編集  

トヨタ・アクア単語

トヨタアクア

トヨタ・アクアとは、トヨタ自動車の販売するハイブリッドカーである。

概要

トヨタ自動車では2011年アクアが登場するまで5ナンバーハイブリッドカーラインナップから消滅しており(現在カローラシリーズハイブリッド仕様が出ている)、初代プリウスは5ナンバーで登場したが、2003年登場の2代目以降はすべて3ナンバーであり、その後に登場するハイブリッドカーはすべて3ナンバーであった。

この為、3ナンバーゆえにハイブリッドカーに二の足を踏んでる層や、初代を乗り続けている層などをターゲットにしたであろうサイズとしてアクアが登場した。トヨタ自動車で販売されているハイブリッドカーの中ではヨーロッパで販売されるヤリスハイブリッドと並んで小さい。

5ドアハッチバックで大きさでいえば初代プリウスより小さく、ヴィッツよりはちょっと大きい。かつてのトヨタイメージで言えば、ターセルコルサのハッチバックモデル及びカローラIIと同等の位置にあると言えるだろう。ただし全高は標準的なコンパクトカーよりはやや低めに設計されている。

システムのコンパクト化や配置を工夫して、小さいながらも同クラスのハッチバックと何らそん色のないものとなっている。ボディカラーも原色系やメタリック系など様々な種類が用意されている。機構面でいえば2代目プリウスと一緒のパッケージに見えるが、実態は全く別物であり軽量化が図られている。その結果、最軽量で1050kgとなっている。この重量はヴィッツのRSとよりちょっと重い程度であり、いかに軽量化が図られているかが分かる。

一番のエポックメイキング世界一と謳われるリッター40キロの低燃費である。これは10・15モードでの数値であり、現実的ではない数字ではあるものの、それでも同クラスべても圧倒的な燃費の良さは特筆される。某番組内において東京から西へ向かって、どこまでいけるかと言う企画が行われたが、九州の前にしてPAへ進入。それでもおよそ1000キロを走行し、リッター28キロを記録。また軽量な体とモーターの特性から来る出足の良さがあり、慢しない走りでも極端な燃費のバラツキが少ない。

アクアと言う名称は日本だけであり、外ではプリウスCと言われており、「C」は「City」の頭文字である。この名称からわかる通り、小さいながらもプリウスファミリーの一員である。論、日本では名がアクアとなっているのでプリウスとは別物の扱いとなっている。なので販売台数も別個扱いとなっている(プリウスは通常のモデルの他にプリウスαも販売台数に加算される)その上で、2013年の年間販売台数1位を記録したと言う事は単一の種として、いかに売れているかと言う事を示している。

なお、アクアの生産開始に伴って、営業タクシーといった用途向けに装備を厳選して2009年以降も継続生産されていた2代目プリウス(EXサブネーム付き)が生産終了となった。

生産はトヨタ自動車日本岩手工場で生産されており、ここから全世界に輸出される。

ヤリスハイブリッドとの関係

ヤリスハイブリッドヴィッツハイブリッドバージョンであり、アクアとは足回りやシステムがほぼ同一である。言わばボディを変えた程度であるが、これまでトヨタで発売したハイブリッド車の中ではオーリスと並んで日本国内で販売されていないハイブリッド車である。

アクア海外仕様たるプリウスC含めて日本製であり、岩手トヨタ自動車日本の工場よりヨーロッパを除いた全世界で販売される。対して、ヤリスハイブリッドヨーロッパトヨタの製造工場で生産される。

これには理由があり、トヨタの認知度がヨーロッパでは今一つである事、売れ筋たるヤリス(日本名:ヴィッツ)のハイブリッドを設定することで稼働率の向上やブランドと商品の強化を図る事が的と思われる。

その他にもトヨタハイブリッドカーは基本的に全販売チャネルでの取り扱いが基本である為、売れ筋になる小ハイブリッドをネッツ店だけで取り扱う事には問題があったとも考えられる。

マイナーチェンジ・特別仕様車

一部改良(2013年5月)

アクアが登場して初めてのマイナーチェンジ2013年5月に行われた。

Sに設定されていたアクセントカラーのうち、クールブルー止となり、ディープブルーが新たに採用された。また、Gには北米仕様ですでに採用されていた合成皮革シートを採用した「ブラックソフトレザーセレクション」が追加となった。また、L以外のグレードには従来よりもさらに外線吸収が上がったスーパーUVガラスミラー付き助手席サンバイザーが採用された。

