帰ってきたヒトラー単語

カエッテキタヒトラー
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

帰ってきたヒトラー(原題:“Er ist wieder da”)とは、ドイツ作家ティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説、及びそれを原作とした映画である。

概要

原題をそのまま訳すと「彼が帰ってきた」(He is here again)となる。
現代のドイツってしまったアドルフ・ヒトラーが巻き起こす騒動を描く。
といってもハード政治小説ではなく、あくまでスラップスティックコミカル風刺作品である。ヒトラーも、往時の狂気的な政治思想はそのままだが、人間くさい部分もしっかり描かれており、気のいいおじさんにさえ見えるキャラ造形がなされている。

ドイツではベストセラーになり、その後、世界中で出版された(日本では2014年1月21日発売。2016年4月に文庫化されている)。

さらに映画化もされ、2015年10月8日ドイツ開された。製作は、「ヒトラー最後の12日間」のコンスタンティンフィルム

映画日本でも2016年開され、単館系では異例といえる収2億円のヒット作になった。[1]

あらすじ

アドルフ・ヒトラーは、ベルリンのあるき地でを覚ました。

ソ連軍が迫る中、総統地下壕に身を潜めていたはずなのだが、なぜここにいるのか記憶がはっきりとしない。しかも、どうもの様子がおかしい。にはソ連軍の姿どころか瓦礫ひとつないし、もかれも平和に過ごしている。おまけに、自分は総統だというのに、知らないそぶりをする者ばかりだ。

それもそのはずで、そこは2011年ベルリンだった。
彼は1945年から、タイムスリップしてしまったのだ。

情報を得るために立ち寄ったキオスクでそれに気づいた彼は、衝撃を受け、空腹と疲労も重なり卒倒、店の人に介抱される。そのまま彼は、生活のため、仕方なしにキオスクで働くことに。
だが、「ヒトラーそっくりがウリコメディアンか何か」と勘違いした人によってテレビ局に売り込まれると、りまくりの芸(?)がテレビYoutube馬鹿ウケし、いくつもの勘違いにも救われて、どんどん人気者になりはじめる。
彼の方も、持ち前の頭の良さを活かし、ウィキペディアをむさぼるように読んで、現代に適応していた。

そして彼は、第二次世界大戦から60年以上が経った現代で、再び野望の実現へと邁進しはじめた……。

原作小説と映画の違い

映画化に際し、いくつかの変がなされている。

を覚ました年が2011年から2014年へと変更され、初期の情報キオスクから新聞販売店へと変更された。この年代の変により、開時のドイツにおける政治問題や移民問題を映画内に取り入れている。

また、原作小説ではキオスク人の売り込みからストーリーが進行していくが、映画ではフリーTVディレクター”ザヴァツキ”と2人で内を周り、その映像ネット投稿する事で知名度を上げていった。
その内容は『ヒトラーによる政治へのインタビュー』という物だが、実は撮影の際、映画である事を伏せて本当にインタビューを行っている。場所はベルリンに始まり、2014年ワールドカップファンフェスト、果てはネオナチへのアドリブインタビューまである。
なお、インタビューの総撮影時間は380時間以上らしい。

関連動画


関連生放送

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *http://www.cyzo.com/2017/07/post_33544_entry.html

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帰ってきたヒトラー

365 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 01:27:56 ID: McE0PR292e
やらかしたことでアンチが増えても、新しい本を出せばアンチがその本を買う」とか「SNSで人を募っても実際にリアルで集まるのはポンコツばっかり」みたいな細かなあるあるを描いているのが凄いと思った

あとあのパロディは本当に笑った 映画館で見てたら絶対噴き出してたわ
366 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 23:09:01 ID: 0ahpa5ngV7
この映画ヒトラーだから成り立つ政治的趣向の話だよな
既に出ている例えで日本歴史上の有名人が帰って来た所でさ
いつものタレントだらけの三流邦画になるのがに見えてる
367 ななしのよっしん
2020/11/03(火) 20:15:33 ID: OVOhtNuKws
これ何年か前に観たなぁ
最初は笑えて、段々笑えなくなってきて、最後はぞっとして終わった
よく出来た映画だった
原作だとオチ違うんだね
368 ななしのよっしん
2020/12/05(土) 20:26:23 ID: YODbcIx22e
ナミビアに帰ってきたので
369 ななしのよっしん
2020/12/05(土) 20:27:49 ID: YODbcIx22e
>>365
実際映画館であのシーンになったら笑い出す人結構おったよ
370 ななしのよっしん
2021/01/18(月) 22:42:47 ID: WzF+AUmQZy
この作品ではの党について触れられてるけど、側近だったシュペーアの長女がの党の議員として所属してるそうな


本編に描写されてないだけで、会ってたりして
371 ななしのよっしん
2021/02/05(金) 16:46:22 ID: +/zbnxXZQL
酷かった
あの世ヒトラーに謝罪してほしい
372 ななしのよっしん
2021/02/05(金) 16:50:16 ID: /G7S8hEi4u
せめてき微睡みの囚人レベルの作品であって欲しかった
373 真面目で優しい教師
2021/04/28(水) 13:18:22 ID: 2MQS9BEa5C
>>363
日本は周りをよく見て周りに合わせる民族性だから一番怖いのは周囲の「雰囲気」と「流れ」だよな
374 ななしのよっしん
2021/04/28(水) 13:32:32 ID: 2MQS9BEa5C
>>59
1000年以上前の初期段階で手遅れになる前に支配体制を変える努を怠り、その怠慢が軍部の暴走を招いた
を怠った市民側にも責任があるということか