ゴブリン単語

ゴブリン
5.5千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

ゴブリンとは、

  1. ヨーロッパ民間伝承に出てくる想上の生物
  2. マクダ ネルXF-85ゴブリン - マクダネル社が開発した試作戦闘機。実用化はされなかった。
  3. ゴブリン(バンド) - イタリアロックバンド現在プロジェクトとして名前が残っている。
  4. ゴブリン(漫画家) - に成人向け作品を手掛ける漫画家自己紹介しとこう!
  5. ゴブリン(生放送主)-東越谷に存在しているという魔物。お経と三味線が得意。
  6. ゴブリン(声優)-ものまねタレントナレーターとしてに活動中。大沢事務所所属。
  7. 野間易通活動家)-対レイシスト行動集団(C.R.A.C.)代表。

本項では1について解説する。

概要

採掘ゴブリン元々はヨーロッパに伝わる、鉱山や洞窟等に棲むと言われるイタズラ好きの妖精精霊)若しくは小人である。

妖精と言ってもフェアリーのようならしいイメージどなく、大抵は醜悪な外見に邪悪な性格を持つ存在としてられる。見たはかなり小柄で、大人でも体長が30cm程度しかないという伝承もある。

イタズラや悪事を好み、人間を怖がらせたり困らせたりする。他の妖精達はゴブリンと間違われたり混同される事をしく嫌うが、伝承によってはノームやドワーフ同一視されることもある。日本でいう「子」や「天邪鬼」に相当するだろうか。

名前の由来には様々な説があるが、一説ではコバロス(Kobalosギリシャ語で「子供」を意味する)という単から来ていると言われている。事実ゴブリンはかつて、「イタズラや悪さをするが、どこか子供のように嬌のある存在」であり、必ずしも邪悪とは限らなかった。

ゴブリンが悪い妖精として認識されるようになった背景には、キリスト教徒の民間伝承排斥運動により、ゴブリンが悪魔と見なされた事が挙げられる。トロールドワーフエルフ等も同様に排斥の対であったが、人気・知名度があったことからとりわけゴブリンに対する仕打ちはひどかった。やがてヨーロッパでは遅くまで起きている子供に対し、が「く寝ないと悪いゴブリンが来るぞ」と怒って子供を躾けるようになったという。

後にドワーフエルフは(トールキンの功績によって)一転して善き存在として認知されるようになるが、一方のゴブリンは未だに怪物イメージが根強い。

ホブゴブリン

ホブゴブリンとはゴブリン同様妖精の一種であり、ホブと呼ばれる事もある。

ゴブリンの名前を冠しているが、彼等とは違い人間に対して友好的・献身的な性格をしており、ヨーロッパ各地では守護霊として認知されていた。具体的には1杯のミルク(1枚のパン)を台所の隅に置いておくと、次の日には掃除割り等といった事をあらかた片付けているなど、人間の手助けをしてくれる存在であった。

ゴブリンと同じくイタズラを働くことがあるものの、バターをダメにしたり、椅子に化けて人間が座ろうとした途端に変身を解く等、大抵は被害が少ないイタズラである。人間からからかわれたりしない限りは、相手を必要以上に傷つけたりせず、単純に人間が驚く様を見られれば基本的には満足らしい。

また良く扱われた場合には相手にお返しをするらしく、「ホブゴブリンに切にしていたら、一生幸せに暮らせる程の贈り物を貰った」という伝承も少なからず存在する。

ホブという言葉は「放浪者」を意味する言葉「ホボ」が訛ったもの、若しくはロビンロバート等の称「ロブ」が訛ったものと言われており、転じて「人間に近い知を持つ妖精」「人間しい善意ある妖精」といった意味合いがある。

しかし前述した民間伝承排斥運動により、彼等もゴブリン同様悪しき存在と見なされるようになってしまった。現在では名前イメージから「普通のゴブリンよりも強い(悪い)ゴブリン」と誤解されることが多いが、元々は「人間に近いゴブリン」という意味合いのある名前なので、ゴブリンの上位種とは一概に言えない事には留意されたい。少なくとも、悪の妖精としてのゴブリンとは一線を画すべきである。

フィクション作品のゴブリン

創作作品、特にTRPGRPGなどでは専ら定番的なザコモンスターとして扱われる。オークトロールオーガやコボルトといった亜人(獣人と扱われることも)と同種のモンスターとして扱われる傾向にあり、作品によっては独自の言・文化を持ち、ゴブリン達で形成された社会・王を築いている場合もある。

