エンリコ・プッチ単語

エンリコプッチ
  • 33
  • 0pt
掲示板へ

エンリコ・プッチとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」第6部「ストーンオーシャン」の登場人物。

プッチ神父

 

ネタバレ注意 あなた・・・『覚悟して来てる人』・・・・・・ ですよね。
この記事を読むって事は、逆に「ネタバレ」を見せられるかもしれないという
危険を、常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね・・・

概要

CV速水奨ASB) / 中田譲治ウルトラジャンプTVCMEoH

作中での呼ばれ方はに「プッチ」「プッチ神父」。装は神父らしい格好だが髪型眉毛、もみあげ()がとても個性的である。       

1972年6月5日まれの39歳。類のアレルギーがある。ドメニコ・プッチという双子がいる。詳細は後述。G.D.st刑務所の教師で、所内の職員達にも信頼を集めている人物。警備が厳重な刑務所内を顔パスで移動も可職者らしく普段は物柔らかな態度である。親友のDIOを崇敬している。だがDIO息子たちに対しては駒としか思っておらず、自分を出し抜こうとするヴェルサスを始末した。

DIOが殺された事、『天国』を実現させること、過去に起きたとある事故トラウマが行動である。的を成し遂げるためなら他人を踏み台にする事を全くいとわず、自分の行いは正しいと信じて疑わないため、ウェザーには「おまえは自分が『』だと気づいていない、もっともドスい『』だ」と評された。

悪役・敵役らしからぬ並外れた強運(悪運?)を持ち、徐倫たちに幾度となく計画を狂わされ追い詰められても、その都度ピンチを切り抜けてみせている。また、想定外の出来事に直面したりパニックに陥ったりすると『素数』を数えて心を落ち着かせる、という奇癖がある。

生い立ち・過去

その運命は、双子・ドメニコ(のちのウェザー)と共に生まれた時から既に始まっている。プッチが誕生した日に、同じ病院で生まれたが死んでしまった赤ん坊をもつ女性母親)によってドメニコが死んだ赤ん坊とすり替えられ、双子の存在を知らずに育つ。

プッチ系は名門とつながっており庭は裕福で、両親と2つ年下のペルラからのを受け、そして与え、からも好かれる少年時代を送っていた。少年期に、生まれてすぐに亡くなった双子がいると両親から聞く。そして学校に行く決心をする。

「運命はなぜ自分ではなくを選んだのか?」「なぜ人は幸福と不幸があるのか?」「の幸福とは何なのか?」と、プッチは考えていた。

1987年神父になるための修行をしていた15歳の時に、教会DIOと出会う。日曜日以外は立ち入り禁止である納堂の物陰にいたDIOの足につまずいプッチは、太陽アレルギーなので日没まで休んでいたと言うDIOの理由に納得し、教会から追い出さない事を告げる。DIOプッチの生まれつき変形していた足のを治し、『矢』をプレゼントした。

1988年16歳の時に教会の手伝いしていると、悩みを告白・懺悔しに来た女性の話を聞くことになる。その女性は、かつてプッチ双子である赤ん坊を連れ去った母親であった。ウェス・ブルーマリン(=ウェザー)が双子である事を知ってしまうのだが、当時ウェザーは自身のペルラと交際している人であった。実の兄妹同士だと知らぬまま付き合っている状態を打開するべく考えあぐねたプッチは、もが経験するただの失恋になるよう何でも屋の男に『何も質問をしない事』『この2人を別れさせる事』を依頼する。

だが、何でも屋の男は何とKKK白人至上義団体)のメンバーであり、ウェザーの素性を調べると肌はいものの母親黒人結婚してるため、黒人息子であると勘違いしてしまう(※プッチは肌はめだがイタリア系の白人である)。仲間達を引き連れ、ウェザーをリンチにかけた挙句に木にるしてしまった。それを見ていたペルラはウェザーが死んだと勘違いし、ウェザーの後を追うように崖から身を投げ自殺してしまう。

プッチは自らの行いが引き金となってを失った事により絶望に駆られ、から引き揚げられたペルラの遺体を抱きしめながら自身の行いについてを嘆き、そしてDIOが以前会った時に言っていた人間の間にある「引力」の事を思い出した折、DIOから貰った『矢』がその体を貫きスタンドホワイトスネイク』を覚醒させる。この時、双子兄弟であるウェザーにもスタンドウェザー・リポート』が発現している。

その数日後、と大量のカタツムリが襲うという悲惨な事件が発生。ウェザーが意識に望んだスタンドの仕業であるとプッチは直感する。プッチは「これからは何でもする」と、ウェザーを処理する決意をする。そして自分が知らないを知っているDIOの話を聞くため会いに行こうと思う。

ウェザーと対面し、自身がだという真実を明かす。ウェザーの行動と思考が停止した数の隙を付いて、スタンドホワイトスネイク』で記憶DISCを抜き取る事により事態を収拾。ウェザーは過去の記憶をくした状態のまま、徐倫たちに出会うまでの長き時を刑務所で過ごす事になる。

プッチはその後、DIOとよく会う友人となる。ある日、DIOは「いつか裏切るのか?なぜわたしを襲わない?」と言いスタンドザ・ワールド』のDISCを抜き取るのか試すが、プッチは心底DIOを信頼していたので抜き取らない。DIOプッチを試したお侘びに、パワーが得られるというDIOの『』を授ける。(この期間中にDIO外の人物に対し相談する描写はなし。尺の都合の可性もあるが、この時から職者としても社会人としても難のある人物だったようだ)

のちにDIOは、「精進化し行きつく所」の『天国』へ行く方法があるかもしれないと言う。それを確かめるためにプッチの助けが必要であり、その方法は一冊のノートに記してあるとる。だがプッチノートを読む前に、1989年エジプトDIO空条承太郎によって倒されになった。

プッチ承太郎DIOの『天国』へ行く方法を記していたノート読み、燃やしたという事実を知る。

本編での刑務所を出る前の主な行動

DIOが死んでから22年後の2011年。プッチ神父は承太郎に親友のDIOを殺された敵討ちと、記憶DISCを取り出しDIOノートを読んで『天国』を実現させようとする。

承太郎の記憶を奪うために謀略を巡らせ、彼の空条徐倫刑務所へ収監する事で承太郎を誘い出す。DIOを心酔しており、承太郎への復讐を願っている部下、ジョンガリ・Aの協もあって承太郎の記憶をDISC化して奪う事に成功。ジョンガリ・Aはその後、口封じに殺。さらには、承太郎DISCを取り戻しにやってきた徐倫たちに対し、自らの持つスタンドDISCを与えた事でスタンド使いと化した刺客たちを差し向けた。

承太郎の記憶から『天国へ行く方法』を読み取り、『DIOの骨』から緑色の赤ちゃんめさせる。

ザ・ニュー神父!!!

ザ・ニュー神父!!!

プッチ神父は緑色の赤ちゃんと一体化し、姿が変化。額部分がになり、頭髪の剃り込みに3本の線があり流れ星のように見える。襟足が伸び、4つに束ねている。

ジャンプ掲載時の編集者による、ハジけたセンスのアオリ文の『ザ・ニュー神父!!!』が通称。第6部のアオリ文は、『ヤバイDISC」がIN!!』、『NO断念!!』、『お先にブルルン!!』、『少年誌随一!この「女達」、つええ!!』、『いきもの、皆デンデン!!』、『エンポリオがジャマ!!』、『引力、即ちラブ)!!』、など数々の名言迷言)を生み出している。


プッチ神父の身体に、DIOが首から下を乗っ取ったジョナサンの身体と同様にの痣が出現。これによってジョースターの血族(承太郎徐倫)の存在を感じ取る事ができるようになる。

天国』に行くための条件がう場所のケープ・カナベラルに向かう。DIO息子ウンガロリキエルヴェルサスが導かれるように集まり、徐倫たちに刺客として差し向ける(単行本の説明によると、ジョルノもフロリダのどこかに来ていたかもしれないらしい)。

2012年3月21日。ケープ・カナベラルに行くと、スタンドホワイトスネイク』が重力を操るスタンドC-MOON』へと進化徐倫の機転と承太郎復活により追い詰められるが、プッチ神父は重力の位置で『C-MOON』が更なる進化を遂げる場所を見つけ、『天国』へ行くためのスタンドメイド・イン・ヘブン』を完成させ身につける。

脅威の「時を際限なく加速させる」を発動。加速した世界でプッチ神父だけがそのスピードで行動できる。

宇宙を一巡させ『天国』に到達にするために時を加速させている最中、ジョースター側を殺徐倫によりイルカに乗って逃がされ生き残ったエンポリオも、到達した一巡後の『天国』で殺しようとする。

ケープ・カナベラルで『時の加速を発動させた時点』まで時を加速させ辿り着いてしまうと「いずれ自分を倒しに来るエンポリオが、イルカ逃げたのを見失う」という事が確定してしまっているので、『時の加速を発動さた時点』の前である刑務所内にエンポリオがいた時点で加速を止める。

天国』とは、人類が生まれてから滅ぶまでのあらゆる出来事を体験・記憶しており、運命が決まっていて、何が起こるか予知できるようになる世界である。プッチ神父は、人類が先に起こることへの「覚悟」が出来る幸福な世界だとる。発動者だけは自分の運命と、他人の運命を変えられるを持っている。

エンポリオは「発動者だけが運命を変えられる」ことを逆手に取る。

プッチ神父は策にハマり、ウェザーからエンポリオへと託されていた『ウェザー・リポート』のDISCを自らの手で運命を変えエンポリオの頭部にセットしてしまう。エンポリオはウェザーのを身につけ、空気酸素濃度を100%にしてプッチ神父の人体細胞を破壊し、ラッシュを打ち込んで勝利する。プッチ神父が『時の加速を発動させた時点』の前に死亡したため『天国』は起こらなかったことに変わり、崩壊した。

エンポリオジョースター一族とDIOの因縁がくなった一巡後の世界で、徐倫が転生した姿であるジョースター一族のの痣があるアイリン、そして共に平和に暮らしている仲間たちと出会う。

プッチ神父の名前の由来は、イタリアファッションデザイナー及びそのブランドの「Enrico Coveri(エンリコ・コベリ)」と、こちらもイタリアファッションデザイナー及びそのラグジュアリブランドの「Emilio Pucci(エミリオ・プッチ)」より。

スタンド能力

ホワイトスネイクホワイトスネイク
CV桐本琢也ASB) / 増谷康紀EoH
【破壊:? / スピード:D / 射程距離:? / 持続:A / 精密動作性:? / 成長性:?】 
人の記憶やスタンドDISC化して取り出せたり、幻覚を見せる事ができるスタンド
スタンドではあるが、半径20m移動できる遠隔操作。 プッチ神父が口頭で命を下すとスタンドが返答や任務了の報告をしてるので、自もあるようである。
スタンドプロフィールホワイトスネイクの素性がど判明していない単行本3巻時点での紹介内容につき、詳細が不明な部分が多い。
記憶のDISCでも頭に挿して中身を見る事が可スタンドDISCは適応さえすれば、他人のスタンドでも使える。 取り出したDISCは元の人間が死んでも消えないが、DISCが刺さった状態の人間死ねばそのDISCも消える。
何も入ってないDISCに命を入れ相手の頭に挿入するか、 相手の頭に手を入れ直接DISCに命をすることで自在に操る事も可音楽CDを入れられた人は、人CDコンポになる(グッチョ)。
DISCを取り出す過程(手順)は2通り見られ、 ターゲットから手DISCを抜き取る方法と、 相手に幻覚を見せてその隙に「心」を溶かし、DISCを抜き取る方法がある。 後者の方法は時間がかかるが、自身の正体がバレることなく抜き取れる。
DISCで視だけを取り出すこともでき、とても応用できる高性スタンドである。
フリーゲームディアボロの大冒険」の発想・ゲームシステムの大元となっているスタンドでもある。
このスタンド名の由来は、イングランド出身のハードロックバンドWhitesnake」より。このバンド名は「」という意味ではなく別の意味もある。
C-MOONC-MOON
CV桐本琢也ASB) / 増谷康紀EoH
【破壊ゼロ / スピード:B / 射程距離:? / 持続:? / 精密動作性:? / 成長性:?】
プッチ神父が緑色の赤ん坊と一体化し、ケープ・カナベラルに着いてから『ホワイトスネイク』が新生した姿。
重力に干渉するをもつ。『ホワイトスネイク』と同じく遠隔操作の人スタンドだが、重力を利用して 強肉弾攻撃が可重力を逆転でき、プッチ神父の周囲3kmはプッチ神父が上になるように重力の向きを変化できる。 プッチ神父から離れるほど重力の向きは通常に戻る。
また、攻撃した対の表と裏(内と外)を反転させる事もできる。 「破壊ゼロ」というスタンドではあるが、攻撃対の受ける引力を逆転させて内と外を物理的に「裏返す」ため、実質的には近距離パワースタンドと同等かそれ以上の破壊を誇る。
しかし、後者は表裏の概念い物(メビウスの輪クラインの壷など)には通用しない。
余談だが上記の「ディアボロの大冒険」では、 ディアボロHPゲージを逆転させるというしいを使う敵として登場した。 簡潔に説明すると、下記の図の通りHPゲージの体力部分とダメージ部分の面積を逆転させるというもので、 残HP60の場合は40へと減り、25残っている場合は75まで回復する。 そして、HP満タンの時にこれを受けるとHPが1になってしまうという脅威のであり、 多くのプレイヤー混乱恐怖させた。原作を知る人なら、このを防ぐ手段はピンと来た事だろう。
(例:■■■■■■■■ → ■■■■■■■■、 ■■■■■■■■■■ → ■■■■■■■■■■
このスタンド名の由来は、Paul McCartney & Wings(ポール・マッカートニー&ウイングス)の楽曲「C Moon」より。ちなみに「C moon」とは穏やかな性格を持つ人をす言葉としてポール・マッカートニーによって作られた造である。

メイド・イン・ヘブンメイド・イン・ヘブン
【破壊:B / スピード無限大 / 射程距離:C / 持続:A / 精密動作性:C / 成長性:A】
『C-MOON』が更なる進化を遂げた、プッチ神父のスタンドの最終進化形態。 下半身は「前半身だけの」、上半身は首に羽飾りを着けた人間の姿で、 顔の中央と全身各所に計器が付いている。
ジャンプ連載時は『ステアウェイ・トゥ・ヘブン(天国への階段)』という名前だった。
時を際限なく加速するで、『天国』を実現させるスタンドである。
加速した時間の中をプッチ神父だけが加速した速度で行動できるので、 傍にはプッチ神父だけがに映らないほどの高速で行動しているように見える。 スタンド自体のパワーは他のスタンドべてもさほど強ではないが、 時の加速による超スピードを乗せることで凄まじい攻撃を発揮する。
時を加速するを得たためか、『メイド・イン・ヘブン』のスタンドの姿を発現する直前も 承太郎の「高速に動くことで時を止める」がある『スター・プラチナ』による 時間停止を認識でき、承太郎の攻撃を辛うじてだがかわせている。
そして何より、時間を加速し続けて『宇宙を一巡』させる事こそがこのスタンドである。
宇宙が一巡した後の世界の『天国』では、人類は運命が決まっていて先に起こる事が の知らせのように予知できるようになるので、『覚悟』が出来る。 前の世界で死んだ者は、そのまま一巡後には連れていけない。
の発動者は自分の運命を変え、他人の運命も変えることができる。 発動者だけが運命を自由に決められるので、世界の『』になれるとも言える。(ただしプッチがこのめた的は上述の通り、「」になる事でも全人類の頂点に立つことでもなく、『全ての人類が「覚悟」に覚める世界を創造する事』であるが。)
エンポリオは「発動者だけが運命を変えられる」ことを利用し、プッチ神父に打ち勝った。
より詳細な内容は「メイド・イン・ヘブン」も参照。
ステアウェイ・トゥ・ヘブン」の由来は、イギリスロックグループLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)」の代表曲「Stairway to Heaven」より。
メイド・イン・ヘブン」の由来は、イギリスロックバンドQueen(クイーン)」のアルバム名もしくはそのバンドボーカルの「Freddie Mercury(フレディ・マーキュリー)」のソロ楽曲名「Made in Heaven」より。

イラスト

プッチ神父 プッチ神父 ザ・ニュー神父!!!

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

一般項目

関連人物

【スポンサーリンク】

  • 33
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エンリコ・プッチ

607 ななしのよっしん
2020/09/26(土) 16:12:06 ID: H5HNiXw4+r
>>606
なんつーか原作からしたら地獄みたいな帰結になった出来事だなそれ。

6部DIO明らか3部DIOとはキャラ変してるけど、本当に神父のことは友人と思ってるような描写に見えたよね。
どのディオも魅があるけど、やっぱり1部の人間越したつもりでいるけど、実はへの憎しみみたいな人間らしい憎を抱えるディオJOJOの関係が一番好きかな。あと純ハングリーDioも好き。
プッチは最高にたちの悪い人間性と、主人公補正に守られてるような運命スタンドの理不尽な強さとかで本当に嫌い(褒め言葉)末路まで含めてJOJOシリーズ全体のラスボスとして璧なキャラクター
608 ななしのよっしん
2020/09/26(土) 17:53:23 ID: VYid93a3cK
スレチは巣へ帰ってどうぞ。

プッチ神父は幼少時から運命論に興味あっての件でメンタルぐちゃぐちゃで、DIOに魅かれるのは確かに分かる。
DIOは三部から「恐怖することが生きること」なんて哲学に傾倒してたし、プッチ神父DIOはある種の似た者同士なのかもしれん。
そりゃぁDIO海底に一世紀近く沈んでたら、性格が多少かわってもしょうがない、発狂しなかっただけマシ

作中でルーブルマイケルについての飲み話にを咲かせたり弱いスタンドったりと、趣味嗜好の相性も良かったんだろう。
承太郎ポルナレフタバコ芸やオレンジ一気食いとかやってるノリと似てるな。

というかDIOと対面した、花京院アヴドゥル含めた大抵の人間DIOに気圧されてた、ホル・ホースが暗殺を企んだこともあったけど。
そんな中、DIOに軽口を叩き親友と言い切るプッチ神父は意外と根性あるな、図太いだけかもしれんけど(笑)
609 ななしのよっしん
2020/10/02(金) 18:52:16 ID: uFY1Xxt1Gc
スレチとはいったい……?
610 ななしのよっしん
2020/10/12(月) 15:06:58 ID: fjC7wcikuV
承太郎がやられるシーンを見た時はショックだったけど
6部の承太郎はとっくに主人公を退いた老兵だったし
それに倒されるラスボスってのもどうなんだって感じだから
今はあの結末に納得してる

というか敵のと心理を視野に入れたプッチの戦術に感心してる
611 ななしのよっしん
2020/10/24(土) 02:42:46 ID: WS3HLq0TNf
>>610
ほんと久々読み返してみるとカッコいよな
メイドインヘブンアニメだとどうなるんだろう、スピード感のあるバトルだからめっちゃアニメ映えするよね
承太郎の死は漫画だと結構あっさりしてるし、脚本がおかしくならない限りちょっと追加して欲しいな
それ抜きでも号泣する人が続出しそう
612 ななしのよっしん
2020/10/26(月) 17:42:58 ID: 12Zf8mc4V5
6部がTVアニメになったらプッチ神父役はかなって考えてて、大川透さんの名前が浮かんだ。
そうなると、今までのナレーションが、全てプッチ神父リサーチと独白という意味付けもできて面白いかな、と。
ただ大川さん、たまにモブも当ててるんだよね。
613 ななしのよっしん
2020/11/06(金) 04:05:16 ID: zgaZc9B416
結局、プッチ神父って的を達成したんだっけ?

原作読んだのだいぶ前だからうる覚えなんだけど
614 ななしのよっしん
2020/11/17(火) 14:36:46 ID: hc13WJRfuF
アメリカ人種差別が問題になってるけど。
プッチの肌がいだけならいざ知らず、ウェザーの暴走(プッチの行動の大元となった事件)が白人至上義による物ってアニメ化大丈夫かなこれ?
615 ななしのよっしん
2020/11/24(火) 19:22:07 ID: ZVtNMuFIyu
ディオの思う天国プッチ神父が思う天国って恐らく全然違うものだよね
プッチ神父ディオのこと善人だと思ってるけどディオは「俺様最強オオオオ!!」みたいな世界こそ天国だろうし
616 ななしのよっしん
2020/11/24(火) 19:42:56 ID: VYid93a3cK
DIOった「不安や恐怖して安心を得る」って根っこは共通してる気はする
物欲的ではない幸福こそ天国みたいな事も六部でってたし
プッチはそのコンセプトを「宇宙を一巡させて運命を固定」って方向で実現したんだと

まぁ解釈は読者の数だけ存在するから、各々が勝手に妄想してればいいしね

おすすめトレンド