二代目は☆魔法少女単語

ニダイメハマホウショウジョ

二代目は☆魔法少女とは、2008年6月27日にすみっこから発売されたアダルトゲームである。

概要

任侠+魔法少女ものという異色の組み合わせで、OPもイントロだけ聴けば演歌かと思いきや、実はロックだったという、いわゆる「演歌ロック」というべきジャンル
また、登場人物の名前は任侠映画やそれに出演していた俳優からつけられている。

ヒロインによって絵師が違うのが特徴。

あらすじ

十数年前にとある魔法少女の活躍で滅びの危機から救われた魔法「ニンキョナーサ」だったが、今では侠気(おとこぎ)が失われつつあることと、魔界マフィアに狙われたことで再び滅びの聞きを迎えようとしていた。かつてを救った魔法少女は既に亡くなっており、魔法少女子供男の子だったため、ニンキョナーサでは「侠気」あふれる魔法少女の登場を待ち望んでいた。

現実世界では、主人公菅原文太郎が住んでいるアパート火事になったため住むところがなくなってしまった。親切にもをかけてくれた女の子が実はヤクザの屋敷で、女の子も「組」の組長だったが、そのが女所帯だったため、あっさりと居を決め込んでしまうのだった。

そして…。

登場人物

主人公

菅原文太(すがわら ふみたろう)
大学文学部に通っている学生で大の女好き。「女は守るもの」という考えがあるため、何があっても女の子には手を出すことはないがHはする。男だがけんかはからっきし。しかし打たれ強いため、何度ボコボコにされようがすぐに怪が治る。しかし、のしすぎは、ヒロインを心配させる事にもなる。実は極度のマザコン。ちなみに、名前の元ネタ菅原文太俳優)。

攻略ヒロイン

ハナ(きりゅういん はな)CV:青葉りんご
組の二代組長。外見こそ幼いが、先代組長亡き後の組を上手くまとめ上げている。性格はを割ったようにサッパリとしており、細な事なら笑って許してくれる江戸っ子姉御肌。町の人達から頼りにされている。意外と嫉妬深いところがあり、ハナルートでは他の女性と楽しく喋っていた文太郎を見てすねていた。なお、メインヒロイン補正なのか、ハナルートは4人の中で最も長いシナリオである(ある意味王道と言ってもいい)。ちなみに名前の元ネタ花子映画花子の生涯』の主人公)。
牡丹(ひぼたんおりょうCV:涼森ちさと
ハナ文太郎の枝の形見である魔法のドスを抜いて変身したのが、二代の緋牡丹である。変身前とは違い、変身後は胸は豊満で体も引き締まっており、衣装ももろ肌脱いだ着流し姿となっている。また、胸はさらしを巻いており、左肩には緋牡丹刺青がある。長ドスを得物に戦っているが、れっきとした魔法少女である。なお、◯◯と××△△になったとき、通常とは別のおさんになることができる。また、攻略ヒロインの中で変身前後でCVが違う。ちなみに、名前の元ネタは緋牡丹映画『緋牡丹博徒』シリーズ主人公)。
つばさ(あいかわ つばさCV:中瀬ひな
文太郎が通っている大学同級生で、普段はあまり立たない女の子。だが、眼鏡っ娘でかなりの巨乳の持ちなので女好きの文太郎が以前に口説いたことがあったが、男が苦手なので顔をらめて逃げられたことがある。実はロリショタBLなんでいけるというスーパー腐女子であり、同人漫画も描いており、メイド喫茶アルバイトもしている。他の3人が割とシリアスであるのに対して、つばさルートある意味馬鹿シナリオと言っても過言ではない。ちなみに、名前の元ネタは哀俳優)。
魔法少女アサルトセピアCV:中瀬ひな
つばさ魔法のステッキで変身した姿が、「魔界FBI特別捜官」のアサルトセピアハナ→お変身と違って、つばさセピア変身幼女の姿となる。一応正統派魔法少女で、この手のものにつきものの生物(キパ)をお供にしている。しかし、高いところから登場したり、必ず名乗らないと気が済まなかったり、漫画アニメ特撮セリフをパロったりするという変身前より痛々しいところがある。ちなみに、名前の元ネタ一世風靡セピア(哀が昔所属していたグループ)。
フィオーレ・コルレオーネCV:金松由花
文太郎がひょんなことから町で出会う事になる少女無口感情だが、ドレスや日などからいいところのお嬢様のように見受けられる。しかし、かなりの大食であり、人の10倍はらげてしまうという意外な面がある。ルートによっては組の居になることも。
angelo neroCV:金松由花
フィオの正体は、実は魔界マフィアに飼われている凄腕のの使い手であり、脅威的な体術の使い手である三人魔法使いにして戦闘マシーンangelo neroである。
高倉すなお(たかくら すなお)CV:まきいづみ
組(というよりもハナ)のボディガードを務める女子高生女の子。男でもかなうものがいないというほどの腕は立つものの、極度の人見知りかつ引っ込み思案であり、事あるごとにハナの後ろに隠れてしまうため、「どっちがお守りか分からない」と言われている。しかし、人間以外の物(例:魔法のドスの「サブ」)や敵が相手だと普通に喋ることができるようである。また、彼女背中には大きな傷がある。他の3人と違って魔法少女ではなく、すなおルートでは魔界マフィアの話がど出てこないのが災いしたのか、シナリオは短くCGも少ない。ちなみに、名前の元ネタ高倉健俳優)。

