小倉大賞典単語

コクラダイショウテン
2.5千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

小倉大賞典とは、JRA(日本中央競馬会)が毎年2月に開催する小倉競馬場・芝1800mの重賞競走である。
格付けはGⅢ

概要

1967年に4歳(現3歳)以上のによるハンデキャップ競走として創設された。

その後、小倉競馬場やその他の競馬場修工事の都合上第3・16回は阪神競馬場で、第32・33・44回は中京競馬場で施行されていたり、4月開催や開催となった時期もあったが、2000年の第34回以降は2月小倉開催で定着している。
なお、1969年の第3回開催は「セントウルステークス」として施行された。

過去にはサイレンススズカもこの競走を勝っており、後に第39回宝塚記念優勝を果たした。
また、第17回NHKマイルカップ覇者カレンブラックヒルも6歳で勝利したり、アサカディフィートも第41回・第42回で連覇を果たし10歳という地最高齢重賞勝利記録を打ち立てりするなど、様々な話題がたっぷり詰まっているマイル・中距離にとって重要な競走となっている。

レース結果

優勝齢は新表記にえている。
なお、第3・16回は阪神競馬場で、第32・33・44回は中京競馬場で施行された。
また、第3回は芝1900mで、第16回は芝2000mで施行された。

回数 開催日 優勝 性齢 騎手 タイム 動画
第56回 2022年2月20日 アリーヴォ 4 横山和生 1:49.2
第55回 2021年2月21日 リトリアル 7 石川裕紀人 1:45.5
第54回 2020年2月23日 カデナ 6 鮫島駿 1:48.3
第53回 2019年2月17日 スティッフェリオ 5 丸山元気 1:46.7
第52回 2018年2月18日 トリオンフ セ4 川田将雅 1:46.1 sm32758361exit_nicovideo
第51回 2017年2月19日 マルターズアポジー 5 武士沢友治 1:45.8
第50回 2016年2月21日 アルバートドック 4 川田将雅 1:46.7 sm28272857exit_nicovideo
第49回 2015年2月22日 カレンブラックヒル 6 秋山一郎 1:48.3
第48回 2014年2月23日 ラストインパクト 4 川田将雅 1:45.3
第47回 2013年2月17日 ヒットターゲット 5 大野拓弥 1:46.4
第46回 2012年2月4日 エーシンジライン 7 須栄 1:46.3 sm17228236exit_nicovideo
第45回 2011年2月5日 サンライズベガ 7 秋山一郎 1:45.3 sm13505870exit_nicovideo
第44回 2010年2月6日 オースミスパーク 5 藤岡康太 1:47.2 sm9621630exit_nicovideo
第43回 2009年2月7日 サンライズマックス 5 横山典弘 1:44.9 sm6086295exit_nicovideo
第42回 2008年2月9日 アサカディフィート セ10 中舘英二 1:47.7
第41回 2007年2月3日 アサカディフィート セ9 小牧太 1:46.8
第40回 2006年2月4日 メジロマイヤー 7 川田将雅 1:47.2
第39回 2005年2月6日 メイショウカイドウ 6 武豊 1:46.4 sm15332172exit_nicovideo
第38回 2004年2月8日 メイショウバトラー 4 藤田伸二 1:49.1
第37回 2003年2月9日 イネブラ 6 川島信二 1:48.0
第36回 2002年2月3日 タマヒビキ 6 小原義之 1:49.5
第35回 2001年2月4日 ミスシャルダン 6 M.デムーロ 1:48.0
第34回 2000年2月6日 ジョービッグバン 5 山田和広 1:46.4
第33回 1999年4月17日 スエヒロコマンダー 4 藤田伸二 1:46.5
第32回 1998年4月18日 サイレンススズカ 4 武豊 1:46.5 sm6139596exit_nicovideo
第31回 1997年2月16日 オースミマックス 6 菊沢 1:48.4
第30回 1996年2月18日 アラタマワンダ 7 安田 1:47.8
第29回 1995年2月19日 メイショウレグナム 7 武豊 1:48.6
第28回 1994年2月20日 メイショウマリーン 6 田島信行 1:50.2
第27回 1993年2月21日 ワンモアラブエイ 4 角田晃一 1:49.6
第26回 1992年2月23日 ワイドバトル セ5 土肥幸広 1:49.7
第25回 1991年2月17日 レッツゴーターキン 4 小島貞博 1:49.6
第24回 1990年2月18日 ミスターヤマノ 5 樋口 1:50.2
第23回 1989年2月19日 ダイカツケンザン 5 西浦勝一 1:52.0
第22回 1988年2月21日 ウショウレオ 6 田島良保 1:50.2
第21回 1987年2月22日 ウショウレオ 5 田島良保 1:48.1
第20回 1986年3月30日 マチカネイシン 4 河内洋 1:50.7
第19回 1985年3月31日 グロバルダイナ 5 南井克巳 1:49.2
第18回 1984年4月5日 ヤマノシラギク 5 清水英次 1:49.8
第17回 1983年4月6日 スナークアロー 4 西浦勝一 1:50.0
第16回 1982年7月25日 ニシノチェニル 4 岩元 2:03.1
第15回 1981年4月5日 ローベルギフト 4 安田 1:54.4
第14回 1980年4月6日 グリーンダッシュ 4 牧野三雄 1:54.3
第13回 1979年4月8日 アグネスレス 4 須崎昇 1:51.8
第12回 1978年4月9日 ミヤジマレン 5 武田 1:49.9
第11回 1977年4月17日 アランフェス 4 伊藤清章 1:54.5
第10回 1976年4月4日 グレートファイター 4 久保 1:49.8
第9回 1975年4月13日 ロッコーイチ 5 河内洋 1:52.4
第8回 1974年4月14日 ボルトコウ 5 安田富男 1:50.9
第7回 1973年4月15日 シバタケ 4 高崎三郎 1:51.6
第6回 1972年7月23日 フェロースピード 3 武邦彦 1:50.2
第5回 1971年4月11日 ビーティーエイト 4 四位満教 1:51.6
第4回 1970年2月22日 ウチュウオー 4 大根田裕也 1:50.2
第3回 1969年9月7日 ダイイチオー 4 武邦彦 1:57.7
第2回 1968年4月21日 アトラス 4 武邦彦 1:50.9
第1回 1967年8月20日 クリバック 3 田島良保 1:50.6

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E5%80%89%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E5%85%B8
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小倉大賞典

1 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 15:25:13 ID: Yf2iJ/XBl3
アリーヴォ強かったねえ
大外も何のそのって感じで差し切って勝ったのがかっこよかった
2 ななし
2022/02/20(日) 15:35:25 ID: 7QFw8GFXvO
>>1
大外一気で刺しきりがちだったからなぁ
カデナもあの状況でクビ差だったし…ヴァイスメテオールはうん
3 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 15:38:36 ID: x5ee8ZFyTM
差す、な
相撲プロレスじゃあるまいし刺しちゃいかん
4 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 15:39:50 ID: Yf2iJ/XBl3
いや相撲プロレスでも刺しちゃあかんやろw
5 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 16:19:24 ID: rOe8eDJpmt
これで重賞一番人気連敗記録ストップか。芝重賞に話限れば大阪杯あたりまで長引くと思ってたが…

しかし記録っていざ止まってしまうと一の寂しさを感じるな。いっそ年間通しで続いたら前絶後の大記録として注されたろうに
6 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 17:49:36 ID: T2Y1aADyk3
年間続いたら前絶後というかもはや阿鼻叫喚だよw
ともかく大外ローカルの和生ジョッキーはやっぱり頼れる