ゴブリン単語

ゴブリン
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

ゴブリンとは、

  1. ヨーロッパ民間伝承に出てくる想上の生物
  2. マクダ ネルXF-85ゴブリン - マクダネル社が開発した試作戦闘機。実用化はされなかった。
  3. ゴブリン(バンド) - イタリアロックバンド現在プロジェクトとして名前が残っている。
  4. ゴブリン(漫画家) - に成人向け作品を手掛ける漫画家自己紹介しとこう!
  5. ゴブリン(生放送主)-東越谷に存在しているという魔物。お経と三味線が得意。
  6. ゴブリン(声優)-ものまねタレントナレーターとしてに活動中。大沢事務所所属。
  7. 野間易通活動家)-対レイシスト行動集団(C.R.A.C.)代表。

本項では1について解説する。

概要

採掘ゴブリン元々はヨーロッパに伝わる、鉱山や洞窟等に棲むと言われるイタズラ好きの妖精精霊)若しくは小人である。

妖精と言ってもフェアリーのようならしいイメージどなく、大抵は醜悪な外見に邪悪な性格を持つ存在としてられる。見たはかなり小柄で、大人でも体長が30cm程度しかないという伝承もある。

イタズラや悪事を好み、人間を怖がらせたり困らせたりする。他の妖精達はゴブリンと間違われたり混同される事をしく嫌うが、伝承によってはノームやドワーフ同一視されることもある。日本でいう「子」や「天邪鬼」に相当するだろうか。

名前の由来には様々な説があるが、一説ではコバロス(Kobalosギリシャ語で「子供」を意味する)という単から来ていると言われている。事実ゴブリンはかつて、「イタズラや悪さをするが、どこか子供のように嬌のある存在」であり、必ずしも邪悪とは限らなかった。

ゴブリンが悪い妖精として認識されるようになった背景には、キリスト教徒の民間伝承排斥運動により、ゴブリンが悪魔と見なされた事が挙げられる。トロールドワーフエルフ等も同様に排斥の対であったが、人気・知名度があったことからとりわけゴブリンに対する仕打ちはひどかった。やがてヨーロッパでは遅くまで起きている子供に対し、親が「く寝ないと悪いゴブリンが来るぞ」と怒って子供を躾けるようになったという。

後にドワーフエルフは(トールキンの功績によって)一転して善き存在として認知されるようになるが、一方のゴブリンは未だに怪物のイメージが根強い。

ホブゴブリン

ホブゴブリンとはゴブリン同様妖精の一種であり、ホブと呼ばれる事もある。

ゴブリンの名前を冠しているが、彼等とは違い人間に対して友好的・献身的な性格をしており、ヨーロッパ各地では守護霊として認知されていた。具体的には1杯のミルク(1枚のパン)を台所の隅に置いておくと、次の日にはの掃除や割り等といった事をあらかた片付けているなど、人間の手助けをしてくれる存在であった。

ゴブリンと同じくイタズラを働くことがあるものの、バターをダメにしたり、椅子に化けて人間が座ろうとした途端に変身を解く等、大抵は被害が少ないイタズラである。人間からからかわれたりしない限りは、相手を必要以上に傷つけたりせず、単純に人間が驚く様を見られれば基本的には満足らしい。

また良く扱われた場合には相手にお返しをするらしく、「ホブゴブリンに親切にしていたら、一生幸せに暮らせる程の贈り物を貰った」という伝承も少なからず存在する。

ホブという言葉は「放浪者」を意味する言葉「ホボ」が訛ったもの、若しくはロビンロバート等の称「ロブ」が訛ったものと言われており、転じて「人間に近い知を持つ妖精」「人間と親しい善意ある妖精」といった意味合いがある。

しかし前述した民間伝承排斥運動により、彼等もゴブリン同様悪しき存在と見なされるようになってしまった。現在では名前のイメージから「普通のゴブリンよりも強い(悪い)ゴブリン」と誤解されることが多いが、元々は「人間に近いゴブリン」という意味合いのある名前なので、ゴブリンの上位種とは一概に言えない事には留意されたい。少なくとも、悪の妖精としてのゴブリンとは一線を画すべきである。

フィクション作品のゴブリン

創作作品、特にTRPGRPGなどでは専ら定番的なザコモンスターとして扱われる。オークトロールオーガやコボルトといった亜人(獣人と扱われることも)と同種のモンスターとして扱われる傾向にあり、作品によっては独自の言・文化を持ち、ゴブリン達で形成された社会・王を築いている場合もある。

モンスターとして登場する場合は何も得物を手にしていない丸腰のゴブリンか、ゴブリンバット棍棒を始めとする粗野な武器を持っているゴブリンが多い。中には人間と同じくなどといった武器を自在に操るゴブリンも存在する。「ロマンシング サ・ガシリーズのドビー達のように矢を器用に使いこなすケースもあれば、・ステッキを手に魔法を使うゴブリンも存在するなどバリエーションは数多く、モンスターとしてのゴブリンのされぶりが垣間見えるだろう。

以下に、各作品におけるゴブリンを記述する。

(「この作品が存在してない」「情報が間違っている」「情報が足りない」などがあれば、追記をお願いします。)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴブリン

155 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:44:17 ID: zCBeN8oExq
異世界レイプ竿
156 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:48:22 ID: 3oBrOGgSGL
>>154
ぶっちゃけもう びモノ先生の存在ともども明言してるようなもんやぞ
原作ではゴブリンチャンピオン色のなんてまで言ってるし
157 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:52:25 ID: Scfl5i7WE9
原典としてモチーフとしたり、オマージュで取り入れたりするケースなんていくらでもあるけど、だからと言って『何から何まで原典と一緒であるはずだ』なんてのは思い込み。
独立した創作世界の出来事を区別できないのは、流石にフィクションへの理解が甘いと言わざるを得ない。

ゴブスレ世界ゴブリンの「メスであるならば、畜相手であろうと繁殖可」「一本から成体一匹を確保可」という生態は既にトールキン他のファンタジー世界の一般的なゴブリンの特徴からもまともな生物としての特徴からも外れている事は確かでしょうに。
原作者様による二次創作として、シャドウラン世界アップデートされたバージョンゴブスレ読んだことありますが、あちらだともはや生物扱いではなくたまに暴走して制御を外れる工場生産の農業用の耕作機械扱いでしたよ?
158 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:54:15 ID: 3oBrOGgSGL
後、不死の寿命を持ち貯め込んだ財貨の上に眠るとか
(だからあの王は度々退治でもして財政難解決するかと言ってる)
日光浴びたら石になる(直接描写なし)トロールとかもセット

覚知の正体もクトゥルフ神話アレだろうけど
元来の立ち位置は恐らく指輪物語のあいつにあたる
159 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:56:07 ID: c983rOKrZJ
妄想もここまでくるとすごい
妄想を元に他人を批判しだしてるのは社会の迷惑だけど
160 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 13:57:46 ID: Scfl5i7WE9
あの世界、パロの塊だから「それ以外」も多分方が判別できないだけで多数の元ネタ抱えてるんだが、なぜ頑なに『同一のはずだ』って言いるの?
161 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 14:02:13 ID: 3oBrOGgSGL
>>157
畜相手ではむりやで あくまで言葉持つもの=人間系種族
特にエルフ人間を好んでるとされる理由も正体的には分かる

後 本当は変な話しだが恐らくは本来の意味でのゴブリンだったらではない
本来のオークゴブリンの方はそもそもメスがいる メスがいないのはD&D的な
用法でのオークネタ元になったウルクハイの方 ホビットの冒険の解説では
恐らくそうだったと思われる個体 五軍の合戦のゴブリン軍の大柄で屈強な導者ボルグやその親衛隊に対して使われたのがホブゴブリン=デカいという用法の祖

映画版ではモリアやグンダバドのオーク達は全員ウルクハイになってる
本来のトールキンゴブリンオークゴブリンの地下暮らしの連中
162 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 14:08:01 ID: 3oBrOGgSGL
>>160
あの被害妄想嫉妬深い性格はむしろトールキンオーク族の
ネタ元の一つになったお様とゴブリンの王ゴブリンにも近いし
オークも作中いるとは言え女を襲いにかかるのはゴブリンマーケット
(児童文学)などにも見られる19世紀くらいにはできてたイメージ
ゴブリンスレイヤーの歌なんかはそこら辺のネタ元を端的に歌ってる
ホビットの冒険に出てくるゴブリン殺しの魔剣オルクリスト(かみつき丸)
のようで他も色々混じってる
163 ななしのよっしん
2020/06/16(火) 18:43:52 ID: 3oBrOGgSGL
ホブゴブリンの所
別名オークと悪の兵としてのゴブリン
の位置付けをトールキンが造ったのと同じく

トールキンが『ホビットの冒険』解説中に
用いたのがデカイとする用法の起であって
リスト々はこの部分には関係ないです

5軍の合戦のモリアゴブリン軍の屈強で大柄
ゴブリン軍の総大将ボルグやその親衛隊に対して
用いられたもの こいつらは黒幕の【死人占い師】
と存在を偽ってる指輪物語の【冥王サウロン】より
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
164 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 22:37:28 ID: 3oBrOGgSGL
トールキンオークトールキンゴブリン)は
元は連れ去られたエルフ達であったものが元祖冥王に地下要塞でめられたものあるいは劣化コピーという設定があるがここら辺も元々は

19世紀の童話作家ジョージマクドナルド
様とゴブリンに出てくるゴブリンが実は
地下深くに閉じ込められた◯◯のなれ果てだった
という設定に受けて出来ているようである

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生