こいのぼり 単語

162件

コイノボリ

2.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

こいのぼり(鯉のぼり、鯉幟)とは

  1. 日本に古くから伝わる
    の絵柄が描かれた幟が、風力中を泳ぐように動くもの。
    端午の節句・こどもの日シンボルとしても用いられる。
  2. 1を基にした日本楽曲
    同名の曲が多数存在するが、龍太郎作曲したもの(「甍の波との波」の方)と、近藤宮子作詞したもの(「やねよりたかいこいのぼり」の方)が特に有名。
  3. 吹き流しの俗称。
    高速道路空港に設置されている風速向きを視覚的に示すもの
    「強注意」の道路標識に描かれているアレ。構造が単純、電不要で直感的に認識しやすいメリットがある。(→

概要

男子が健やかに育つ事を祈願して、庭の軒先にの絵柄が描かれた幟を立てる
桃の節句旧暦3月3日)と並ぶ、日本に古くから存在する伝統行事の1つ。
古くは端午の節句(旧暦5月5日)と呼ばれ、桃の節句ひな祭り)が女子祭りとされたのに対して端午の節句は男子祭りとされた。

元々中国でも5月5日になると野原よもぎなど)を摘む習があったのが、やがて日本にも渡来し、江戸時代になると武士庭では先祖伝来のを座敷に飾るようになる。その同時期、商人もまた社会的に低く見られているという聞を覆すべく、武士に劣らない程の武具の模造品を飾るようになった事から、武者人形を飾る日として定着していくようになる。
そして1948年に、「こどもの日」として5月5日国民の祝日となった。

モチーフ・意味

の絵がモチーフになっているのは、中国の時代に「河の急流にあるを昇り切ったが、と成った」という伝説にちなんでいる。江戸時代には、その故事にちなんで吹き流しにった絵が描かれるようになり、これが現在のこいのぼりの原となる。
こいのぼりもまた、元は黒色みでしかなかったのが、時代が経過すると赤色セットで揚げるようになった。そして昭和から現代にかけては、青色五色の吹き流しセットになっているのが一般的なこいのぼりの姿とされている。この吹き流しについては、子どもの厄除けの役割を果たしており、竿の先端側に付けるカラカラ回る矢も同様の役回りを持っているのである。

現在

近年では集団住宅の増加などにより、めっきりと見かけなくなった。また、民家の庭先に立てたこいのぼりが電柱や送電線に引っ掛かってしまうといった事故が発生しているのも、その一因と見られる。
いは日本各地で、地方の伝統行事としてこいのぼりにゆかりのある行事を見受けられる事だろう。

期間的にはゴールデンウィーク周辺でよくみられる。
幼稚園の図画工作などで、製のオリジナルこいのぼりが作られることも多々。

記録

記録(サイズ)

サイズ・重量では最大100m/730kgギネス記録がある。(1988年/埼玉県加須市

全長100m、重さ330kg!巨大クレーンで揚げる世界最大のジャンボこいのぼりはやっぱりスゴかった|@DIME アットダイムexit

  • 厳密には2世・3世と作られており、現時点では重量差はあれど全長は同じである。
  • 重量過多では強で支柱やクレーンが破壊・横転したり、ワイヤーロープが耐え切れず破断し巨体が吹っ飛ぶなど安全上のリスクがあるため、単純に重量を競うのは危険である。
  • ジャンボこいのぼり4世は807万円
    • 下手したら屋根より高いこいのぼりである(※値段的な意味で)
メチャクチャ大きい

100mのこいのぼりを人と間近で較するとこうなる。

デカァァァァァいッ説明不要!!
もはやクジラと言いたいが、シロナガスクジラでも25~30mほどなのでクジラよりでかい。ちなみに玉・口の直径だけでも10mあるため、乗用車はおろかトラックも飲み込めるサイズ。全長を高さに換算すれば30階建てのビルに相当するなどもはや怪獣である。

その他

  • おもちゃとして、手に持つこいのぼりなどもある。
  • 嫌いな小室哲哉は、これが飾られている期間は外出しない。
  • 風力がないと垂れ下がってしまうため、の日は映えづらい。
  • マンション等では設置しづらい。
  • こいのぼりでは風速5m毎、吹き流しでは風速10m毎ほどで横になる。(→
    • 前者は全長や製品の重量差もあるため厳密には異なる可性はある。
    • 横に優に泳ぐ様子は映えるが、が強いことの裏返しでもあるため油断は禁物。
    • 高速道路等に設置される吹き流しが、こどもの日など期間限定でこいのぼりに換装されている場合もある。

フィクションにおいて

こどもの日シンボルとして、また巨大な布の円筒形状を生かしたギミックも定番。
乗り物・足場に用いられる場合もあるが、のようにタックルされると痛いでは済まないかもしれない。

  • 携帯式のこいのぼりの小竿を持って走る。
  • こいのぼりが単体でを飛ぶ。
  • こいのぼりに人物がまたがってを飛ぶ。
  • こいのぼりの中に潜り込む。
    • 寝袋のように履いたり被ったり、マミる食われた状態になる。
  • 人物が他のこいのぼりと一緒にになびいている。罰として泳がされる場合もある。
  • 水中生物として、以外またはのクジラサメを模すなど、作者センスアイデア次第。

元気子供はもちろん、新聞紙で作った柏餅との相性も良い。
カレンダー等に描かれる場合もあるある

楽曲

弘田龍太郎版

「甍(いらか)の波との波」から始まる方。文部省唱歌。初出は1913年。作詞者は不詳。

作曲者の龍太郎は、当時21歳で、東京音楽学校ピアノ科に在校中の学生だった。田は他にも「学校」や「春よ来い」といった有名な童謡唱歌をいくつも手掛けており、故郷の高知県安芸市にはこの曲を含めた田の童謡唱歌の歌碑が全部で10個もある。

1番しか知らない人が多いと思われるが、歌詞は3番まである。

近藤宮子版

「やねよりたかいこいのぼり」から始まる方。初出は1931年近藤宮子作詞者で、作曲者は不詳。

元々は長い間作詞者・作曲者とも不詳だったが、著作権が切れる頃に別人が作詞者として登録され、それに近藤名乗り出て抗議し裁判となり、近藤作詞者として認められたという経緯がある。

2007年には日本の歌百選に選ばれている。なお、歌詞は本来1番しか存在しないが、地域によっては独自の2番以降が作られたりしている模様。

関連動画

歌ってみた

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/26(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/26(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP