1撃めの右側を垂直り→1撃めと2撃めの間の位置を垂直りと描写されている箇所がある(P2310ページ)。 2,9,P2,P3
サベージフルクラ 3連撃。右からり→を垂直または右上に跳ね上げて切り裂く→垂直り下ろし。 8,10
デッドリー・シン 7連撃。 7,18
ハウリングオクターブ 8連撃。高速5連突き→り下ろし→斬り上げ→全の上段り。 8
ノヴァ・アセンション 最上ソードスキル。10連撃。1撃めの上段りは非常に発動が速い。 14
ライトニングフォー 重範囲攻撃。前方宙返りして、逆手に持った下に突き下ろす。落下点から周囲にスパークが飛び散る。 8
スピニング・シールド 防御技。を体の前で風車のように回転させ、にする。 12
メテオブレイク 7連撃。使用には片手剣スキルのほかに体術スキルも必要。本文中の記述を追うと、右上から斜めり下ろし→左下から斜め斬り上げ→左肩で体当たり→右からり→右肩で体当たり→左からりで締める……となるが、7連撃のはずが6撃しかない。残り1撃については不明。 1
リニア 基本技。体の中心にを構え、捻りを入れつつまっすぐ突く。 1,17,18
P1,P2,P3
ストリーク 斜め上への突き技。 P3
オブリーク 単発下段突き。リニアーにべて攻撃範囲は狭いが、威は上。 P2,P4
パラレル・スティング 2連突き。上下二か所を突く。 17
P1,P2,P3,P4
ダイアゴナル・スティング 上下2連突き。 P4
トライアンギュラー 3連撃。実際の使用場面はなく、名前のみの登場。 P4
ドラプル・ペイン 4連撃。 7
ニュートロン 5連突き。技の出が速い。 8
クルーシフィクション 6連突き。縦に3連突き→横に3連突き。攻撃箇所が十字をえがく。 14
スタースプラッシュ 8連撃。中段3連突き→下段切り払い攻撃を往復→斜め斬り上げ→上段2連突きと描写されているが(1巻138ページ)、別の場面では撃の動作は含まれないとされ(6巻312ページ)、事実るためのがついていないエストックで使用されている。 1,6
シューティングスター 突進技。ソニックリープと同じく上方にも突進できる。 P1
フラッシング・ペネトレイター 全身からの尾を発しながら突進してで攻撃を行う最上位細技。威、貫通速度全てに優れているが発動させるには十分な助走が必要となる。 1,7,17
P3
両手 アバランシュ 上段ダッシュ技。突進してり下ろす。
アンダーワールドでの名称は、ハイ・ノルキア流《波(テンザンレッパ)》。
両手ソードスキルだが、例外的なケースとして、アンダーワールドで隻腕の士が片手持ちで発動させたことがある(14巻284ページ)。
原作でのこれまでの使用例の多くは敵側の登場人物によるものであり、その都度キリトによって防がれたり打ち破られたりしているが、本文の描写を見るとわかるように決して弱い技ではなく、むしろ非常に強な技である。
1,10,11,14,18
カスケード 単発上段り。 P4
タラクト 2連撃。 P4
サイクロン 旋回り。を右後方に倒し、るか、もしくは斜め斬り上げる。
アンダーワールドでの名称は、セルルト流《輪渦(リンカ)》。
10,11,17,18
バックラッシュ 単発技。敵に右の背中を向けた体勢から、反時計回りに回転しつつり。
アンダーワールドでの名称は、バルティオ流《逆浪(ゲキロウ)》。
14
トーレント ノックバックスキル。柄での打撃によって相手を弾き飛ばす。 18
ファッドエッジ の連続技。 2
ラピッドバイト の中級突進技。 2
リーバー 片手用曲の基本技。を振りかぶってる。 1
フェルクレセント の上位スキルである突進技。4メートル距離を0.4秒で詰めて撃をはなつ。原作で一番最初に登場するソードスキル 1
トレブルサイズ 3連続範囲攻撃。こまのように回転しながら左から右へ3回る。 P2
カタナ (ツジカゼ) を左に構えた体勢から放つ居合い技。居合いとされているが、に納まっていない状態からも使用されている(P1140ページ)。また、直線遠距離技とも呼ばれているが、どの程度の射程があるかは不明。 8
P1
(ゼックウ) 単発技。を左に構えた状態から振り抜く 14
浮舟(ウキフネ) 両手で持ったを地面すれすれから高く斬り上げる。相手を中に打ち上げることができ、スキルコンボの起点となる。 P1
幻月(ゲンゲツ) 単発技。同じモーションから上下ランダムに発動する。ただし、使用者の任意で上下を決定できるかは不明。技後硬直が短い。 P1
緋扇(ヒオウギ) 3連撃。上下の連撃→一拍溜めて突き。 P1
(ツムジグルマ) 重範囲攻撃。垂直にジャンプして体をひねる→着地と同時に周囲360度を薙ぎ払う。 17
P1
片手 ダブルクリーブ 2連撃。本文には「が二回転」するとあるが、具体的にどのような動作なのかは不明。 P2
両手 ワールウィンド 多段ヒットソードスキル。本文にはが「旋のように回転する」とあるが、具体的にどのような動作なのかは不明。 1
クロー アキュート・ヴォールト 突進技。縦回転しつつ突進して切り裂く。 P4
シングルシュート 基本技。 1,8
体術 打(センダ) 基本技。拳で相手を突く。片手に武器を持った状態で、もう片方の手で使用することができる。さらに、武器でソードスキルを放った後の硬直時間をキャンセルして発動することができる(P1229ページ)。 P1,P2,P3
(ゲンゲツ) 後方宙返りしながら蹴る。立った状態からでも、後ろに倒れ込みながらでも発動できる。 14
P1,P2,P3
水月スイゲツ) 単発蹴り。中段の回し蹴り。 P3
エンブレイサー 距離技。手を相手に突き刺す。 1
二刀流 ダブルサーキュラ 突進→右手を左下から斬り上げ左手で攻撃(1巻196ページ)。もしくは、時計回りに回転しつつ突進→左手斬り上げ右手左上からり下ろし(6巻321ページ)。 1,6
スターバースト・ストリーム 二刀流上位技。16連撃。 1,18
ジ・イクリプス 二刀流最上技。27連撃。 1
クロスブロック 武器防御スキル。二本のを交差させて攻撃を受け止める。 14
両手長 エクスプロード・アロ 火矢を連続して放つ(本数は不明)。
なお、VRMMOソードアート・オンライン》にはは存在しなかった可性があり[2]、それが正しいとすると、このソードスキルは《アルヴヘイム・オンライン》において新規に設定されたことになる。
8
スレットフルロア 挑発技。左手を掲げ、右手を振り上げ、左手を突き出すことで発動する。敵を攻撃するのではなく、mobの注意を自分に向けて、防御の低い仲間が攻撃されないようにするための技。 P4
その他 ナミング・インパクト VRMMOソードアート・オンライン》の舞台である《アインクラッド》2層に出現するmob《トーラス族》の固有スキルハンマーを垂直に振りかぶって地面に打ち下ろし、周囲にいるプレイヤーにスタン効果をもたらす。スタンを連続で食らうと麻痺する。 P1
ナミング・デトネーション ナミング・インパクトの上位技。より効果範囲が広い。アインクラッド2層ボスが使用する。 P1
OSS スターリィ・ティア アスナオリジナルソードスキルOSS)。レイピアによる5連撃。形の頂点の位置を突く。 7
ヴォルカニック・ブレイザー ユージーンOSS。8連撃。作中に登場するのは名称のみで、実際に使用されている場面はない。 7
マザーズ・ロザリオ ユウキOSS。11連撃。右上から左下へ5連突き→左上から右下へ5連突き→中央へ突き。
ユウキは片手直で使用しているが、突き動作だけの技なので、レイピア等ほかの種類のでも使用可
7,18

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *原作文庫9巻351ページ。相手の「右から左肩までを」両断したとあることから、そのように推測できる。
  2. *原作文庫プログレッシブ1巻395ページ。ただしアインクラッド2層時点での情報であり、それ以後にが登場した可性も否定できない。なお、ゲーム版『インフィニティ・モーメント』『ホロウ・フラグメント』ではおよびそのソードスキルも登場する。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB
ページ番号: 4963781 リビジョン番号: 2523145
読み:ソードスキル
初版作成日: 12/09/13 23:25 ◆ 最終更新日: 17/09/14 00:39
編集内容についての説明/コメント: 19・20巻の情報を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソードスキルについて語るスレ

56 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 22:08:47 ID: Wa/ptXdfoH
編集。ところで18巻スタバの話なんだが、あれ本来の16連撃じゃなくて17連撃なんだよなー・・・名前同じなだけで心意による別技みたいだから、脚注するか分けるかしたいと思うんだが、どうだろう?(マザロザも心意技だがモーションは同じだし)
57 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 00:54:25 ID: /W/+zYOLOu
>>56
>17連撃
あれは16撃までがソードスキルで、17ソードスキル終了後に出した通常技。

……と解釈していたのですが、本文を読み返してみたら違うような気がしてきました(笑)
18巻でも「連続十六回攻撃」とは書いてあるのですがねえ。事実17連撃です。
おなじみの心意によるものなのでしょうが、他に例がないのでこれ以上は何とも考察しにくい。

