国道296号単語

コクドウニヒャクキュウジュウロクゴウ

国道296号とは、千葉県(そうさ)船橋市とを結ぶ一般国道である。総延長約59km。

概要

国道だが全区間が千葉県の管理となっている。

1970年4月1日の施行政(1969年12月4日280)により追加定された国道路線の1つであり、当時の千葉県佐倉線などの船橋市から(当時の八日市場)までを結ぶ主要地方道を統合し国道へ昇格させたものである。

全区間のうち、下記の印旛郡々井町の々井交差点から船橋市成田街道入口交差点までについては成田街道称名が付いている。

交通量について

印旛郡々井町にある国道51号との交点々井交差点」で交通量は大きく分かれる。この交差点から東側は農村地帯を走る道路の性格が強く交通量が較的少ない一方、西側は東京近郊の住宅地の中を進むため交通量が急増する。特に佐倉市「井野交差点」を皮切りに、八千代市に入ると国道16号との交点である「下市場交差点」を始め「八千代工業団地入口」「新木戸交差点」は交通情報でもにするほど渋滞しい交差点である。船橋市に入っても新京成線前原周辺の混雑がしい他、県道我孫子線(船取県道)との交点である中野木交差点」渋滞の名所とされていたが、船取県道側の立体交差化で幾分解消されている。

関連動画

 

 関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9B%BD%E9%81%93296%E5%8F%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

国道296号

1 ななしのよっしん
2012/02/24(金) 04:15:51 ID: M7OqNXrE6G
R14千葉街道と並んで、千葉県道路事情の悪さを物語っている道路と言えますね。

急上昇ワード

2019/08/19(月)00時更新