編集  

ストリートファイター単語

ストリートファイター

ストリートファイター』とは、カプコン対戦型格闘ゲームシリーズ名、およびその第一作タイトルである。

本記事は第一作ストリートファイター(初代)』について記述する。それ以外のゲームは、作品別に関連項ページリンクされているので参照して欲しい。

概要

ストリートファイター(初代)」は、アーケードゲームとして1987年リリースされた。
現在格闘ゲームの基礎を作り上げたシリーズである。 続編の「ストリートファイターⅡ(以下ストⅡ)」は大ブームを巻き起こし、社会となり格ゲーバブルを各メーカーに波及させた作品となった。しかし、ストⅡほどではないにしろ、本作品も当時としてはかなり独特なゲームとなっており反を呼んでいたのも事実である。

ストⅡでもおなじみとなる3種類のパンチキック必殺技という要素、対戦システムボーナスステージ等は既にこの作品で完成していた。また一部を除いてほとんどのキャラクターがのちの作品に続投しており、リュウケンサガットなどストⅡ以降でおなじみのキャラクターも登場している。

ただしこの頃は対戦格闘ゲームというジャンルはまだ確立されておらず、プレイアブルキャラクターリュウケンのみで、リュウケン以外はすべてCPU専用キャラクターであり、どちらかといえば「ファイナルファイト」のような格闘アクション寄りの作りになっている。

本作には、巨大なボタン現在で言うパンチパッド)をく強さによって攻撃の強さが三段階に分かれるという、非常に特殊な仕様の専用アップライト筺体が存在した。しかしこれはゲームセンターのオペレーターにとっては壊れやすいと不評だった模様。一方で通常の6ボタン筺体(当時はテーブル筐体が多かった)でも稼働しており、以後のシリーズ作品ではこちらの方式が採用されている。

この作品における必殺技コマンドは稼働当初から開されておらず、 また入判定が非常にシビアであるが当たれば体ゲージの3~8割を持っていくことができる文字通り「必殺技」であることも特徴。「波動拳」「昇龍拳」「竜巻旋風脚」はこの作品で既に完成している。
ラスボスサガットに至っては、飛び道具タイガーショット一発で体ゲージを6割以上持っていくえげつない仕様である。しかしストⅡでおなじみとなるタイガーアッパーカットは未だ習得していない(本作でリュウ昇龍拳で敗れたため編み出した技というのは有名な話)。

当時の反響、家庭用移植

このような独特の仕様の為、当時もストⅡほどではないにしろゲーム誌で特集が組まれ、
中やゲームセンターにあってとびきり大きい専用筐体は多くの人のを引いたという。
導入コストからか当時どこでも1プレイ50円が当たり前のゲーセンの中でも100円に設定した店舗が多かったとされる。
しかし専用筐体は前述の通り壊れやすく他に流用できるゲームもないため、メーカー々に生産を終了し短命に終わってしまったようだ。
(その為現在に至ってこの専用筐体は滅多におにかかることが出来ないが、2012年の東京のイベントでウメハラがプレイしており、稼働できる状態のものが一応現存している模様。海外では輸出された筐体が稼働している場所が僅かに存在するらしい。)

それでも当時プレイした多くのゲーマーからは印に残っていたゲームとしてしばしば話題に上がり、
伝説ストⅡプレイヤーである太刀氏も、小学生の頃東京都内でプレイしたことがあるとっている(関連動画参照)。
一度だけこの初代で対戦したこともあるらしく、「あのゲームで半分減る波動拳を出すために練習したのがリュウとの出会いだった」といい、リュウとはこの作品以来の付き合いだという。そして後に92年のストⅡゲーメスト杯で優勝するなど、伝説的なリュウ使いとして知られるようになる。更に言えば、プロゲーマーウメハラは元々太刀リュウに憧れリュウ使いとなり「太刀さんのリュウを見ていなければプロゲーマーになってなかった」と言わしめている。

