楽しくゲームでもしようかコミュ

  • 1
  • 0pt
掲示板へ

放送履歴

2010/4/14 コミュ開設&第一回放送。
2010/4/16 第三回放送&初の予約大百科作成される
2010/5/7 第4回Cチームリベンジ駅伝にてDQ3リトラブ氏と一緒に解説(ものまね大会)。
2010/5/15 コミュ開設一ヶ記念&コミュ人数100人&200人&300人記念放送をした。
放送内容は普段やらないホラーゲームの「クロックタワー
スカイプチャットの着信音がするたびに泣きそうになりながらもなんとかBランククリア
しかし、本来の一ヶ記念は5/14のうえ、放送中にコミュ人数が400人をえたりとなんの記念なのかわからないタイトルとなった。 
2010/5/29 プレ駅伝にBチーム第4走者として出走。コミュ人数500人到達。
2010/6/4
 
当時ニコ生新記録となる自己ベストを出す。同日、第5回DQRTA駅伝DQ3ネタ解説として出演し、ラーミアものまねなどを披露した。コミュ人数700人到達。
2010/6/12 コミュ設立二ヶコミュ人数500人突破、駅伝解説ニコ生新記録記念を放送。放送内容はホラーゲームの「零~ZERO~
2010/7/10 第5回Cチームリベンジ駅伝に「チームリトラブにそそのかれた人たち~黒幕BB~」のDQ5走者として出走。コミュ人数1000人到達。
2010/8/12 念願の第6回DQRTA駅伝大会にCチーム往路DQ5走者として出走し、6:25:28の区間記録で完走。Cチーム優勝に導き、その功績によりMVPに選ばれる。
2010/8/15 コミュ人数1200人到達。
2010/9/4 コミュ人数1000人記念24時間放送を配信。放送内容は9/4の22時から24時間寝ないでDQ3,4,5をRTAプレイし、その合間に天鳳テトリスビンゴをやるというもの。待ちにならないようにするため、500円課金による延長も含めほぼ全ての内容をニコ生で配信した。途中リスナーとの婚約締結などもありながら24時完走した。さらに予定放送終了3時間以上の後夜祭を行った。
2010/10/31 第2回DQ2RTA大会に出場、自己ベストを出し、2位の好成績を収める。(19人中) 

 

放送内でクリアしたゲーム(DQ以外)

RTA自己ベストタイム

放送中に出した自己ベスト

ルールRTA伝と同じものを使用。

 

放送中の用語

 

全ての方向性を決めた伝説の第三回放送

2010年4/16深夜コミュ開設3日、初めての予約を使っての放送となった第三回放送がビッグバードの放送の方向性を決めたといっても過言 ではない。放送内容は今と変わらず普通DQ3RTA放送であり、特別タイムかったわけでもなく、偶然の産物としかいいようがない。この回から棒読み ちゃんを導入したせいで右画面のコメントが急に活性化した。

初めてものまねをしたのもこの回で、ルーラものまねを披露した。このものまねがきっかけで、右画面がものまねを振り、ビッグバードがいやいやなが らそれをやる流れが出来た。恒例のダチョウ倶楽部の流れ(どうぞどうぞ)もこのとき完成している。他にもアナニーひyサクラ、左画面、右画面、下画面 という言葉が生まれたのもこの回である。

当時コミュ人数が40人ほど(第三回放送開始時は20人足らず)で、3時間半でコメント数が2643とこの回がいかに凄まじい放送だったかを物語っている。

第一回BB&リスナーオフ会(イなんとかさん事件)

2010年11月某日、都内某所にてBBリスナーの親を深める的でオフ会を開催した。募集当初はオフ会参加希望者が全く来ず、一週間経っても 参加希望者が一人しかいない状況に開催が危ぶまれたが、募集締め切り寸前での駆け込み参加が多く、最終的にはBBを含む10人がオフ会に参加した。しか し、うち7人が生主であった。純リスナーとの親睦会といえるのかは甚だ疑問である。

オフ会開催にあたり、「遅刻は絶対しないように。集合場所には余裕を持って向かうこと、少しでも遅刻しそうな場合は必ず事前電話連絡をするよう に」と再三再四、幹事が忠告したにも関わらず、頭に「イ」の付く某生主(イなんとかさん)はばっちりと遅刻して現れた。さらに、遅刻するという電話もせずに集合時間直前にツイッターで「ちょっと遅れちゃいそうだの(´・ω・`)」つぶやく余裕。おい、てめえいいかげんにしろよさすがである。

最初のカラオケでいきなりBBは得意のピンクレディーの「UFO」を振り付け付きで披露し、後で遅れてきたリスナーのために、さらにもう一回「UFO」をノリノリで披露した。

マイクを離さず最初から5連続で自慢の美声を見せ付けるBBの前に敵はないかと思いきや、意外な敵が立ちはだかった。今日役を狙わんとするイな んとかさんである。得意の「もののけ姫」「サザエさん」でBBと同レベル美声を炸裂させ、観衆を圧倒する。どうやらこの方はカラオケを大自慢コンテ ストと勘違いしているようであった。

BBも負けじと自慢の「ライオン」や「放課後ティータイム」を繰り出し、さながら場はダブルジャイアンリサイタル状態と化し、リスナー達の鼓膜を しく揺さぶった。もちろん場はアンコールアンコールである。ついにはほとんどの歌をBBが歌う始末。さすがは元祖ジャイアンの面躍如といったとこ ろか。

 

次の焼肉食べ放題BBラーミアものまね杯の音頭として始まった。そこでもイなんとかさん大食い自慢コンテストと勘違いしている節があり、未成年ゆえは飲まないが、よりも多く焼肉を食べていた。どこまでも役よりも立とうとする貪欲さ。見習いたいものである。

焼肉も食べ終わり、とうとうオフ会も解散という時間になるも、BBは「今日は帰りたくない…ウケケケケケ(笑い袋ものまね)」とつぶやき、終電がまだまだ余裕で間に合う時間にも関わらず、某リスナーと二人、へと消えていくのであった…。

並走に定評のあるBB

他の生主たちとRTA並走対決をすると、並走者たちの運を吸い取ってしまうことで有名である。とにかく本番に強く、併走での勝率は高い。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/c/co310198

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません
コミュニティ記事には、掲示板は存在しません。ニコニコミュニティ掲示板をご利用ください。