編集  

ラクダ単語

ラクダ

ラクダとは、ウシラクダラクダ属の哺乳類を総称した名称である。

概要

砂漠などの燥地帯での生活に適応した動物畜。砂漠に住む動物といったらコイツら。古くから人間の活動と密接に関わりながら分布を拡大させており、燥地帯での人間の歴史においてはラクダの活躍抜きにはれないだろう。特にシルクロードやサハラ砂漠などの砂漠地帯での交易ルート開発と発展に活躍した。増やすのこそ難しいものの、寿命が長く燥に非常に強く頑強なため長期間に渡って活躍出来、現地では長期資産として扱われ、どれだけ多く所持するかが一種のステータスとして見られている。

現地での二つ名は「砂漠の船」・「神様からの贈り物」。

起源

元々ラクダの祖先は北アメリカ大陸に生息していたようで、そのうち当時陸続きだったベーリング付近(ベーリング)を越えてユーラシア大陸に進出・進化したのが今のラクダである。また、北アメリカに留まったうち南アメリカ大陸に渡ったグループからアルパカリャマ・ビクーニャ・グアナコといった動物が誕生した。やがて気の変化などによって北アメリカからラクダの先祖は絶滅し、別大陸に進出した子孫は生き残り生息域を拡大させていった。

外見的特徴

最大の特徴は背中に山のように盛り上がっているコブであろう。よく「背中のコブには分が蓄えられている」と言われているが、ソレは迷信。コブには脂肪がたっぷり詰まっており、その脂肪の塊が断熱材として働き、生息地での厳しい太陽から熱を遮断する。その脂肪は当然エネルギー貯蔵庫としての役割も備え、長期間の絶食にも耐えられる。ラクダは体中の脂肪背中に集中したような体構造をしており、背中以外から熱を逃がして体温を下げる。コブは均で35㎏ほどだが、大きい時は100㎏にもなる。

産まれたばかりのラクダ背中にはコブがく弛んだ皮膚のみがあり、生活するうちに脂肪が蓄えられていく。

長い首と四肢を持つ。この体は熱された地面からなるべく離れるためだと考えられている。足のは中が残った2本。足の裏は蹠球(しょきゅう)という蹄と脂肪で出来た物質を備えており、固い地面だけでなく砂に足を取られる事く移動可。その代わりに熱帯地方の泥地などでは機動は大幅に落ちてしまう。

脚の膝部分に硬結(こうけつ)というたこのような部分があり、地面に座る際はこの部分を地面と接地し体は着けないように座る。

生態

ラクダ背中のコブではなく血液の中に分を蓄える事が可。通常動物は許容量以上の分を取ると血液中の血球が膨・破裂して命の危機に至るが、ラクダの場合は血球が2倍以上に膨しても破壊されない。そのため、ラクダは飲める時に飲め理論で、一度に80リットル・最大200リットルもの分を一気に摂取出来る。

腎臓の機が特殊なため、たとえ高い塩分を含んでいるであろうと摂取し高濃度の尿と一緒に塩分も排出され分だけ吸収される(尿の量も最小限)。

また、ラクダは体重の4割の分が失われても生命活動を維持出来る。徹底した分を大切にする構造は発汗機にも及び、なるべく汗をかかないようになっている。ラクダは外気温に自身の体温を可な限り合わせる構造になっている。そのため、ラクダの体温は他の哺乳類よりも高い。

独特な嬌のある顔の持ち。鼻孔を全に塞いでも呼吸が出来るという、他には見られないラクダだけの離れ業を持つ。これで砂が鼻に入ることを防ぐ。まつ毛は長く砂に入らないようにしている。

食性は食。エサを噛む際は下あごを左右に揺らすようにしてエサを摺り下ろす。ラクダは四室に分かれていて反を行う動物の一種。

身の危険を感じると、非常に悪臭を放つツバを吐いてくる。不用意に人間が顔を近づけると思いっきり吐き捨てられるので注意すべし。

他の偶蹄同様、側対歩という歩き・走り方で移動する。走るスピードは時速約40㎞から60㎞ほど。

高いスタミナを誇り驚異的な踏破を誇る。移動距離100㎏の荷物を背負っていても1日で30㎞を移動し、荷物しなら1日80㎞も移動可

家畜として

ラクダ燥地帯での移動手段として古くから使用されてきた。砂漠が多い西アジア・北アフリカでは特に重宝されており、現在においても重要な移動手段として利用されている。燥地帯では以上にを発揮する動物であったため軍事利用の歴史も長く、現代でも騎乗例やラクダ騎兵を正規軍に加えているが存在している。

また、エジプトなど砂漠付近に観光名所が存在している場所では観光用としてラクダ観光客を乗せて移動させるビジネスが広く知られている。ただし、ラクダは側対歩で歩行する関係上よく揺れるためれてないと酔い易いので、乗る際は注意。

また、ラクダレースというラクダに騎手が騎乗して速さを競うラクダ競馬なるモノも存在しており、アラビア半島においてとくに盛んに開催されている。かつては子どもが騎手として使われていたが人上の理由により現在は行われていない。近年ではロボットを騎手代わりにしているレースも開催されている。

乗用の他、食材としてもラクダ有能である。ラクダが出すミルクは量が多く長期間採取出来るため、ラクダを使役している地域では重要な飲み物であった。ラクダは脂が少なく較的ヘルシーである。この辺りは荒野などを生息地とする鳥類であるダチョウに似ている。になる個体は大体が老い衰えて労働などが出来なくなった個体である。ラクダの血は手っ取りエネルギー摂取可な飲み物になる。

皮や毛は素材などに使われる。ラクダのももひきとは関係はい(色が似ているから付いた)。重な燃料として木・が少ない燥地帯では重宝される。

日本では動物園で飼育されている個体がいる以外に、鳥取砂丘において観光用に飼育されている個体がいるのが有名である。鳥取砂丘にお越しの際はご利用してはいかがだろうか?

主な種類

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%80
ページ番号: 5225343 リビジョン番号: 2557113
読み:ラクダ
初版作成日: 14/04/30 07:15 ◆ 最終更新日: 18/01/26 19:38
編集内容についての説明/コメント: 家畜としてを記述
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラクダについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/08/17(日) 18:29:58 ID: 8qor5i7gq5
ラクダは楽だ
2 : ラクダ :2014/08/17(日) 18:38:49 ID: vQWbnSquY6
蹴り入れてやろうか
3 : ラクダ :2014/08/19(火) 12:36:19 ID: g2eyjhStH3
突進で押しつぶしましょう
4 : 削除しました :削除しました ID: HlzbFPP6bQ
削除しました
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス