単語記事: 軍服

編集

軍服とは、萌え要素のひとつ。

概要

軍人が着用を義務付けられている、制服の一種。

軍服を作ってしまい、標的になって死傷者が桁違いになったがあるほど、三次元世界でもこだわりが伺える重要なアイテムスーツタイプの通常勤務用の軍服(正装)や礼、戦闘時に着用する戦闘BDU:Battle Dress Uniform)などがある。

第一ボタンまできっちり留め、一切の乱れを許さないストイックさが人気の秘密。

軍服の機能

軍服、あるいは制服全般にめられる大よその機は、以下のようなもの。

  1. 所属する組織を他者に明示する
    その制服及び徽章によって、どこの組織の人間かを示す。例えば自衛隊だと制服によって陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊のいずれかに所属していることが分かる。より身近な例で言えば警察官や郵便局員、電会社、ガス会社、鉄道会社、警備会社などの社員は、制服でどこの所属であることを人々に明示できる。それにより組織外の者と自分達を明確に区別し、また人々に対してどのような業務を提供できるか、どのような役割を担っているかを明示することにも繋がる。軍隊にあっては籍を示すことで、どこの現在行動中かを示すのも重要な機であろう。
  2. 徽章によって所属部署や序列、特技を明示する
    制服に装着される徽章はそのデザインによって、所属部署や階級序列、その者のや専門分野を明示する。軍隊が円滑に行動するには部署ごとの揮序列を明確にし、この序列に基づき権限を有する上位の意志を隷属する下位の者が秩序を維持して実行しなければならない。これを相互に確認しやすくする手段として徽章がある。
  3. 作業の率を高め、着用者を護する
    軍隊の任務は生命の危機が伴う。この危険な状況下にあっても的を遂行するには、着用者が適切に護されなければならない。また護されていることで、着用者の士気も高まる。軍服のうち特に戦闘装備においては、この観点から適切な機を有することがめられる。またその作業や行動が行いやすいように適切な形状に生地を裁ち、められる強度を満たす縫製を施し、円滑な作業を助ける必要がある。
  4. 儀礼を示す
    一般の装にも、礼があるように、軍服にも勤務や礼がある。式典の重要度や内容に基づいて、一般の装と同様に儀礼を示す機軍服は有する。着用者はその状況に合った徽章及び装備を装着し、ドレスコードを保たなければならない。

軍服の構成

軍服は以下のようなもので構成される。

  • 帽子(軍帽、ヘルメット)
    帽子の基本的な機は頭部の保護と装飾である。保護とは日射、寒、降、衝撃など、物理的な頭部に対するを低減することを言う。勤務(Service dress)の軍帽は頭部保護よりも、軍服の慣例的な装飾品として設定される性質が強いが、鍔付の帽子は、から頭部や眼を保護する機が認められる。戦闘ヘルメットは衝撃や破片、弾などから頭部を護する機がある。
    勤務や礼帽子には、大抵前面に所属組織を示す徽章をつけられ、紐や鍔の装飾や色で序列が示される。形状はケピ帽と呼ばれる円柱状のもの、ベレー帽、クラウンが付けられた鍔付帽が一般的である。
    軍の軍服は船員の慣例に倣うどであり、上衣や下衣の色に関わらずトップ生地が採用されることも多い。
  • 上衣
    上衣は胴体と両腕を保護し、飾のたる部分を構成するものの一つ。軍服に合っては、所属や階級などを示す徽章が装着される。かつては詰襟のものが多かったが、現在では多くので開襟上衣とワイシャツネクタイの組み合わせが多い。ボタンは2つという事例はあまりなく、3または4個が一般的に見られる。第二次世界大戦ごろまでは勤務が戦闘をかねることが一般的で、制服の色は迷彩を考慮して決定されることも多かった。航空機搭乗員も制服の上に飛行を着用していたが、首の辺りがワイシャツネクタイで締められていると索敵に不便を生じることもあり、ネクタイを外してワイシャツの襟の下にアスコットタイスカーフを巻くことも少なくなかった。この傾向は特に、イギリス軍とドイツ軍で見られた。現在では戦闘と勤務は分けられている。正装がめられる場で着用する礼では、形状はタキシードと同様の形状になっている。
    徽章のうち階級章は襟、袖、エポレットにつけられることが多い。同様に兵科章は襟または袖、略綬(略式の勲章)は左胸、部隊章は上腕部、名札は左右の胸のあたり装着される事例が多く見受けられる。によっては兵科章の台生地の色を階級によって変えたり、階級章に兵科を示す縁取りをつけることもある。
    軍は軍帽と同様に船員の慣例による場合が一般的で、大抵は士官と上級下士官は系の生地にダブルレステッドで、下士官・兵はセーラー服というのが多い。海上自衛隊は3曹以上からダブルレステッドである。階級章は、士官以上は袖に線のものをつける。また今でも期用の礼や準礼などに、い詰襟の上衣を採用するは少なくない。
    戦闘用上衣は動きやすさと身体の保護、迷彩などに重点が置かれてデザインされる。近年は戦闘の上に防弾装備を装着する場合が多く見られ、それを装着した上で小銃の弾倉やけん線機、ライトなどを効率よく機的に装着できるよう配慮されたものが増えた。色は迷彩柄が一般的だが、地域によって効果の高い迷彩柄は様々であり、ごとに違いが見られる。
  • 下衣
    下衣は下肢を保護し、上衣とともに飾のたる部分を構成する。大抵は上衣と共生地だが、ドイツ連邦陸軍の勤務ように上衣と下位で色が異なるもある。装飾や徽章がつく場合はあまりなく、側線が入る程度。昔は機動としてが用いられる場合が多かったので、特に士官用勤務の下衣として乗ズボンは広く使われた。しかしWW2以後は自動車の普及によりその必要がなくなり、騎隊員以外ではあまり見られなくなった。勤務の乗ズボンとしては、北の一部のハイウェイトロールなどが今でも採用しており、パトカー勤務員でも乗ズボンと長靴を装着する事例がある。
    戦闘用下衣は上衣と同様に動きやすさに重点を置き、また活動効率を向上させるためにポケットがついていることが多い。

  • 靴は勤務や礼では、社会一般のドレスコードに準じた革靴が用いられる。革の色やトゥの種類は制によって定められている。多く見られるのは革のプレーントゥの紐靴であり、スリッポンはあまり一般的ではない。
    戦闘靴は踝から上までを全に覆うブーツが多い。
  • 帯革(ガンベルト)
    や短剣、剣、予備弾倉入れを装着するためのベルトで、上衣部に装着するもの。装備品が多い場合は、斜革やサスペンダーで肩からる形で支える。勤務に装着する場合は、近年では憲兵や警備兵などけんを常時装備する者で用いられることが多い。これ以外だと帯すべき礼の時に用いられるものがある。
    戦闘用では皮ではなく合成繊維のものが一般的となり、さらに昨今は防弾ベストマジックテープで装備品入れを装着する事例も増えたので、所謂ガンベルトは限定的に使用される傾向にあるだろう。自衛隊は今でも戦闘用に、サスペンダーとガンベルトを使用している。
  • 手袋
    防寒用のもの以外では、儀礼的で使用される手袋と、戦闘や作業で使われる保護用手袋が多い。手袋は式典以外でも基地、官庁、在外館などの警備時に使用されることが多い。

とまぁ、真面目な話はこれくらいにして

じゃあ萌え要素としての軍服について話そうか。

三次元軍服に対する萌え

軍服は、男も女もハァハァするものだ。どっちにしても格好良いからハァハァするんだけど、男女では多少見方がことなる。男は自分が「着たい」ものとしてみるけど、女は性的対として見る傾向にあるね。軍服は秩序、強さ、時にそのの伝統を示すことがある。こういったものだからこそ、特にデザイン自体が洗練されたものは格好いいと映るし、それを着るのは人間だから色々と妄想が働くのは当然のことと思う。

男でも女性将兵や、ウホッ!の人は男性将兵を性的対として見るだろう。編集者ネットをやり始めた90年代後半、米軍制服を調べようとして「U.S. military uniform」か何かで検索かけたら、たまたま開いたページに下半身裸、上半身は上衣の胸を肌蹴て素肌が見え、軍帽と手袋はしっかりキメた礼装のガチムチマッチョ男性海兵隊員がでてきてびっくりしたよ。編集者はそっちの趣味いんだけど、制服自体は本来のもののようだから、一応一通り見た。色々な制服があったけど、全部そんな感じだったよ。しかもみんな筋肉が見えるようにしていたから、本来の着こなしがさっぱり分からなかった。多分ウホッ!の人はあれでアッー!となるはず。つまり萌え要素の一例。

女性将兵の萌えとしては、「犯罪捜官ネイビーフイル(原題:JAG)」なんか良かった。要人物の一人であるサラマッケンジー海兵隊中佐(キャサリン・ベル。CV田中敦子)は、おっぱいが大きくてくびれてて、足がスラリと長いナイスバディ。それで体の線を綺麗に見せる、良く仕立てられた海兵隊制服でキメてたからもうたまらん。あれで見下されながら厳しく詰問された後に、上目遣いをされながらと色々想像すると、ふぅ…。当時は2chスレでも「マックおっぱいおっぱい」という書き込みが度々見られていたから、多くの人は編集者と似たような感想だったはず。そもそもキャサリン・ベルという人が、厳しい顔つきをすると々しく、笑うと凄く可愛い。それであのボディをあの制服で包むなんて、そりゃ反則ダヨ。

制服自体の格好良さでは、やはりナチスドイツは欠かせない。歴史的にアレだからいろんな意味でお察しくださいの状態だけど、見栄えがするようにデザインされたんだから、相応の心理的影があるのは否めない。流はプロイセン将校の制服で今でもその影は残っていると言えるけど、連邦軍のものは昔とはが異なるのか、なんか違う。厨房の人気が多いのはやはり親衛隊か。いずれにせよコスプレでは場を選ぶとか、日本人に似合うの似合わないのとあるけど、まぁそのあたりは大人の配慮に基づいてコスプレする側も見る側も一つよろしく。

デザインの良さではイタリアのカラビニエリ(国家憲兵隊)もオススメ。ただ日本ではカラビニエリ自体があまり知られていないためか、イマイチ人気がいように思える。二次元作品も編集者が知る限り、オノ・ナツメさんの短編集で描かれていたぐらいで、しかも所謂「小さい絵」だから格好いいという感じでは描かれていない。

二次元軍服に対する萌え

二次元の場合二つのパターンがあるだろう。ひとつは二次元キャラリアルと同じ、若しくはリアルに近い制服を着用する場合。もう一つは架軍服を着用する場合。どちらにしても、そのキャラの魅制服シナジー効果で萌えを増幅させることはあると思う。

リアルの代表で言えば、軍服に限定すると「青空少女隊」「イーグルドライバー」「北へ…」「レスキューエンジェル(Rescue Wing)」「パトレイバー(の不破さん)」などが有名か。なんだ、航空自衛隊じゃないか。編集者の知識が偏っているのか。折だから「スティングレーを探せ!」のドリス少尉も加えておこう。というか、なぜ女性キャラ限定で考えてしまったんだ。格好良ければ良いのなら、「黒騎士物語」「鈍色の攻防」なども加えておこう。

は沢山ある。「超時空要塞マクロス」「機動戦士ガンダムシリーズ」「タクティカルロア」「ストライクウィッチーズ」「銀河英雄伝説」「戦場のヴァルキュリア」「攻殻機動隊」「」「エースコンバットシリーズ」など。気のせいか、さっきから田中敦子成分と清水としみつ成分が高いような。架軍服の場合、なぜか詰襟制服が多い希ガス。「軍服=詰襟」がわがでは広く認知されるイメージなのか。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

