MP3単語

エムピースリー
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

MP3とは、

曖昧さ回避

1.音圧縮技術の一つ。ドイツのフラウンホーファー研究所が開発した「MPEG Audio Layer-3」の略。
2.イタリアのピアジオ社が製造しているビッグスクータータイプ三輪自動車

である。当項では1.について説明する。

概要

MP3MPEG Audio Layer-3)は、MPEG-1のオーディオ規格として開発された、音圧縮方式の一つ。ドイツのフラウンホーファー研究所が1995年に開発し特許を取得。CDと同じ音質ファイルサイズを10分の1まで圧縮すると言われるほどの高い圧縮効率に定評があり、デジタルオーディオプレーヤーの一般的なフォーマットとして採用されるなど、オーディオ圧縮規格として広く普及している。

世界で最初にmp3フォーマットに採用された曲はスザンヌ・ヴェガの「Tom's Diner」と言われている。

MPEG以外の動画にも使用でき、ニコニコ動画の代表的な動画フォーマットであるFLVにも使われている。そのため、FLVから劣化なしでMP3の音ファイル抽出可である。

MP3をそのままCDに焼いたMP3CDというのもある。通常のCDよりも大量に楽曲を収納できるが、iPodの普及と共に音飛びがしいCDプレイヤー自体が敬遠されるようになってあまり普及しなかった。

MP3プレイヤー

世界初のMP3プレイヤー1998年に発売された韓国の「MPMan」だとされる。32MB39800円だった。

その後、iPodが発売され、MP3プレイヤー一気に世界中へと浸透した。詳細はiPodの項に譲る。

ソニーは独自フォーマットに固執し、MP3を嫌ったため、ウォークマンの売り上げが落ち、iPodみすみす独走を許してしまうことになる。

音質など

128kbpsが一般的な基準とされ、音楽圧縮する場合はビットレートが128Kbps以下になると音が破綻する場合が多い。具体的に言えば「圧縮ノイズの出現(高音域で分かりやすい)」「左右チャンネルの分離が曖昧」などで、中間位相をキャンセル状態にするとレートの高低が顕著に判別可である。

なお、当初MP3は「128KbpsCDと同じ音質」とされていたが、実際にこのビットレートで圧縮したMP3データCDと聞きべると、やや劣ると感じる人もいる。ストレージの大容量化でオーディオデータが大きくなっても保存が容易となった今日では、より高レートで圧縮して、または可逆圧縮(ロスレス)音を用いてリッピングする場合も少なくない。

一方で後発の規格であるAAC較すると、低ビットレートではMP3の音が破綻しやすいが、192Kbps以上の高ビットレートで圧縮した場合は顕著な差はなくなる。仕様としては最高で320kbpsである。また、エンコーダーによって音質が異なる(といっても人によりは異なる)ともされ、iTunesの内蔵エンコーダーは一般にあまり評価が高くない。

ちなみに、曲間をシーレスに繋ぐギャップレス再生には標準で対応しておらず、ハードソフト側で各々が処理する必要がある。現在でもこれに対応していない機器が散見されるため、注意したいところ。

MP3とアングラ

CDWAVした際よりもかにファイルサイズが小さいことを活かし、アナログモデム接続が一般的だった90年代には音楽の違法共有・アップロードのためのフォーマットとして広く普及した。エンコーダー無料で配布されていたことも大きい。

1997年には棚井(ほのかマ)なる人物がMP3リンク集を作り始め、さらにエンコーダーの配布も開始した。同年には「WinAMP」が開され、普及に一役買った。この頃は寝る前にCD一枚分のMP3変換をソフトに入して、起きたら出来上がっているぐらいの変換速度であった。

MP3は隠語で「もせあ」と呼ばれた(日本語キーボードの人はキートップの印刷を見てみよう)。MP3は別に罪もないのに「ワレズ」同様アングラの代名詞にもなった。

ちなみにMP3プレイヤーである「MPMan」が「禁断のハード」と呼ばれていたことからも、CDからWAVへ変換することさえグレーゾーンと認識されていた当時の感覚がうかがえる。CDからWAVに変換するCD2WAVというソフトウェアも、1999年頃に不正競争防止法に抵触する恐れがあるという理由でいったん配布を停止している。

あまりにもMP3がアップロードされるので、拡張子がMP3のファイルウェブサイトに掲載できなくなったりした。このため、JPEGなど、様々なファイルに隠蔽され、分割してアップロードされるようになった。この頃のMP3変換ソフトでは「午後のこ~だ」などが有名。

2001年頃からは常時接続の普及、Napster・GnutellaWinMXなどのP2Pファイル共有ソフトウェア普及で段々MP3を掲載した違法サイトは減っていく。2000年代中盤以降は、iTunes Storeなどオフシャルダウンロードサイト音楽ストリーミング配信の台頭、それに追随した各レコード会社の動きもあって大きく数を減らした。

関連動画

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/mp3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MP3

41 ななしのよっしん
2016/12/15(木) 03:48:46 ID: d3wS+uoOts
コーデック 音質AAC vs MP3 vs Opus vs Vorbis
http://qiita.com/keiya/items/70ed223c85e72b6bfddaexit

Opus最強伝説
もう音フォーマットは可逆圧縮FLACと非可逆圧縮のOpus以外は滅んでいいんじゃないかなXiph.org信者過激派
異論は認める
42 サブリミナルはんぺん
2016/12/18(日) 23:45:31 ID: dFYr/cQNja
MP3(320kbps/192kbps)「高〜中ビットレートは任せろ!」(バリバリ
FLAC「やめてー!」

AAC(128kbps/48kbps)「中〜低ビットレートは任せろ!」(バリバリ
Opus「やめてー!」
43 ななしのよっしん
2017/06/14(水) 12:41:47 ID: pyQxMmZQmr
2017年4月23日、遂にmp3特許権消滅。gifみたくmp3復古時代到来かと案じていたけど
先日、Xiph規格は意地でも採用しないと思われたAppleが新OSFLAC&Opus対応を発表。良い意味で予想を裏切られた
これで世代交代が進むだろう。mp3は安らかに眠れ。R.I.P.
44 ななしのよっしん
2017/06/23(金) 15:00:52 ID: pyQxMmZQmr
MP3は死せず。アフリカで命を救う「MP3FORLIFE
https://wirelesswire.jp/2017/06/60193/exit

全米が泣いたmp3よ永遠なれ
45 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 02:59:58 ID: t/Dykqwi5L
スマブラSP桜井く収録曲数が世界最多のギネス900曲で再生時間に換算すると約28時間分が1GB程度に収まったらしい
圧縮技術の向上でWii時代と音質を保ったまま容量が1/4になったと
コーデックはOpusだと判明した。Nintendo Switch用に最適化されたverもあるそうな
46 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 15:04:05 ID: dny6vlBpuk
もうOpusでいいや感が凄い
47 午後の人3
2020/08/29(土) 11:11:36 ID: 92BMpeE0i6
MP3は終わったというをよく聞くが、はそれは違うと思う。
MP3は技術的に古いというを聞くがたしかにそれはそうだ。でもLAMEなどは常に良を行っている。技術的に新しいものなどを取り入れたりしてるんだ。だってMP3に最初CBR以外選択しかったんだぞ。でも今は普通ABRVBRを使うことが出来る。そして、今に至るわけ。
2つはストレージの大容量化。
もちろんネットワーク通信では低ビットレート化は永遠に進むと思うが、1TBあるPCで何回も何回も読み込む訳じゃないのに32kbpsなんて使わないだろ?
つまり人々はスマホPCに曲を入れるのに十分に便利にしたと言うこと。MP3特許が切れてフリーライセンスになった今、MP3は今まで以上に使われるようになるだろうと予想するで。
48 午後の人3
2020/09/06(日) 11:09:01 ID: 92BMpeE0i6
lame初心者はこれでも使ってれば良いんじゃないかな?
--abr 144 --resample 32000 -b 80 -B 192 --lowpass 16 -m j -q 0 --nspsytune --nssafejoint --ns-treble -1 --ns-sfb21 8 --athtype 4 -Z -k
128kbpsエンコされるから
音はびっくりするくらいいいぞ(多分聞き分けることは不可)
49 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 13:12:24 ID: t/Dykqwi5L
MP3のLPFは16kHz以上をバッサリ削るから128kbpsだと流石に厳しいんじゃないかな
可聴域上限ギリギリ20kHzまで保持できるOpusと同ビットレートで聴きべたら結構差が出ると思う
昔は個人がCDから音取り込み→PCエンコード&保存→MP3プレイヤー転送→再生という長ったらしい儀式シコシコやっていた音楽を所有する時代だったけど、今はサブスクストリーミング配信サービスで気軽に聴ける音楽を共有する時代になった
YouTubeMV(AV1/Opus)、Apple Music(AAC)、Spotify(Vorbis)、etc
それ以上の高音質需要はFLACがあるしMP3に触れる機会はもうくなったかな
50 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 10:43:20 ID: t/Dykqwi5L
MP3の思い出といえば、曲を聴くことよりもMP3タグ編集整理に大な時間を割いていたな
トラック番号連番振り方覚えて、ジャンル分けで悩み、歌詞コピペに手こずり、歌詞同期ファイル作成の沼にハマり、高画質アルバムカバーネットサーフィンに溺れる日々を過ごした
今はスマホ一つで楽々聴き放題なんだもんな。歌詞表示機デフォで充実してるしプレイリスト共有や自動選曲で未知の名曲邂逅したり未踏のジャンルを開拓したりするようになった。世界が拡がった
あの頃の情熱をもっと有意義なことに費やしていれば、と思うこともある。当時もそれはそれで楽しかったけど今の方が音楽を楽しんでいる気がして幸せだわ