サブキャラ

味方側

菅原(すがわら まつえ)CV:大波こなみ
今は亡き文太郎の母親にして、実は先代の緋牡丹。事あるごとに文太郎の回想に登場しているが、それにはとある理由がある。
院好江(きりゅういん よしえ)CV:三条リカ
先代組長の後妻なのでハナ母親になるわけだが、普段はハナは「好江さん」と呼んでおり、好江もハナを「ハナちゃん」と呼んでいる。実は枝の実妹だが、魔法少女ではない。好江が持つ雰囲気は枝とは逆。
竹内ちから(たけうち ちから)CV:金田まひる
血の気がかなり多い、組の特攻隊長的な女の子よりもハナの事を慕っているため、文太郎のことを嫌っている。口より手が先に出るタイプで、文太郎は何度かボコられた。ちなみに、名前の元ネタ竹内力俳優)。
竹内力(たけうち りきや)CV:中澤アユム
ちからの現在は訳あってライバルの虎会(ころうかい)に身を寄せているが、その理由は本人と組先代組長でないと分からない。ちなみに、名前の元ネタ竹内力安岡力也(どちらも俳優)。
トメ婆ちゃんCV:名和野
つばさの曾祖主人公アパートに住んでいた頃からの知り合い。実は、昔はばら乙女という魔法少女として活動していた(ちなみに、名前の元ネタ特撮番組『太陽戦隊サンバルカン』に登場したバラ仮面)。ばら乙女CVまきいづみ
三船敏江(みふね としえ)CV:金松由花
文太郎達がお世話になる町の診療所の女医さんで通称「ひげ先生」。好きで何かとエロい考えをしているが、文太郎とヒロインの事を考えていたりとまともなところもある。ちなみに、名前の元ネタ三船敏郎俳優)とひげ小説映画等の『ひげ』の主人公)。

敵側

イグニオスCV:中澤アユム
いけすかない態度の魔界マフィアの幹部…のわりには魔法少女相手だと雑魚
エッジCV:大久保けんたろう
組長息子で、本名は虎渡郎。チャラ男外道ロリコン…と危ないだが、とある趣味の人にとってはありがたい存在…なのかもしれない(多分)。
組長CV:植木
会の組長組先代組長が死んだ途端に乗っ取りを企み、魔界マフィアと手を組んだ。
ルクレツィアCV:名和野
攻略ヒロインでもないのに、文太郎と一番最初にH(CGつき)をすることになる女性。その正体は、魔界マフィアの首領であるカリギュラ。そして、かつての枝のライバルでもある。

主題歌

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E4%BB%A3%E7%9B%AE%E3%81%AF%E2%98%86%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二代目は☆魔法少女

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 二代目は☆魔法少女についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!