今注目のニュース
「天才的」「滑らかさとサクサクとのコラボ」 ローソン芋スイーツがめちゃうまと話題!
京アニ放火から3カ月、八田社長が事件後初会見 「7月18日以来忘れていない。何も変わっていない」
「海獣の子供」アニメ制作会社の社員、未払い残業代求めて提訴「やりがい搾取、ごまかされないで」

エス・エヌ・ケイ単語

エスエヌケイ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(87)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

株式会社エス・エヌ・ケイ (SNK) とは、かつて存在した日本ゲーム会社である。

曖昧さ回避
  1. 株式会社SNK - 日本ゲーム会社。本項が体となって誕生した後継会社である。詳細は当該項目を参照。
  2. 新日本空調株式会社exit - 日本調機器メーカー。「snk.co.jp」のドメインは同社が保持している。

概要

ゲームシステムネオジオNEOGEONEOGEO)」で一世をした、アーケードゲーム史にその名を残すゲームメーカー

称およびブランド名の「SNK」として知られているが、当時はアルファベットだけの社名が認められていなかったので正式な社名は「エス・エヌ・ケイ」である。関係の深いADKも同じ事情で正式には「エーディーケイ」だった。

プロボクサーであり、後に「怒 IKARI」ではラスボスも務める実業川崎英吉が神戸の電機会社を買収したことをきっかけに1973年に「新日本企画」として創業。他社のゲーム基盤の生産の下請けを皮切りに、アーケードゲーム業界に参入。

1986年に社名を「エス・エヌ・ケイ」に変更したが、80年代はどちらかというと他社の既存のゲームアイデアを発展させたり奇抜な演出を取り入れるゲームなどが多く、独自路線を進んだりヒット作に恵まれていた訳でもなかった。

しかし、1990年ADKと共同開発したアーケードマルチラットフォーム基盤・MVS(MultiVideoSystemの販売を開始。翌年に、その庭用であるAES(ネオジオの販売を開始。
MVSメンテナンス性の良さやソフトを複数セットして1台の筐体で遊べる等の理由からオペレーター側からも好評で、ロングセラハードとなり、加えて取り回しの良い専用の小筐体等を、MVSセットで購入すれば筐体代は償で引き渡すなどの独自の販売方式によって、爆発的に普及していった。庭用のネオジオもかなり高額なハードであったが、発売当初はビデオ店でレンタルサービスを行う等独自の普及戦略を展開し、徐々に知名度を拡大していった。そしてその矢先にストⅡに端を発した格闘ゲームブームが到来したことが、更なる追いとなった。

かつてストリートファイター(初代)を開発し、当時はCAPCOMからSNKに移籍していた西山隆志松本らが中心となり餓狼伝説龍虎の拳が発売され好調なセールスを記録すると格ゲー開発に本を入れ始め、以降は各地に普及した自社ハードネオジオの利点を生かして、KOFサムライスピリッツなどシリーズ化するタイトルを次々と発表。最盛期の1996年頃は2,3ヶ単位で新作を連発。明期の格ゲー界において後のゲームで定番となるシステムも次々と発表した。
更にはネオジオランドネオジオウルといった自社経営アミューズメント施設の事業拡大や、キャラクター戦略や自社ブランド確立して情報ネオジオフリークを刊行した他、ラジオ番組やメディアミックス進出も功を奏し、テレビ番組のスポンサーフジテレビ系列)にも名を連ねるなど、一躍大手ヒットメーカーへと発展した。

CAPCOMと共に2D格闘ゲームブームを牽引し支えた人気メーカーだったが、その一方でブームの最中も経営は芳しくなく、開発一流・経営三流と一部で揶揄されていた。後年当時のスタッフは「お金の管理をする人がいなかったので、出ていくお金と入ってくるお金がわからなくて、どこから給料が出ていたのか」と述懐している。同氏によれば後継会社のSNKはずっとまともになったらしく、エス・エヌ・ケイ時代を知る現社員の小田プロデューサーが「(今は)働く場所としては、とても快適だと思う」と述べているexitぐらいなので、つまりそういうことなのだろう。

2001年倒産、消滅。倒産後に競売にかけられた知的財産権は系列会社のプレイモア(後のSNKプレイモア、現SNK)が落札に成功し、一部のタイトル倒産後もネオジオの新作ゲームを販売し続け、プラットフォームが変わった現在シリーズ展開が続いている。

主な作品

格闘ゲーム

他ジャンル

ゲームシステム・筐体

沿革

1973年 新日本企画として創業。
1986年 株式会社エス・エヌ・ケイに社名を変更。
1990年 アーケード用基MVS(MultiVideoSystem」を発売。
1991年 ゲーム機ネオジオ」を発売。
1998年 携帯ゲーム機ネオジオポケット」を発売。
2001年10月30日 倒産し、知的財産権プレイモア(現SNK)に譲渡する。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP