ウォーハンマー単語

ウォーハンマー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ウォーハンマーとは、以下のことをす。

  1. 中世ヨーロッパで使われた戦闘用の槌のこと。日本語では戦鎚(せんつい)とも呼ばれる。基本的な構造は槌と同様で、柄の先に直に接合された頭(鎚頭、槌頭または柄頭)を備え、頭の両端のどちらかを相手に打ち付けるよう振って使用する。
  2. イギリスの「ゲームワークショップ」社が企画制作、販売するミニチュアゲーム及びSF/ファンタジー作品のことをす。本項で説明

概要

卓上でミニチュア模型を使って遊ぶミニチュアゲーム的作品。大量のミニチュアを使って戦争再現するいわば「ウォーシミュレーション」に属する部類のボードゲームである。駒にあたるミニチュアは未色、未組み立てであり、購入者自身で色や成形を行う。こうしたクラシカルなタイプミニチュアゲームとしては、現在では世界最大のシェアを持つとともに、海外では絶大な知名度と人気を誇る。現在展開されているシリーズも複数あり、ファンタジー物の「ウォーハンマーエイジ・オヴ・シグマ」とSF物の「ウォーハンマー40000」が存在する。

ウォーハンマーシリーズゲーム性もさながら、背景設定やシナリオも作られており、一つのSF及びファンタジー作品としても十分に楽しめる。

ウォーハンマーシリーズ原作としたゲーム小説ドラマCDなども展開されており、今後は映像化にもを入れていくという。

シリーズ一覧

ウォーハンマーファンタジーバトル(WHFB)
元祖ウォーハンマーにしてシリーズ最初の作品。ニコ動人気のある「ウォーハンマーRPG」の原作1983年リリースされた。オールワールドと呼ばれる大陸を中心とした国家間や異種族同士の戦争を描いた作品。終末が近い世界での戦争や冒険、悲惨な物語を描く泥臭い「ダークファンタジー」の部類に入る。
ミニチュアを使った大規模でかつ幻想的な戦いを再現でき、発売当時のミニチュアゲーム業界に新を巻き起こして大ヒットとなった。日本語版も1996年からリリースされ、ルールブック翻訳されているが、現在では入手が困難となっている。2014年完結編であるストーリー及びエキスパンションである「エンドタイム」にて作品が完結30年以上の歴史に幕を閉じた。
ウォーハンマーエイジ・オヴ・シグマ(WHAoS)
ウォーハンマーファンタジーバトルの続編。2015年リリースされた。ファンタジーバトル世界が崩壊し、新たな世界モータル・レルム」と呼ばれる世界での「々の戦争」を描く作品。前作にダークファンタジー成分は少し緩和され、逆にヒロイックでかつ神話的なファンタジー要素を前面に押し出した。ゲーム性も前作にべて用意する物品が減り、ルールも整理されより遊びやすくなった。
現在でも日本語版がリリースされ、ルールブックも少しづ翻訳が進んでいる。
ウォーハンマー40000(WH40K)
遠い暗未来西暦40000年を舞台にした宇宙戦争を描く作品。1987年リリースされ、作中で一番の人気を誇る。銀河系舞台にした人類の存亡をかけて戦うSFモノ作品で、宇宙人宇宙怪獣、果ては悪魔とも戦うというSF要素とファンタジー要素が見事に融合した世界観が特徴となっている。
ゲーム性としては銃火器レーザー兵器を使った射撃戦や大兵器ロボット等が登場し、それらを利用したルールが特徴となっている。
現在でも日本語版がリリースされているが、ルールブックの大半がまだ未翻訳のままで遊びにくい。

ウォーハンマーシリーズの日本展開

日本では1996年に初代ウォーハンマーが日本上陸。ジョーシン電気ボークスなどの輸入代理店を通じて販売されていたが、販売を取りやめている。

2000年代からはウォーハンマー販売元のゲームワークショップ日本支社が創設され、日本語での販売、サポート等が本格化。ウォーハンマー40Kも2004年から日本語版が発売される。東京神保町中野を中心にメーカー直営店ができる等、日本におけるウォーハンマーのコミュニティーやサポートが少しづつ整っていった。

しかし、2008年リーマンショックを機に、日本におけるウォーハンマーのサポート翻訳が縮小されていく。具体的には、今まで採用されていた翻訳チーム解雇と、それに伴うルールブック日本語翻訳の中止、日本語公式サイト通販閉鎖等、今までよりも日本語でウォーハンマーが楽しめなくなる厳しい状況が続いた。

そんな厳しい状況が2017年から少しづ善されていく。日本語版のルールブック翻訳がこの頃から再開され、メーカー直営店の「ウォーハンマーストア」が東京大阪を中心に続々開店。さらに、かの有名な模型雑誌「ホビージャパン」がウォーハンマーのコーナースタートし、グッドスマイルカンパニーからウォーハンマーの簡易キットが発売されるなど、ここ数年でウォーハンマーの日本展開やサポートが大幅強化された。

そして、有名ホビーメーカーバンダイからウォーハンマー40Kのガシャポンアクションフィギュアが発売が予定されるなど、日本におけるウォーハンマーの人気が少しづつだが上がっているのだ。

ニコニコ動画でおいてのウォーハンマーシリーズ

日本での知名度の低さもあってか、ニコ動サービスが10年経った現在でも投稿された動画はそんなに多くない。特にミニチュアゲーム模型に関する動画は少なめだが、それらを原作としたゲーム動画が大半を占めている。さらに少数ではあるが、世界観や設定を解説する動画もあり、初めてウォーハンマーシリーズに触れる人でも楽しめる動画投稿されている。

余談だが、ウォーハンマー関連の動画で再生数が上位なのは、ウォーハンマーFBのTRPG「ウォーハンマーRPG」の動画と、ガッチマン氏の「ウォーハンマー40K スペースマリーン」のプレイ動画である。

さらに余談だが、ポコニョーリ氏のSkyrimゆっくり実況動画ニンジャリム」に出てくる「モーターヤサシイ」の元ネタは、ウォーハンマー40Kに登場する改造兵士スペースマリーン」である。

関連動画

ウォーハンマー ファンタジーバトル

ミニチュア、解説関連

ウォーハンマーRPG関連

トータルウォー ウォーハンマー関連

その他、デジタルゲーム関連

ウォーハンマー エイジオヴシグマ

ミニチュア、解説関連

ウォーハンマー40000

ミニチュア、解説関連

ゲーム関連

関連商品

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォーハンマー

1 ななしのよっしん
2019/11/06(水) 23:16:00 ID: rZ+JgMxolB
記事あったのか。最近は知名度も上がりつつあって嬉しい。始めて一年も経験してないけどそれなりの物が作れる易しさに感銭面以外では初心者にも優しい。コデックス集めるだけでも楽しい。