単語記事: 現代アート

編集

現代アートとは、大変説明が難しい美術ジャンルである。現代美術、コンテンポラリーアートとも。

現代アート定義するのは難しく、「現代アートとは何であるか」と問うよりも、「伝統的・古典的なアートではないアート」という裏返しの定義のほうがイメージがしやすいかもしれない。

概要

では、"Contemporary Art" 訳して「現代芸術」あるいは「現代美術」と呼ばれる。和英混じりの「現代アート」という表現は言葉として少しいびつだが、キャッチーな言葉としてアートマーケットなどで使用される傾向にある。

「現代」と言うが、特定の時代を限定した言葉ではなく、20世紀初頭あたりから生まれた作品傾向をした言葉である。これは、Contemporaryを「同時代」と訳すことで幾分か理解しやすくなるかもしれない。

つまり、同時代性を強くめ、従来の「美術」や「芸術」の作品概念に囚われない前衛的で新しい芸術表現を広く総称して「現代アート」と呼ぶ。

現代アートの歴史

19世紀の画エドゥアール・マネ(1832-1883)から、印パブロ・ピカソ1881-1973)のキュビズムへと続く流れを近代美術と呼ぶが、この時から現代美術は始まっていると解釈をする人もいる。だが、現代美術の方向性を決定付けたのはマルシェル・デュシャン1887-1968)であると考えるのが一般的だろう。デュシャンい時期に油絵具による絵画制作を放棄し、既存の芸術の概念を強批判するような作品を次々と発表していった。

デュシャンの活動で最も有名なのは『』という作品。男子用小便器に架アーティストサインを施し、『』というタイトルをつけただけのもので、これをの展覧会に匿名で出品しようとした。作品は議論の末、展示されなかったのだが、デュシャンは、「」を謳いながらも「出品を拒否する作品がある」という矛盾点を強く批難した。これは、芸術の権威義な体制やアカデミズムを痛批判するパフォーマンスであったと考えられる。

デュシャン以後、芸術たちは様々な「新しい表現」を模索し、あらゆる義、表現が生まれた。表現手法も、フツーの絵画、いわゆるキャンバス絵画(タブロー)に囚われることなく、立体や映像インタレーション(間を含む表現)、パフォーマンス(身体表現)など多岐に渡り、それらの前衛的な試みはあらゆるジャンルに影を与え、現代音楽、現代演劇、現代などへと発展し、従来の概念に収まらない作品を多数生み出した。

作品を理解するための概念までもが従来のに収まらないため、作品を理解するためにはまずその作品の背景にある概念を理解しなければならない場合も多く、時に実在する作品の造形性よりも概念が重要になってくる場合さえある。このように作品概念そのものが作品の要構成要素であると見なされるものは特に「コンセプチュアルアート」と呼ばれる。概念が重要になると同時に、美術批評の役割もまた極めて重要になった。

現代アートの抱える問題点

現代アートとは、既存の概念にとらわれない表現活動である。それはつまり、評価の針もまた一定でないということであり、作品概念を理解するためには今までの美術史から、社会情勢、様々な学問などあらゆる知識を必要としなければならなくなった。自由で多種多様になる代わりに、複雑難解になったのである。ここから、大衆の「美術ってなんだかわかりにくい」というイメージが生まれてしまった。

さらに日本では、美術作品は非常に高価に取引されているというイメージが強いため、「なんだかわからないもの」が「権威ある人のお付きにより高額で取引されている」という偏見が生まれ、「わけのわからないもの」というイメージに拍をかけている。(実際は現代美術作家でそれだけで食べていけるような人間はほんの一握りであり、ギャラリー美術館の経営も非常に厳しいものである)

近年では若手アーティストの中にも、「わけがわからなくてもアートなら許されるのではないか」といった偏見を持ったような者まで存在している。Chim↑Pomや、カオス*ラウンジが倫理観に欠ける作品を発表し、問題になったことなどは記憶にも新しい。これらの問題は、「美術作品として優れているかどうか」と「社会通念上問題がないか」とで別の問題として切り離して判断されるべきであり、アートという言葉を免罪符社会通念上問題のある行為を行なって良いということにはならないだろう。ただし、凝り固まった「社会通念」を批判するのが現代アートであるとも言えるため、やはり問題は単純ではない。

現代アートの代表的な作家

海外の作家

マルセル・デュシャン1887-1968)
ニューヨークダダの中心人物。現代美術の先駆けとも見なされる。既製品をほぼ加工で展示する『レディメイド』という概念を編み出し、芸術への固定概念を痛批判した。代表作は上記の『』(1917年)のほか、モナ・リザの複製画にひげを描き加えた『L.H.O.O.Q.』(1919年)、『大ガラス』(1915~1923年)などが有名。
ジョン・ケージ(1912-1992
実験音楽。「沈黙」や「聴衆の発する音」までも音楽の一部と考えた。無音を奏でる音楽である『4分33秒』が有名。
アンディ・ウォーホル(1928-1987)
ポップアートの代表的な作家。『キャンベル・スープ缶』や『マリリン・モンロー』など大衆に身近な図柄を版画のシルクスクリーンによって大量に印刷した。急速に発展する大量消費社会においては絵画も消費されるべきであるという考えを持っていた。アメリカではスター的な位置づけで、デザインの業界にも大きな功績を残した。
ナム・ジュンパイク(1932-2006)
ビデオ・アートの開拓者。当時大衆の生活にどんどん普及していったテレビという新しいメディア芸術表現に取り入れた。ナム・ジュンパイクから始まる「新しいメディアの開拓」の思想は、のちのメディア・アートへと発展していく。
強(さい・こっきょう、ツァイ・グオチャン)(1957-)
中国の文化と関わりが深い「火」を用いた絵画制作パフォーマンスを行う。絵画制作においては、の上で火爆発させ、その焼け跡をコントロールすることで絵画を作成する。火を用いたパフォーマンス世界のさまざまな場所で行われており、展覧会のオープニングなどに起用されることもある。2008年には北京オリンピックの開会式・閉会式のビジュアルディレクターに起用され、そこでの花火のディレクションも手がけている。余談だが、北京五輪で物議を醸した足跡花火報道の問題であり、足跡花火などは全て実際にも打ち上げられている。
バンクシー
グラフィティアート、ストリートアートの作家たくいえばただの落書きであるが、オークションでは高い値段で取引が行われている。バンクシーは覆面画で、本名や生年日など一切が隠されており、本人はメディアにも登場しないためどんな人物であるかも不明である。そのことが彼の存在をよりミステリアスなものにしていると言える。

日本の作家

彌生(1929-)
玉で埋め尽くされた絵画や立体作品(ドット・ペインティング)を制作する。この玉模様は彼女が患う統合失調症に関わるものだとされる。全盛期にはニューヨークで活動し、絵画や立体制作のほか、「ニューヨーク近代美術館の庭の彫刻庭園で8人の男女セックスする」という「ハプニング」とも呼ばれる過パフォーマンスを行った。
荒川修作(1936-2010)
瀬川1937-)
日本における、ネオダダイズムの作家。千円札を模写や印刷した制作した一連の作品に、通貨及券模造取締法違反の疑いがかけられ裁判に発展した事件が有名。この裁判は「千円札裁判」と呼ばれ、前衛芸術の意味が法の場で問われたしい例であるとして、美術史に残る裁判となった(ちなみに判決は有罪)。他には、路上に意図せず現れた不思議な形に、意図的に生み出される芸術越した芸術作品であるとし、『芸術トマソン』と名付けた活動が有名。トマソンなどを探しながら歩く活動は『路上観察』と呼ばれる。
屋法
村上隆1962-)
日本のいわゆる「オタクカルチャー」をアートにまでまで昇し、海外で高い評価を受ける。一方で内の古臭い美術業界や美術大学の体制を強く批判するとともに、若手芸術のための、新しい発表の場、育成の場を創り上げようとする活動家でもある。ある意味義的な姿勢やオタク文化の独自解釈には批判も多い。
明和電機
中小電機メーカーを模したアート・ユニット。役に立ちそうで機的ではない、ユーモアあふれる玩具のようなものを制作電気コードコード』など、販売されているものもある。音楽活動も行なっており、自作の装置により音楽自動演奏する。その装置は音を出すことが的なのだが、一つ一つが音を出す仕組みは少々回りくどかったりしてユーモアに溢れるものばかりである。
会田1965-)
美少女エログロや、戦争社会問題などをセンセーショナルに描く作家アニメ漫画的などのサブカル的表現も多く用いる。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88
ページ番号: 4683974 リビジョン番号: 2403084
読み:ゲンダイアート
初版作成日: 11/07/26 03:53 ◆ 最終更新日: 16/09/07 00:51
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「美術館」を追加しました。「関連動画」から視聴不能のsm11379845を除去しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


