帰ってきたヒトラー単語

カエッテキタヒトラー
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

帰ってきたヒトラー(原題:“Er ist wieder da”)とは、ドイツ作家ティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説、及びそれを原作とした映画である。

概要

原題をそのまま訳すと「彼が帰ってきた」(He is here again)となる。
現代のドイツってしまったアドルフ・ヒトラーが巻き起こす騒動を描く。
といってもハード政治小説ではなく、あくまでスラップスティックコミカル風刺作品である。ヒトラーも、往時の狂気的な政治思想はそのままだが、人間くさい部分もしっかり描かれており、気のいいおじさんにさえ見えるキャラ造形がなされている。

ドイツではベストセラーになり、その後、世界中で出版された(日本では2014年1月21日発売。2016年4月に文庫化されている)。

さらに映画化もされ、2015年10月8日ドイツ開された。製作は、「ヒトラー最後の12日間」のコンスタンティンフィルム

映画日本でも2016年開され、単館系では異例といえる収2億円のヒット作になった。[1]

あらすじ

アドルフ・ヒトラーは、ベルリンのあるき地でを覚ました。

ソ連軍が迫る中、総統地下壕に身を潜めていたはずなのだが、なぜここにいるのか記憶がはっきりとしない。しかも、どうもの様子がおかしい。にはソ連軍の姿どころか瓦礫ひとつないし、もかれも平和に過ごしている。おまけに、自分は総統だというのに、知らないそぶりをする者ばかりだ。

それもそのはずで、そこは2011年ベルリンだった。
彼は1945年から、タイムスリップしてしまったのだ。

情報を得るために立ち寄ったキオスクでそれに気づいた彼は、衝撃を受け、空腹と疲労も重なり卒倒、店の人に介抱される。そのまま彼は、生活のため、仕方なしにキオスクで働くことに。
だが、「ヒトラーそっくりがウリコメディアンか何か」と勘違いした人によってテレビ局に売り込まれると、りまくりの芸(?)がテレビYoutube馬鹿ウケし、いくつもの勘違いにも救われて、どんどん人気者になりはじめる。
彼の方も、持ち前の頭の良さを活かし、ウィキペディアをむさぼるように読んで、現代に適応していた。

そして彼は、第二次世界大戦から60年以上が経った現代で、再び野望の実現へと邁進しはじめた……。

原作小説と映画の違い

映画化に際し、いくつかの変がなされている。

を覚ました年が2011年から2014年へと変更され、初期の情報キオスクから新聞販売店へと変更された。この年代の変により、開時のドイツにおける政治問題や移民問題を映画内に取り入れている。

また、原作小説ではキオスク人の売り込みからストーリーが進行していくが、映画ではフリーTVディレクター”ザヴァツキ”と2人で内を周り、その映像ネット投稿する事で知名度を上げていった。
その内容は『ヒトラーによる政治へのインタビュー』という物だが、実は撮影の際、映画である事を伏せて本当にインタビューを行っている。場所はベルリンに始まり、2014年ワールドカップファンフェスト、果てはネオナチへのアドリブインタビューまである。
なお、インタビューの総撮影時間は380時間以上らしい。

関連動画


関連生放送

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *http://www.cyzo.com/2017/07/post_33544_entry.html

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帰ってきたヒトラー

350 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 20:30:40 ID: xhF3+TgTFA
噛まれる直前まで撫でで構い倒してたんですがそれは
あと、撃たれるがよく見るとクッソ雑な作りの人形なのやを撃ったシーンがその後の展開にど関係していないのも低評価のし所さんですよ
351 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 10:10:37 ID: uHSZHAigVj
日本ヒトラーナチス立花孝志NHKから国民を守る党じゃないかな
今のところはただのピエロとイロモノ・キワモノ政党だが
だがかつてのヒトラーナチスも最初はドイツ民からただの奇人変人扱いされてて
あんな狂ったらが政権取れるわけないと油断して面がってたら本当に独裁政権建てるまでにのし上がっちゃったんだし
どんなに滑稽な狂人変人が相手でも警は怠っちゃいけない、ってメッセージ性を伝えてくれるのがこの映画小説だと思う
日本人オウム麻原が政界進出を狙った時はまだギリギリ理性があったけど
(それでも当時、オウム麻原を持て囃して仲良く交流したり、政界進出を応援してた著名人や識者がいたのは今考えるとゾッとするが)
今、一歩間違えればドイツのようになりかねないほど、日本民度も壊れつつあると思う
352 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 22:59:21 ID: oA3H6ixX/E
ドイツヒトラーナチスに押しつけた責任はだいたい旧軍部に押しつけたけど、ヒトラーほど特に忌み嫌われまたは英雄視される人物は知らん
旧軍部が来てもヒトラーのように技術ギャップを埋められるとは思えない、
というより現状ですらフロッピー発言とかUSB?発言とかの上から機密情報P2Pで流す下まで現代日本人が現代技術に追いつけないんだから…
帰ってきた日本(の何か)はブラックユーモアに始まりブラックユーモアに終わりそうだけど、帰ってきたヒトラーのようにいつの間にか視聴者を引きずり込むは全然なさそう
353 ななしのよっしん
2019/08/29(木) 03:09:26 ID: +1at9EuYAR
>>352
カリスマ性とタブーを兼ね備えた人間ってのがあまり居ないかタブー過ぎるのがね…

いっそ芥川三島由紀夫辺り連れて来た方が良い仕事してくれそうな気もする
354 ななしのよっしん
2019/09/25(水) 11:23:01 ID: U+oBaEmpun
帰ってきたヒトラーと帰ってきたムッソリーニ見たけど
ヒトラーの方が面かったけど、ムッソリーニの方が流れは洗練されてた気がする。
ただ、実際に帰ってきた際にムッソリーニ君主制下の全体主義だというのと、
ムッソリーニの孫がいるというのが気になる点。

日本だとほぼ全階層から支持されてた近衛文麿とかでやるのかなあ。
日本投票権者のほぼ全階層から支持されて組閣したが、
期待されていた混乱(戦局)の収束が全くままならないまま
更なる革(戦争)やむなしの空気を作って、退場していくという
ヒトラームッソリーニとは全然違う流れにしなければならないが。
355 ななしのよっしん
2019/09/25(水) 11:51:07 ID: J9pwOtwO3K
一般的(極東政治歴史なんてしらんわ)認識だと
日本く帰ってきたヒロヒト作らんかい
JPヒロヒト帰ってこさせる素振りすら見せへんやっぱモンキーだわ
でしょ

帰ってきたところで何かなるわけないのに
356 ななしのよっしん
2019/10/07(月) 16:32:52 ID: QzEkv00cwa
日本で帰ってきたシリーズやるなら、山本五十六とか吉田茂とか田中角栄とかかな。一般受けしなさそうだけど

ところで上皇様は山本五十六には会ったことあるよね?
357 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 21:15:23 ID: 8YZATSZHUH
ヒトラーネオナチ激怒する場面で思いついたけど
似たようなので
アルフレッド・ノーベルが現代に復活して、ノーベル平和賞与える授賞式で
ノーベルが受賞者と委員会にマジ切れして、その場面が全お茶の間で放送されてしまう
なんてのがあり得そうだけどどう思う?
パレスチナのアラファトなんか過去差別テロ起こしていたテロリストの親玉で
ノーベル本人がキレそうな経歴だし
358 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 23:55:12 ID: jVIdJLCQCi
個人的には帰ってきた信長も見てみたい
359 ななしのよっしん
2019/10/28(月) 15:38:59 ID: Yx/h/1n7G/
>>354
帰ってきた近衛文麿なら、まんま細川護熙の一生で良くね?

>>358
最近の歴史研究が明らかにした
「存外保守主義で別にでもない」
信長が、フィクションの中の信長める現代人に振り回されるのなら見たい。