帰ってきたヒトラー単語

カエッテキタヒトラー
1.6千文字の記事
  • 19
  • 0pt
掲示板へ

帰ってきたヒトラー(原題:“Er ist wieder da”)とは、ドイツ作家ティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説、及びそれを原作とした映画である。

概要

原題をそのまま訳すと「彼が帰ってきた」(He is here again)となる。
現代のドイツってしまったアドルフ・ヒトラーが巻き起こす騒動を描く。
といってもハード政治小説ではなく、あくまでスラップスティックコミカル風刺作品である。ヒトラーも、往時の狂気的な政治思想はそのままだが、人間くさい部分もしっかり描かれており、気のいいおじさんにさえ見えるキャラ造形がなされている。

ドイツではベストセラーになり、その後、世界中で出版された(日本では2014年1月21日発売。2016年4月文庫化されている)。

さらに映画化もされ、2015年10月8日ドイツ開された。製作は、「ヒトラー最後の12日間」のコンスタンティンフィルム

映画日本でも2016年開され、単館系では異例といえる収2億円のヒット作になった。[1]

あらすじ

アドルフ・ヒトラーは、ベルリンのあるき地でを覚ました。

ソ連軍が迫る中、総統地下壕に身を潜めていたはずなのだが、なぜここにいるのか記憶がはっきりとしない。しかも、どうもの様子がおかしい。にはソ連軍の姿どころか瓦礫ひとつないし、もかれも平和に過ごしている。おまけに、自分は総統だというのに、知らないそぶりをする者ばかりだ。

それもそのはずで、そこは2011年ベルリンだった。
彼は1945年から、タイムスリップしてしまったのだ。

情報を得るために立ち寄ったキオスクでそれに気づいた彼は、衝撃を受け、空腹と疲労も重なり卒倒、店の人に介抱される。そのまま彼は、生活のため、仕方なしにキオスクで働くことに。
だが、「ヒトラーそっくりがウリコメディアンか何か」と勘違いした人によってテレビ局に売り込まれると、りまくりの芸(?)がテレビYoutube馬鹿ウケし、いくつもの勘違いにも救われて、どんどん人気者になりはじめる。
彼の方も、持ち前の頭の良さを活かし、ウィキペディアをむさぼるように読んで、現代に適応していた。

そして彼は、第二次世界大戦から60年以上が経った現代で、再び野望の実現へと邁進しはじめた……。

原作小説と映画の違い

映画化に際し、いくつかの変がなされている。

を覚ました年が2011年から2014年へと変更され、初期の情報キオスクから新聞販売店へと変更された。この年代の変により、開時のドイツにおける政治問題や移民問題を映画内に取り入れている。

また、原作小説ではキオスク人の売り込みからストーリーが進行していくが、映画ではフリーTVディレクター”ザヴァツキ”と2人で内を周り、その映像ネット投稿する事で知名度を上げていった。
その内容は『ヒトラーによる政治へのインタビュー』という物だが、実は撮の際、映画である事をせて本当にインタビューを行っている。場所はベルリンに始まり、2014年ワールドカップファンフェスト、果てはネオナチへのアドリブインタビューまである。
なお、インタビューの総撮時間は380時間以上らしい。

関連動画


関連生放送

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *http://www.cyzo.com/2017/07/post_33544_entry.html

【スポンサーリンク】

  • 19
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帰ってきたヒトラー

373 真面目で優しい教師
2021/04/28(水) 13:18:22 ID: 2MQS9BEa5C
>>363
日本は周りをよく見て周りに合わせる民族性だから一番怖いのは周囲の「雰囲気」と「流れ」だよな
374 ななしのよっしん
2021/04/28(水) 13:32:32 ID: 2MQS9BEa5C
>>59
1000年以上前の初期段階で手遅れになる前に支配体制を変える努を怠り、その怠慢が軍部の暴走を招いた
を怠った市民側にも責任があるということか
375 nanasi
2021/06/12(土) 22:19:34 ID: xCyJ9zjhQ0
移民が大きな問題になってる時期にこういう映画作ってもいまいちフェアじゃない気がするがまあいい映画だった。「包容のある父親のようなヒトラー」という役付けのおかげでドイツの理想の父親像みたいなのが分かったし、アドリブインタビュー映像も勉強になった。
一応補足しておくけど「アドルフ・ヒトラーがもし現代に生きていたら?」っていうフィクションは以前からあってロバートウェストールも「アドルフ」という作品を1989年に書いている。(日本では「遠い日の呼び」という短篇集に入っている)ヴェルメシュもこれを読んだんじゃないかな。
376 ななしのよっしん
2021/06/17(木) 00:09:15 ID: nk/t9hFqF5
ヒトラー絶対悪として蓋をした結果、歴史は繰り返されユダヤ人移民に変わっただけのWW2直前まんま同じことが起こってる。そうやって単なるおっさんは悪魔に仕立てられていくっていうのはむしろタイムリーだと思った。ドイツ人はWW3の責任のせいにするつもりだろうかね。
377 ななしのよっしん
2021/07/08(木) 01:54:02 ID: YODbcIx22e
イスラエル帰ってきたヒトラーやってる方が皮だな
378 ななしのよっしん
2021/08/07(土) 20:39:54 ID: JBT2NYLXBN
正直普通映画としてめっちゃ面くて好きだが、ネットじゃないとお勧めできない
379 ななしのよっしん
2021/11/04(木) 02:04:45 ID: qM9wof7lWE
まあ日本ヒトラーみたいな、「政治的思想が生んでしまった戦争虐殺を好む悪の独裁者」ってのがいないから東條英機とかでやってもパンチは弱いよね。
信長などの近世や中世あたりの人でやっても、愛国心とか右翼左翼といった考えが発達してない時代だから風刺にならないし。
380 ななしのよっしん
2022/03/02(水) 14:50:11 ID: n8SHcwmWcg
>>361
ニコニコ予言者現れる
381 ななしのよっしん
2022/03/06(日) 12:52:27 ID: YODbcIx22e
ロシアに帰ってきたな
20世紀のヒトラー、21世紀のプーチン
382 ななしのよっしん
2022/05/02(月) 13:42:06 ID: YODbcIx22e
なんだったらドイツ帰ってきたヒトラーした方が良いんじゃないのか
ユダヤ人殺したら今でもかれるけど
ロシア人専門ならヒトラーでも歓迎されるわ