ケータイ捜査官7 単語

168件

ケータイソウサカンセブン

3.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ケータイは投げるものではなーい!!」

ケータイ7 とは、男子高校生:網ケイタとそのバディ“歩くケータイ”:フォンブレイバーセブンネット犯罪に立ち向かうべく活躍する、「《明日未来》VFXエンタテイメント」である。

概要

2008年4月2日からテレビ東京でそれまでアニメだった水曜19時からの30分を潰して始めたなかなかに冒険的な特撮番組。

番組開始前、「動くケータイ」というあまりにもキャッチーシュールコンセプトに不安を覚えていた者も少なくなかったが、第一話において記事冒頭の台詞(ケイタに放り投げられたセブンが発したもの)で視聴者の心を掴んだ。
同様に話題となった台詞ゼロワンが自ら見切りをつけた人間に送る「お前圏外だ」がある。

また、production IGによる「技術の無駄遣い」「公式が病気」と言いたくなるほどのVFX技術により、生き生きと動くフォンブレイバー(=ロボットケータイ:通称PBセブンらに悩殺される者が続出。それまで確かな存在が確認されながらもあまり陽のあたらなかった「ケータイ萌え」「機物萌え」を一気に増加させた。

作中登場のPBを模した携帯電話ソフトバンクモバイルより、キャラクター玩具バンダイからそれぞれ発売されるなど現実とのクロスメディア展開が行われている。
新宿駅前などのソフトバンク所有の大ビジョンでは『お父さん』などの一般向CMに混じり、時折PBCMも流れているが、ぼんやり見ているとセブンの顔が大写しになった間に番組と現実を混同して動揺するので注意が必要。

シリーズ監督である三池崇史は「子供向け番組だが、子供に媚びることなく、『テレ東をなめるな』の気持ちで自分達も楽しんで作っていきたい」とっており、監督・脚本・出演者それぞれが既に名の知れた実いであるところも注される要因の一つとなっている。

出演者に関しては各回ゲストお笑い芸人が多いことも挙げられるが、なにより特筆すべきは過去特撮関係者の多さであろう。
ウルトラマン仮面ライダースーパー戦隊日本三大特撮キャストをさらりと押さえた上で更にテレ東特撮関係者まで連れてくれる手際のよさは心憎いとしか言えない。

話の内容によっては

と、ある意味テレ朝日曜8時よりディケイドな事態になっており、一部の特撮ファンを狂喜乱舞させている。

また、窪田正孝演2作(当時19歳)であり、俳優として転機となった作品として御念られている。

あらすじ

サイバー犯罪と戦う、歩くケータイセブン

これが、明日リアル

高校一年生の網ケイタは、都内に越してきたばかり。なかなか人としくできず、コミュニケーションが苦手になってしまっていた。気にかけてくれるクラスメイトにも「どっちでもいい」「どうでもいい」とどこかそっけない。

そんな日常から抜け出ようと、ケイタはかねてから計画していた家出を実行する。しかしその途中、ケイタは工事作業機械暴走事件に巻き込まれる。現場にあらわれたのは滝本という男。そして、その横には自らの手足で動き回る携帯電話が……。

登場人物

アンダーアンカー

携帯・通信事業を展開する巨大企業グループアンカー」本社の地下にあるネットワークテロ犯罪の摘発・防止を行う秘密組織。

ちゃんと給料も発生する。

ケイタ(演:窪田正孝)
主人公高校生。事件に巻き込まれた事からPBセブンのバディ、そしてアンダーアンカーエージェントになる。
滝本壮介(演:津田寛治)
セブンのバディ。
原大(演:松田悟志)
エージェントの1人。クールに見えるが熱血な所も。
美作千(演:伊藤裕子)
アンダーアンカー指揮官。冷静な性格で滝本人だった。
麻野瞳子(演:葉子)
エージェントの1人だが活動停止中。ムーメーカー
水戸(演:ミッキーカーチス)
開発部長ロボット工学博士アンダーアンカーでは「ご隠居」と呼ばれている。
PBを作った人物の1人。
支倉由子(演:長澤真央)
水戸の右腕のメカニック

その為

間明蔵人 (演:高野八誠)
アンダーアンカーエージェント補でゼロワンとは強関係。

登場メカ

フォンブレイバー

「汎用コミュミケーション端末 Phone Braver」の通称。

高度な人工知能を搭載しており、「バディシステム」により人間とコミニュケーションを取りながら成長してゆく。
液晶画面にはフォンブレイバーの表情が映し出されており、かなり表情豊か。

二つ折り携帯(現在で言うガラケー)であるモバイルフォームからコードを入することで背面に収納された手足が展開しアクティブモードに変形。自立行動が可になり処理も向上する。
「イニシエイトクラック・シークエンス」により、眼前のコンピューターシステムに直接アクセスし制圧しサイバー犯罪を止めることができる。

高機ではあるが、精密機械バッテリー消費がしい、長距離運動などには向かない、などの弱点からそのフルに活かすには共に行動する人間バディの存在が必要不可欠である。

フォンブレイバー7/セブン(cv:河本邦弘)
正式番「PB-CMP-TEST07」。銀色のボディが特徴でケイタのバディ。
論理的な思考だが、バディと関わっていく事でどんどんと人間臭くなっていく。
フォンブレイバー3/サード(cv:川島得愛)
正式番「PB-CMP-TEST03」。いボディが特徴で原のバディ。
の柔らかな性格。けどキレると怖い
フォンブレイバー01/ゼロワン(cv:坪井智浩)
正式番「PB-CMP-PROT01」。いボディが特徴のライバルキャラ
3人のバディを失った事で自分の存在意義や人間に対して疑念を持ち、アンカーを離反。「解」をめて社会に不満を持った人間を貸す。

ブーストフォン

PBと同じく携帯電話から変形する小デバイス群でPB程のAIは備わっていないが自立行動は可

特定の特化しており、PBとの合体着身」をする事でその機フルに使用できる。なお着信はバラバラになったパーツを手作業で装着していく。たまにつけ間違えたり余ったりする

シーカー
正式番「BST-P001」。高性カメラを搭載しており、潜入捜で活躍する。
着身する事で工学カメラなども使用可に。
スピーカー
正式番「BST-P002」。高性スピーカーを搭載しており、立体音など様々な音を発生できる。
着身する事でピンポイントで音を発射できる。
アナライザ
正式番「BST-P003」。
着身する事でPBネットワーク処理が更に向上する。
デモリッション
正式番「BST-P004」。レスキューを想定して作られたブーストフォン。
着身する事で右手チェーンソーで切断、左手ツールアームで物体を解体する。
副次的とはいえPBにはしく攻撃がそなわり、劇中ではチェーンソーで高速移動なども披露された。
メディック
正式番「BST-P005」。ワクチンを精製・注入するを持っている。
ラインダー
正式番「BST-P006」。振動を起こすブーストフォン。
着身することで振動が向上しMRF波の振動波熱によりコンクリートと厚い金属を破壊できる。

その為

ソリッド
正式番「BPC-SP03R」。妨電波の発生やPB達の簡易基地局として機するPC支援メカPCフォームからスライダーフォームに変形しPBを載せて最高時速40㎞で移動できる。更にアクティブフォームではPB合体する事でブーストフォンを同時に2つ着身できる。

関連動画 

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 03:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 02:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP