盗まれたウルトラ・アイ単語

ヌスマレタウルトラアイ

「盗まれたウルトラ・アイ」とは、特撮テレビドラマウルトラセブン』の第37話のエピソードである。

37話「盗まれたウルトラ・アイ」
脚本 市川森一
監督 鈴木俊継
特殊技術 高野宏一
放送日 1968年6月16日
登場怪獣宇宙人 マゼランマヤ

ストーリー

未確認飛行物体が落下したしたとの報告を受けて、調に赴くウルトラ警備隊。アマギ隊員とフルハシ隊員は、ダンプを運転する不思議な少女とすれ違い、そのの先で血を流しているダンプの元々の運転手、宇宙船の噴射の跡を確認する。

報告を受けたダンは検問を引こうとするが、ダンプに乗った少女はこれを突破。ダンポインターで追跡を図るが、宇宙船からの妨から転落してしまう。少女は倒れているダンに迫り、ウルトラアイを盗み去ってしまう。

地球を賛辞するナレーションの流れるプラネタリウムにいるダンプの少女マヤ。醒めた表情でそれを聞きながら小のレシーバーを操作する。
宇宙ステーションV2では、彼女に向けて発信した怪電波によるメッセージをキャッチしていた。
マゼランへ…マゼランへ…第一任務了しました。迎えの円盤を送ってください」

V2からの報告を受けて、怪電波の発信特定を図る地球防衛軍。その4日後、今度はスナックノアにて信号をキャッチし、ウルトラ警備隊が出動する。メッセージ「迎はまだか。迎えはまだか」

スナックノアで踊り狂う人々。その中に混じってマヤがいた。テレパシーマヤと会話するダン
ダンウルトラアイを何故盗った?」
マヤ「それが私の任務だから」
ダン地球侵略するつもりなのか?」
マヤこんな狂ったを?見てごらんなさい、こんな侵略する価値があると思って?
ダン「迎えはまだか。迎えはまだか」というマヤメッセージを反復すると、マヤは踊るのを止め、その場から立ち去ってしまう。

ダンリズムボックスが怪電波の発信となっている事を突き止める。ウルトラ警備隊はそれを回収し、マゼランへとメッセージを発信する。マゼランからの返信をアマギが読み上げる。
恒星弾道弾、既に発射せり。迎えに及ぶ時間く」

ソガ「恒星弾道弾というと…隊長マゼラン地球ミサイルを!」
フルハシ「それじゃあ、あのが…」
キリヤマ「…恐らく何か特殊な任務を帯びてやって来たんだろう」
アンヌ「迎えには来ないってどういうことなの?」
ダン「……裏切られたんだよ、自分のに」

ミサイルの着弾予測時間は7時間後の午前0時恒星弾道弾は刻一刻と地球に迫り、V2を破壊してしまう。ウルトラ警備隊がウルトラホーク1号2号で迎撃するが、ミサイルはビクともしない。

一方、ダンは単独行動でマヤ行方を追っていた。再びノアに訪れるが、なんとそこにいた客全員ウルトラアイを付けていた。片っ端からウルトラアイを引っぺがそうとするダンだったが、客たちは操られているかのようにダンに襲い掛かり、ダンは気を失ってしまう。

ダン午後11時を知らせる時計の鐘でを覚ますと、客たちは皆どこかへと消え去っていた。そこにマヤが現れる。
マヤ「このの命も、午前0時でお終りです」
ダン「君も死ぬのか?」
マヤ「私は仲間が迎えに来てくれるわ」
ダン「……も来ない。君は初めから見捨てられてたんだ」

ダンはそう告げると、マゼランからの通信が記されたパンチカードを渡す。
マヤはそれを黙って受け取り、内容を確認するとダンに向き直る。

ダン「こので生きよう…こので一緒に……」

マヤ言のまま、ダンウルトラアイを返す。ダンセブン変身して宇宙へと飛び立つ。
セブンミサイル内部に侵入し、コントロールシステムを操作、ミサイルの方向を地球から逸らす事に成功する。

ノアに残ったマヤダンの帰りも待つ事く、ジュークボックスの「J-7」のボタンを押す。筐体からガスが溢れ出し、マヤを包み込んでいく。
同胞から見捨てられ、蔑んでいた異郷に一人取り残されたマヤは、自ら命を絶つを選んだのだった。

ダンが午前0時の鐘が鳴っているノアに戻ると、もうマヤの姿はく、身に着けていたブローチだけが残されていた。
ダン何故、他のででも生きようとしなかったんだ…だって同じ宇宙人じゃないか……

「数年後には、々も月旅行が可になるかもしれません。しかし、にも土星にも生物が全くいないという確いのです。々がに、その他の惑星に行けるとしたら、いは不思議な少女と同じ運命が待ち受けているのかもしれません」

ナレーション


ダンノアを後にし、溢れる人込みとネオンに塗れたを抜けると、ポインターに乗って走り去っていった。

解説

準原稿「標的は踊る」

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9B%97%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

盗まれたウルトラ・アイ

1 ななしのよっしん
2015/10/13(火) 12:37:05 ID: eWfIEBlNZd
ドラマ「私の愛しウルトラセブン」にて、上原正三脚本の「300年の恨み」とのコンペをやって、この話が採用された経緯がドラマ化されている。
ちなみに、「300年の恨み」が没になった理由はドラマでは沖縄基地問題を連想させるからとなっているが、現実では「予算がいのに怪獣を3体も出せるか」という理由だったという。
2 ななしのよっしん
2015/10/13(火) 19:58:02 ID: eWfIEBlNZd
>>1の訂正
× 「300年の恨み」  ○ 「300年の復讐
あと、実際に「他人の」とコンペをやったのは藤川桂介脚本の「底の叫び」で、撮影用のプールを準備できなかった事で「他人の」が採用された
3 ななしのよっしん
2017/12/27(水) 17:41:30 ID: dvbeNfuIj6
オーブの「リボン少女」のマーヤとか、ジードシャドー星人クルトとかはこれのオマージュだったのね