アフタヌーンショー単語

アフタヌーンショー

アフタヌーンショーとは、テレビ朝日系列1965年4月から1985年10月まで月曜日から金曜日正午に放送されていたワイショーである。

概要

NETテレビ(現:テレビ朝日)では、番組開始前年の1964年日本初のワイショーとなる「モーニングショー」を始め、この成功により日本テレビ界にワイショーというジャンルを定着させた。これを受けて、当時不毛の時間帯であった平日正午にもワイショーを投入したのがこの「アフタヌーンショー」である。

数年遅れて始まった「おワイショー」(日本テレビ)や「3時のあなた」(フジテレビ)と共に、平日正午から午後の時間帯にもワイショーを定着させた記念碑的番組である。

歴史

番組の歴史は大きく区分けすると前期の会時代と中期以降の川崎敬三会時代の2つに分けられる。

番組開始当初

当初は会をNETアナウンサーと8人の応募で採用した素人のアシスタントで番組進行をしていたが、視聴率は苦戦をしていた。このため、女優光子メイン会に据えたテコ入れを行うなど徐々に軌修正が行われる。
番組開始から10か後の1966年1月、番組会者に落語家治を起用。
番組では討論コーナーである「怒りのコーナー」でに若者に対して、治がスタッフ示で本気で怒り出すというのが話題となる。これにより治は『怒りの小治』という異名を得た。また、圧療法創始者・浪越徳治郎を起用した「圧のコーナー」、料理研究田村菜を起用した「料理コーナー」の三本立てで人気番組となった。

番組中期

この「怒りのコーナー」は治と番組自体の代名詞となっていたが、頻繁に糾弾の玉に上がっていた若者の間で当時強い支持を獲得したラジオ深夜放送から批判が上がり、後に視聴者でもある主婦層にも飛び火する大論争となる。この世論に押される形で、1973年8月、小治は涙を流して番組会を降した。
その後すぐに俳優山田一が会を担当したが、トラブルに巻き込まれてわずか3かで降
NETアナウンサーが半年間つないだ後、1974年3月より俳優川崎敬三に会を交代をして以後は最終回まで担当するようになる。

番組後期

会が川崎敬三になった頃になると、に芸と事件事故を追及をする形となった。同時に芸レポーター・元勝と俳優山本耕一もレギュラーとして加わった。特に元は女性誌の記者から転身し、芸レポーターとしてデビューをした番組でもあり、決まり文句の「恐縮です!」は流行となった。また山本は事件をスタジオ再現をし、川崎山本とのやり取りで「こうなんですよ川崎さん!」「そうなんですか山本さん!」視聴者に強な印を残した。

漫才コンビのザ・ぼんちがこのやりとりをパロディーにした漫才ネタを披露したことで更に広まり、当時の流行となった。
1981年にザ・ぼんちがこれを取り入れた『のぼんちシート』という曲もリリースし、これも大ヒットしている。

やらせリンチ事件発覚、打ち切り

長きに渡り君臨してきた「アフタヌーンショー」であったが、1982年に「笑っていいとも!」(フジテレビ)がスタートして以降徐々に視聴率が低迷し始める。

この視聴率低迷に焦った番組スタッフが、番組どころかテレビ朝日までも揺るがす大事件を起こしてしまう。

1985年8月、「写、中学番長セックスリンチ告白」という企画を放送。東京都福生のの多摩河川敷不良60人がバーベキューを しているところで女子中学生5人が不良少女2人にリンチされる一部始終映像で捉えたというもので、番組ではこの模様をドキュメンタリーとして放送したが、同年10月9日にこのリンチを行った少女暴走族の元リーダー逮捕された際に「番組ディレクターが関係者に取材協費を払って暴行を行うよう示した」と供述し、やらせであったことが判明。

実は、番組ディレクターリンチを行った暴走族の元リーダーにあたる人物が知り合いであり、彼らを介して番組ディレクターが実行犯となったの不良少女たちにリンチを依頼したという、マッチポンプ事件だったのである。

この事件の発覚により、リンチを受けた女子中学生母親電車に飛び込み自殺。番組ディレクターも暴行教唆で逮捕された(同時に懲解雇)。

一大スキャンダルとなったこのやらせリンチ事件により、当時のテレビ朝日社長が「アフタヌーンショー」生放送で謝罪。番組スポンサーも全社撤退し、会の川崎敬三や番組レギュラーも降を表明する状況となる。

テレビ朝日上層部は当初「番組内容の大幅刷新を行った上での番組継続」もしくは「後継番組の立ち上げまで1ヶほど『アフタヌーンショー』を継続させた上での番組終了」を模索したものの、一大スキャンダルを起こした番組を継続させようとするテレ朝側に番組スポンサーネット局、視聴者激怒
ネット局の中には「このまま番組を継続するのなら『アフタヌーンショー』のネットを打ち切る」と通告する局が現れ、また番組スポンサーが全社降した状態でテレビ朝日ネット局に支払わければならない営業保を含む経費負担が大な額になる見込みとなり、さらに「テレビ朝日テレビドラマに出演すると自分もイメージが悪くなる」と出演を渋るタレントが現れるなど他部門の現場にまで影が出始めた。そして、ついに上層部は10月17日に「翌10月18日の放送をもって番組を打ち切る」と決断した。

監督官庁である郵政(現:総務省)が厳重注意を行い、一時は放送免許更新拒否の危機となったものの、条件付きでの更新が認められ、最悪の事態はなんとか避けられた。

急遽打ち切りを決定した「アフタヌーンショー」の最終回は、歴代出演者・リポーターをゲストに招き20年間に渡った放送を懐かしのVTRで振り返るという内容となった。

番組視聴率は低迷していたとはいえ安定したブランドのあった「アフタヌーンショー」を失ったテレビ朝日平日正午はその後迷走期に入り、以降の約11年間は何をやっても長続きしない「死に」と言われるようになる。この視聴率低迷がテレ朝自体の大迷走時代の引き金を引くこととなり、長きに渡って「振り返ればテレビ東京」と呼ばれる存在となった。

1996年4月に「ワイド!スクランブル」が始まり、ようやくこの暗黒時代から脱している。

ネット局

番組当初は、ネット局がNET毎日放送九州朝日放送で同時ネット名古屋テレビで時差ネットを行っていた。

その後番組が人気を獲得すると、当時NETが多くの系列局を持たない弱小局であったことからNET系列外でも時差ネットで放送する局が全に増えていく。
特に1960年代後半から1970年前半にUHF波で開局をした新設局が大量にネットを開始している。この背景には、「アフタヌーンショー」についていた全ネットスポンサーを獲得したいネット局も思惑もあった。

こういった形でネット局を拡大していった背景があり、正午の同時ネット局は少なく、時差ネットをする局が多数を占めていた。「うちの地方では午後2時か3時に放送をしていたのを見ていた」と記憶している人が少なくない。

やらせリンチ事件」による番組打ち切り以降もこの時差ネットはしばらく維持され、1993年3月まで継続していた。また、テレビ朝日1970年代後半より自社系の新規開局を進め、徐々に正午の同時ネットへと移行するネット局も増えていった。

ただし、岩手県で当時ネットしていたテレビ岩手では、1969年の開局からクロスネット局にもかかわらず正午に同時ネットをしていたが1980年に番組を打ち切っている。 これは岩手県庁職員が番組にスキャンダルを告発をして大騒動になったため、テレビ岩手煽りを受けて番組の終了&ANN脱退をしたという説と、東北新幹線が建設されていた時代に「駄な共事業」と番組で批判したことが岩手県庁の怒りを買ったという説がある。

テレビ朝日系列と他系列とのクロスネット局の中には平日正午に「アフタヌーンショー」の同時ネットを選択した局も少なくない。新潟県新潟総合テレビ)と福島県福島中央テレビ)では平日正午にこちらのネットを選択したため、メイン系列で放送されていた「笑っていいとも!」や「おワイショー」がしばらく放送されていなかった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アフタヌーンショー

1 ななしのよっしん
2014/03/06(木) 17:28:54 ID: UHv/+aS/f3
記事作成乙
こっちの記事がある以上、日本初のワイショーであるモーニングショーもそのうち作ったほういいかもね
2 ひろポン
2014/11/04(火) 21:16:38 ID: S2hMXyWgNu
とりあえず現在(2014年11月現在)テレ朝正午から放送されている「徹子の部屋」を関連項目に追加して欲しい。
3 ななしのよっしん
2016/05/04(水) 08:01:52 ID: ids5xxKq6y
テレ朝の売上高の順位がキー局の中で最下位のテレ東の次にあるのは、この事件との関係があるのかな。

あとなんか最近、テレ東みたいなバラエティー番組をテレ朝が作っている気がするけどこれはあまり関係はないよね‥?
4 ななしのよっしん
2016/05/07(土) 13:06:32 ID: UHv/+aS/f3
>>3
テレ朝歴史的経緯で元から弱小局で、日テレTBSフジテレビよりも格下扱いをされていたからそうなっていた
でもプロレスアニメワイショーには強くて、時間帯によってはそこそこドル箱番組を抱えた堅実経営をやっていたのよ
それが、1980年代後半~1990年代ネット局拡大路線、プロレス人気の失墜、そしてアフタヌーンショーやらせリンチ事件による信頼の失墜が一気に重なってこの後25年くらい辛める時期に突入した・・・というのが正しい
一時はニュースステーションドラえもんくらいしか人気番組がないなんて揶揄されるくらいだったから
今のテレ朝は売上高はTBSえて、視聴率も暗期を脱しているから全然良くなった方よ
5 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 16:40:26 ID: ids5xxKq6y
>>4
亀レスになりましたが、
そうだったんですね。参考になります。