PCエンジンでは「ファイティング・ストリート」というタイトル移植されている(販売ハドソン制作アルファシステム)。2009年10月からWiiバーチャルコンソールで配信されている。またPSPでも、海外版のカプコンクラシックコレクションに収録されている。

ニコニコ動画では

リュウが攻撃を出す際やたら「ハンッ」「ハンッ」と叫ぶため「ハンハン動画」とタグが付くことがある
またリュウの顔や負けた際のゲキの顔は南原清隆に似ているとしばしば摘されている。

関連動画

関連商品

ゲーム

ゲーム・ミュージック

DVD

コミック

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 680869 リビジョン番号: 2484908
読み:ストリートファイター
初版作成日: 08/11/01 21:34 ◆ 最終更新日: 17/04/30 17:25
編集内容についての説明/コメント: 概要があやふやなので初代SF基準に整理、追記。関連動画追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ストリートファイターについて語るスレ

34 : ななしのよっしん :2017/12/14(木) 22:40:55 ID: wXimRL74XJ
※33
未発売のコレクションゲーではとっくに収録されてたが
そうなんだが、スト1って海外版だと喋る台詞が違うんだよね。
昇龍拳ドラゴンパンチ!って喋る。
(それ以外のシステムボイス字幕が全部英語なのは変わらないが)
厳密には日本国内版の移植は存在しなかった。
ストⅡ久々にやりたいし買うかも
35 : no name :2017/12/26(火) 12:12:28 ID: Oxctt2vUrZ
ストリートファイターインタビュー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32410457
36 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 22:29:40 ID: VjwiAGKhgR
>>34
>※各タイトル内は海外版のためタイトルボイステキスト英語表記となります。

30年越しの全復活ならず…日本国内版収録してほしかったなあ
それでも未発売にしないあたりありがたい話だけど
37 : ななしのよっしん :2018/03/22(木) 02:09:10 ID: vQiDy6tWJk
スト1は元祖
スト2本家
というイメージ
38 : ななしのよっしん :2018/07/05(木) 01:54:38 ID: hx3ZSvzsIs
今となっては日本発祥の洋ゲーと化した作品。
もう日本版の再移植は望み薄だろうな。
39 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 18:52:02 ID: VjwiAGKhgR
発売延期したら全タイトル日本版収録決定
めて祝30年越しの初代全復活
延期発表後からの日本版収録はファンの要望に答えた感じかな?
40 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 20:44:02 ID: 5tZR96Bb0u
実はパワーレンジャー(スーパー戦隊)ともコラボしてたりする。
そしてリュウジュウレンジャーバックラーでなんとリュウレンジャー(ダイレンジャーのやつとは別)に変身しちゃう。
https://www.youtube.com/watch?v=luI0jRMUjFo

そんなリュウレンジャーが出るゲームパワーレンジャーレガシーウォーズはただいま絶賛おま国中!!(配信日未定)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nway.powerrangerslegacywars&hl=ja
https://itunes.apple.com/us/app/power-rangers-legacy-wars/id1204075112?ls=1&mt=8
41 : ななしのよっしん :2018/10/25(木) 08:26:42 ID: A8hS46JO8H
30thアニコレが微妙な出来
42 : ななしのよっしん :2018/10/28(日) 23:07:13 ID: H0GG5BmMN8
どっかでやったなと思ったらそうか、PSPクラコレリミックスか。
海外のUMD普通に動いたから結構買ってた

30thアニコレはゲームマニュアルいとかミュージアムの資料が偏ってるとか、
コレクション作品として惜しいところがあるけど、
ネット環境があるなら大した不都合はいんじゃないかな。
ウルスト2よりはめてたものに近いし、アケアカより単価も安いから許せる
43 : ななしのよっしん :2018/11/21(水) 23:47:52 ID: QCf3zHbSYq
>>lv316602235
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス