イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼン単語

イザークフェルナンドフォントゥルナイゼン
2.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼンIsaak Fernand von Turneisen)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

CV.大滝進矢石黒監督OVA)。

概要

銀河帝国軍人。ラインハルト直属の分艦隊官の一人で、ラインハルトと同い年の軍人。石黒監督OVAでは灰色に自信が溢れた表情が特徴な青年軍人として描かれ、同作中での艦隊旗艦は<テオドリクス>。

「フォン」の称号を持つの出ながら持ち前の才と先見の明で頭を現したが、自身のへの過信と自己顕示欲、そして同い年の覇者に対する過剰な意識によって自ら栄達のを失わせしめる結果となった。

戦歴

トゥルナイゼンは軍幼年学校ではラインハルトと同であり、首席こそラインハルトが独占していたものの、それを追う優秀な成績で卒業した。その後ラインハルトと違い士官学校に進んだが、彼はあえて中途退学を選び、ラインハルト同様に前線に出て武勲を重ねた。

帝国488年、リップシュタット戦役が勃発すると、彼は同貴族将校がこぞって貴族連合に参加するのをラインハルト側に立つことを選んだ。彼の眼は正しく、カール・グスタフ・ケンプ揮下でリップシュタット戦役勝利した彼は中将としてラインハルト直属艦隊の官の一人に抜される。

489年、“神々の黄昏作戦の発動によりラインハルトとともにフェザーンへと降り立ち、翌490年の新年パーティーにも参加。原作ではこのパーティーが実質的な初登場(それ以前に「神々の黄昏作戦の説明時に名前が登場、石黒監督OVAではガイエスブルク要塞移動実験に向けたケンプ、ミュラー両艦隊の出撃時に姿を見せる)となる。

バーミリオン星域会戦においては縦深の第二を任された。しかし、トゥルナイゼンは血気に逸って前進を命じ、ヤン艦隊と帝国軍第一が衝突せんとしていたところに後背から殺到して最前線に大混乱を招くことになる。ラインハルトの直接命によってトゥルナイゼン艦隊自体はどうにか後退したものの、その混乱ラインハルトの壮大な戦略そのものを危うくしかねない大きな失敗であり、事実ヤンはそれを巧みに利用して帝国軍の前方部隊を撃破した。

その後、縦深に感づいたヤンが後退して戦を再編して陽動に出ると、トゥルナイゼンもそのラインハルト艦隊の一員として陽動部隊(帝国軍はヤン艦隊本隊と考えていた)を攻撃する列に加わり、結果ヤンの構築した巧妙な陥穽に落ち込み包囲殲滅の危機したが、幸いにも戦死・戦傷ともに免れて停戦を迎えた。

に見合わない大言壮バーミリオン会戦緒戦における不手際などから新王成立以後は閑職に回され、登場しない。ただし後に大将の一人として「精を欠く」という形で名前が出ており、バーミリオンで敗戦した同僚と同等に昇進を果たしたと思われる。

能力

自己過信や戦乱の時代の終焉への焦り、大言壮癖やラインハルトへの過剰な意識など欠点は多いが、任官後、指揮官としてもまた作戦参謀としても武勲を立てたとあり、軍人としてのは基本的に優秀といえる。

実際、バーミリオン会戦最終局面ではウェルナー・アルトリンゲン、ロルフ・オットー・ブラウヒッチといった他の指揮官の部隊が「軍隊の残骸」にまで落ち込み、グリューネマンも負傷して参謀長が揮を代行している中で、「防御だけで手いっぱい」ながらもカルナップと並んで戦線を維持し続けた点には見るべきものがある。またラインハルトも彼のをある程度信頼していたようで、輸送船団護衛を揮していたゾンバルト少将の救援に駆けつけるよう命じられたのもトゥルナイゼンだった。

しかしやはり彼が後の七元帥クラスに劣るのは戦略面での軽率さで、ヤン艦隊の蠢動にパターンを見出そうとする言動などはビッテンフェルト上級大将にばかにされる結果となってしまっている。

その他、彼の優秀さとして際立つものとして、その先見の明が挙げられる。貴族出身でありながら士官学校を中途退学という思い切った行動で前線に出る、リップシュタット戦役で(幼年学校貴族生徒の中では嫌われ者だったはずの)ラインハルトに味方する、といった選択をあえて取ったその器量は、彼のを評価するのに見落すべからざる部分であるだろう。

評価

やはり自己過信と大言壮の欠点は大きく、バーミリオンでの不手際の後の評価は散々なものである。

パウル・フォン・オーベルシュタインは遠くにとどくのに、はちかくのものしか見えない。忌避すべき輩ですな」という評はそれを如実に表しているといえる。

藤崎竜版コミックにおいて

藤崎竜コミックでは序盤からラインハルトの軍幼年学校時代の同級生として登場。

貴族を吹かせる優等生という濃いキャラ付けで、トゥルナイゼンがラインハルト同級生だったという設定を失念していた読者を圧倒してみせた。今後の活躍を期待するや切である。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼン

60 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 17:11:12 ID: /459c7a4mq
キルヒアイスリップシュタット戦役
亡くなってしまったので、自分が
手柄を立ててラインハルトに認められたかった
…てのはないか、さすがにww
61 ななしのよっしん
2020/04/29(水) 14:47:57 ID: XXoKKY9v6a
>>58
だからその大将の中に入れてること自体が可笑しいって
ことだよ。それのどこか設定忘れが変なわけよ。
62 ななしのよっしん
2020/05/10(日) 18:17:53 ID: ctvNEsPLim
>>61
>>57でのあなたの
「理由もく精が掛けている人物が大将と言う重要ポストに付く事自体が可笑しい」
よって、トゥルナイゼン大将になっているのは
銀英伝に良くある設定忘れや誤植の類と思っている」
という論理だと理解している。

だけど、私が>>58引用した原文は「大将の中でトゥルナイゼンは閑職にあって精を欠く」ことを意味する。
つまりトゥルナイゼンが「バーミリオン星域会戦で失敗し、以後精を欠いている」ことは作者がその場で書いた上で、なお大将のなかに含んでいるのだから、これが「設定忘れや誤植」なわけがないでしょ。
63 ななしのよっしん
2020/08/20(木) 16:22:17 ID: u7mgEtF9Ug
トゥルナイゼン大将じゃなかったらバイエルラインの前に名前が出てくるはおかしい気がする。
64 ななしのよっしん
2020/10/01(木) 15:13:02 ID: Z0gu89RKJD
一歩間違えば帝国フォークになるところだったトゥルナイゼン
65 ななしのよっしん
2021/03/01(月) 00:40:26 ID: xxJ6x5VqR2
ラインハルトの才覚をい段階で見抜いているあたり先見の明はあったといえる。
正直軍人より企業政治家の方が向いていたんじゃないだろうか。
66 ななしのよっしん
2021/04/07(水) 21:52:39 ID: MRI/exf2Ol
本編の後は軍人に見切りをつけてそっちに行ったかもね
67 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 18:31:04 ID: OHI/F5pPf2
得意の先見の明を発揮して議会が開かれたら参加しそうだな
68 ななしのよっしん
2021/04/19(月) 21:27:24 ID: jYx2xnarYv
く手柄を立てないと上がりいから必死になる下っ端って
ポジションとしていい仕事をしてるなフジリュー版。
69 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 11:55:04 ID: gkNueKrqu/
しかし人格面はともかく面で明らかトゥルナイゼン以下なんじゃないのっていう提督ばっかな同盟将官の多さよ
いやまあ経歴だけ見るとこいつが妙に有能ムーブしてるだけの気もするが
ヤン艦隊とか見てもフィッシャーおっさんメルカッツ除けば二番手の提督がアッテンボローで可哀相