まだありません

関連項目とリンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%BB%8D%E6%9C%8D
ページ番号: 466532 リビジョン番号: 1392919
読み:グンプク
初版作成日: 08/08/16 12:31 ◆ 最終更新日: 11/12/28 22:23
編集内容についての説明/コメント: 一覧への誘導を一個追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

軍服について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2010/05/10(月) 03:11:06 ID: CKuaKV6yn8
>>4
そのヤバい編集者です。

日本絵画の「日本の軍装」のイラストを見ると、明治極初期の御親兵から鎮台兵への変遷時代にあっては、帽章は十六葉の菊、つまり天皇の御紋になっていますね。
これは天皇兵士である、ということを分かりやすくするためだと思われます。

その後明治7年制定の通常軍装、これは「坂の上の雲」「皇国の守護者」で見られるデザインのものですが、この頃になるとが使われ始めています。
が一般的に使われ始めるのはその4050年後になりますから、この時代はそういう発想は思いもよらないことかと。
を選んだ理由は分かりませんが、多分明るく、希望あふれるイメージだったのではないかと。
勝手な想像ですが。
7 : ななしのよっしん :2010/06/19(土) 02:58:24 ID: uaW4mfqpAp
軍服へのが溢れているww

日本陸軍の章については、
多魔除け(たまよけ)と弾丸避け(たまよけ)をかけて
陰陽の五芒を採用したと本で読んだ事が有るけど
ネットで調べてみると諸説有って今でもはっきりとは分からないらしい。
章がデザインされてる旧陸軍建造物の屋根瓦はカッコ良いです。
8 : ななしのよっしん :2010/08/02(月) 12:10:00 ID: 08FcUtYq6A
規模的にの次にすげえ
9 : ななしのよっしん :2010/10/16(土) 07:55:35 ID: RohYEUQbaO
ラビニエリといえばガンスリに出てきたな
たしかに制服かっこよかった
10 : ななしのよっしん :2010/10/29(金) 05:18:29 ID: uaW4mfqpAp
>>9
ラビニエリは格好良過ぎる
あれを見ると多少男を曲げてでも軍服は格好良くした方が良いと思うな
民衆の支持も得やすいし
11 : ななしのよっしん :2011/05/08(日) 01:31:41 ID: yUh+ULo2gb
なんか軍服が好きだって言うと大概戦闘好きだと思われるんだが、あれはどうにかならんのかな。
が好きなのは勤務なんだよっ!
12 : ななしのよっしん :2012/02/13(月) 00:33:31 ID: rz5I6LUVRI
中学時代は軍服っていうと帝国陸軍の通常礼装のことだった。帝国海軍の一種軍装は「軍の軍服」、二種軍装は「軍服」だった。大礼はそのまま「大礼」。

あんまり普通環境じゃなかったから、自衛隊とか他のの軍隊とかは全く話題に上らなかった。
13 : ななしのよっしん :2012/04/24(火) 02:31:28 ID: JcSZ/iLa0n
軍服萌え融合の新たな形
>>sm16253201
14 : ななしのよっしん :2015/07/21(火) 13:10:53 ID: zgB0/D+Gg9
概要

>軍服を作ってしまい、標的になって死傷者が桁違い

って何処の話しなんだ?

第一次大戦時に、フランス軍服かったので発見されやすかったってのは知ってるけど、
イギリス伝統の軍服は、この時代にはもうカーキ色に変わってるし、
それ以前の時代には立つ軍服で問題かった。
15 : ななしのよっしん :2015/08/04(火) 16:34:14 ID: AOAT/QrDxw
ナポレオン戦争の頃の軍服ズボンって何であんなにピチピチなんだ?
おかげで当時を扱った絵画や映画を見ると将軍から戦列歩兵まで全員下半身ストッキング+ブーツのみのパンツじゃないから恥ずかしくないもんスタイルに見える。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015