true tears単語

トゥルーティアーズ

true tearsとは、

  1. Windowsゲームソフトtrue tears」→true tears(ゲーム)
  2. それをもとにしたアニメtrue tears

ここでは2.について説明する。

概要

富山県の南砺端地区を舞台にした恋愛アニメP.A.WORKS制作2008年放映、全13話。

劇中では端に限らず、高岡氷見富山市など様々な富山県風景が使われ、舞台となった場所を訪ねに行く、いわゆる聖地巡礼をするファンを生み出した事でも知られる。ちなみにゲーム版との関連はタイトルが同じだけで直接的な繋がりはい。

2009年ブルーレイマイスターサイトで実施されたブルーレイ化してほしいアニメアンケートtrue tearsが僅差で1位を獲得した事により、同年11月10日~12月16日ファン待望のブルーレイBOX化に向けて予約が受け付けた(現在は受付終了)。そして2010年1月4日、入人数が2000人を越え、正式な発売決定がアニメ公式サイトブルーレイマイスターのサイトexit等により発表された。また2010年12月4日に行われた有志によるブルーレイ版上映イベントで、BOXが大方の予想を上回る5桁の売り上げに及んだ事が発表された。

あらすじ

絵本作家高校生仲上眞一郎」は、両親を亡くし仲上に引き取られた幼馴染湯浅比呂美」と、一郎の両親の4人で暮らしている。同居しており幼馴染でもある一郎と呂美だが会話は少なく、さらに一郎のはとある理由から呂美を嫌っており一郎と衝突することが多く、庭内の関係は良好とは言えなかった。

そんなある日、一郎は学校の裏庭で木に登って降りられなくなっていた少女石動乃絵」と出会う。彼女過去に起こったある出来事が原因で涙を流せなくなったらしい。絵は学校で飼われている丸」の世話をしていたが、タヌキに襲われて丸は死んでしまう。その後絵は丸とどこか似たものを感じた一郎に接するようになる。

一郎と絵の出会いをきっかけに、呂美をはじめ一郎の親友の「野伏三代吉」、一郎の年上の幼馴染の「安藤愛子」らの関係が少しずつ変わっていく。彼らは様々なことに悩み、決断し、少しずつ成長していく。

この作品は高校生の悩みや葛恋愛模様などを描いた物語である。

プロットの要約:

 一郎は多くの男子高校生なら夢に憧れるような環境で生活しているが、彼はそれらのどにフラストレーションを溜めている。学校優等生である湯浅比呂美は彼と一年の間一緒に住んでいる。一郎の家族の親友であった彼女父親が亡くなった時から、彼女一郎の庭に引き取られた。いつも微笑みを絶やさず、スポーツの才も持つ彼女学校人気者であり、教室でも良好な立場にある。

しかし一郎は彼女の内側には秘められた涙があることを知っている。芸術的な素養を生かし、彼女の悲しみを取り除くことを願って、彼は呂美の画を描く。しかし彼は、自宅でさえも彼女に話しかける勇気が出せなかった。呂美もまた、学校での彼女とは全く異なり、自宅では静かに振る舞い、気持ちを抑えている。

遠くから呂美を見つめていることをからかう野伏三代吉、また悪運の呪いをかけてくる奇妙な少女石動乃絵、麦端踊りの稽古などもまた一郎の日々を騒がせる。

一郎は絵の助を得て、彼の抱える各種の問題を解消しようとするが、それはやはり困難なことのようだった。

主な登場人物 

主な楽曲

関連動画

題歌・挿入歌関係

聖地巡礼動画

その他関連動画

関連生放送

関連商品

本編BD/DVD

CD

ドラマCDCD-BOXにも収録)は3人のヒロインのその後を描いた内容で、特に本編最終回まで見た人には視聴を強く薦める。

ニコニコ市場関連の着うた商品

その他関連商品

一方富山では

各方面からの多大な尽によりついに富山県でも深夜2時に1クール遅れで放送されたが、 富山舞台となった事がしかったのか、深夜アニメにも関わらず提供の数がやたら多かった事も追記する。

下に挙げるのが提供した企業一覧である。なお放送終了後は放送前と変わらず通販の番組に戻ってしまい、これがきっかけで深夜アニメが続くと期待した県下のアニオタをがっかりさせたという。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/true%20tears

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

true tears

112 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 10:15:27 ID: jVH7Fr3EGw
呂美ってあらゆる意味で生々しくて、メインヒロインにはしい
現実にいそうな感じを上手くアニメキャラに落とし込んでると思う
113 ななしのよっしん
2018/09/08(土) 20:21:05 ID: l0pRr2eyHv
それでいてしまパンというギャップ
114 ななしのよっしん
2018/12/10(月) 19:52:54 ID: wCEOFYP09V
>>108
まあ当時はこう言うドロドロしたアニメ少なかったからなぁ
鉄血マリーのメッキが剥がれ切った今観てもつまらんだろうなとは
115 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 18:26:35 ID: 6SXHPdHgJX
>鉄血マリーのメッキが剥がれ切った
世間的にはこういう評価なん?ロボット向きではないとは昔から言われてたと思うが
116 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 18:34:36 ID: SNRTd4UnEK
なんだかんだで鉄血は根強い部分があるし、さよ朝かひそねとまそたんとかは結構好評な感じで一部の人が言うほどではない
117 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 17:23:29 ID: 1K3oOlgLEv
BD-BOX買って見たわ
買って良かった。定期的に見たくなるやつ
118 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 01:32:13 ID: kLvWMw31jv
岡田氏が評価を落としたのは事実だとしても、
10年遡ってこの作品が貶されるのは変な話
119 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 16:33:59 ID: dA+AAjgiAG
このアニメゴールデンタイムとかとらドラとかホワルバ2好きならハマる?
120 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 23:52:57 ID: 6SXHPdHgJX
ホワイトアルバムは知らんけど自分はとらドラもこれも好きやで
クソに感じるシーンもあるかもしれんけどその生々しさも含めて評価されてる作品なので
121 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 12:08:14 ID: ISYgWJ2GqC
>>114みたいな何となく叩きたい人より>>90さんのような人が増えてほしいな

急上昇ワード