「フリー素材」

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

現代アートについて語るスレ

235 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 22:20:41 ID: +ynW2GUk+i
何でそこをしつこく突っ込んでるかというと
芸術は一般的な物だという言葉を使ったり、一般的な感じにと言うけど
芸術系で食ってたり、それが凄いと思ってる特定の物をして芸術と言って
自分で芸術の範囲を狭く特別な状態にしてるんじゃないかな?と思うんだよな
それは、良くないんじゃないかと

教育については
この芸術はこういう考えで、こうやって作られてる→自分なりに考えて作ってみよう
と教えるべきだと言うのは理解出来るんだよ
けど、それを積み重ねて、現代アートはこうやって作られてる という所まで持って行くと
それはそれで違和感があるというか、知識の上に構築してってるから
なんか高く建てたビルの上で地上は素晴らしい、と言ってる感じなんだよ
それ、地上じゃなくね?と
236 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 22:41:40 ID: +ynW2GUk+i
今売れる範囲と言われると、それは分からん
小物類の系統や、色々とこれはそうじゃねと思う物はあるが、うーん、という感じかなぁ
コップのフチ子とかは全に小物アートだと思う
あとはデコ系が流行った時は、あれはアート系統だと思ったわ
個人的にいえば、漫画イラストニコ動とかも
表現する作品と言えると思うが

>>231
技術者という言い方が微妙な気が
技術しか存在しない芸術ってなんだろって話で、それは存在しないような
必ず技術+自分の表現 として存在してるんじゃないか?
237 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 18:06:41 ID: 3DTNN5qvQ0
>>233-236
ちょっと方の中で何を持って「芸術」と称しているのかがわからないかな。

大衆文化は確かに広義の意味での芸術、大衆芸術と呼ぶに値する。そしてその根拠は大衆の評価の量であると言えるだろう。

対して現代アートファインアート(純芸術)に含まれるもので、大衆芸術とはカテゴリが違う。ファインアートが根拠にしているのは芸術性そのものだ。
じゃあ芸術性って何だよって説明は長くなりそうなので省略するけど、少なくとも大衆に迎合するのは違う(厳密には数ある芸術追求の手段の中のたった1つにしかならない)というのは分かってもらえるのではないだろうか。

現代アートを大衆芸術として評価するなら方の言ってることは良く分かる。でも大衆芸術以外の見方も色々あっての芸術なんじゃないかね。
238 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 22:08:54 ID: +ynW2GUk+i
>>237
>対して現代アートファインアート(純芸術)に含まれるもので、大衆芸術とはカテゴリが違う。
うーん、純芸術だからカテゴリ違うは分かるんだが

>少なくとも大衆に迎合するのは違う(厳密には数ある芸術追求の手段の中のたった1つにしかならない)というのは分かってもらえるのではないだろうか。
この通りなら、一般人が理解しづらいのは普通じゃね?と思うんだよな
それで、よくにするけどいつも違うと思うのが「大衆に迎合するのは」って所で
それは気にするべき所ではないと思うんだがなぁ
売れる、売れないの話をするなら、製品なんだから市場の好みを考慮すべきだし
好きに作るなら、売れる、売れないは二の次という事にならないか?
それについて作る方は自分の考えを反映するのと、販売するために両方のバランスとるべきだと思うけど
作品評価にその基準を持ってくるのは微妙なんじゃないかなぁ
大衆に迎合すべきではないと高く上げるなら、大衆が理解出来ないのは当たり前なんじゃね?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
239 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 22:53:30 ID: +ynW2GUk+i
続き
現代アートを大衆芸術として評価するなら方の言ってることは良く分かる。
いや、そうではなく
大衆芸術も現代「の」アートという見方をして良いんじゃないか?という話で
大衆芸十つが現代アートとして見れないというのは分かるけど
別に現代「の」アートとして大衆芸術があってもいいじゃないと
大衆芸術ポップアートと被るというなら、日本大衆芸術でもいいがな
ハイカルチャー=ファインアートと考えてもいいけど
ここで高い低いという意味合いが付くと、芸術に失礼じゃね?と思うんだがなぁ
好みや、表現方法が稚拙だのはあると思うが
何を考え、どう表現して、それが相手にどう伝わるかという点では
現代アートでも、大衆芸術でも同じなんじゃないかなぁと
そういう意味では、等しく芸術性があると思うんだが、おかしい?
240 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 15:36:17 ID: 3DTNN5qvQ0
>>238-239
芸術は万人のためにある」的な言葉にずっと拘ってるけど、それが言ったんじゃないし直接聞いたわけでもないので、それを軸に話されてもなあ。
誤解を恐れずに言うが、現代アートを含めたファインアートは一般大衆向けではない(特に芸術史を持たない日本では)と思うよ。メインターゲットは富裕層でしょ。