を分けるより、脚注を付けるか、説明のところにそのまま書き足すかするのがいいと思います。一応これまでも、同じソードスキルで場面によって描写が違っている場合は両者併記していますし。
「18巻での使用例では、心意の影によってか連撃数が1撃ふえている」とかそんな感じでしょうか。
58 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 20:57:34 ID: Wa/ptXdfoH
>>57
13巻辺りでアリスが「二本のを握っていると、肝心の秘奥義が使えなくなってしまう」って言ってたから、そもそもアンダーワールド二刀流実装されていない模様。アバターフルダイブに使ってる機器も違うからキリトを感知して解放ってのもいと思う。だから18巻のスタバ全に心意技なんじゃないかと。いやいくら理屈捏ね繰り回した所で一ファンの想像の域を出ないんだけどさ。

その説でいくと「厳密にはシステムに登録されたソードスキルではなく、キリトによって再現された心意技。その為か動きが通常の16連撃スターバースト・ストリームの最後に右のによる上段りの17が追加されている。」ってな感じでどうだろう?

そういえばなんだが、アンダーワールドになんでソードスキル実装されてるかって説明されてたっけ・・・?
59 : ななしのよっしん :2016/08/29(月) 21:15:28 ID: Wa/ptXdfoH
あー、あとアクセルの10巻に客演したとき、メテオフォールとダブルサーキュラー(あとおそらくヴォーパルストライク)を使ってる、ってのも一応。

まぁあれは必殺技扱いだったけど、「キリト」が、「ソードスキルとして」使ったなら書いても良いんじゃないかなー、なんて・・・いや「必殺技必殺技」として扱うなら理に書く必要もないけどさ。もしグラフさんがキリト本人か縁者なら彼の必殺技ホリゾンタル・スクエア等々も書かなきゃならんくなるし。

・・・ていうか、あれこれ意見するだけで全く自分で編集してないな。プレミア登録し直そうかな・・・
60 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 18:17:12 ID: /W/+zYOLOu
>>58
13巻時点ではアリス二刀流秘奥義が存在することを知らないから、「二本のを握っていると、肝心の秘奥義が使えなくなってしまいますからね」というのは片手剣秘奥義のことだと思います。
ですので、この発言を根拠にしてアンダーワールド二刀流ソードスキル実装されていないと推測することはできないでしょう。

さらに言うと、アスナ実装されているはずのないマザーズ・ロザリオを使ったりもしているので、実装されているかいないかはもはや問題ではないようにも思います。

>>59
言われてみれば『バーサス』もありましたな。また悩ましい議題が増えたw

AWについては記事本文でさらっと触れてお茶を濁してるので、バーサスもそれに含まれてるってことでいいんじゃないかなーと思ったり思わなかったり(弱気)
61 : ななしのよっしん :2016/09/28(水) 18:25:07 ID: Wa/ptXdfoH
なんか知らないが一ヶ近く書き込み出来なかった。何故だ

>>60
「≪二刀流≫保持者は二状態でも片手剣ソードスキルが使える」からソードスキル発動しない=二刀流ソードスキル実装されてない、って考えてたんだがそもそもアンダーワールドってスキル制じゃなかった・・・全に勘違いだわ忘れてくれ(汗)

バーサス』に関しては・・・あれあくまでAW単行本(って言っていいのかはわからんが)に載ってるだけでSAOお祭りSSだしなぁ・・・どうしたものかwwwただ最近AWが本格的にSAOに繋がる情報が増えてきたし今後AWまたはSAOで何か決定的に繋がるようなモノが出てきたら書く、それまでは様子見でどうだろう?論すぐ書き足しても良いんだけど。
62 : ななしのよっしん :2017/03/30(木) 08:38:44 ID: xnFi8hQjxG
よく考えたらソードスキルってスキルスロットに装備みたいに入れとかないと使えないんだっけ?
63 : ななしのよっしん :2017/03/31(金) 18:42:13 ID: /W/+zYOLOu
>>62
該当の武器スキルスキルスロットに入れておく必要はありますが、個別のソードスキルに関しては設定不要ですね。

プログレッシブ3巻のヨフェル前の戦いでキリトさんが、

片手直スキルの熟練度が150に上がった直後即座に、熟練度150で使えるようになる「ホリゾンタル・スクエア」を使用する

という芸当を披露しています。
64 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 01:28:58 ID: sEFefhsIRs
スタァバァストストリィィム……(ねっとり)

アカンこれは笑う
65 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 16:04:39 ID: aLPaurzZlT
アクセルソードヒースクリフ聖剣ホロウ系から一新されてましたね
ですが最上位のザ・ユニバースは合い対する二刀流のジ・イクリプスと対の様でマッチしてますね
宇宙関連のワードですので原作センスに近いですし
騎士扮する魔王宇宙そのもので開放の勇者が日蝕なのは正に二人らしいですね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829