単語記事: 超時空要塞マクロス

編集

超時空要塞マクロスとは、1982年に放送開始されたTVアニメである。

概要

超時空要塞マクロスは、スタジオぬえ原作タツノコプロアニメフレンド制作ロボットアニメである。1982年10月3日 から1983年6月26日まで、毎日放送MBS製作TBS系列で放送された。

元々は2クール(全23話)での放送が予定されていたが、関連商品ヒットファンの後押しにより、1クール追加されて全36話が放送された。さらに、放送終了翌年の1984年7月に劇場作品『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』も開され、これもヒットを記録した。

放送延長決定によりシナリオの再構成をする必要が生じたが、第27話「は流れる」を実質的な最終回として放送し、残り9話はその約2年後のエピソードを描くこととなった。戦後編と呼ばれるこの話は当時から評価が割れており、28話以降は見なくてもいい、いや見るべきではないという意見の方が圧倒的優勢ではあるが、戦後編を評価する意見も極少数ではあるが存在する。評価はともかく、この所謂「戦後編」が、後のマクロス7マクロスプラスマクロスフロンティアといった銀河移民ベースにした後のマクロスシリーズへの重要な繋ぎの役割を担っている点は見逃せない。

ストーリー

1999年地球の南アタリ宇宙から落下してきた物体は、巨人の異人が建造したと考えられる巨大な宇宙戦艦だった。

地球人類はそれを受け、長年の世界戦争の後に統合政府を立。落下してきた宇宙戦艦装して、異人の襲来に備える事になった。その巨大な宇宙戦艦マクロスと名付けられた。

そして、その進宙式当日、地球衛星上に異人の物らしき宇宙艦隊が超空間航法(フォールド)で飛来、マクロスはその艦隊に向けて自的にを発射してしまう。
ここに、地球人類とゼントラン(ゼントラーディ種族)の最初の接触と戦争の発端が開かれる事となる。
(のちの時代には第一次間大戦と呼ばれる事になる)

マクロスは南アタリ市民の安全の為に待避する為フォールドを強行するが暴走・失敗し、南アタリごと冥王星まで飛ばされ且つフォールド機関を失ってしまう。マクロスは南アタリ市民を艦内に収容後、通常航法で地球す事になった。

この地球への帰還中の敵ゼントラーディとの幾度の交戦中において、地球固有の文化である娯楽や恋愛に伴う行為、特にキスラブソングが、ゼントラーディに対して戦闘行為に支障を及ぼす程の衝撃を与える事が判明した。

それをゼントラーディ旗艦艦隊との総決戦時に、当時のマクロスの人気アイドルリン・ミンメイの歌の動画を全通信回線を通じて送信して、ゼントラーディ艦隊の混乱を誘発し、その間隙をついて旗艦に対し効果的攻撃を行い、その旗艦殲滅に成功する。

「柿崎ぃぃぃぃぃ!!!」について

主人公一条輝の同僚で部下の柿崎速雄物語半ばにして死亡する。

フォールドシステムの応用によるピンポイントリアを強化することで実現した試作段階のマクロスの全方位バリアバーストから逃げ切れず、消滅する。また劇場版においても、あっけなく撃墜されてしまった為、一部ファンの間で人気となった。柿崎死亡の際には「柿崎ぃぃぃぃぃ!!!」と叫んでおり、ニコニコ動画柿崎動画で、よく弾幕として使用されている。
柿崎

ちなみに柿崎死亡フラグはサーロイン特大ミディアムステーキであった。
ステーキ……」
(劇場版ではチョコパフェモンスター)
ステーキ

同じく一条輝先輩ロイ・フォッカー物語途中で亡くなる事になるが、御半分でネタにする者は余り居ない。フォッカーの死に様はTV版、劇場版共に格好良く、またフォッカーがそもそも格好良い先輩キャラなのに対し柿崎はお調子者のキャラであったので、そこに大きな差があると思われる。
TV版にけるフォッカー死亡フラグパインサラダであった。
パインサラダ

登場人物

単語記事がある人はそちらを見てください。

放送当時の状況

放送時間は日曜日の午後二時からという、当時の子供なら食を食べて遊びに出かけている時間帯であった。

おもちゃタカトクイスから発売された他、プラモデルがイマイ(1/72)とアリイ(1/100)から発売された(バンダイは当初不参加)。放送時間の問題はあったものの、これら関連商品ヒットが放送延長に繋がった。

雑誌掲載は小学館コロコロコミックが熱心に行なっていた。当時はガンプラブームっ盛りであったが、講談社コミックボンボンに独占されていたため、これに対抗する意味もあったのだろう。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B6%85%E6%99%82%E7%A9%BA%E8%A6%81%E5%A1%9E%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9
ページ番号: 350582 リビジョン番号: 2349006
読み:チョウジクウヨウサイマクロス
初版作成日: 08/07/14 08:25 ◆ 最終更新日: 16/04/12 01:20
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ミンメイ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

超時空要塞マクロスについて語るスレ

48 : ななしのよっしん :2016/02/19(金) 15:08:07 ID: 5mr70QtccC
第27話「は流れる」を実質的な最終回として放送し、残り9話はその約2年後のエピソードを描くこととなった。戦後編と呼ばれるこの話は当時から評価が割れており、28話以降は見なくてもいい、いや見るべきではないという意見の方が圧倒的優勢ではあるが、戦後編を評価する意見も極少数ではあるが存在する。
この部分要る?
公式が監修してる本とかに書いてあったりコメンタリーで河がこういうことを言ったりしてたら話は別だけど掲示板が荒れる可性がある評価について書くのはどうかと。
自分も27話までが好きだけどさ。
49 : ななしのよっしん :2016/05/11(水) 20:39:47 ID: 4MtXSmkJRh
ロボットアニメアイドルが歌うっつーのが
どうも受け付けなかったが、一応普通バトルしてんのな
最初からちょっと見てみたいかも…
50 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 13:11:37 ID: NjZkTsALbq
Δ」からマクロスを知り、初代から視聴しているんだが、皆の言うとおり、「作画テンポの悪さ」が立つな。妙にカクカク動くバルキリーに煮え切らないとわがままなミンメイ…それでもこれがアニメ映画の名作につながっていると思うと感慨深いものがある…w
51 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 15:07:20 ID: MrNAap7rcL
タツノコ無能だってはっきりわかんだね
かつての栄は一体どこへ・・
52 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 15:16:55 ID: jYCm7cXjgO
>>51
この後タツノココケた原因はタイムボカンシリーズイタダキマンで、超時空シリーズサザンクロスで大失敗し、メインスポンサーだったタカトクがその結果倒産したのがだった原因。
最近はアイドルアニメの最大手として存在感を見せているからタツノコは十分「栄」の中にいるのではないだろうか
53 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 13:21:24 ID: hnIYapmGRt
おぼ見てから、テレビ版を見てるが、リンミンメイ、本当にただの一般人として登場したんやな。
アイドルの歌はまだかー。
54 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 11:47:10 ID: MrNAap7rcL
ロイフォッカースペシャルVF-1TV版とおぼ版の違いってフォッカーパイロットスーツ以外に何があるんや?プラモとかだと基本兼用されてるけどどうなんや?
55 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 08:18:59 ID: TDkYoXN6QP
この時代、ゼントラーディは歌だけでカルチャーショックを受けてるわけじゃないんだよな。
文化そのものが新鮮でそれに衝撃を受けた感じだし。
デルタになるとこれが「歌」、ミンメイだけで解決しちゃったって曲解されてるのは悲しいな。

56 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 01:22:41 ID: RfH8hjroiT
そもそもあんなアイドル歌謡に毛が生えた程度の陳腐な曲で人を死地に送るなんざ笑わせんなって感じ

あんなのしか用意できないならそもそもマクロスという作品自体がもう破綻してるんだよ
57 : ななしのよっしん :2016/12/02(金) 00:21:23 ID: mYzdwf8m9M
まあどっちかっつーと単なるアイドルソングなのにドエライ事になってるー!とか都市宇宙船が変形ロボットとかスマートな戦闘機が変形ロボットとか登場人物のクセが強いとか相手が巨人とか色々ぶっ飛んでるところが面がられてたんじゃないでしょか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015