注文の多い料理店単語

チュウモンノオオイリョウリテン
1.3千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ
削除申請 この記事は注文が多いです。
当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください。

注文の多い料理店とは、宮沢賢治の児童文学の短編集(1924年12月1日発行)、およびその中に収録された表題作の童話である。

ここで概要を読んでください。

ネタバレ注意 お客さまがた、ここでをきちんとして、
それからはきものの泥を落してください。
と弾丸をここへ置いてください。
どうか帽子と外套と靴をおとり下さい。

宮澤の生前に出版された一の短編集。童話は何度も絵本化やアニメーション化され、小学校国語教科書に掲載されるなど、『銀河鉄道の夜』と並ぶ宮沢賢治の代表作。

イギリスの身なりをした鼻持ちならない都会の持ちが山で化かされ痛いを見るという、貧しい農村で育った作者の放恣階級に対する反発ともとれるものが込められている。

別に科学や文明を否定しているわけではないが、本作に限らず作者は都会や文明より、田舎自然の側に立ってや童話を書くことが多い。

この本の出版から翌年、岩手高等学校教師となって学生相手に農民芸術論を講じ始めるなど、本作を以てますます農家への関心を高めている。

既に著作権が消滅した作品なので、全文を「青空文庫」などの無料開電子図書館自由に読むことが可

あらすじをお読みください。

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。
注意 ネクタイピン、カフスボタン眼鏡財布、その他物類、
ことにったものは、みんなここに置いてください。

イギリスの身なりをした二人の若い紳士が山に猟に出ていた。猟銃を携げ、大きな猟を2匹連れているのに一向に成果は上がらず、案内人は行方をくらまし、果てにが山におそれをなして泡を吹いて死んでしまう。

の死についてあくまでも損得の勘定で残念がりながら山より引き返そうとするが、深い山に入り込んでしまっており、天気は荒れている。そんな山中にあり、すっかり迷いながらも、二人は西洋調の屋敷を見つける。そこには「西洋料理山猫軒」と看があって、空腹の二人は、片や動的に、片や訝しみながら入店する。

そこには何重にもで仕切られた廊下があり、紳士二人はその区切り毎に書かれている示に従い続けるが……。

どうか関連動画をご覧ください。

注意 のなかのクリームを顔や手足にすっかり塗ってください。

関連静画をすっかりみてください。

注意 クリームをよく塗りましたか、にもよく塗りましたか、

関連商品

注意 料理はもうすぐできます。
十五分とお待たせはいたしません。すぐたべられます。
くあなたの頭に瓶の中の香水をよく振りかけてください。

関連リンク

注意 いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう。お気の毒でした。
もうこれだけです。どうかからだ中に、の中のをたくさん
よくもみ込んでください。

関連項目

注意 いや、わざわざご苦労です。
大へん結構にできました。
さあさあおなかにおはいりください。

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

注文の多い料理店

4 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 09:37:57 ID: /5Q5XybXK9
幼いころ、この「注文の多い」の意味が「人気店である」とも「要が多い」とも理解できず
よく分からないまま読んじゃってオチ宇宙猫みたいな感じになった。もっと成長してから読むんだったな。

それはそれとして、良い記事ですね……。
小説の内容を記事構成に活かしている記事として「アルジャーノンに花束を」もありますが
ぜひもっと増えてほしいです。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
5 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 10:26:24 ID: wmTbgtykRm
>>1>>2
記事に相応しく、注文の多い(という程ではないが)読者が…

@れねさんへ
更新お疲れ様です。>>3のご意見に私も同感です。

『ここで~』の『放流階級』は「タシュケントから派遣された、もみのすきな署長さんのライヴァルの社会」かなと思いますが、誤記だろうから修正をお勧めします。
関連項目の『人肉食』は、狭義には人間自身・広義には宇宙人やデミヒューマンの様に人間同等の存在が人間体自体を食べ、しかも後者で言えば神話伝承や有名作品等でそういったイメージが定着した存在による行為です。
山姥(ギャルに非ず)なら未だしも、本作の山猫支配人氏?には程通い様に思います。
トリック』と差し替えて頂ければ何よりです(当該スレでの定義では≠『叙述トリック』の様です…)。
そもそも、「西洋(都市文明を)料理喩)する(里山義者な作者シンパたる)山猫の店」=『西洋料理 山猫軒』だったのでしょうか?

以上、宜しくご検討の上
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
6 れね
2022/05/14(土) 11:06:32 ID: zKDAajyOSD
肯定的なご意見ありがたいものです

>>5 注文拝承しました。
・放流階級はもしかしたら放恣階級の誤読誤植ではないかと考えました。そのように変更します。
カニバリズムは同種の「共食い」の向きが強いですよね。
 仰るように差し替えを行い、叙述トリックについても一緒に掲載してみます。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 ななしのよっしん
2022/05/31(火) 13:58:24 ID: wmTbgtykRm
@れねさんへ
注文の多い客にご対応頂き恐縮です。分さんの様な積もりはないのでご安心下さい。
当時の広告の『放恣な階級』が由来でしょうが、現代の「好き勝手な階級=上級市民無敵の人々」的な印からは隔世の感です。
紳士方が店舗管理者の無茶振りえる様は放恣どころではない物の、達の急死を勘定で済ます辺りはフラグ回収でしょうか。
カニバリズムより人肉食の方が広範囲として、何れも知的生命体としての意思決定や習慣性が重要でしょう(人食いは更に広いかも)。
(広義の)叙述トリックに関しては、『注文の多い~』の意義が、1「店舗が(処理過して)旧客からの発注や要望を受容した挙句、新客からのそれらへの返答や実施に支障を来す旨を周知する」2「新客へのサービスの体裁や内容が悪化する対応として彼らに要望を出し、セルサービス的な行為(塗り塗り)までさせる」3「客の転倒が明確になる」と推移します。
表題がグルメ情報の誤解を招き営業上振りを招いたという逸話も、自分が掘ったに落ちる的なメタトリックかも知れません。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
8 ななしのよっしん
2022/06/02(木) 00:28:44 ID: QIdKBnOG2Y
すごい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
9 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 00:30:58 ID: ihWtymsNS/
RPG不動産から。
よくできてる記事だな~と思ったらつい最近できたんかこれ!
よくとかお絵カキコ見つけてきたな・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
10 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 06:36:30 ID: r8bgbyF8Jo
すごい良記事
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 19:09:17 ID: z8FDjHcu00
記事がとても見やすいですね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2022/09/12(月) 21:44:06 ID: 5UlTSQnZBI
ヒエッ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2022/12/02(金) 19:14:25 ID: scLgPnllrb
これは良記事
👍
高評価
0
👎
低評価
0