モンスターとして登場する場合は何も得物を手にしていない丸腰のゴブリンか、ゴブリンバット棍棒を始めとする粗野な武器を持っているゴブリンが多い。中には人間と同じくなどといった武器を自在に操るゴブリンも存在する。「ロマンシング サ・ガシリーズのドビー達のように矢を器用に使いこなすケースもあれば、・ステッキを手に魔法を使うゴブリンも存在するなどバリエーションは数多く、モンスターとしてのゴブリンのされぶりが垣間見えるだろう。

以下に、各作品におけるゴブリンを記述する。

(「この作品が存在してない」「情報が間違っている」「情報が足りない」などがあれば、追記をお願いします。)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴブリン

191 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 21:48:07 ID: 7sqBWia+kL
基本弱いが中には強いゴブリンも居るって作品ならそれなりに見るけど設定上でもゴブリン種自体が強種族って作品は見た事ない
オークなら結構前から特に外とかだとかなりカッコいいイメージになってるのに
元々の体格の差か?
192 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 22:10:17 ID: 9dg/rHe3t2
河童とか言う子供サイズ力士投げ飛ばす
ゴブリンもっと頑
193 ななしのよっしん
2021/09/26(日) 20:19:45 ID: XQ6qq2jI4v
カッパは落ちぶれてるが元は神様だしね。
194 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 16:40:31 ID: 1Em+XkZyH4
エロ作品だとやたらと竿役として起用されまくってるが
こいつらが相手役な時点で輪姦みたいな複数プレイになるから女キャラの容姿がどれだけ良くても抜けなくなってしまう

ただこいつらが竿や玉を潰されたりケツを掘られる側になってるのは見てて奮するしスッキリする
195 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 13:56:34 ID: Tlv59MUfqQ
>>191
D&Dはまあまあだろ
オークはだってそもそもゴブリン(指輪オーク)の品種ウルク=ハイイメージモデルなんだから強くて当たり前だろと
196 ななしのよっしん
2021/10/23(土) 21:44:39 ID: tfj+KJjPUO
>>191
ダンジョンシージはゴブリンメカ作ったりなんか強そうだった
197 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 07:42:33 ID: 3oBrOGgSGL
妖精❌ではない種族⭕としての
ゴブリン(そしてオークという怪物)の成り立ち

19世紀の児童文学王様ジョージマクドナルド『お様とゴブリン』のそれまでの悪役小人としてのドワーフイメージと混ざりあったゴブリン達(元は地下に逃げ込んだ人間であった)がこのルーツである

上記の作品と作者に強いを受けた
近代ファンタジーの高祖トールキン教授の作品
ホビットの冒険指輪物語シルマリルの物語、等のエルフの紛い物で劣化コピー失敗作のゴブリンエルフオーク(元エルフ)と呼ばれている

。加えてオーク×人間=半オーク(ゴブリン人間)の更なる品種ウルクハイ(日のなど弱点の)

またホブゴブリン(人に近いゴブリンの意味)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
198 削除しました
削除しました ID: Lx4U89GNKz
削除しました
199 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 20:25:58 ID: 3oBrOGgSGL
>>174
ニワカの戯れ言
元々エルフなどの妖精は女を襲う恐ろしい一面を持つと認識されていた

(特にドワーフトロル) トールキン古文献から妖精ではないファンタジー種族として復古的なイメージとして広めたがゴブリンはむしろオーク族として悪い面が強調されるようになった

ゴブリンが女を襲うのなんて19世紀のゴブリンマーケットのような児童文学にすらある

リスト々関係なくヨーロッパのような

人の立ち入らない場所=妖精が時に女を浚って弄ぶとされる恐ろしい存在とされてたのは、用は闊に得体の知れない何かや山賊アウトローの潜む洞窟に入った人間の末路だから
200 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 21:21:27 ID: 3oBrOGgSGL
ほぼファンタジー種族の産みの
トールキンの著作的には

エルフ秘的な時代のケルト
ドワーフ=良い方の北欧人やゲルマン
ゴブリン(オーク)=洞窟に住むアレな連中
オーク(ウルク)=悪い方の北欧人やゲルマン
ホビット=小さくなった近代イングランド富農民

日本人はモルドール(ファシスト)に
する東夷(Eastling)

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