一部改良(2013年12月)

2013年12月2日に2度の一部良がおこなわれた(発表は11月26日)

この良ではエンジンインバーター類の良で燃費が37.0km/l(JC08モード)に向上し、ホンダ・フィットに奪われてた燃費日本一の座を奪還した。この他、装備の充実や足回りのチューニングや遮音材の追加、塗装の追加などが行われた。お値段は従来より1万円上がっている。

G's

今回の良で足回りやボディの本格的なチューニングが行われた「G's」が追加となった。

ベースは「G」グレードでインテリアを中心としたクールな内装に仕上がっている。また専用のエクステリアの追加のみならず、サスペンションは専用の物が奢られ、ボディも打点追加などの強化やホイールの大径化など本格的なチューニングが行われており、走りに眼を置いたモデルとなっている。

お値段はベースより35万円程度高くなった222万円であるが、中身を考えれば悪くないお値段であろう。

プリウスCとの比較

ここでは北米仕様を例に挙げる。カッコ内はアクアの事例。

その他

関連動画

関連商品

公式サイト

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2
ページ番号: 4918890 リビジョン番号: 2189091
読み:トヨタアクア
初版作成日: 12/07/03 23:19 ◆ 最終更新日: 15/04/08 11:59
編集内容についての説明/コメント: FFシリーズの「プレリュード」と『DQⅢ』の「冒険の旅」とMHの「英雄の証」がCMに採用されましたので追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トヨタ・アクアについて語るスレ

48 : ななしのよっしん :2015/08/19(水) 18:58:50 ID: bXo5MjxlfI
>>sm26270620


>>sm26810092
49 : ななしのよっしん :2015/12/05(土) 10:20:13 ID: wQpn40TFxc
>>sm27730016
50 : ななしのよっしん :2015/12/27(日) 13:11:45 ID: bS9vB5nOC0
おおぞらをとぶにはやられたわ。CM製作者の選曲と映像美へのこだわりに素直に脱帽だ。

ポツリとつぶやくように言われるキャッチフレーズ
「遠くまで、行こう」もピッタリすぎてもう何をかいわんや。
51 : ななしのよっしん :2016/01/26(火) 20:05:26 ID: vUcNOKMMKI
からし色やレモン色など黄色系統の色がやけに似合うと思うのはだけだろうか?
52 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 23:32:00 ID: CEdeeP7m47
覚えてる限りだとCMの曲は
チョコレイト・ディスコとか

千本桜
プレリュード (ファイナルファンタジー)
英雄の証 (モンスターハンター)
冒険の旅 (ドラゴンクエストⅢ)
おおぞらをとぶ ( 〃 )
そして伝説へ ( 〃 )

ぐらいかな?順番までは覚えてないけど…
バリエーションもあるし知ってる曲が多かったから結構好きなCMだったなー
53 : ななしのよっしん :2016/03/22(火) 00:08:05 ID: Q2ULqSl7GG
クルーズコントロールオプションで付けられるようになりました
54 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 23:34:35 ID: bXo5MjxlfI
で、今度はドラクエ4の「楽しいカジノ」が使われたと。
55 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 12:42:23 ID: kVA0aJM5p5
個人的にこのクルマゲームの曲使うCMは好きじゃない。
ゲーム音楽は大好きだ。アクアというクルマ自体が嫌いなわけでもない。
でも、ゲームというのは「娯楽」「遊び」といった余暇を充実させるものだ。
ハイブリッドカーとは「燃費」「経済性」「エコ」をうたった実用性を追求したクルマだ。
この相反する要素を組み合わせているという矛盾が自分の中でモヤモヤしてる。だからこの二つを組み合わせるセンスは好きじゃない。
56 : 削除しました :削除しました ID: AqffJGxQGs
削除しました
57 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 19:11:35 ID: TtlSayKqk0
ラジオ版のCMのヒドイ事。
ドラクエのはまだ分かるが、モンハンのは「作ったヤツは絶対にモンハンやったことねーだろ」って出来。
あと、最近流れてるシチュエーション別36色CMもつまらないを通り越して、うすら寒いものを感じる。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス