さよならを言うあたしなのよ単語

サヨナラヲイウアタシナノヨ
3.6千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ
     \               ,'⌒ヽ
        ヽ               /      それはきっと別の
          \ /   ___,ノ  /!   フー・ファイターズ
    ---‐一 ´  ̄ ̄      /  |    あたしじゃあないと思う
  \__>-‐z,_/|  / | /i l_、 レィ7   . . .. . .. .
 、 ー‐ '    /j/  |/    ヒiハ リ|   これがあたしなの
. 、  \       ::l    , '"     `´ /.!    ・   ・   ・   ・  ・  ・、 ・
.   \  \   / .:!          _    |    -┼ ├  ┼ __ Lゝ 女 三 ニ、
.    ヽ.  ヽ/   :l     / ト、  lヽ ,ィ寸レ'   (二 .rj-、 / rナ  __) (__,   ,ノ
.       \ ∧  /ヽ   〈 ヽ_l, `¨ `ノ/    . .. .. .
         V | /::l:::ハ   `ー '´ _ ,.ィヽ/    あたしなのよ
          ∨ ̄ `ト、 ___,. -< /ヽ/
        |   l   ∨ ヽ/   ,. -──- 、最後に
        i ノ ー ヘ、      /        さよならが言えて
       /        ヽ   /           良かった… 徐倫
  __/          ノ  /
  /    /   /   /|   /
. 〈__|\┴---=ニ´::| l /
     |lヽ\      _,ノ {
     |二二〉 ̄ ̄    ヽ
       /           )

さよならを言うあたしなのよとは、フー・ファイターズの知性である。

ネタバレ注意

あなた…『覚悟して来てる人』…ですよね
この記事を読むって事は、逆に「ネタバレ」を見せられるかもしれないという
危険を、常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね…

この記事は、ジョジョの奇妙な冒険・第6部「ストーンオーシャン」の後半についてのネタバレを擁してます。

概要

漫画ジョジョの奇妙な冒険Part6ストーンオーシャンに登場する、フー・ファイターズ(F・F)の台詞

ホワイトスネイク(エンリコ・プッチ神父)がプランクトンに「スタンド」と「知性」を与えて生まれた新生物フー・ファイターズ。農場のトラクターに隠したスタンドの「DISC」を守らせるためにホワイトスネイクに都合の良い記憶だけを与えられた彼らだが、空条徐倫との出会いで、徐倫を守りたいと思うようになり、女囚エートロ体を得てF・Fとして徐倫らと共に刑務所生活を送る。

F・Fとして生きていく中、徐倫と出会ってから送った生活の事は何でも覚えている。公衆電話の変なラクガキや、毛布ゴミのにおい、トイレの音、徐倫たちとの世間話で笑った事など…。だが徐倫と出会う以前の、「DISC」を守るという命に従っていた頃はそれしか「記憶」になかった。何年間も農場で生活していたのに、理由も知らずただ命に従っただけの機械のような記憶しかなかった。

生きるという事はきっと「思い出」を作る事なのだ』とF・Fはそう悟っていた。徐倫父親や信頼する仲間の為に命を懸けて行動しているのは、きっといい「思い出」が彼女の中にあるから。「思い出」が細胞勇気を与えてくれる人間エネルギーで、それこそが「知性」であるとF・Fは感じていたのだ。それ故にF・Fが最も恐れているのは自分の「知性」が消失する事だった

思わぬ形で、黒幕ホワイトスネイク」の正体、エンリコ・プッチ神父と対面してしまったF・F徐倫の事を考えて勇気を出したF・Fは、エートロ体を捨ててでも徐倫ホワイトスネイクの正体を伝えるために行動線で呼んだウェザー・リポートの協もあって危機を脱し、ウェザーと合流して徐倫らの元へと向かう。

徐倫ナルシソ・アナスイの元へとたどり着いたF・Fだったが、連れて来たウェザーはホワイトスネイクによる幻覚で、その手刀アナスイの胸を貫き、F・FからDISCを奪い取る。辛うじて急所への攻撃をかわした徐倫プッチ神父の腕を「ストーン・フリー」の糸で作った手錠で捕らえ「手錠デスマッチ」を仕掛ける。

短い期間ながらも鍛え上げられた「ストーン・フリー」の実に耐えきれず、「天国へ行く方法」を手にするためプッチ徐倫めていた「空条承太郎記憶DISC」を死の淵にいるアナスイの体に投げて突き刺した。DISCホワイトスネイク人間を形にして取り出した物で、破壊される事永久に保存できるが、死にゆく者の体内にDISCが入ったのなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、その人間の死にDISCも引っられ朽ちて消失してしまう。

的であった承太郎記憶消失危機に、徐倫みすみプッチを逃し、プッチはとうとう「天国へ行く方法」で生まれた「緑色の赤ちゃん」と接触。プッチの計画はいよいよ大詰めを迎えてしまう。一方、「承太郎記憶DISC」は取り出す事が出来ず、なんとかしてアナスイの命を助けなくてはならないが、「ストーン・フリー」の縫合では出血を止められず、徐倫は看守を呼んででも助けを乞うが人の気配は全くない。

アナスイは今にも消えそうな意識の中、流れる血液の先にあるF・Fの生き残りに向かって、アナスイ自身の知性や生命を使ってF・Fが生き残る形でもかまわないから、徐倫の為にDISCを取り出せと命アナスイF・Fプランクトンと見下した態度を見せていたが、徐倫の為ならF・Fに後を託しても構わなかった。

アナスイ体からが昇っていく。徐倫蘇生に間に合わなかったと思ったが、昇っていくのは「F・F」で、F・Fアナスイの知性と生命を使って傷を埋めてアナスイの命を助け、DISCを取り出していた。F・F徐倫り掛ける。『一番怖い事は友達に「さよなら」を言う事すら考えられなくなる事だった』。でも最後の最後に「さよなら」を言える事が出来る「知性」がある事に、F・Fは誇らしげにしていた。

F・Fとの別れが信じられない徐倫は、プッチから「フー・ファイターズ」のDISCを取り戻す事が出来ればきっとれると呼び止めるが、F・Fはそれを否定する。

それは きっと別のフー・ファイターズ

あたしじゃあないと思う
これがあたしなの・・・・・・・・

さよならを言うあたしなのよ・・・・・・・・・・・・・

プッチが奪い取っていった「フー・ファイターズ」のスタンドDISCには、徐倫たちと過ごした思い出は残っていない。思い出を持ってさよならと言える自分こそ、徐倫たちと友達であったF・Fなのだ。

最後に徐倫の為に行動出来てよかった。さよならを言えて良かった。F・Fは全てに満足してと共に徐倫の前から消えてしまう。徐倫F・Fの名を呼んでも、本物のウェザー・リポート線からF・Fを呼んでも、帰ってくるのはそよの音のみだった。フー・ファイターズ、消滅――。

初めて徐倫と相対した時は、「知性」は生命の起以前から存在しているというフレッド・ホイルの説を信じ、自分の方が人間より「知性」があると誇っていたが、徐倫と暮らしていく内に「知性」の考え方が変化し、思い出を作り、思い出の為に行動出来る事こそが「知性」と思うようになったF・Fは、人間より人間らしい存在となったと言える。

ストーンオーシャン」最終章を前に物語から退場してしまうF・Fだが、人間として誇らしく去っていく姿はまさしく人間讃歌」であるとして読者の心に残る名シーンと言えるだろう。

い出のない人間は死人と同じだ(クリックでネタバレ部分を展開)

F・Fを生んだエンリコ・プッチと、その双子ウェザー・リポートにまつわる過去エピソードにおいて、プッチスタンド醒めようとする間、亡くしてしまったペルラの命を返してほしいと願うが、どんなスタンドでも失われた生命だけは元に戻す事はできず、その代わりにペルラが生きていたである「記憶」を「DISC」に封じ込めて取り出す事が出来る「ホワイトスネイク」が醒めた。

同時に、ウェザーは大切な人を奪って行った世の中に対して心の怒りが全ての人々を憎み、全ての人間動物までもが意識にカタツムリになってしまう「ヘビー・ウェザー」として発現。それを封じるためプッチはウェザーから「記憶」を「DISC」として奪う。この時プッチ思い出のない人間は死人と同じだ」モノローグで発言しており、F・Fが思う生きるという事はきっと「思い出」を作る事なのだと通じた考え方をしていることが伺える。または、「ストーンオーシャン」のテーマの一つとも言えるだろう。

トリビア

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

さよならを言うあたしなのよ

1 ななしのよっしん
2023/01/14(土) 14:32:22 ID: h/8nOlgHsv
作成乙
ジョジョ仲間は別れの言葉も言えず死ぬキャラばかりだからこそこの「前向きな別れ」のやりとりは泣ける
知性と記憶が全てで文字通り生きていただけのF・Fからしたらほんの数ヶでも楽しい時間過ごして仲間の為に全てを尽くして最期に心からの恩人にさよならを言えて逝ったF・Fは本当に幸せだったんだなって
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改