しかし近現代で良くなったのは、富裕層でなくても簡単にその文化に触れることができるようになったこと。そうしたら大衆にも是非理解してもらいたいと思うのは自然なことだと思わない?

高い低いとかメインサブとかの名前に突っ込むのははっきり言って野暮。貴族・富裕層中心の文化と大衆から生まれた文化に名前を付けたらそうなっただけで、名付けたハイクラス側の人間だったというだけ。大衆にとっては大衆文化こそがメインカルチャーであることなんて自明だし、どっちが優れているという話じゃない。
241 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 20:02:33 ID: +ynW2GUk+i
現代アートを含めたファインアートは一般大衆向けではない(特に芸術史を持たない日本では)と思うよ。メインターゲットは富裕層でしょ。
ここ、もやっとするんだよな
一般大衆向けではないって、自分で書いてるよね

けれど
「そうしたら大衆にも是非理解してもらいたいと思うのは自然なことだと思わない?」
これ、おかしい事書いてるよね、って言ってるんだが
ではい(大衆向けではない)が、対ではい人も見て是非理解して貰いたい、と言うのは
「それは理な事をしてる」と思うし「理解されなくても当たり前だよね」だと思うんだが
そんな事はいと思って書いてるよね
小学生高校生向けの教科書見せて「これを理解してもらいたい」って言わないよね

芸術系のページネットを見て回ると、その姿勢で書いてる人が多いから気になるってだけだけどね
242 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 20:24:22 ID: +ynW2GUk+i
続き
ミスった>>241>>240宛てね
芸術は万人のためにある」ではなく「対に選んでる所と、言動が一致してないよね」
と書いてるつもりなんだがなぁ
メインターゲットが富裕層と言うけど、その使い方だと単に大衆(富裕層)なだけで
実際のメインターゲットは「芸術を勉強してて、購入意欲のある人(富裕層であれば尚よし)」じゃねーかなと
富裕層だって、興味なければ買わないでしょ

すげーぶっちゃけると
>>195-196が受け入れれば々て、あれをすべて受け入れない人も存在する可性もある訳で
「好きなものや気に入ったものは純に受け入れれば良いのではないだろうか。」に対して
何でこんなもん受け入れなきゃいけないんだよって考えるが居る可性はある訳で
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
243 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 17:03:36 ID: 3DTNN5qvQ0
>>241-242
だからも押し付けるような言い方してないって。「◯◯と思って書いてるよね?」って全部+ynW2GUk+iの妄想でしょう。
>>195-196は様々な人がどれを「理解できた」と認識するのか知りたくて聞いてるだけ。当然人によって違うし、ゼロの可性も想定してるだろう。ゼロの人に対して「一個でも理解しろ」みたいなことか言った?

>>211だって「苦手なものを受け入れろなんてニュアンス感じられない」ってはっきり言ってるでしょ。
>>195とかの作品みんな嫌いではないだろうし」は「抽画がや現代アートが嫌いだと自覚ある人が」に掛かってる。これは1が抽画でも現代アートでもないからで、1が受け付けない人は抽が苦手意外の理由を考えないといけないというだけのこと。いずれにしてもどれか一つでも受け入れろ、とは言ってないぞ。
244 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 17:12:21 ID: 3DTNN5qvQ0
メインターゲットが富裕層と言うけど、その使い方だと単に大衆(富裕層)なだけで
>実際のメインターゲットは「芸術を勉強してて、購入意欲のある人(富裕層であれば尚よし)」じゃねーかなと

言ってないよねそんなこと。誤解される可性はあるかと思ったが、わざわざ「富裕層」と「大衆」を区別して話したのになぜ「大衆(富裕層)」で一括りに捉えるのか。の話も一切してない。意図的に曲解しようとしてるとしか思えないよ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015